クラムボン ミト「3peace2」音源解説20120322_23

恒例!? となりましたミト氏によるCD発売日の音源解説tweet 3/21発売となりました、クラムボンのライブアルバム「3peace2」の解説です! アルバムを聴きながらお楽しみ下さい!!!
6
tropical_info @tropical_info

【クラムボン】LIVEアルバム『3peace2』本日発売ですっ!!! ぜひみなさまお聴きくださーい http://t.co/YvKCeLVB

2012-03-21 13:03:58
拡大
clammbon mito @micromicrophone

今日の作業、終わり!ようやっと、ミンナと一緒にこれが聴けます。 http://t.co/9cqERdWg

2012-03-22 00:52:04
拡大
clammbon mito @micromicrophone

iTunes、いれてみた。おおー、今回はジャンルが「Rock」ですね。とりあえずDATAを取り込んでしまうとCDの盤の良さが分からないので(CDってDATAにすると、基本どの盤でも全て同じ音になります)、このまま聴いてみる。 http://t.co/M0A3DfOy

2012-03-22 00:59:53
拡大
clammbon mito @micromicrophone

さて、でもってこれから『3peace2』アルバム解説しようと思うのですが、例によってこのあと連投が続きます。もし煩わしいようでしたら一回フォローはずれてしまっても結構です。ご面倒おかけします。どうぞよろしくです。

2012-03-22 01:01:57
clammbon mito @micromicrophone

では「音源解説、しましょうか」。

2012-03-22 01:03:49
clammbon mito @micromicrophone

まず今回、録音が始まった2011年8/31の「長崎・モンネポルト」から、9/30「福岡・博多百年蔵」のうちの8公演が音源として収録されてます。これ、理由は機材がそれまでに全て揃わなかったからです。本当は、北は旭川から、ずーっと録っておきたかったんだけどね、、、ごめんなさい。

2012-03-22 01:09:12
clammbon mito @micromicrophone

で、しかもそのなかの長崎、そして宮古島、百年蔵1日目は、今度は機材の都合で録音できず、、、宮古島は台風に直撃されて、録音機材を沖縄から持ち運べなかったんです(涙。あとは、完全に機材トラブル。デジタル機器の宿命、ともいいますか。。。

2012-03-22 01:12:30
clammbon mito @micromicrophone

機材は次回までに完全にしたいです。で、そのなかから残っていた8公演を、まず全て、一から聴き直して、まず大まかにミックス。これが、一公演2時間半を3〜4回廻しとか聴いてたから、、、一日16時間ぐらい自分のライヴ聴くはめになってた(苦笑。

2012-03-22 01:15:03
clammbon mito @micromicrophone

12月のクリスマス終ってから作業始まったから、、、全部聴き終わったのはおそらく正月3が日終ってからだったかな、、、正月とか、ぶっちゃけ寝ないで初詣だったなあ。。。でも、その間にいいセッションを◯つけておいたり「この公演のMC超面白い」とかメモしておいて、、、(笑

2012-03-22 01:17:45
clammbon mito @micromicrophone

いよいよ本格的な作業が始まったのは、ちょっと空いて1月の最終週。この頃からもう1曲目は宮崎の「GOOD TIME MUSIC」って決まってた!だって、、、もう聴いている人は分かりますよね?、、、ってことで、ようやく本編解説スタートです!こっから1曲1ツイート目標で頑張ります(笑

2012-03-22 01:21:32
clammbon mito @micromicrophone

#1。宮崎の会場はなんかね、一言で言うとタイの社交場みたいな、なんか超アジアな雰囲気のところだった。雰囲気も気候もアジア感満載!熱い所好きの郁子は調子良いらしく、パワーも喉も絶好調!対して湿気大苦手大助さん、もう始まる前からげんなりさん。だからなのか、ドラムちょっと後乗り気味(笑

2012-03-22 01:28:42
clammbon mito @micromicrophone

「今日はムシムシで暑ーいライブになりそうだなあ」と思いながら「GOOD TIME〜」終らせて、さあこれから!って時に、、、ええ、停電ですから(笑。いや〜、笑ったわ。

2012-03-22 01:30:49
clammbon mito @micromicrophone

#2。実はこの音源、さっきの停電が影響してか、ドラムの左右のマイクの音量が変わってしまってちょっと変なバランスだった。で、これを解決するのに、なんと観客席のマイクを目一杯上げて、それでバランスを取ってます。MIX的にはかなりの暴挙。でもそんなに音変じゃないでしょ?

2012-03-22 01:35:50
clammbon mito @micromicrophone

ちなみに今回、僕ひとりでMIXしながら、曲順考えていきました。お客さんのノリ、ライブのテンション、それらを考慮、そして最大の理由は「まるで一つのライヴ会場で全く違う音響を楽しんでもらうみたい」な感じを作りたかった。だから、繋ぎ、凄く苦労したけど、恐らくこれも違和感無いと思うはず!

2012-03-22 01:39:53
clammbon mito @micromicrophone

#3。沖縄!そして鍾乳洞!!ここは凄かったなあ、、、絶対音反射してライヴにならないと思ってたのに、逆につらら状の鍾乳石が音響室のディフューザー(分からない人はググってくりゃれ)になって超イイ感じ!この曲の郁子、余りに気持ちよかったのか、普段の1.5倍位声大きくて、少し歪んでた(笑

2012-03-22 01:44:10
clammbon mito @micromicrophone

(続き)あ、でも聴いてみたら大助も僕も音デカイね、所々歪んでるわ(笑。いやー、でもこの曲12年以上やってるけど、ここまでオラオラっなセッション聴いたこと無いわ。郁子、ジェリー・リー・ルイスばりに鍵盤叩いてたなあ。大助も音太い。

2012-03-22 01:48:06
clammbon mito @micromicrophone

#4。今回唯一の福岡・柳川 御花。ふすま全開で隣は大きな池、もう一方は古い洋館。そこに座敷で座布団でウチらがライヴ。突然大雨、やんだら大量の「蚊」と(苦笑、もう何一つライヴ会場ではあり得ないことばかりの場所でした。ふふふ

2012-03-22 01:53:11
clammbon mito @micromicrophone

収録してないけどここの「便箋歌」の下りで、僕「蚊」と戦ってるのが収録されてました(笑。これ最高だったんですが、セットリストの都合で泣く泣くカット。あ、ここのMCで「郁子がどれだけ鰻が好きか話→なんと会場に老舗鰻屋の若旦那登場→壇上に上がってもらいそのまま鰻談義」ってのもあった(笑

2012-03-22 01:55:39
clammbon mito @micromicrophone

。。。はやくも1曲2ツイートだな(汗。スンマセン。

2012-03-22 01:56:39
clammbon mito @micromicrophone

#5。この「波よせて」は良いね。声も安定してる。そして、会場の音が良い。ここMIXやりやすかったなあ。やっぱ百年蔵だからなのか、お客さんお酒入ってるからか、メチャメチャノリが良い、てか軽い(笑。たしかにお酒あってのこの曲は気持ち良いでしょうね、、、まあ、オレやったことないけど。

2012-03-22 02:00:30
clammbon mito @micromicrophone

#6。おそらく現時点最高の「はなさくいろは」。このセッションは神懸かり的に良い演奏だった。もうみんなウマ過ぎ。これは二度とできないと思う。でね、この場所も最高に音が良くて!!!大分の臼杵にある「久家の大家」ってトコロですが、、ここ、もし機会あったら一回ライヴしてみると良いです。

2012-03-22 02:03:28
clammbon mito @micromicrophone

(続き)あと言っておきたいんですが、ここのライヴ、本当に良かったんですわ。できることなら全部まとめてこれだけで出したかった。なぜそれで1曲だけかというと、もう空気感が完璧で、他に入れられなかったんです。「演奏が悪くていれない」でなく、「良過ぎて入れられない」苦労…初体験でした。

2012-03-22 02:06:21
clammbon mito @micromicrophone

#7。ここから奄美。凄いタイトな演奏でしょ?そりゃそうです、だってちゃんとしたライヴハウスですもん!しっかり調整の取れた会場っていうのがどれだけ素晴らしいかってのが、手に取るようにわかりますね。でも、これも毎回毎回色んな会場でやっているから、僕らもそこを最大限発揮するんです。

2012-03-22 02:10:02
clammbon mito @micromicrophone

(続き)ちなみに会場はライヴハウスですが、使った機材は全て僕らの持ち込み機材。ケーブルも、クロックも、何もかも最強でした。なので、ASIVIに行ったらいっつもこう!なんて、思わないように!いやいや、でも初奄美素晴らしいスタッフの方々でした。また行きたいな。ちとせちゃん、よろしく!

2012-03-22 02:13:21
clammbon mito @micromicrophone

#8。このセッション、ぶっちゃけ「おだやか」じゃない(笑。ちょっとビルボードとかでやってる感じのセッションだよね。自分たちで演奏してるのに、あまりの完成度でぽけーっとなって全然MIXに集中できなかったっす。そして、思い出して!この曲の会場、鍾乳洞でっせ。曲間違和感ないでしょ?

2012-03-22 02:16:21
残りを読む(31)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?