2022年4月5日

『スターウォーズ』の大ヒットに当時の映画誌は「どう対応していいか混乱して」いた?日本でSWはどう受容されたか

興味深い
136
三一十四四二三 @31104423

1970年代後半のキネ旬は、だんだん高まっていく「スターウォーズ」の人気ぶりに、どう対応していいか混乱している様子がうかがえてとても面白い。当初は 「どうやら子供が見るような映画を大人が見てはしゃいでいるようだが、まさか、こんな映画のブームは一過性のはずだから、まあ無視しておくか…」

2022-04-04 15:17:14
三一十四四二三 @31104423

という態度も感じられるが、ニュースが入るたびに、その熱狂が只事でなく、映画界全体のトピックとして扱わざるを得なくなっていく。しかし、これに対応できる書き手はいない。これは本当に映画文化として取り上げるべき現象なのか? しかたなく特派員レポートを出すも 「あ〜特…特撮…仮面ライダー…

2022-04-04 15:17:14
三一十四四二三 @31104423

…ゲッターロボが…」 この手の作品に対する語彙が不足して痛々しい限りだ。それでも頑張って、作品の価値を伝えようと必死だ。 以後、こうした作品に相応しい書き手が現れて、今に伝わる「我が国におけるスターウォーズ」の初期評価が確立するのだが、それに至る動揺ぶりが記録されている。 pic.twitter.com/duscdd3dKY

2022-04-04 15:17:18
拡大
三一十四四二三 @31104423

歯の悪い歯科医。 いいかげんなことしか書きませんよ。

リンク Wikipedia キネマ旬報 『キネマ旬報』(キネマじゅんぽう)は、キネマ旬報社が発行する映画雑誌である。1919年7月創刊。毎月5日・20日刊行。通称「キネ旬」。 1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、毎月1日、11日、21日発行の外国映画専門誌として発刊。1923年9月に発生した関東大震災により社屋が壊滅したが、兵庫県芦屋市や西宮市香櫨園などの阪神間に編集拠点を移して刊行を続けた。このため出版業を通じて阪神間モダニズムの一翼を担うことになる。 1940年12月をもって戦時統制 12 users 102
リンク Wikipedia スター・ウォーズシリーズ 「スター・ウォーズ」(Star Wars)は、ジョージ・ルーカスが製作した、アメリカのスペースオペラ・メディア・フランチャイズである。1977年に公開された同名の映画に始まり、映画シリーズだけでなく、アニメーション、小説、コミック、ゲームなど複数の媒体で展開される。2022年にはその総価値が700億米ドルと推定されており、歴代メディア・フランチャイズの中で5番目に高い収益を上げている。 後に『エピソード4/新たなる希望』と改題されるオリジナルの作品『スター・ウォーズ』(1977年)を皮切りに、『エピソード 31 users 181
みんなの反応
考え中 @alaalaufufu

へぇ。これは面白い話を聞いた。スターウォーズってそうだったのね。 twitter.com/31104423/statu…

2022-04-04 22:20:09
リョウコ・ニャルソック伯夫人 @Cat_Crack

こういうの面白い。 そのブームの初期を捉えているのを見るのは面白い。 RT

2022-04-05 08:44:55
虚白  @blanccasse_m

前RT日本でのスターウォーズ初期受容。その頃既に、火星のプリンセスとか翻訳されてたはずなのになぁ。

2022-04-05 08:30:32
リンク Wikipedia 火星のプリンセス 『火星のプリンセス』(かせいのプリンセス、英: A Princess of Mars) は、エドガー・ライス・バローズのSF冒険小説。初版は1917年。バローズのデビュー作であり、火星シリーズの第1作。 主人公のジョン・カーターは、アメリカの元南軍大尉であるが、生まれ育った記憶がなく、年齢も不詳。幽体離脱で火星(バルスーム)に瞬間移動した後、剣で火星生物や火星人と対決し、恋と冒険に生きる。 SFというよりも、ヒロイック・ファンタジーに似る。しかし、後に「剣と魔法」(Sword and Sorcery)と言 6 users 4
らっともんきー @ratmonkey36

ポストJAWSって表現も凄いな…。

2022-04-05 09:02:26
neoMIO㌠ @MIOzockNEO

ポストジョーズがそういう時代か感

2022-04-05 09:03:16
リンク Wikipedia ジョーズ 『ジョーズ』(原題:Jaws)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1975年のアメリカ映画。原作は1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同題の小説。『JAWS/ジョーズ』と表記されることもある。とある避暑地の海辺の町において海水浴客を襲う巨大な人食いホオジロザメをブロディ署長(ロイ・シャイダー)、若い海洋生物学者フーパー(リチャード・ドレイファス)、プロのサメハンターのクイント(ロバート・ショウ)の3人が狩ろうとする海洋アクション・スリラー。マーレイ・ハミルトンが市長を、ロレイン・ゲイリー 4 users 110
Frozen Daiquiri @tnt08096metal12

「アメリカングラフィティ」から数年で「スターウォーズ」はちょっと戸惑うかも。 twitter.com/31104423/statu…

2022-04-05 00:17:25
リンク Wikipedia アメリカン・グラフィティ 『アメリカン・グラフィティ』(American Graffiti)は、1973年のアメリカ合衆国の青春映画。 監督はジョージ・ルーカス、出演はリチャード・ドレイファス、ロニー・ハワード、ポール・ル・マット、チャールズ・マーティン・スミスなど。 1962年のカリフォルニアの田舎町を舞台に、高校を卒業した青年たちが共に過ごす最後の一夜を描いている。 監督・脚本のジョージ・ルーカスは、処女作『THX 1138』の興行的失敗を受け、自身の高校生活をベースに大衆に受ける青春映画の制作に着手し大ヒットした。低予算で製 14 users 15
いりじうむ192 @irid192

低俗でくだらないものだから腐しておかないといけないみたいなプライドを感じる文よね

2022-04-05 10:07:51
a_ouji @a_ouji

邦画界重鎮がこぞって否定した戦争アクション+クロサワだった 何よりアメリカンニューシネマ騎手が勧善懲悪を引っ提げた事への混乱は察して余りある 自分達が古い映画と否定したモノが海外から押し寄せて来るのだから twitter.com/31104423/statu…

2022-04-04 21:04:37
蕩尽伝説 @devenir21

70年代後半までの日本映画および批評は、リアリズムの天下だった。これにたいし国外では「スターウォーズ」、国内ではマンガやアニメの興隆があり、旧弊のリアリズム表現は完全に時代遅れになって行った。 twitter.com/31104423/statu…

2022-04-04 22:41:52
波多利郎 @patarirou_k

おそらくスターウォーズで、初めて、大人が明るく壮大なホラ話を実写映画で楽しんでもいいのだ、ということが理解されたのだと思う。 その頃の邦画はどうにも、狭く暗く辛いリアリティを至上としていた印象が… twitter.com/31104423/statu…

2022-04-04 21:58:02
びっぐぴゅあ@知られざるシネマ @bigpure2010

子供向け特撮を大金はたいて大真面目に撮ったという『スターウォーズ』の説明、そんなに間違っちゃいないと思うな。 『宇宙空母ギャラクティカ』なんか『宇宙戦艦ヤマト』の外国版と思って観たからね。 twitter.com/31104423/statu…

2022-04-04 22:10:21
マサカ🇯🇵亜細亜的功夫世代・世代 @masaka_akg

違う「業界」の話だけど、ちょうど「時代精神」についてのツイートを読んだばかりだったので ところ変わってもある「時代」ある「環境」に馴染んで生きてきた人は その文脈から外れたものとうまく関われないのだという実例を見たよう思う アカデミアでも評論でも同じなんだな twitter.com/31104423/statu…

2022-04-05 03:05:42
桜野文 @FumiSakurano

なんか、マーベル映画の反応を見ているようだ。 twitter.com/31104423/statu…

2022-04-04 23:13:13
As'257G @as257g

新しい文化とか価値観が入ってきた証拠だよなー。ゲームとかも長らくそういう位置だったし。

2022-04-05 08:14:04
残りを読む(14)

コメント

かわいいこねこ @pilimykingdam 2022年4月5日
あのスターウォーズに凄まじい上から目線を決めてる構図、今見ると失笑ものだが、当時のSFに対する認識はこんなもんだったんだろうなぁ。
23
Mr.H(え〜い16回目(❗)のシャドウバン😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅) @DrStrangel 2022年4月5日
キネ旬お抱えのカタブツ評論家には理解に苦しむシロモノだったろうなあ😄当時まともに向き合っていたのは石上三登志氏位だったっけ😀
5
中崎まこと @makutu555 2022年4月5日
今じゃ信じられないだろうけど、当時「映画評論家」にSFとかアニメを語れる人が居なかった(居ても傍流)んだよね。
13
鈴木 ゆーむ @yuyumu_ikuzus 2022年4月5日
自分の尊敬する作家の池波正太郎先生はその当時の映画十選にSWを挙げてましたね、 この当時の空気でこれを選んだのか…
40
nekosencho @Neko_Sencho 2022年4月5日
今の人だとピンと来ないかもしれないが、スターウォーズ第一作の出たころってのは、漫画なんか小学生で卒業するべきと言われてた時代から十年もたってないんだよな。大学生が漫画を読んでる嘆かわしいといわれた原因の一つあしたのジョーが1968~73、スターウォーズが1977
27
もうたぽ @moutapo 2022年4月5日
いつの時代でもこういうことはあるんだろうな。今のオタク界やSF界にもあるかも。後の世に「当時は"こんなのが流行るわけがない"って思われてました」って言われるようになるジャンルが。
6
nekosencho @Neko_Sencho 2022年4月5日
逆に言って、評論するような人ではそういうSF映画を見聞きして理解できる人がいたとしても、雑誌を買う大人の読者のほうではまだまだ少数派だったので、例えが仮面ライダーとかになるのはしょうがないんですよね。 ちなみに仮面ライダーも漫画版は大人というかあまりお子様向きではない内容だったりします石森版
7
コン蔵 @konzopapata 2022年4月5日
子門真人のスターウォーズとか
1
だりい @dariidariidarii 2022年4月5日
火星のプリンセス、今で言うとなろう異世界転移ものだわな。SF(サイエンス・フィクション)というよりスペースファンタジー。んでコレの正統系譜が寺沢武一先生の『コブラ』
9
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2022年4月5日
キネ旬は今でも自分たちの理解できない作品が大ヒットするとなんかふて腐れてるような気がする
51
かたおか @katakatayayayaa 2022年4月5日
これじゃ「この世界の片隅に」でああだこうだいうわけだよキネ旬は
43
コン蔵 @konzopapata 2022年4月5日
ただスターウォーズの話自体は子供が観るような映画で別に間違ってないと思うけどな。子供ながらに話も解かったしあんなにハマったわけだし、むしろそれを土台に大人向けにしてやるぜと迷走してる気も。
13
TOPNEP @nepnofan 2022年4月5日
makutu555 邦画の方向性と全然違うねえ、、
0
goodmoon @goodmoon 2022年4月5日
この時期から、宇宙で音がするわけないし、翼は意味ない(が、おとぎ話なのでそれでいいのだ)と書いているのはなかなかの批評眼だなあとおもった。
27
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2022年4月5日
katakatayayayaa あの雑誌はクリント・イーストウッドの映画(この場合「ハドソン川の奇跡」)を差し置いて邦画がヒットしてたらすぐ不機嫌になる
6
御順場😷第伍 @ngozJI0_0IL 2022年4月5日
STAR WARS上陸前はキャラ名も訳し方が定まっていなくて、『ダースヴァダー』『チューバコア』『ツスケンレイダー』等と書かれた記事もあった…と、昔唐沢なをき先生がB-CLUBに連載していた漫画で読んだな
4
ざっぷ @zap3 2022年4月5日
単なる「流行るわけない」以前の「子供が見るもの」(大人が見るのは恥ずかしい)という認識が、SFにしろマンガやアニメにしろあったのだ(近いものにアイドルとかも)。『恥ずかしい』なので「大人は見ていなかった」じゃなく「見ても人には言えない」感が。
6
シエラRSC @JB74W_RSC 2022年4月5日
いうてもフラッシュゴードンやそのパロディのフレッシュゴードンとかあったわけだしな。スペオペというジャンル自体は小説で確立されてたんだけど、それのハイレベルな映像化まで想像できなかったんだな。
4
multired1000ds@gmail.com @multired1000ds1 2022年4月5日
サメ映画は宇宙に進出したのでポストSTARWARS
5
いせ@噴進砲 @HTkFVMg9pVG1sRy 2022年4月5日
そりゃ三船敏郎もオビワン役を蹴るというもので…当時の雰囲気がこれでは…
20
noname @Hipsta_gram 2022年4月5日
これが当時の大人達の反応なのかぁ。EP6当時小学校上がったぐらいの自分は純粋に興奮して観てたけど。そしてその後さよならジュピター見てズッコケた。
3
ろんどん @lawtomol 2022年4月5日
Neko_Sencho 1983年頃の「Login」の人生相談コーナーで 「私は大学生ですが、うる星やつらのアニメを観てるのはおかしいでしょうか?」 「あなた、その調子で30過ぎても『ラムだっちゃ』とか喜んで観てるつもり?気持ち悪い」 みたいなのが載ってたのを覚えてます。 オタク寄りであろう「Login」でコレでしたからね…
29
aki @Yy7_f 2022年4月5日
最近アマプラのSF映画史観たんだが、ちょうどSWの話があった。演じてる俳優も台詞の意味が全くわからず、誰もヒットするとは思ってなかったそうな。例えば「左舷被弾、隔壁閉鎖」なんて当時はなんのことやらだったんだろうな。
5
佐倉真理@創作&感想 @S_C_castle_bell 2022年4月5日
当時の米国の作り手たちも同じ事思ってたし、なんならルーカスは試写会でスピルバーグ以外には散々に酷評されて公開日にはハワイで傷心旅行してたらしいから……帰国して長蛇の列を作ってる映画館を見て「SWもあれだけヒットすれば良いのに」と思ったとかなんとか。
24
中崎まこと @makutu555 2022年4月5日
nepnofan 1980年代後半から「SFとかアニメ」も十分知った識者が映画評論界にも現れ1990年にはバブル景気に湧くサブカル方面の隆盛も手伝って、十分補填された感じかなぁ>人材。最も2020年代の今、YouTuberを始め、「適当こいても大丈夫な識者」を、制作者本人から「違う」と返される時代だからなぁ>映画評論。
2
中崎まこと @makutu555 2022年4月5日
これが2018年>雑誌「映画芸術」がベスト映画から「アニメ」を除外した https://togetter.com/li/1194947 。そして2020年>朝日新聞GLOBE+「日本アニメは世界の潮流から外れている 片渕須直監督が本気で心配する、その将来」→片渕監督「違います」 https://togetter.com/li/1636616
4
jpnemp @jpnemp 2022年4月5日
一方、映画芸術はアニメを評価の対象から除外した https://togetter.com/li/1194947 雑誌「映画芸術」がベスト映画から「アニメ」を除外した
17
NORIG @NORIG3 2022年4月5日
「アニメには役者がいない」と言って論評から除外したのは映芸だったか。 まあ自ら先鋭化・ガラパゴス化していくのも多様性の一つか。 メインストリームにはもう戻れないだろうけど。 雑誌「映画芸術」がベスト映画から「アニメ」を除外した https://togetter.com/li/1194947
11
kurk @kurk23795094 2022年4月5日
アニメと比較されてるけど、SWは1年もすれば無視するなんてありえない風潮になったわけで。 邦画なんてAKIRAか、遅くとも千と千尋の頃には、実写=7割がゴミ/アニメ=粒ぞろい な状況だったのに、評価されるようになったの最近だからね。なんなら今でも「アニメなんて映画じゃない」という映画人・評論誌だらけだし。でもディズニーピクサーはアリだったり。洋物ならずいぶん素直に受け入れはるんやね、と。
9
ろんどん @lawtomol 2022年4月5日
S_C_castle_bell こんな記事がありました。『「スター・ウォーズ」第一作を酷評した有名映画監督は?』以下引用です「中でもデ・パルマの作品批判は辛辣だった。ダース・ベイダーを陳腐な悪玉として否定し、フォースという名の便利な魔法を冷笑し、レイア姫の両サイドの三つ編みを“菓子パン”呼ばわりして、冒頭に延々と流れる状況説明のスーパーインポーズの長さに耐えられないと罵倒した」 https://www.dailyshincho.jp/article/2015/12251239/?all=1
11
どんちゃん @Donbe 2022年4月5日
わかりやすいストーリー、王道な展開、けど見たことない、そういう映画だったからね。 専門用語も微妙にわかりやすくわかりにくい、ライトファンが考察するに値する実に上手い配置だった。 導入部を長文のメッセージで終わらせた、てのも斬新だった。
9
どんちゃん @Donbe 2022年4月5日
この頃の邦画って、ヤクザ・トラック・濡れ場みたいなのばっかだった気がする。休みの日は少なくとも家族で映画、て選択肢は一般的ではなかった。
7
白石玄人 @ShiraishiGento 2022年4月5日
サザンがデビューした78年くらいは音楽評論家から「こんな日本語メチャクチャで聞き取れない歌詞はケシカラン!!」と大真面目に言われてたようですしね…。そんなもんです。
9
まーくんZ/FF11Retysia@ラグ鯖 @machan43 2022年4月5日
まぁ現在でも映画評論家を自称する人って「割と高尚なテーマで芸術的な映画」を上から目線で語る傾向はあると思いますね。 そう考えるとどんな映画でもちゃんと評価した淀川長治氏はホントに偉大だわ。
17
白石玄人 @ShiraishiGento 2022年4月5日
>その頃の邦画はどうにも、狭く暗く辛いリアリティを至上としていた印象   今でも薄暗い照明でテーブル囲んでカチャカチャ食事して、すごく湿った雰囲気のベッドシーンがあって…、って幅は広くなったがそれらはまだ上にあるような気がする、純文学映画と言うか。
10
あらⓅ★ @arapix 2022年4月5日
当時子供だった自分はシアワセか。 「トランスフォーマー」やマーベル作品も見事に大人向けになってるね。
0
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2022年4月5日
ShiraishiGento 桑田佳祐いわく「最終的に金田一先生クラスまで出てくる事態になった」とか何とか。「砂まじりの茅ヶ崎」は日本語としておかしい!みたいな
2
RAIYA@提督 @RAIYASB 2022年4月5日
スターウォーズの前にスタートレック(宇宙大作戦)がテレビでやってたので、宇宙SFについては認知が広まり始めてたと思う
2
白石玄人 @ShiraishiGento 2022年4月5日
RMoryTogetter1 金田一センセは「ま、確かに日本語としては間違ってますねぇ…」くらいだったのに、週刊誌は『ジッチャンの名にかけて許せねぇって言ってますよ〜!』とバッシング棍棒にされたやつね。 そいつらもエリーで一気に黙るという。
10
碧🌒 ~𝒜𝒪~ @Turkis_Mond 2022年4月5日
ep.4公開頃、日本の映像ファンは2~3年前にヤマトやグレンダイザー、ライディーンの洗礼を既に受け済み。 なのでやたらスピード感ある戦闘機戦と勇壮な激半以外、SWはピンと来ずだった。 物語ありがちだわ(先展開全く見えない序章)、ヒロイン萌えない、プロダクトデザイン野暮ったい(ダース、スタートルーパ、R2-D2、デス・スター)で何がいいの??だった でも米では熱狂だそうで益々???だった
3
RAIYA@提督 @RAIYASB 2022年4月5日
RAIYASB あと宇宙SFアニメの金字塔宇宙戦艦ヤマトが始まり、その熱も冷めやらないうちでのリアルな宇宙戦争物って事で惹かれた(そして映画界が状況の認識に遅れた)とかありそう
3
Épouvante @epouvante 2022年4月5日
スターウォーズは、15歳以上の人間がSFを好きでも精神異常者でも連続婦女暴行魔でもないというコンセンサスを日本社会に確立した作品。
7
Épouvante @epouvante 2022年4月5日
でもスターウォーズの紙袋(当時のオサレアイテムw)を持って歩いていたら近所のオバサンに見られて親に怒られたけどねw
1
コン蔵 @konzopapata 2022年4月5日
昔の一般的にヒットした邦画も画的にはそれほど暗くない気がする、昔から賞とるようななんか私ごときにはわからないが高尚で芸術的な作品とそこばかりに注目する評論界隈とその需要ってのは案外変わってないんじゃないかも?俺はこんなくだらない作品を評価するぜ広めるぜみたいな映画ライターはやっぱり別にいたかも?
0
中崎まこと @makutu555 2022年4月5日
そう言えば「xx大作戦」ってテレビSF作品で少し前(1960年代)に流行ってましたね。テレビ作品だったら差し詰め「スターウォーズ」は「星空大作戦」とでも称したんだろうか・・・?
0
Yoshi_色々 @Yoshikun21c 2022年4月5日
今でも鬼滅の刃バッシングする人がいるくらいだし、よほど実写映画関連って娯楽を否定する風潮があるのだろうか。
10
らくえんじん @rakuengine 2022年4月5日
初期案どうり、三船がオビワンやってればどういう評価になってたか気になる
2
乱土(労馬|軽石庵) @karuishian 2022年4月5日
Turkis_Mond 公開の一年ほど前、少年サンデーで、いまアメリカで大ヒットしてる「惑星大戦争」って映画がある、つーグラビア記事があって、ここで紹介されてたのがサンドクロウラーのシーンとかだったんで、当時の青二才は「まあ特撮は日本が最高だし、アニメでもヤマトとかあるもんな」なんて思ってた。で、翌年観に行って横っ面はったおされましたわ。そういう「日本の映像ファン」も多かったと思いますよ。
11
yomukipu @yomukipu 2022年4月5日
オッスオラガラパゴス ワクワクすっぞ
0
中敏悟 @shiwazanin 2022年4月5日
アメリカンニューシネマの反体制要素に全共闘時代の思い出を重ねてアヘ顔しながら、単に胸糞悪い映画を観てるだけのことで「うーん暗い! 悲劇的! ひねくれてこんなの好きな我々は幼稚なエンタメを喜ぶ愚民どもとは違う!」と自惚れてたような俗物連中には、「いやコレはすごい特撮技術で」「このストーリーの下敷きとなっている古典的な騎士道物語とは……」みたいな、政治ごっこ・高尚ごっこ以外の切り口から深く語れるような教養はなかったってことなのかな
11
山幸 @yamasachi267 2022年4月5日
いや私、このレビュー読んでも全然上から目線な感じを受けなかったんだけど。それほど間違ったことは書いてないし、普通に褒めてない?
17
碧🌒 ~𝒜𝒪~ @Turkis_Mond 2022年4月5日
karuishian アメリカ本気特撮の凄まじさは「2001年宇宙の旅(’69)」「ミクロの決死圏(’66)」「アンドロメダ…(’71)」「タワーリング・インフェルノ(’74)」「スペース1999(’73)」等が当時知られてて 東宝円谷が頑張ってもやはり精度やシステマティックさで勝てんなとは
0
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2022年4月5日
katakatayayayaa ああだこうだ言ったかもしれないけど、素直に2016年キネマ旬報ベスト10の第1位に選んだだろ!むしろそこでグダグダ言ってたのは選外の『君の名は』だったぞ。
5
Hornet @one_hornet 2022年4月5日
まあ、米国人には斬新かもしれないライトセイバーのチャンチャンバラバラも、日本人から見たら「何だこれ?」だったろうしな。
1
つきのふね @hoshinohayashi 2022年4月5日
同時代人。 アメリカでヒットの兆しが見えだした頃の映画雑誌に「惑星大戦争」という名で写真1枚2枚で紹介(当時は原題のまま日本公開する事は希)されてた。 なんかすごい特撮のSFアクション映画が来るらしい!と東宝はヤマト的な宇宙戦艦映画「惑星大戦争」を作成。 東映はSWが使った特殊カメラを導入して「宇宙からのメッセージ」を作成。 どちらもスタッフが渡米して本編見ること無く「特撮なら日本の方が上」感覚で制作した。 その結果、本家が公開された時には経営陣は目を回すことになる。
7
つきのふね @hoshinohayashi 2022年4月5日
日本公開が近づく頃には映画の情報と音楽がメディアに溢れまくり、ゼンマイ付きタイヤで走るXウイングのプラモがおもちゃ屋に並び、様々なグッズが販売された。 公開前日には映画館前に徹夜組が並んだ。 当時映画館は予約がなく入れ替えも無いので、1日中居座るファンも多発して、立ち見でスターウォーズを見たという人も出る人気。 売店では鉛筆消しゴム下敷き等文房具が売り切れる。 そりゃものすごい社会現象になり(お金も落ちる)、公開後は世間の評価はべた褒めになった。
8
鷹見一幸 @takamikazuyuki 2022年4月5日
スターウォーズ公開当時のアメリカの様子を、まとめた「ドキュメント・スター・ウォーズ(G・ジェンキンス著)」というそのものズバリな本があって、日本でも野田昌宏氏の翻訳で扶桑社セレクト文庫で、2004年9月に刊行されているので、アメリカの様子を詳しく知りたい人は、古本屋を探すといいかもしれない。
4
碧🌒 ~𝒜𝒪~ @Turkis_Mond 2022年4月5日
hoshinohayashi 東映「…からのメッセージ」を制作指示した側は現地で観たらしいよ。 SW日本公開は遅延が1年近く有ったので後追い慌てて作ったそうな
1
_ @wholescape 2022年4月5日
yamasachi267 このレビューは、当時の報告者がそのとき持っている語彙の範囲で可能な限り肯定的に作品を捉えてすごい作品であることを伝えようとしている文章ですから、単体でよんでそのように感じるのは当然のことと思います。否定的に捉えた方の文章も並べてみたいですね。
11
ニートその3 @apribi 2022年4月5日
本当に映画の中身を評論しているわけじゃなく、雰囲気でそれっぽいことを言って偉そうにしてたやつらの化けの皮がはがれたってことでしょ。
1
土佐のひと @tosappo3 2022年4月5日
完全な昔話ってわけではなく、今でも小説の文芸評論家はラノベをこういう目で見てるし、語る言葉を持ってないでしょ。 視界に入れてすらいないかもしれないけど。
2
土佐のひと @tosappo3 2022年4月5日
件の批評は別に間違ったことを言ってるとは思わないけどね。 SWが好きな自分からしても、よく客観視できてるなとうなずくよ。 これに腹立てる熱意ある人はよほど素直に作品に没頭できてるんだろうなとは思う。
2
シロクロ @BlancNoir_nanto 2022年4月5日
dariidariidarii 「火星は重力が弱いから、地球から来た主人公は火星人から見たら超身体能力」って思いっきりチート的な設定だよね(´・ω・`)
0
シロクロ @BlancNoir_nanto 2022年4月5日
lawtomol >レイア姫の両サイドの三つ編みを“菓子パン”呼ばわり フレンチクルーラーって当時からあったんだろうか?(´・ω・`)
0
シロクロ @BlancNoir_nanto 2022年4月5日
Yoshikun21c 映画って娯楽ではないんですかね…?(´・ω・`;)
1
tometodon @tometodon1 2022年4月5日
まだ映画評論家が"SF"という単語を知らなかった時代ですね。
0
alan smithee @alansmithy2010 2022年4月5日
今となっては映画評論雑誌の全部がサンデーモーニングみたいになってもうて
3
かつまた🎀あいね📛 @kamiomutsu 2022年4月5日
この批評、言うほど上から目線かな?筆者の理解の及ばないものをなんとか肯定的に捉えて伝えようとしているように読めるけどね。ヒット後にも「スターウォーズがSFをダメにした」みたいな言説はいくらでもあったことを思えば、全然まともでフラットな評論だと思う。
11
つきのふね @hoshinohayashi 2022年4月6日
Turkis_Mond そうなんだ、当時のキネ旬に深作欣二のインタビューが載っていて、監督は撮影前にSWを見てないと言い張ってた(笑) ガバナス戦艦がスクリーンの上から現れるどう見てもスターデストロイヤーと同じ構図も「偶然」「こっちの方が(船体が)長い」と言ってた(笑) 結構「このシーンで観客は泣くよ」と語ってたけどやはり深作欣二だし東映だったので宇宙チャンバラとヤクザのカチコミの様な映画だったと観て感じた中学生だった私。
2
ふじむら藤村 @RvxU5eJUWEIsyP1 2022年4月6日
むしろ深作欣二にSWのエクスプロイテーションを監督させた東映は別方向で「わかってる」と言わざるを得ない
1
バナナ @banana_____love 2022年4月6日
Yoshikun21c 鬼滅の刃は嫌いじゃないけど担がれてるのが嫌い ゴリ押しじゃんと
0
nekosencho @Neko_Sencho 2022年4月6日
実写映画とアニメ映画を分けるのは、技法や方法論がかなり違うのでしょうがないといえばしょうがない。 「アニメファン」だってテレビでよく見るような手描き(風)アニメと、3DCGアニメとコマ撮りアニメは別扱いにするわけでさ。
1
実況避難所 @233033shelter 2022年4月6日
Yoshikun21c 鬼滅はどちらかというとメディア特に○ジテレビがヨイショヨイショしすぎて気持ち悪く感じるんだよなぁ。
2
秒刊思考記録帳 @zakkityou10 2022年4月6日
moutapo なろう系はその一端でもありつつ日本ガラパゴスでもあるとかで。こういう流行文化の一覧と比較表みたいなの作ってみたいですね。
0
ひろじ|ゲームマーケットOrigins研究会で10/29(土)に出展します。詳しくは固定ツイにて。 @kondohi 2022年4月6日
映画界はもとよりSF界の反応も面白かった。ハワイまでこぞって見に行った集団もいれば、ボロクソに言ってる関係者もいた。光瀬龍がブーム当時のSFムックに書いたボロクソの文章はそのうち発掘してうpしたいw
0
⛩️ の​ー​み​ん丁 ⛩️ @nouminT 2022年4月6日
映画公開時の宣伝用の紹介文とかでは普通に大絶賛だったし(まぁ宣伝用だから当然なんだけど)、一部の合わない界隈だけの話だろうね。実際SWは大衆娯楽に全振りしたような作品なので芸術筋から酷評されるのは当たり前だと思う
0
ふじむら藤村 @RvxU5eJUWEIsyP1 2022年4月6日
鬼滅はむしろ予想以上に大ヒットしたが故にフジテレビほかが持ち上げざるを得なくなったという感じに近いのでむしろ痛快に思っている
5
imng516 @imng5162 2022年4月6日
これは「大人だからと触れてこなかったものが一大価値としてスックと隣に並んだ衝撃」をあえて語らずして読者と共感しているんじゃなかろうか ここで素直に認めれば読者から「コイツは風見鶏になって子供の見るものを評価するか」などと言われかねないし
0
Ragi's Q・装甲竜's A @Ragi_Mari 2022年4月6日
士農工商犬SFってそういった時代背景もあったのか
0
Ragi's Q・装甲竜's A @Ragi_Mari 2022年4月6日
RvxU5eJUWEIsyP1 持ち上げるより大ヒットコンテンツだからBS11から掠奪して晒しモンにした感じ
1
すずしろ @SimsCainRuric 2022年4月6日
海外SF作家ですら、SW公開当時褒めてたのはサミュエル・R・ディレイニーくらいだったと聞いた記憶がおぼろげながらあるんだけど不確かなので詳しい方おしえて 「レイア姫の髪型を菓子パン呼ばわり」→後年のドラマ「フレンズ」でリサ・クドローがシナモンロールかなんかで実際に真似してたのを思い出して噴いた
3
碧🌒 ~𝒜𝒪~ @Turkis_Mond 2022年4月6日
この批評は全然Disりなんて無いと思うが 「この人物達のアクションスタントが仮面ライダーだったりゲッターロボだったりする」 の所だけ「いや変身もライダーキックも合体変形もせんだろ」と。 ep4での人のアクションに超人ぽいとこ合ったっけ?
0
碧🌒 ~𝒜𝒪~ @Turkis_Mond 2022年4月6日
hoshinohayashi 個人的にはep4より「宇宙からのメッセージ」が好き。 光子帆船、地球最新戦艦の艦橋のアルミサッシ、宇宙ボタル採集、惑星ジルーシアの接近、爆発シーンなど残念箇所もあるが よく出来てる。ちゃんと起承転結エピローグ付きだし
0
パイワケット @MaveFrx00 2022年4月6日
惑星大戦争は短期間で撮影して公開だった所為で時間不足、予算不足がひどくてちゃんと時間かければと思う所が結構ある。戦闘機のリボルバー式発進とか戦艦同士の一騎打ちとか、随所に光るアイデアがあるだけにもったいない…
0
じ〜げん〜 @jigen357mgnm 2022年4月6日
高尚な評論家とかはシブい顔だったけど、当時中学生だったオレはメチャメチャ期待して興奮していたね。ストーリーそのままのラジオドラマもやってたw フォースは「理力」て訳されてたww
1
北国の帝王 @gakushin_6 2022年4月6日
alansmithy2010 創刊当時はB級・低予算映画も評価する斬新な視点だった映画秘宝が 2010年台後半以降は隆盛していくアニメ文化にからきし疎くて どんどん紙面が古臭くなっていった思い出。
3
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2022年4月6日
逆に単純に大絶賛されるより凄みを感じる。手塚や富野が褒めるより、ディスったり悔しがったりするほうが面白そうみたいなのと同じか。マジで新しくてすごさが伝わるものが出た時はこうでなくちゃぐらい
1
nekora2520 @nekora2520 2022年4月6日
まさかその後、21世紀になると毎年毎年、アメリカ版の仮面ライダー対ゴレンジャーのようなのが、大作映画として毎年作られて評価されようとは…。
1
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2022年4月6日
「高尚な方々」は別として、日本では輸入物で『サンダーバード』や『宇宙大作戦(スタートレック)』、国産で『ヤマト』『ウルトラシリーズ』などの特撮・SFの良作が観客を暖めていたので、『SW』もすんなり受け入れられたと思う。これが、「宇宙物は売れない」のジンクスが生きてて、『テッカマン』や、『ヤマト』のTVシリーズが打ち切りの憂き目に遭った1975年前後だったら、危なかったかも……
0
ぶるーとーん @bluetone_ 2022年4月6日
SWは言うてもルーカスたち自身は低予算特撮映画と思って作ってたし、いつか自分たちも円谷特撮みたいなものすごい予算の特撮映画作りたいと制作中ずっと思ってたというエピソードがある
0
goodmoon @goodmoon 2022年4月7日
kondohi 一足先にアメリカで見ていた手塚治虫がネタバレしまくったというエピソードもあります。
0
ぢゃいける @jaikel 2022年4月7日
Turkis_Mond それはないわ。SWは宇宙がホコリっぽくて薄汚れててもいいんだと日本のSFビジュアルファンの目を覚まさせたんだよ。ブレード・ランナーが、未来世界が酸性雨が降って薄暗くてもいいんだと目を覚まさせたように。あそこからスタイリッシュの方向性が変わったと言ってもいい。
2
聖夜 @say_ya 2022年4月7日
SWをガンダムで例えるとGガンダムで、宇宙世紀とアナザーという区分ができたのもGから。そもそもSWは冒頭がA long time ago (むかしむかし)から始まるおとぎ話だからこそ剣も魔法もある。それを旧来のSF文脈で評価しようとすること自体が間違い
0
goodmoon @goodmoon 2022年4月7日
元ツイで引用されている文章こそが理解できないものを上から目線で腐している批評であるかのように書いているコメントがあるけど、本当にそう読み取ったのか、読まずにイライラを発散させてるだけなのか気になる。
0
碧🌒 ~𝒜𝒪~ @Turkis_Mond 2022年4月7日
jaikel ごめんね、でも「埃っぽい宇宙」判らん、ウェザリングやら塗装が禿げたメカのこと?タトーウィンは砂の惑星オマージュだし砂埃だらけだったけど
0
深井龍一郎 @rfukai920 2022年4月9日
角川春樹が所謂「角川映画」(企業名にあらず)を作り始めたのが76年だから、この頃が日本映画界の転換期の始まったあたりなんだろうね。評論の現場はまだ転換に対応できてない感じ。
0
山田隆 @takasi_y 2022年4月15日
正直、SWは子供のころに初めて見た時は、漫画みたいな話だなぐらいにしか思わなかったな。その革新性が理解できるようになったのはビデオで古いSF映画を見るようになってからで、これじゃマッドマックスを見て北斗の拳に似てるなどと言い出す若い人を笑えない。
0