2022年6月7日

著作権期限が50年から70年になったことにより廃業してしまう出版社……。

諸行無常
24
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。
このツイートは権利者によって削除されています。

コメント

windows8_i @windows8_i 2022年6月7日
既に期限切れてる物は延長されてなかったような?
41
ビッター @domtrop0083 2022年6月7日
切れること見込んで作ってたとか?
6
富士山麓ωナックル @Mqzer9ltQN2nxiE 2022年6月7日
問4既に保護期間が切れている著作物等の保護期間はどのようになりますか。 答)著作権法においては,一度保護が切れた著作物等については,その保護を後になって復活させるという措置は採らないという原則があるため,改正法の施行日である平成30(2018)年12月30日の前日において著作権等が消滅していない著作物等についてのみ保護期間が延長されます(TPP整備法附則第7条)。 文化庁:著作物等の保護期間の延長に関するQ&Aより
12
砂手紙 @sandletter1 2022年6月7日
「すべての期間は,死亡,公表,創作した年の「翌年の1月1日」から起算します(第57条)」なので、1968年に亡くなった人の著作物は、逝去が1月でも12月でもアウトなのね。SFマガジンの覆面座談会(1968年12月公開)もダメなのね(匿名の場合は、公表された日が基準になる)。
0
騎士☆スクリーム @pkskf396 2022年6月7日
以前にどなたかの意見で「作者が30歳の時に書いてすぐ絶版した本を、作者が90歳で亡くなってから復刻すると、存命中60年+著作権期間70年で150年も経ってしまう」みたいな事になるので著作権法の見直しが必要では無いかと。 著作権保護は大事だけど、そのせいで作品自体が死蔵されてしまうのもいかがなものか…
8
Zephyr @Zephyr0d22 2022年6月7日
今後の仕事の予定が無くなってしまったのでは?例えば1年後にやる見込みだった仕事が21年後の予定になってしまったという…
12
windows8_i @windows8_i 2022年6月7日
Zephyr0d22 青空文庫がそんな感じになってしまったので事業が立ちいかなくなったならわかるのですが支払いが発生してるのは謎だなぁと
9
tnnrak @nrak_t 2022年6月7日
Zephyr0d22 ここかなというところが見つかったけど、新聞記事をまとめてったっぽい。新聞は著作権が新聞の発行日からの期間らしいので完全に予定が無理になった感じ
20
NTB006 @NTB006 2022年6月7日
出版元が再販しないで〇年たったら無効とか(適当に考えたんで本当にやるには詰めなきゃいけないけど)なにか欲しいのは確か
1
NTB006 @NTB006 2022年6月7日
NTB006 常にプレミア価格じゃない普通の価格で買えるようにしておいてくれるなら、著作権保護期間は永久でも構わないと思ってる次第
2
1812 @1812a1812 2022年6月7日
業態としてはハイエナ商法ですね。まさに著作権者が疎ましく思う対象。 pkskf396 それは絶版復刻無関係です。生存中+死後70年ですから。
6
حملة الأسهم في الشرك @mokuhyokabuka 2022年6月7日
多分死ぬまでに次世代デジタルライブラリーが読み切れないのでいらない。
1
テンペンロイド🍻©@沼津系著作権科VTuber @numazuJK_Tem 2022年6月7日
1812a1812 個人名義の著作物は死後70年だけど、もしtnnrak さんの書いてる通り新聞記事であるならば執筆者名が載らないことも多く新聞社の法人著作物だから新聞記事の公表後50年→70年です。
10
農民@三回目ワクチン接種完了 @no_mi_n 2022年6月7日
まとめられてる人が何か勘違いしてそうな案件かな?
3
08_Reader @08_Reader 2022年6月7日
1812a1812 忘れられがちなんだけど、著作権法の目的は「文化の発展」であって、著作権者の保護はそのための手段に過ぎないんだ。 保護期間が無制限じゃないのもそのためで、他者の作品を自由に使用できるようにすることでの「文化の発展」が期待されているから。 期限切れの著作物を利用するのは、グレーゾーンでもなければ法の盲点でもなく、ましてやハイエナ行為などではなく、著作権法が最初から想定している仕様内の挙動だよ。
15
佐渡丸樹 @sademarquis1 2022年6月7日
pkskf396 著作権者が生きてるうちに再販されなかったのならそれは権利者が権利を行使した結果なのでは。
2
砂手紙 @sandletter1 2022年6月8日
「TPPで著作権期限が50年から70年に変更されたので、制作中の史料に膨大な著作権料が発生し」ってのはおかしいね。一度切れた著作権の保護期間はあとの法律で復活する(著作権料が発生する)ということはないはず。「制作中の史料」が1968年のものなら、2018年に切れるはず、って見込みで制作してたの? なんか文脈読み取れてないかな、自分?
6
aki.egg @Aki20140101 2022年6月8日
嘘松ほんと松案件だな。1回切れた著作権が復活するもんじゃないから、
4