64
@mogmemo
放射線のリスクについてはLNT仮説を採用しているかぎり絶対安全というのはないわけで、個人がそれぞれ自分のものさしをもつことが求められるわけだけど、ものさしを持つのに役立つ数字ってどんなものがあるのかなと考えている。
@mogmemo
おもいついたことはこのタグつけて整理するかな。 #放射線のものさし 
@mogmemo
体重60kgの人間の身体に含まれるカリウム40は4,000Bq程度。 #放射線のものさし  
@mogmemo
100 Bq/kgのコメを3年間毎日食べたら被ばく量は0.24 mSv http://t.co/FLOJS6RP #放射線のものさし  
@mogmemo
米以外の食品や吸入も含むカリウム40による被ばく量は3年間で0.51 mSv http://t.co/FLOJS6RP #放射線のものさし  
@mogmemo
世界には自然放射線だけで10mSv/年近い地域があり、そうした地域でも有意に発がん率が高いとは確認されていない。 #放射線のものさし  
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
BEIRⅦ委員会は、特定の高線量地域の疫学調査についての報告をもって「被曝リスクはLNTモデルよりも安全」とする主張を退けている。http://t.co/8DPk3xMo #放射線のものさし
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
オックスフォード小児がん調査は、10〜20mSvの低線量被曝において「15歳までの子どもでは発がん率が40%増加する」をしめしている。 http://t.co/8DPk3xMo #放射線のものさし
@mogmemo
ご提示のBEIR VIIの骨子はI「低LET放射線がもたらすリスクは LNTモデルから予想されるリスクより決して大きくはないという結論に落ち着かざるを得ない」というところです。 @morecleanenergy https://t.co/hH9F4qIG #放射線のものさし
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
@mogmemo ええ、BEIR Ⅶは「低線量放射線のリスクはLNTより大きくもなく、小さくもないと結論づけていますね」 #放射線のものさし
@mogmemo
はい。「しきい値が存在するとは考えないが、ただ、低線量域でのがんの誘発はあっても少ないだろうとみなし」LNTでまあいいかと。@morecleanenergy ええ、BEIR Ⅶは「低線量放射線のリスクはLNTより大きくもなく、小さくもないと結論づけていますね」 #放射線のものさし
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
1976年度以降、労災認定された原発労働者10人のうち白血病が6人。累積被ばく線量は129・8~5・2ミリシーベルト http://t.co/KLHxQ1t5 #放射線のものさし
@mogmemo
(注)労災認定=その線量で白血病になるという証明にはなりえません。@morecleanenergy 1976年度以降、労災認定された原発労働者10人のうち白血病が6人。累積被ばく線量は129・8~5・2ミリシーベルト http://t.co/Zvc1U8OI #放射線のものさし
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
@mogmemo 疫学的にはともかく、裁判所は被曝と発病の因果関係を認定した、ということですよね。
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
@mogmemo 裁判所が因果関係を認めたということは、発病のメカニズム等で一定の妥当性が認められたということで、一つの#放射線のものさし になると思うのですが。
@mogmemo
その裁判長が論文書いて疫学関係の雑誌に採択されたら「ものさし」になるとおもいますよ。@morecleanenergy 裁判所が因果関係を認めたということは、発病のメカニズム等で一定の妥当性が認められたということで、一つの#放射線のものさし になると思うのですが。
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
@mogmemo え、 #放射線のものさし タグって疫学関係の雑誌に採択された事実でないとダメだったんですか? 「LNTモデルはあるけれど、それだけじゃどうリスク管理していいかわからないから、とりあえずものさしになるものを挙げてみよう、という主旨かと思っていました。 
@mogmemo
なんか労災認定されたから低線量でも白血病が発症するって誤解している人多いんですよ。誤解を招きやすい例ってものさしになりえないと思いませんか?@morecleanenergy え、 #放射線のものさし タグって疫学関係の雑誌に採択された事実でないとダメだったんですか?
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
@mogmemo 裁判の資料を読んだわけではないですが、白血病と原発での労働が一切関係ないのなら裁判所が認定するわけがないです。「誤解」というのはいい過ぎでは? RT@mogmemo なんか労災認定されたから低線量でも白血病が発症するって誤解している人多いんですよ
@mogmemo
あ、あれだと言葉足らずかも。「低線量でも有意に白血病の発症率が上がると誤解してるひとが多い」ですね。@morecleanenergy
@mogmemo
いいかえると、低線量のリスクのレビューで裁判所の労災認定結果を引く人はいません。なぜだとおもいますか?@morecleanenergy 裁判の資料を読んだわけではないですが、白血病と原発での労働が一切関係ないのなら裁判所が認定するわけがないです。「誤解」というのはいい過ぎでは?
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
@mogmemo 疫学調査で有為でないから、ということでしょう。ですが、裁判所が裁判所が疫学調査で有為とはっきり決着がついていない部分についても、白血病と被曝の因果関係について蓋然性があると認めたわけです。これは前にお話しした「二つのチェルノブイリ」問題に通じるものがありますね。
@mogmemo
別に問題ないのですが、低線量のリスクの話に労災認定引いてくる人は信頼されにくくなるってことは覚えておいた方が良いと思います。@morecleanenergy つぶやきを使わせていただきました。問題ありましたら対応しますのでご連絡ください。 http://t.co/yF7CAAvw
@mogmemo
労災認定と科学はちがいます。労災認定は人を助けるために「可能性はゼロではない」ことを、科学は確からしさをもとめることを重視します。@morecleanenergy 裁判所が疫学調査で有為とはっきり決着がついていない部分についても、白血病と被曝の因果関係について蓋然性があると認めた
クリエネ(萩生田文科相と河村市長は脅迫行為に便乗するな) @morecleanenergy
@mogmemo 労災認定は科学を無視したりはしませんよ。科学で示唆された蓋然性を押し進めるのであって、蓋然性のないものは労災認定されません。
残りを読む(15)

コメント

天明 @yoshite 2012年3月9日
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/00abom/ningen/000325.html ←放射線被ばく者に対する白血病の労災認定基準がまとめられています。「①相当量の被ばく(五ミリシーベルト×従事年数)」「②被ばく開始後少なくとも一年を超える期間を経ての発病」「③骨髄性白血病またはリンパ性白血病であること」の3店とのこと。
天明 @yoshite 2012年3月9日
また、「法定の五〇ミリシーベルトが予防基準であれば、労災認定は救済の目安ということになる」とも。科学的な証拠が薄くとも、「労基署としては労働者を助けますよ」というスタンスの表明だと、個人的には思ってますが。
kato takeaki @katot1970 2012年3月9日
労基署の署長の「法定限度以下なら絶対発病しないとは言えない。労災は、基準を上回る被ばくをして発症したとき、業務と病気に因果関係があるとみなそう、というのが趣旨だ。法定の五〇ミリシーベルトが予防基準であれば、労災認定は救済の目安ということになる」をかみ締めて欲しいね。
kato takeaki @katot1970 2012年3月9日
科学的な因果関係の有無を問わず、救済の基準として予防基準を使おうというのが労災の趣旨。それ以上でもそれ以下でもない。
芹沢文書 @DocSeri 2012年3月9日
「"科学的にエビデンスがある"から"労災認定の際に参照する"」ことはあっても、「"労災認定された"という事実を"科学的判断の根拠に使う"」ことはないし、「労災認定されたからには科学的根拠があったはず」とはならない……という話ですよね(ものさし関係なくなった
kato takeaki @katot1970 2012年3月9日
>DocSeri そういう話です。
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2012年3月9日
被曝管理がずさんだと分かったら、裁判所は積極的に救済に向かうのではなかろうか。本件がそうかは定かでないけれど。
lhankor_mhy @lhankor_mhy 2012年3月9日
武田先生が「事故以前に国が1mSvという基準を定めていたのだから、それ以上の被曝は健康被害の可能性があることを否定できない」のようなことを言っていたのを思い出します。
クリエネ(@逃げ切りに躍起な首相が居座る不幸な社会) @morecleanenergy 2012年3月9日
↑の中国新聞の記事にある、1976年に通達された放射線被ばく者に対する白血病の労災認定基準について、詳しい経緯などご存知の方がいましたら情報頂けるとうれしいです。
ゆ〜たん @Iutach 2012年3月10日
せっかくの「同様の事があった場合に労災に認定してもらえる可能性がある」という正方向のものさしを、さしたる根拠もないのに「この程度の被曝で白血病になったと認定された実例がある」という負の方向に向けてもしょうがないでしょう。
CAVU @cavu311 2012年3月20日
「ものさし」云々以前に、労災認定基準の1つが「相当量の被ばく(5mSv×従事年数)」であること、そしてフクイチ作業員達の被曝量がどれだけになっているのか、さらには一般人が5mSv/年を被曝する可能性はあるのか、それらをもっともっと皆が考える必要があるのではと思います。
JokeJokerM(じょじょむー) @JokeJokerM 2012年5月7日
“防護基準のものさし”と“救済基準のものさし”は別ということですね。
細川啓%求職中断 @hosokattawa 2012年5月11日
堀江邦夫の『原発労働記』(原発ジプシー改題)を読むと、1)労働者の被曝線量は必ずしも正確には把握されていない 2)1年かけてだらだら浴びるのではなくて集中的に被曝することがある が分かる。http://inbook.jp/serif?serif_id=120799
愛国者?pgr @aikokuwww 2016年8月27日
一種の「権威主義」ですよ。自分で論理を組み立てられないから「労災認定」という「権威」に頼ってるだけ。アファかと、バカかと。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする