10周年のSPコンテンツ!
6
むら @tokuyamamura
(東電)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の核種分析結果http://t.co/PbInMtcH #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
(東電)構内での計測データ(既設モニタリングポスト/仮設モニタリングポスト/モニタリングカー)http://t.co/PEN5qaba #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
たかよし @ystricera
東電「キュリオンサリー運転中。2号機8:47移送作業中止 3号機移送中 6号機タービン建屋→屋外仮設タンク10~16時。建屋水位HPに最新データ公表。モニタリング 海水サンプリング記載、西門ダスト、取水口海水、廃棄物施設周辺サブドレン」 http://t.co/BW4eg2gW
拡大
たかよし @ystricera
東電「3号機プール二次系冷却再起動。圧力容器注水温度記載の通り、2号機午前会見の通り炉注水量変更作業記載の通り 本日1:29給水系5.8→6.8 炉心スプレイ系3.8m3/hのまま 圧力容器下部ヘッド温度表で資料作成」
たかよし @ystricera
東電「6日17時監視している温度69.2度 周方向同じ高さ43.9 43.5 69H2 69H3はほぼ44度前後 その他の作業状況」 http://t.co/WEw9o1jE
拡大
たかよし @ystricera
東電「2号機ガスサンプリング明日報告 速報値でXe ND 注水量の変更に伴う除熱、水の流が変わったせいではと考えている 引き続き様子観察、温度上昇の状況見ながら注水量変更等考えたい 変更ある場合は適宜会見メール等でお知らせしたい」
むら @tokuyamamura
(東電)2月6日福島第一原子力発電所のトレンチ等の調査状況(平成24年2月6日調査速報)(242KB)PDF http://t.co/lDxvaB1k #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
たかよし @ystricera
東電「トレンチ等の点検 調査状況資料 本日から5,6号機側トレンチ調査 5カ所 5,6号機ポンプ室循環水ポンプ吐出弁ピット 5,6号機オフガス管 重油配管。5,6号機循環水ポンプ吐出弁ピット、6号機オフガス管水たまり発見 10^-1Bq/cm^3程度 施設内の雨水地下水と同程度」
たかよし @ystricera
東電「先日濃縮塩水貯蔵タンクからの漏洩したことからタンク類一斉点検。982個タンク点検、1カ所漏洩発見 淡水化装置逆浸透膜濃縮塩水貯槽から漏洩 先日同様 コンクリートに染み込んでいる0.6L漏れ γ線20mSv/h β線250mSv/h」 http://t.co/UHp6LLPs
拡大
たかよし @ystricera
東電「2号機ブローアウトパネルでダストサンプリング実施、放出量評価に使用したい」
たかよし @ystricera
(朝日杉本 給水ノズルとの位置関係)東電「給水配管は2本一組で原子炉にはいってそれぞれ半回転 95度 135度 225度 315度から水が入る 給水系配管はシュラウド外側に入る」 http://t.co/fcox6E7N
拡大
たかよし @ystricera
東電「シュラウドの外側に入り、ジェットポンプからあふれる形で原子炉の底部に入る どの角度から給水系配管入っているかはあまり関係ないのではないかと ジェットポンプは2本×10組円周上にある」 http://t.co/2NKJLJzs
拡大
たかよし @ystricera
東電「炉心スプレイ系はシュラウドの内側にリングのような形 通常1000m3/hだすので1%も出していない シュラウドの際を流れているのではと 水の流れは部分的偏りあると」 http://t.co/b10op5t6
拡大
たかよし @ystricera
(135度、225度に水が流れやすく0度のところの温度流れにくくなることは考えられるか)東電「シュラウドの外側に溜まったあとにジェットポンプからはいる。 135度と225度のところに行きやすいということはあるかもしれない あまりハッキリとは言えない」
たかよし @ystricera
(ニコニコ七尾 日時の温度変化表 7時73.3度最高値 このデータがないこと)東電「6時間おきに毎日データとっている 5時11時17時23時 免震重要棟でパラメータ監視している状況では7時で73.3度で最高だった」
たかよし @ystricera
(長官会見で温度下がらないことについて本日夜には対応方針示されると)東電「現在温度状況見ているが70度から72度で推移している 以前は50.4度くらいなので冷却効果上げるために注水量増やすことは現在検討している」
たかよし @ystricera
(注水量増やす以外には考えていないと)東電「温度計そのものも確認したが これまで冷却してきた中で70度は通ってきた道なので特段危険な状態になっているわけではないが再度冷却十分に行なって50度前後まで戻す必要はあると」
たかよし @ystricera
(今後量増やして大幅に温度低下すること考えにくいが)東電「一番悩んでいる所、先週から今週で注水量変更作業している、ポリエチレン管に変更する際給水系流量0まで絞るなど変化させているのである一定以上流して水の流れもとに戻るなどあるかもしれない」
たかよし @ystricera
(読売佐藤 給水配管は運転時は)東電「2500t/h 1本 両方で5000 余裕あるので100%出力で4000~4500」(今日の温度 未明の1:09変えたあとは7時73.3度が最高か)「結構です」
たかよし @ystricera
(崩壊熱もう少し下がっているかと思うがどれくらい)東電「1000~1200分の1 崩壊熱はもう下がらなくてだらだらとすこしずつ下がっていると」
むら @tokuyamamura
(東電)2月6日淡水化装置(逆浸透膜)濃縮水貯槽からの漏えいについて【2月6日発生】(46.9KB)PDF http://t.co/lVevVP9i #iwakamiyasumi2 #iwakamiyasumi
残りを読む(229)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする