10周年のSPコンテンツ!

日本の博物館はなぜ無料でないのか?

日本の博物館はなぜ無料でないのか?という議論をW先生に吹っ掛けられました。愚痴を呟いているうちに、皆さんからたくさんのご意見が・・・。やっぱり、この問題は喰い付きがいいというW先生の策略にはまってしまったのでしょうか?
入館料 博物館
128
takibata @takibata
打ち合わせと懇親会から帰宅したのだけど、何か色々と困惑。5月の連休明けまでに一次稿出せとか。日本の博物館はなぜ無料でないのかについて書いてほしいとか。大英博物館は無料だ、とか言われてもなあ。
中村 肇🦀 @nakamura_hajime
有料でも無料でも、中身が充実してればOKだと思います “@takibata: 打ち合わせと懇親会から帰宅したのだけど、何か色々と困惑。5月の連休明けまでに一次稿出せとか。日本の博物館はなぜ無料でないのかについて書いてほしいとか。大英博物館は無料だ、とか言われてもなあ。”
takibata @takibata
はい、私はこれだけのもの見れるんだし、入館料は寄付みたいなものとも思うのです。各種無料枠も多いのでは、と。RT @nakamura_hajime: 有料でも無料でも、中身が充実してればOKだと思います “@takibata: 日本の博物館はなぜ無料でないのかについて書いてほしいと
takibata @takibata
で、W先生の主張は、多くの人が博物館に行かないのは、有料だからだ、と。それと博物館関係者の意識を変えないとダメだと。それを私に言われても、なんだけど。「博物館学会に殴り込みをかけたい」と言われたので、「どうぞどうぞ」としか言いようがなく。学会と中のひとはイコールではないんだけど。
takibata @takibata
博物館有料or無料みたいな話は、あまり先行研究がない気がするので、やってみても面白いかもしれないけど。無料にするなら、増税するか、施設数を減らすか、他の予算を削るかかな~と言ったら、そんな行政みたいな発想したらダメだと言われた。あと、寄附を募る?有料のままでも、もはや危ういのに。
Yaskohi @yaskohi
「学生は博物館美術館遺跡(ほぼ)すべてタダ」というのは、効率よく良質なユーザーを育てるという点で運営側にも学生にとってもそのほかの人にとってもしあわせなことなんじゃなかろうかと某国で考えました。
takibata @takibata
あ、それと、みんながみんな、博物館に行かなくてもいいんじゃないの?と言ったら、そういう考え方がダメなんだ、と言われた。格差を助長すると。でも、音楽が好きな人もいれば、演劇が好きな人、映画が好きな人、スポーツする人、いろんな選択肢があるのが、豊かな社会だと思うのだけど。
takibata @takibata
@yaskohi あ、それはメキシコですか?そういう国、いくつかありそうですね。
@FujinoHideaki
@takibata 瀧端先生こんばんは。横須賀市の市立博物館は無料です。本当は有料化したいのが僕の考えです。無料でもガラガラですが、良い研究をたくさんしているのでむしろ有料化したい気持ちです。
muzina @muzina_shanghai
@takibata 私はみんながみんな、博物館に行く(通う)必要は無いと思います。博物館は義務教育の場ではなく、自由な自主教育の場ですし、強制的に見せたりするほうが何倍も問題は大きくなると思います。(続く)
takibata @takibata
博物館有料or無料の国際比較&経緯(歴史)までやると、とんでもなく大変なことになるから、無理っ!とか言っておいたけど、確かにこの話題は、興味を持って貰いやすい話なのかな? W先生は、行財政の問題で学生さんや一般読者に興味を持って貰うなら、これしかない、と。
Yaskohi @yaskohi
@takibata そうでうそうです。ほぼすべて、はちょっと言い過ぎかもしれませんが。大きいところはさすがにタダは無理でしたが割引はありましたし、遺跡なんかはほとんどタダで回ったような気がします。むやみに身に無料にするのではなく、適正にあわせた幅広い価格設定できたらいいですよね。
muzina @muzina_shanghai
@takibata 承前)つーか、ものすごく自己中的なことをあえて言わせていただくと、博物館に何の興味も無い人がやたらと館内をウロウロされたりすると(私も含めた)博物館を楽しんで利用している人の迷惑となるだけ。「博物館の見せ方」で、根性論的なものをおっしゃるのは「?」であります。
Yaskohi @yaskohi
タダでさえアレなのに手が悴んで打ち間違えが多発・・・。
muzina @muzina_shanghai
社会教育(生涯教育/自主教育)の場としての博物館にとって、最も大切なことは「自由」ではないかと思う。実際、自由度の高い博物館が、「良い博物館」であることが私にとっては多い。「自由度が高い」を言い換えれば「選択肢が多い」博物館。
takibata @takibata
@FujinoHideaki わあ、こんばんは。市博は、ずっと無料でしたっけ?中身がよくて無料でも人が入らない、というのは何が原因でしょう?坂を登るのがしんどい or 一度見たからもういいとか? 市財政全体を考えたら、有料化も、というお気持ちは分かります。
muzina @muzina_shanghai
やっぱ、博物館は、ガッコウじゃないよ。仮に学校の中にある博物館だって、それが「学校」になってると、たぶんぜんぜん面白くない博物館になると思う。そして「やたらと学校臭い博物館」は、博物館と言うより「宝物館」みたいになってるところが多いようにも感じる。
@FujinoHideaki
@takibata 原因は、関心の多様化ではないかと分析しています。好きな人は今も大好きで通い続けるし、関心の無い方は一生来ないという感じでしょうか。。。僕はそれは決して悪いことでは無いと考えているのです。
muzina @muzina_shanghai
とにかく私、{ガッコウ}が大嫌いだから。w
takibata @takibata
@FujinoHideaki 横須賀市博の研究は、途中までやって、そのままになってしまっています。人材の議論なども、出ていたのではないかと記憶しています。博物館が求心力を持ち続けるのは、結構、大変なことだと思うのです。研究の続きをやってみたくなりました。
takibata @takibata
みなさん、色々ご意見ありがとうございます。面白いので、togetterに初挑戦してみようと思います。うまく出来るかな?
biophilia design @biophilia_d
@takibata なんて頭の程度の低いひとがいるもんですね。きっとそういうひとはブリテッシュミュージアムに据えられたでっかい募金箱も目に入らないんだろうなあ。ましてやパトロンってなに?なかんじ。
Suzuki Mahoro @mahoroszk
@takibata 日本にも無料の公立博物館はいくつもありますね。秋田県立博物館は無料です。無料化で入館者が増えたかどうかなど、興味があります。そして有料の博物館も、申し訳程度に入館料を取っているところがかなり多いのではないか、と思っています。
ねこぐるま @museology1223
@takibata こんばんは。無料or有料のお話の前に「そもそも博物館に全員行く必要はあるか?(=博物館って何の為にあるんだっけ?)」という所をもう一度見直さないといけないのかも…?私は多くの人と博物館の面白さを共有したいと思いますが、「コレ絶対いいから!」というのはちょっと。
biophilia design @biophilia_d
@takibata 返り討ちにあいそう。もしくは相手にされなさそう。
残りを読む(235)

コメント

takibata @takibata 2012年2月13日
追加しましたが、時系列がめちゃくちゃに。再度、追加&整理試みます。
takibata @takibata 2012年2月13日
時系列に並び変える方法分かりました。ご教示ありがとうございます。順次追加します。漏れ落ちあったら、お知らせor追加お願いします。誰でも編集できる設定にしてあります。
takibata @takibata 2012年2月13日
いろいろ追加しました。もし、まとめられたくない~というツイが入っていましたら、削除、またはご連絡お願いします。
takibata @takibata 2012年2月13日
昨晩から今朝にかけて、目にした関連ツイートをまとめました。抜け落ちor削除すべきものがありましたら、ご連絡orご編集ください。
Toshi Motooka @toshi_moto 2012年2月13日
こんなことを書くと叱られるかもしれないが、昔住んでいた地域の図書館は夏や冬はホームレスの溜まり場になっていた。それ以外の時期でも、新聞雑誌を読みにくる近所のご老人が多く、席は埋まり、かなり騒がしかった。
Toshi Motooka @toshi_moto 2012年2月13日
調べ物などとても出来る環境ではなく、2~3度行って以降使用を諦めた。本来の目的からは全く外れてしまうものの、有料であるということはこの手のことの対策にもなっていると思う。少なくとも、有料で入った博物館内でこのての不愉快な目にあったことはない。
takibata @takibata 2012年2月13日
引き続き、編集しております。ご意見色々ありがとうございます。
muzina @muzina_shanghai 2012年2月13日
RT @shinobuns: 無料の博物館相当施設で、展示物を見ながらメモをとっていたらシニアボランティアの方に「勉強してるのか、おしえてやろうか」とつきまとわれて迷惑したことがあり、以来そこには行っていません。たとえ無料でも、押しつけは願い下げ。
Suzuki Mahoro @mahoroszk 2012年2月13日
あまりに横道にそれている自分のツイートを1つ削除しました。
takibata @takibata 2012年2月13日
あ、すみません。全然勘違いのものも入っているかも、です。でも、合わせて読むと意味深なものは、誤読も恐れず、入れております。不都合なものは、削除お願いします。
Suzuki Mahoro @mahoroszk 2012年2月13日
あ、いえ、こちらこそすみません。全体としては、そういう「編集方針」が垣間見えて面白いな、と思って楽しく読ませていただいております。これ(togetter)って、こんなに個性が出るものだったんですねー。
takibata @takibata 2012年2月13日
初めてtogetter 作ったので、夢中でやってました。図書館系の方々のつぶやきも、刺激的です。
NiKe @fnord_jp 2012年2月13日
日本の文化行政がいかに酷いか、ということを認識させるための課題だったんじゃないですか?
takibata @takibata 2012年2月13日
あ、ちょっと違って、W先生には、博物館ってこんなに楽しいところなのに、みんな行かないの勿体ない、という発想が根本にあるようです。問題は、W先生が理想とする博物館像が、良質アミューズメント系なんじゃないか、という点で。資料保存の重要性とかNGみたいなので困ってしまって。
重-オモ- @__oMo__ 2012年2月13日
博物館に人が来ない理由は「不便」か「何が展示されているかよくわからない」あたりではないかと思います。行って楽しい場所だと思わせられれば、ちょっとばかり高くついても人が来る。逆に無料の展示は「大したものがない(お金をとれる価値がないから無料なのだ)」と思われてしまう危険性すらあるかもしれない
NiKe @fnord_jp 2012年2月13日
国立民族学博物館は素晴らしい(楽しい、面白い)博物館ですが、無料開放の日が年間何回かあるんですよ。必要なら金を取ってもいいと思うけど、無料だとダメになるというものではないと思います。
ごがちい @_gogatea_ 2012年2月13日
朝霞の陸上自衛隊広報施設「りっくんランド」は事業仕分けの結果試験的に入場料を取る事にした結果入場者数が激減、試験期間終了後ただちに無料に戻した。一般の博物館と同列に語るのはどうかと思うが、そういう例もあるって事で。
ごがちい @_gogatea_ 2012年2月13日
いっぽう、青梅鉄道公園は長らく入場無料だったのだが、可動展示がずーっと故障中だったりと私設の荒廃がひどかったため、リニューアルと同時に入場料(つーても100円だが)を取ることにした。それでペイできてるとも思えないのだが、未だに維持されてるところを見ると有料化は受け入れられたのだろう。まぁ色々実例はあるんでねーのと。
岡一輝 @okaikki 2012年2月13日
自分が博物館だの美術館だの図書館だのが好き、というのは、やはり、子供の頃に、休みのたびに連れていかれた思い出があるからだろうなあ。ズラリと並んだロケットの模型の前で「僕コレに乗りたい!」「じゃあお爺ちゃんはコレな」なんてはしゃいだ記憶が……ああ……俺にもそんな純真な頃があったんだ……
岡一輝 @okaikki 2012年2月13日
油絵だの隕石だの真っ二つにされたジェットエンジンだのを前にして、色々と想いを巡らせて楽しむ、というのは、はやり、教育され経験をつまないと、なかなかできないよね。そういう勉強をするチャンスが、はたしてどれだけあるだろうか……
小田隆 @studiocorvo 2012年2月14日
とても無茶な(安い)予算で企画展をしなくてはいけない場合、ただ節約し、担当者が疲弊するほど働き、払うべきものも払えず、というのはコスト意識とは違うと思う。収支のバランスをとれることがコスト意識。コストカット=コスト意識ではないだろう。
takibata @takibata 2012年2月14日
現在、12,691viewという驚きの結果になっております。今度はコメント欄への書き込みが増えてきました。引き続き、ポツポツと投稿&編集を続けていきます。お気軽にご利用?下さい。「日本の博物館はなぜ無料でないのか?」
sakai @SkiMario 2012年2月14日
私の大学の学生証を見せれば入場料が無料になる施設がいくつかある。でも学生はあんまり利用していないと思う。博物館って2時間もあれば見て回れるイメージで、それだけが”目的地”になりにくい気がする。
福武 忍 @shinobuns 2012年2月15日
友人からアメリカの美術館の入館料無料の功罪についての記事へのリンクもらったので、はっつけときます。 http://www.aam-us.org/pubs/mn/MN_JF07_cost-free.cfm
近藤 和宏 @kondoujp 2012年2月15日
ちょろっと見てみたらこんなのも見つかりましたね。英国の有料化事例とか。 http://www.rekihaku.ac.jp/kenkyuu/kenkyuusya/kojima/england.html
takibata @takibata 2012年2月15日
情報、ありがとうございます。引き続き、よろしくお願いいたします。
紺碧 @Konpekin 2012年2月16日
美術館は目で楽しめるんだけど、博物館はモノによって専門分野に興味や知識がある人じゃないとホントにわからない正直ナンジャコリャ!なブツが数合わせみたいに置いてある所が多くて…楽しめるか否か当たり外れが大きすぎる!っていうのが正直な所かも。若い学生だと余計に興味を持ちにくいような。企画性の問題なのかな。
ふみ~ @fu_official 2012年2月16日
有料無料の前に、そもそも開館時間を見直して欲しい。普通に働いている人が平日に行ける時間に閉まっているので行きたくても行けないよ。
takibata @takibata 2012年2月17日
『博物館研究』バックナンバーから法制定当時の回顧録を抜き書きしてみました。 **************************************** 「博物館法制定10周年記念座談会」1961年11月15日 東京国立博物館にて開催 司会:鶴田総一郎、出席者:内田英二、岡部稔成、鬼山信一、古賀忠道、近藤春文、三浦勇助 (社団法人日本博物館協会『博物館研究』1961年12月号、6-12頁)以下、引用 **************************************** 古賀 動物園、植物園
takibata @takibata 2012年2月17日
あ、やっぱり、コメント欄は字数制限があったんですね。長文コピペしたのですが。仕方がないので、自分のブログに貼ってから、リンクします。しばしお待ちを。
takibata @takibata 2012年2月17日
「博物館法制定10周年記念座談会」の関係部分は、以下のブログに貼り付けておきました。http://bit.ly/wyiBxl
か。 @Ka_o 2012年2月17日
博物館を“門”として捉えるか,それとも,知っている人のためのコミュニケーションのツールとして考えるか,ってところかな. 両方あっていいと思うので,リピータ有料,とかでいいのではないかなぁ. あとは学芸員による解説が有料とか,研究課題について語るのが有料とか,そういういろいろであつまんないかな.
か。 @Ka_o 2012年2月17日
夜だけあいてる博物館とか何それ,おもしろそうw
か。 @Ka_o 2012年2月17日
※ただし,無料にはアンケートがつきます(それも結構長大な)もいいかも.情報は対価となりませんかね…
takibata @takibata 2012年2月17日
おもしろいですね。どんなアンケートだろう?
白瀬伸一(混沌・善) @ChromeBranche 2012年2月19日
学芸員のレベルが低すぎてワーナーがブチ切れたと言うエピソードは知ってるけど…
takibata @takibata 2012年2月19日
現在、20,473view、102favという数字に驚いております。反応して下さった皆様にただただ感謝です。引き続き、ご意見よろしくお願いします。随時、編集を行っております。私も書かなくちゃ、ですが。
重-オモ- @__oMo__ 2012年3月4日
すでに出ていますが「開館時間が自分の生活時間と合わない」ため行く気になれないという声をよく耳にします。映画館などエンタメ施設は営業時間を来客に合わせますが、映画館博物館等は「勤務している人のために」お役所並みの開館時間しかないことが多く、自然来館者の足は遠のきます
takibata @takibata 2012年6月18日
昨日、全日本博物館学会で、「日本の博物館はなぜ無料でないのか?」というタイトルで発表させていただきました。歴史的経緯を調べるのに手一杯で、具体的な事例や考え方をまとめるには至りませんでしたが、ご意見・情報をお寄せいただいた皆さまにお礼申し上げます。まずはご報告まで。
Matsuki *** @liliput 2012年6月18日
純粋にビジネス的な観点から論じると「有料/無料にすることでどういう効果を狙っているのか」を検討すべきですね。金銭的対価は利用者に対するメッセージやコントロール手法の一つでもあります。
Matsuki *** @liliput 2012年6月18日
例えば、特別展の高価な入館料は「本当に見たい人、深い興味を持っている人に来てほしい」というメッセージになり得ます。無料にすると「誰でも、気軽に来てほしい」という意図を発信するでしょう。大枠の「博物館」だけではなく、個々の館・個々のイベントで考えるべき問題かとも思います。
takibata @takibata 2016年3月4日
この度、「日本の博物館はなぜ無料でないのか?-博物館法制定時までの議論を中心にー」という論文を書きました。http://researchmap.jp/takibata/%E8%B3%87%E6%96%99%E5%85%AC%E9%96%8B/ まだまだ、書くべきことの氷山の一角ですが、ひとまず活字になったということで、ご報告方々、お礼申し上げます。ご覧いただければ幸いです。
takibata @takibata 2016年3月4日
リンク貼り直します。「日本の博物館はなぜ無料でないのか?-博物館法制定時までの議論を中心に-」という論文を書きました。ご報告方々、お礼申し上げます。 http://researchmap.jp/musedt5w0-1869708/#_1869708
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする