ミニチュアゲーム小話まとめスペシャル3

SEGAゲームハードキーチェーンフィギュア等を用いて、うちにあるおもちゃで遊んだ画像のまとめ。今回はSEGA家庭用ハード部門の歴史。
ゲーム フィギュア ミニチュア SEGA セガ
2
ノヒイ ジョウタ @toroshan
時代を築いたゲームメーカーSEGA…如何にしてSEGAは今日までの激戦を潜り抜け、変移していったのか。衝撃のあの日をトレスする!! http://t.co/uqllfHYB
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
1983年7月、業務用ゲームで一躍名を馳せていたSEGA初のゲームハード【SG-1000】が登場。遂にSEGAのゲームを家庭で遊べる時代が到来した。 http://t.co/lAvP2fud
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
実は【SG-1000】には兄弟機がいる。もともとSEGAはホビーパソコン【SC-3000】の開発を進めており、プログラム機能を除外したモデルが【SG-1000】だった。多用途に遊べるハードが揃い、SEGAの成功は約束されたかに見えた。 http://t.co/QNNp9Wsk
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
しかし(予想通り?)のっけから奇襲を受けるSEGA。一体誰の仕業か!? http://t.co/Epm6uP5r
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
なんと同年同月、任天堂から【ファミリーコンピュータ(以下ファミコン)】が発売していた。SEGAと任天堂因縁の歴史は、SEGAの家庭用ハード参入と共に幕を開けたのだ。 http://t.co/idTwmrk0
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
【SG-1000】はスペックで【ファミコン】に劣っていたが、めげずにSEGAは普及数を伸ばすべく翌年にモデルチェンジ版【SG-1000II】で攻勢に出る。 http://t.co/fPPdzocj
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
【SG-1000II】は単なる本体だけのモデルチェンジではなかった。よりゲームの遊びやすさに特化すべく、スティックコントローラから(方向キー以外)扱いやすいパッドコントローラに進化していた。 http://t.co/PwW6qKF8
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
しかしSEGAが仕様変更で茶を濁している間に、任天堂は次々と周辺機器やソフトをリリース。サードパーティ制度導入な関してもすっかり先を越されていた。 http://t.co/FRPvpAgn
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
痛い痛い!俺にも性能があれば!」SEGAは性能を追い求めた。 http://t.co/5in5RdNM
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
1985年、SEGAは【ファミコン】と同等(一部性能越え)ハードを開発した。【セガマークIII】は【SG-1000】との互換性を保ちながら更なる進化を遂げた。 http://t.co/i7weV6iZ
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
また【セガマークIII】は高い拡張性が売りだった。別売のFMユニットを取り付けると、対応ソフトはFM音源でゲームが楽しめるようになるのだ。絶好調!もう誰にも止められない!! http://t.co/kdB3a71j
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
だが任天堂は何もしていないわけなどなかった。【ファミコン】を拡張するディスクシステムが登場、更にスーパーマリオブラザーズに始まる各ソフトのヒットで、絶好調であった。 http://t.co/ei6KG8sU
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
あばばば!ファミコンを越える力がなくては勝てない!!」SEGAは更なる性能を求めた。 http://t.co/IFfCXpZB
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
その過程で【マスターシステム】を販売。【セガマークIII】にFMユニットと3Dグラスアダプタを内蔵した普及版で、米国では【セガマークIII】をすっ飛ばしてこちらが販売されていた。 http://t.co/oIwq84C7
拡大
手を洗うdömä+ @doma_donna
@toroshan さんの新作が流れている ・・・任天堂VSセガがMS VS ATまんまの構図だ ・・・むせるが泣けてくる
ノヒイ ジョウタ @toroshan
1988年、SEGAはとうとう【ファミコン】の性能を凌駕するハードを開発。【メガドライブ(海外名ジェネシス)】がそれである…おや、メガドライブのようすが…!? http://t.co/Sks8Pl17
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
【メガドライブ】は恐るべき拡張性を秘めていた!SEGA初(史上初はPCエンジンROM2)のCD-ROMソフト対応メディアメガCDや、スーパー32Xにメガアダプタ(画像未掲載)等の、性能底上げの周辺機器が目白押しだった。 http://t.co/eniCbISy
拡大

【補足】メガアダプタについてはこちらから。
http://ja.wikipedia.org/wiki/メガアダプタ

ノヒイ ジョウタ @toroshan
そしてここでようやくSEGAの攻勢となった。任天堂は次世代機の開発に遅れをとっており、頼みのディスクシステムは売りだった容量がカセットROMに追い抜かれてしまい、無用の長物と化してしまった。 http://t.co/yWAskxOH
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
だが任天堂は新たな一手を用意していた。【ゲームボーイ】は同社初のカートリッジ式の携帯ゲーム機であり、新たな支持層を得てブランド存続に貢献した。 http://t.co/9Onm8r2M
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
それでもSEGAの勢いは押し返せない。なんと北米では【ジェネシス(メガドライブ)】が【ファミコン】のシェアを追い抜き、遂にトップに躍り出た!こんなに体が軽いのは初めて!もう何も恐くない!!http://t.co/UgtcCZyS
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
突然だが、テトリスと言うゲームがある。ロシアの科学者アレクセイ・パジトノフがペントミノを基に考案したパズルゲームである。 http://t.co/3rKcvrs8
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
SEGA内でも人気を博していたテトリス、何とかして販売権を得たいと考えていたところ、英国のゲーム会社社長のロバート・スタインなる男が版権交渉に挑むとの話を伺い、取り敢えず行く先を見守った。「ウフフ☆オッケー☆http://t.co/H99kmggM
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
早速パジトノフに会いに行ったスタインだったが、テトリスの版権はややこしかった。当時のソ連では個人の著作権は認められておらず、アカデミーに属する会社が販売権を持っているため、パジトノフの判断で販売権を譲渡することは出来なかったのだ。 http://t.co/R7oo0HTg
拡大
ノヒイ ジョウタ @toroshan
スタインはテトリスの権利を有するエローグ社へ向かった。「テトリスはうちの権利だけど、ゲームとかよくわかんなくて売るってなると尚更私達には…」「断られてない!販売権を得たも当然!!」 スタインは交渉してくれる=許可をくれると思い込んでいた。 http://t.co/bH8hVCoV
拡大
残りを読む(47)

コメント

ノヒイ ジョウタ @toroshan 2012年3月13日
テトリスの豆知識を加筆
もるぱぱ @hitopin 2012年3月15日
なぜにSEGA=スコープドッグw まだ新作続いてるというのに…
ノヒイ ジョウタ @toroshan 2012年3月15日
@hitopin 以前ドリキャスを取り上げた際になんとなくスコープドッグを使ってしまい、そのまま慣習化しちゃいました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする