Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年5月26日

学府、そして考えの場所

学ぶ場所のありよう、あり得方、在るべき仕方、の話。 日本独特のカテゴリ「文系」に所属する学部の多くが、「理系」に比して緩やかな学問的訓練しか受けていない、という指摘とそれに続く議論・口論・揉め事があった。 本リストはそれを受けてなされた幾つかの議論や対話の記録だ。煽りを含む文章のやり取りに私が関心を持てないので、そこは本リストには含めていない。興味の有る方は本リスト冒頭部のリンクから辿られたい。
47
はやし @t_hayashi

「理系からの文系DIS! 1」というまとめをざっと見てみたけど、@AAAIAUA さんの言ってることはおおむね的を射てるんじゃないかな。http://togetter.com/li/24052

2010-05-26 03:38:23
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

@t_hayashi 複数の話題が同時に語られてますが、思ったより健全な問題意識が根底にある感じで、面白いですね。>文理

2010-05-26 03:44:44
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

「A.訓練方法(=あるべきカリキュラム)の問題」と「B.高等教育がもたらす社会階層への影響の問題」と「C.学問的カテゴライズの妥当性の問題」が、厳密に区分けされず論じられているという問題はありますね。http://togetter.com/li/24052

2010-05-26 03:46:17
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

区分けされず論じられているというのは、問題というより「難点」か。

2010-05-26 03:46:30
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

ただ、ABC3つの問題が、蛇行しつつもそれぞれ、あるタイミングにおいて意識されているように見られるので、特に混迷した話にはなっていない。ただ、ひとつひとつ明晰に問題を追及していくには、定義作業が行われないまま拡散しそうな状況ですね。

2010-05-26 03:47:27
はやし @t_hayashi

@tricken 語り口自体はちょっと煽ってるようなところもありますが、それが「擬態」であることも明らかですし、言われていること自体、「まあ、もっともかな」と思わされます。

2010-05-26 03:51:46
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

@t_hayashi 煽ってる戦略がきっちりしてますね。また、反論が出てきた時も、「その反応には一部隙があるんじゃないか?」という指摘を含意するような台詞もあり、面白いと思いました。

2010-05-26 03:54:02
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

@t_hayashi 僕自身は、「文系の訓練とは何か」という問題を修士課程でそれなりに考えたものの、日本の高等教育全体で「理系が要求されている水準に該当する、適切な文系教育」(=演習による批判的思考の養成)が養われているとは思ってないので、「そうだねえ」と思ってしまいます。

2010-05-26 03:56:09
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

整理・点検した上で、応答する価値は(自分に)あるなあと思っている。〈新自由七課〉とも関わってくるし。

2010-05-26 03:59:26
はやし @t_hayashi

@tricken ぼくは日本で、世間的に「文系」と見なされ得るところに行っていたわけですが、そうした「インサイダー」的視点から言っても、「文系教育は理系のそれと比べるとぬるいよなあ」という印象は、拭いきれません。

2010-05-26 04:02:15
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

@t_hayashi はい、僕も、院で師匠に会えなかったら、まったくもってヌルいままだったので、その点についてはまったく同意します。“文系”とひとくくりにされる各学問分野で必要とされる「演習」の標準化がまったく出来てないので。

2010-05-26 04:03:32
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

少なくとも、原典講読くらいはスパルタでやった方が良いんじゃないかと思うが、十分な量をこなしているのは、大学院の一部か、帝大の極一握りの意識の高い教員の研究室くらいじゃないかと思われる。

2010-05-26 04:06:21
はやし @t_hayashi

@tricken こちら北米だと、学部のときから、日本ではいっぱんに「文系」とされる科目についても、講義とはべつに演習の時間があり、かなりみっちり色々なことを叩き込まれます。それを考えると、日本の文系学科は学生をやや「野放し」にしすぎてるのかなあ、と思ったり。

2010-05-26 04:12:26
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

アメリカの教養といえばCross, T. P., 1995, An Oasis of Order: The Core Curriculum at Columbia College.(http://www.college.columbia.edu/core/oasis

2010-05-26 04:17:56
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

コロンビア大の古典教育は、アメリカの中でも相当に特殊らしいけれど、それにしたって日本の旧帝大でもこんなことはできなかった(『知の技法』は失敗に終わった)し。

2010-05-26 04:19:06
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

大変個人的な話で言うと、自分の研究室の教育はかなりまっとうだと思うのだが、一年足らずで逃げ出す人も居る。日本の文系教育を欧米並みにしようとしても、アカハラと区別を付けて貰えないのではないかという懸念が拭いきれない(実際、逃げ出したヒトはどう思っていただろう)。

2010-05-26 04:21:46
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

こういう、理念上のカリキュラムと、実践面での問題とが衝突するので、あんまり理念ばかり語ってもな、と思っている。かといって、理念を捨てるわけではなく、どうすれば困難が取り除けるのか、という方向で考えてゆきたいものだけれど。

2010-05-26 04:23:05
はやし @t_hayashi

あ、おれもそれは思った。RT @patho_logic: 「理系からの文系DIS! 1」だけど,文系を数学に変えても結構通用するような.実験がないからってサボりすぎみたいなことは言われたことある.   http://togetter.com/li/24052

2010-05-26 04:30:08
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

たぶん、「あるべき(究極の)文系教育とは何か」という話になれば、おそらく小室直樹の演習に近いものになるんだろうな。宮台真司が、西田亮介との対談で、小室ゼミについて言及している。:http://www.miyadai.com/index.php?itemid=895

2010-05-26 04:31:28
糖類の上 @tinouye

@tricken 「知の技法」はやはり失敗だったのでしょうか?そもそもどうなれば成功だったのかさえ私はわかってないけれど。ただ基本的に日本はいまだに表面的なファッション性で学問を測ってしまいがちで、地道な研究とはどういうものかを理解されてもいないけれど。

2010-05-26 04:31:55
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

確かに、小室氏くらいやれば「文系」というカテゴリは実質的意味を帯びる。でも、そんな教育が出来る「いわゆる文系所属の教員」は、一握りしかいないだろう。そこが問題なんだな。教育制度を支えるさまざまな諸前提が、小室ゼミのような存在を標準化しきれないという難点を、解決できない。

2010-05-26 04:32:34
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

.@tinouye 僕は『知の技法』シリーズそれ自体は有益だったと思いますが、いわゆる「リベラルアーツ」を、高等教育のうちの学部カリキュラムとして有効なものにする、という目論見として評価した場合、あまりうまく行かなかったと思ってます。

2010-05-26 04:33:51
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

船曳さんの話は個人的にけっこう熱心に読んだわ。

2010-05-26 04:34:11
糖類の上 @tinouye

@tricken その点では仰る通りですね。遠い目標に対して第一歩は踏み出したけど、そのあとが存在しなかったといえるでしょう。

2010-05-26 04:35:24
tricken/ 蒸籠・米化燕麦・囚人 @tricken

僕は、自力で小室ゼミ的な環境を自分の手元になんとか引き寄せてきたけれど、自分で探したり、学友に積極的に頼ったり、しかるべき所に学費を払わないと、得られなかったよ。「対話的知」の構築を個人で掻き集めるというのは、時に徒労感を与える。自分は楽しいから、それでもやるけど。

2010-05-26 04:36:51
残りを読む(48)

コメント

てぃあご @tiago_pump 2010年5月26日
t_hayashi 氏の発言を主として幾つか追加。
0
Makoto Sakai @medicineman 2010年5月26日
後半はむしろ文化による認知スタイルの違いの方が大きと思う。cf. チェックアイテム
0
サキオ @sakiok 2010年5月27日
一部文系大学のレジャーランド化という事態があるとして、それはある程度、政治的に用意された事態だったと感じることがある。文系の学問教育というのは非常に鋭い批判精神の育成にもつながるわけだが(例えば労働法規の理解云々含め)、少なくともここ60年ほどを考える限り、日本の官僚組織も企業もそんなものはほしがっていなかった。もちろん彼等に文系知識人を囲い込むor弾圧した独裁者のような意図した政策があったとは思えないが、漠然とした同調圧のような社会の要請という次元は考慮に入れておいてもいいと思う。
0
as @as1_jp 2010年5月27日
ここで言っている「文系・理系」というのは、理系落ちこぼれを文系という言葉で分類しているだけであって、実際の専攻としての「文系・理系」とは無関係。
0
四月朔日 @Stat_Phys 2010年5月29日
RT @tricken: 僕は、自力で小室ゼミ的な環境を自分の手元になんとか引き寄せてきたけれど、自分で探したり、学友に積極的に頼ったり、しかるべき所に学費を払わないと、得られなかったよ。「対話的知」の構築を個人で掻き集めるというのは、時に徒労感を与える。自分は楽しいから、それでもやるけど。
0
中川苦行🐶キコ @yura3x3x3 2010年5月29日
RT @tricken: たぶん、「あるべき(究極の)文系教育とは何か」という話になれば、おそらく小室直樹の演習に近いものになるんだろうな。宮台真司が、西田亮介との対談で、小室ゼミについて言及している。:http://www.miyadai.com/index.php?itemid=895
0