【国際シンポジウム】「大型野生動物管理システムの構築~クマ、シカ、イノシシとの共存を目指して~」

東京農工大学で行われた【国際シンポジウム】「大型野生動物管理システムの構築~クマ、シカ、イノシシとの共存を目指して~」の実況です。不慣れなうえ突発的な企画だったので、一部発表が切れていたり、ちょっと意味がわかりにくい箇所がありますがご了承下さい。 概要把握や見直しに活用してください。また、間違いやミスがございましたら、是非ともご連絡ください。
3

2012/1/24に東京農工大学で行われた【国際シンポジウム】「大型野生動物管理システムの構築~クマ、シカ、イノシシとの共存を目指して~」の実況まとめです。
実況自体が当日思いついた企画なので様々なアクシデントがあり、記録できていない場所や問題点が多々ありますがご了承下さい。
また誤植等があるやもしれません。

well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

本日、1月24日に東京農工大学農学部で開催される大型野生動物獣害問題に関する国際シンポジウム「大型野生動物管理システムの構築~クマ、シカ、イノシシとの共存を目指して~」 http://t.co/syiL0EDb のハッシュタグは #jugainoko でお願いします。

2012-01-24 08:53:41
やまいぬ @yamainu_wolf

梶教授 有蹄類の爆発的増加は日本でもヨーロッパでも起こった現象だが、日本で「野生動物保護」から「野生動物管理」へと移行したのは1999年の事で未だ10年程しか経っていません。それぞれの事例をMacro,Micro,Mesoなスケールで見なくてはなりません #jugainoko

2012-01-24 09:47:09
やまいぬ @yamainu_wolf

梶教授 : そのために我々はこのグローバル社会の中で、同じ問題に直面している者同士様々な取り組みをシェアしていくべきでしょう #jugainoko

2012-01-24 09:47:09

第1部 日本の大型獣管理の現状と課題*

伊吾田 宏正(酪農学園大学講師)「日本の狩猟と野生動物管理の変遷と現状」
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「札幌市街でクマ、シカの出没など、野生動物の勢力の進出がある、中山間地域の崩壊も」#jugainoko

2012-01-24 09:56:57
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「科学的、包括的に野生動物対策を行う、特定計画が出来たが、国からの財政的支援がないのが問題」#jugainoko

2012-01-24 09:58:23
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「それでも個体数が減らないので、特措法制定。市町村で計画をつくると防除や駆除に補助金。しかし担い手のサポートはなし。車(制度)はあってもドライバー(狩猟者)がないのが現状」#jugainoko

2012-01-24 10:00:43
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「簡易なシミュレーションでは、年平均3.6% 、40年後には現在の二割に狩猟者は減少。これにさらに銃刀法の厳格化が重なり、さらに減少すると予想される」#jugainoko

2012-01-24 10:04:25
Hirotaka Matsui @Hiro_syoku

現在狩猟者数は年率3.6%で減少傾向。40年後のは現在の24パーセントほどと予想。実際は銃刀法の規制強化でより減少が進む恐れがある。#jugainoko

2012-01-24 10:05:13
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「短期的、中期的な計画を進めるに当たっては、体制整備が必要。 行政の役割の明確化は必須。国は指針、財政支援、都道府県は今以上にすぐれた管理計画をつくり、市町村と市町村間の広域連携を支援、市町村は地域の計画を明確に。」#jugainoko

2012-01-24 10:09:12
Hirotaka Matsui @Hiro_syoku

計画には、個体数管理・被害防除・生息地管理の3つの柱が必要。ほかくの担い手としては一般の狩猟者の減少を抑えつつ、専門の捕獲技術者の配備が必要。#jugainoko

2012-01-24 10:10:52
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「各都道府県ごとに、教育機関と連携した狩猟者育成機関をもうけ、担い手の育成を」#jugainoko

2012-01-24 10:13:39
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「広域計画⇔地域計画を考え、計画の立案者、専門的捕獲の担い手を独立して配置。野生動物管理は鳥獣保護法と特措法を合わせて行っておるため、隔たりがある。包括的に野生動物管理を行える法整備を行う必要。」#jugainoko

2012-01-24 10:16:23
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「現行の狩猟法は野生動物管理にはむかないシステム。一般狩猟者依存の個体数調整は、担い手の減少により崩壊必至。狩猟ではなく、野生動物管理を主眼においた新しい制度と枠組みが必要。」#jugainoko

2012-01-24 10:20:19
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

伊吾田「短期的には緊急的な、減少措置を、中期的には持続的な資源利用を広める必要。計画立案者と、雇用による専門的捕獲者を配置することが必要、機関による担い手養成カリキュラムと資格認定制度による従事者の増加を図らなければならない」#jugainoko

2012-01-24 10:22:59
横山 真弓(兵庫県立大学准教授)「クマ類の管理の現状と課題」
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

兵庫県立大 横山真弓准教授による「クマ類の管理の現状と課題」#jugainoko

2012-01-24 10:24:43
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

横山「クマの出没により、学校の登下校時間の変更、新聞配達のやりかたの変更など、クマの存在が人間生活に影響を与えている地域もある」#jugainoko

2012-01-24 10:26:10
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

横山「クマの特定計画策定は20/35道府県、管理の目的はリスク管理と保護管理がメイン」#jugainoko

2012-01-24 10:27:14
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

横山「課題:被害管理のための現場体制…出没したときに対応できる人がいない、出没の予防を行う体制が存在しない」#jugainoko

2012-01-24 10:28:33
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

横山「課題:広域で対応するための、管理の数値的目標を出すためのモニタリング手法が確立していない、モニタリングの担い手がいない」#jugainoko

2012-01-24 10:29:55
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

兵庫県での先進的な取り組みの紹介をしています。「森林動物専門員」という新しいポストを作って専門機関に配置、県の様々な出先機関と連携し、クマの出没情報を集約して、分析し、各自治体ヘ通知。注意喚起や被害の予防に使ってもらう。#jugainoko

2012-01-24 10:37:13
well-disciplined shiori 栞@帰国しました @shioriH

横山「クマの出没時には、森林動物専門員が出動してクマを不動化、適切に放獣し、追跡。捕殺を必要最低限にする。追跡した情報から、人家周辺に昔からある多くの果樹(柿が主)がクマを引き寄せるものだと判明。地域ごとに対策を行う契機となりうる」#jugainoko

2012-01-24 10:40:22
残りを読む(223)

コメント

やまいぬ @yamainu_wolf 2012年1月25日
暫定版です。ASAPで見やすく編集を行うようにしますので、もう少しご辛抱をば。
0
やまいぬ @yamainu_wolf 2012年1月25日
暫定版その2です。「大型野生動物管理システムの構築~クマ、シカ、イノシシとの共存を目指して~」まとめ
0