Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2012年3月13日

追悼 河野典生

【関連するまとめ】 「作家・河野典生氏死去」http://togetter.com/li/267388 (確認不足ですみません。こちらが、訃報到着からまとめられている、ご本家です。ですので、当方のこのまとめを作る必要はありませんでしたな・・)
0
嵩平何(たかひら なに) @iihata

高知新聞でしかソースが確認できないのだが、河野典生さん先月29日に亡くなっていたのか……。ご冥福をお祈りします。http://t.co/y4Z8wdEH

2012-02-29 22:31:52
北原尚彦@『初歩からのシャーロック・ホームズ』発売中 @naohikoKITAHARA

河野典生氏、亡くなってたの! ハードボイルド作家であると同時に、幻想SFの書き手でもあった。合掌。http://t.co/p6ipPJYk

2012-03-04 01:19:16
関悦史 @Seki_Etsushi

え!? RT @naohikoKITAHARA 河野典生氏、亡くなってたの! ハードボイルド作家であると同時に、幻想SFの書き手でもあった。合掌。http://t.co/yFpYoFAH

2012-03-04 01:40:23
関悦史 @Seki_Etsushi

随分昔に予告だけ出ていた河野典生の長編『翔ぶ一族』は放置されたままになってしまったか。

2012-03-04 01:57:41
関悦史 @Seki_Etsushi

@tree_frog_o 河野典生、地方紙にしか載っていないらしいのがまた悲しい。

2012-03-04 02:19:05
関悦史 @Seki_Etsushi

昔うっかり売ってしまった角川文庫の河野典生『群青』と『緑の時代』、アマゾンにも在庫がない。

2012-03-04 03:09:07
関悦史 @Seki_Etsushi

『黒い陽の下で』17,799円、『ガラスの街』16,000円、『残酷なブルース』4,500円って…

2012-03-04 03:12:29
関悦史 @Seki_Etsushi

昔処分してしまった本のリストを見て悶死している。

2012-03-04 03:36:44
関悦史 @Seki_Etsushi

「作家・河野典生氏死去」をトゥギャりました。 http://t.co/Fz9wiqgV

2012-03-04 05:38:29
山岸真(P.N) @ymgsm

作家の河野典生(こうの・てんせい)氏が、77歳の誕生日直後の1月29日に亡くなった。『街の博物誌』と続刊、とても好きでした。合掌。(リンク先は筒井康隆HPの日記。筒井康隆編『日本SFベスト集成』全6巻中5巻に河野作品が収録されている) http://t.co/e9XUPwcX

2012-03-04 09:24:28
森下一仁 @morishitakat

河野典生さんのご冥福をお祈りします。一度だけお目にかかったことがあり(青山近辺での会合でした)、短く挨拶させていただきました。その時、飲みに誘われたのに所用のため断ってしまったのが、痛恨。

2012-03-04 10:12:36
ホッタタカシ @t_hotta

河野典生が亡くなった。この20年余り書いてなかったようだが、どうやって暮らしていたのだろう。『いつかギラギラする日』とは元はこの人の小説のタイトル(映画とは無関係)だ。【河野典生さん死去】http://t.co/xTrTTs9q

2012-03-04 13:21:11
あらま草@敬虔なるボコノン教徒 @arama_gusa

河野典生氏の訃報に悄然。『街の博物誌』正・続はもちろん、『ペインティング・ナイフの群像』も好きでした(いずれも復刊熱烈希望)。ご冥福をお祈りいたします。

2012-03-04 21:34:08
あらま草@敬虔なるボコノン教徒 @arama_gusa

河野典生氏、『アガサ・クリスティ殺人事件』は持ってるけど、『アルタの鷹』なんて作品もあったのか。大陸書房じゃ入手はちょっと骨かな…。

2012-03-04 21:52:48
②②⑥映画前夜™ @nichipro

作家の河野典生さんが1月29日に死去された。ご冥福をお祈りいたします。【高知新聞】訃報:高知市出身の小説家 河野典生さん死去 http://t.co/1INGOsCF

2012-03-04 22:09:21
②②⑥映画前夜™ @nichipro

亡くなられた河野典生さん。日活映画ファンとしては、蔵原惟繕監督×山田信夫脚本×川地民夫主演の「狂熱の季節」「黒い太陽」などの原作者としての印象が強い。 http://t.co/IlCh8ph2 #eiga

2012-03-04 22:12:11
Shuji Fujita @keaton1_SF

河野典生さんがお亡くなりになったらしい。と言っても、小説は読んだことなく、子供の頃、愛読していた筒井康隆の日記の登場人物という感じなのだが。

2012-03-04 22:21:21
里見 哲朗 @satomit

ああ河野典生も……。日本のハードボイルドでぼくの最も好きな作家です。『殺意という名の家畜』が長篇の代表作だと思いますが、デビュー作『陽光の下、若者は死ぬ』からそのスタイルは完成されてました。そして短篇はさらに「狂熱」を帯びていて学生時代貪るように読みました。ありがとうございます。

2012-03-05 01:15:50
関悦史 @Seki_Etsushi

追加しました。一日でかなり増えています。 作家・河野典生氏死去 http://t.co/Fz9wiqgV

2012-03-05 05:09:31
関悦史 @Seki_Etsushi

河野典生氏のご息女から連絡をいただいた。某所で河野典生コミュの管理をしていてそこに訃報も上げたのだが、何と亡くなる少し前ご本人もそのコミュをご覧になり、ファンの存在を喜んでくれていたのだという。少人数でも作っておいてよかった。しかしもっといっぱい書き込んでおくべきだった。

2012-03-05 05:18:57
fiasko(大失敗つづき) @fiasko

いまごろになって河野典生氏が亡くなったことを知った。わたしは『街の博物誌』と『緑の時代』、そしてなぜか『探偵はいま鉄板の上』が好きだったり。けっきょく、『翔ぶ一族』は未完となったのでしょうか。

2012-03-05 18:55:01
fiasko(大失敗つづき) @fiasko

そして、なぜか河野典生という名前を目にすると、同時に辻章のことが頭に浮かんでくるのだった。似ていると思ったことなんて、たぶんないはずなのに。これは辻章の作品集でとくに印象に残っている『逆羽』というタイトルのせいかしら。

2012-03-05 18:57:52
みづせゆう @miduse

河野典生氏の作品は70年代の『SFベスト集成』に載った短編と確か『街の博物誌』ぐらいしか読んでない俺に語る資格などないのだが…SFというより幻想小説という言葉が似合う、不思議な作風の人だったなあ。 合掌。

2012-03-06 01:18:21
関悦史 @Seki_Etsushi

河野典生ご息女から続報。河野氏は平成21年1月に脳出血を起こし、その後重度の嚥下障害になり、在宅にて療養、毎日Jazz音楽を聴いて過ごしていた。平成23年12月31日に嚥下性肺炎を併発し入院、1月29日午後1時50分永眠とのこと。3年前から療養中だったのか。

2012-03-06 01:20:59
残りを読む(62)

コメント

愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年3月13日
ぼくの呟き入ってますが、河野典生氏はぼくにとってよく分からない作家でした。『緑の時代』『殺意という名の家畜』とか読んだんですが。
0