ライブハウスPAの観点からのバンドの音作りについてのあれこれ

大阪のライブハウス、天王寺Fireloop( http://fireloop.net/ )の経営者でありチーフエンジニアの足立浩志氏(@adatinc)が珍しくつぶやきはじめたと思ったらちょっとした足立祭りになって、これがまたとても有益だと思われたのでまとめました。 @SerAskaさんによる、このまとめの続編はこちらです。 その2 → http://togetter.com/li/316134 その3 → http://togetter.com/li/317762 続きを読む
488
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

寺田町Fireloop代表。書籍「100の秘訣」「ライブハウスの取扱説明書」(どっちもリットーミュージック) 発売中! 足立のbot→@adatinc2 周波数 言う美「1/3オクターブのサインは」→linkco.re/9RrtYye9 1日3万円であなたのために全力を出します(コロナにより大幅値上げ)

fireloop.net

はじまり

「暇だったから」書き始めたようです。ちなみに目の前にPCがあるのになぜかはじめは携帯でポチポチ打っていた模様。

足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

今日は代打でスタジオ番。暇なので久しぶりにつぶやいてみるかな。

2012-03-29 12:23:09
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

【RT希望】階段にコップとか缶とか物を置かないでください。まじでお願いします。特に暗いライブハウスの中ではね。踏むと大怪我するよ!

2012-03-29 12:29:29
ドラムのこと

(はじめの2つだけ1週間ほど前のツイートですが、ついでなのでまとめに放り込みました)

足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

PAとして珍しく大事なことを言うぞ。バスドラとタムやフロア・スネアスタンドなんかは絶対にくっついちゃダメだ。バスドラの音が無駄に長くなっちまうよ!

2012-03-20 21:56:36
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

@amanojaku_hide 「セッティング時にお互いに触れてなければ」おっけいです。叩いたときに振動や揺れで当たっても良くないですね。1cmほどでも空いてれば十分だと思います。生音だと違いはわかりにくいですが、PAを通すと大違いです。

2012-03-20 22:12:57
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

ライブハウスのバスドラムのチューニングはできるだけいじらないようにしましょう。やる場合はPAに一声かけてから。なぜかと言うと、バスドラムのチューニングは死ぬほど難しいからです。生音で踏んで気持ちいい音と、マイクで拾ってPAするのに適した音は違うケースが多いです。

2012-03-29 12:34:09
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

タム類のチューニングも、いじる時はPAに一声かけてからね。なぜなら前にリハをしたバンドは前のチューニングでリハをやってるからです。それと、チューニングを元に戻すのはとても難しいということも。バスドラほどではないですが、これらも生音とPAの差がドラマーには想像しにくいです。

2012-03-29 12:42:07
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

細かいことだけど、ドラムのセッティングの時にバスドラを手前にひっぱる人がとても多い。どんどん奥に移動していくと思うんだが(笑)

2012-03-29 12:44:34
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

ハイハットがどーしても逃げていく人は、ガムテープを長めに取ってペダルから縦にビーっと貼る。そのガムテープと垂直にもっかいガムテープを貼る。これがお勧め

2012-03-29 12:50:45
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

ハイハットがどーしても開いていく人は、キックペダルのシャフトに付ける重りを買って、ハットクラッチの上にもう一個つけるのが最強です。スティック二本使ってぎちぎちに締める人が多いけど、上のやり方のほうが断然強いしハードウェアも痛まないのでありがたい(笑)

2012-03-29 12:54:25
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

ドラムの話はとりあえずこのくらいにしといてやるか。

2012-03-29 12:56:11
ベースのこと

DIについてなど。

足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

ベースのピークランプはできるだけ点灯しないほうがいいです。そのドライブサウンドが好きでやる人が多いのですが、十中八九「ここの音程とこっちの音程の音量・音圧が違う」という現象が起こります。発熱して音が止まることもしばしば。ライブハウス側の都合を言うと、壊れます(笑)

2012-03-29 13:01:48
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

アンペグSVT-3proの謎のツマミ「tube gain」は、取説によると「真空管に送る電圧を調整します。絞るとリミッターのかかったような音になります」とのこと。作ったやつらもよくわかってない様子(笑)

2012-03-29 13:04:52
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

ベーシスト誰もが疑問に思う「DI」あれはPAのミキサーに繋ぐためにベースの音声信号を適正なものに変換する機械です。僕はベーアンにマイクを立てないことが多いのですが、「じゃあ、ベースアンプでどんなに音作りをしたって無駄ってこと?」違うんだなこれが

2012-03-29 13:09:39
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

多かれ少なかれ、PAはバンドの生音を言わば「シミュレート」して音を大きくしています。マイク音声なりライン音声なり、それを「素材」として適正に料理し直し、大きなスピーカーから「あたかもそのまま音が大きくなったように」聴かせるという作業を(基本的には)しています。

2012-03-29 13:13:12
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

その「素材」として、DIから入ってくる音声は大変優れています。下ごしらえをされた魚ではお寿司が作れない、みたいな。

2012-03-29 13:14:52
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

肝心の「ベーアンでいじったツマミは意味ないのか」に関しては、実はベーアンからでる音はDI音声にかなり的確に反映していると感じています。理由は次

2012-03-29 13:16:55
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

そもそもエレキギターやエレキベースは、「弦が振動する」→「ボディが共振する」→「ボディの振動が弦に戻る」→「それをピックアップで拾う」ことによって、ボディの材質、鳴りなどの特性がサウンドに反映するわけですから、

2012-03-29 13:20:36
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

その「ボディが共振する」の段階にベーアンから出る音がおもっくそ関与してくるわけです。ほっそい弦からの振動でボディが「鳴る」わけですから、はるかに大きな音の出るベーアンの音にボディが共振しないはずありませんよね。

2012-03-29 13:24:41
足立 浩志 (Fireloop 代表) @adatinc

つまり、「ベーアンで作ったツマミ設定はDIからの音声信号に関与する」というわけです。そして「木」の鳴りがしっかり入っているDI音声は「PA素材」としては秀逸だ、ということですな。でっかいハコだと話は変わってくるかもしれないけど。

2012-03-29 13:27:54
残りを読む(35)

コメント

廣瀬武雄[tko hirose] @takhir 2012年3月29日
補足です。読んでいただければわかるとおり、氏はバンドに対して、ああしろこうしろとか、絶対こうあるべきとか、そういったことは述べていません(対バンのシステム上、あるいは機材保護などの観点からあまりやるべきでないことには触れていますが)。DIのくだりにもあるように、バンドの生音を出発点として、PAはバンドがどんな音を出したいのかをまず汲みとろうとします。(続きます)
1
廣瀬武雄[tko hirose] @takhir 2012年3月29日
ですから、バンドさんは自分達の理想をしっかり持って、サウンドチェックなどでPAとコミュニケーションをどんどん取りましょう。そうして一時的なり永続的なりの信頼関係を築くことで、その日その場所でのバンドの出音がよくなるのだと思います。共同作業ですよね。でも主体はあくまでもバンドさんですよ!
1
藤堂考山 @ko_zan 2012年3月30日
これは、良いまとめですね。バンドメンは必見。…まあ、ここでの記述でも解るように「どんな音が出したいか?」ってのをしっかり持ってて、PAさんとしっかりコミュニケーションが取れるかどうか?って凄く重要な問題よね。そんなバンド正直あんまりみたことない。大抵の奴らは「知らねーからシクヨロ」で、終わったあと文句言いまくってる姿しか見ない。
1
ak.n @akihiro24nakai 2012年3月31日
いいまとめ。正直言ってPAってよくわからなくて距離を感じてたけど、こうして説明してくれるとバンドとの距離も縮まる。俺もわかんないことはビビらずに聞かなきゃダメだな
0
HAZE@はぜ @HAZE_ba 2012年4月4日
全てが正しいとは思わないけど、バンドマンにとって知っておくというか触れておくべき意見。 あと、PAをやる上で大事な心構えが見て取れるので、素人PAでもやるつもりがある人は読むべき。 音を作るのはPAではなくてバンド。PAはどうやってそれを伝えるか。という意識だからこそ書ける話で、それがわかってないPAが多すぎると最近本当に思うのね。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2012年6月7日
この手の音楽にはあまり縁はないんだけど、メカ好きとしてはすごく面白く読めた
1
廣瀬武雄[tko hirose] @takhir 2012年6月9日
まとめを更新しました。[説明文に続編(その2・その3)のURLを追加]
0
Piatti @Cymbal_22 2012年11月9日
ゴメンナサイ。ヴィブラフォンとか、コンガ・ボンゴとか各種小物打楽器を持ち込んでゴメンナサイ。いつも申し訳ないと思ってます。
0
Piatti @Cymbal_22 2012年11月9日
ヴィブラフォンも各音盤にピックアップが付いてる奴なら良いんですけどね・・・
0
出張専門★医療マッサージてんびん @usagitoafro 2013年6月23日
こういう素敵なお話をもっとみなさんつぶやいてほしいですね!!
0
一条和城@C99の頃は何をしてるだろうか @ichijou_kazuki 2014年3月27日
ピアノ演奏のレコーディングでもマイクのセッティングは専門のプロが行い、長い時間を掛けてセッティングするなんて言う話を聞いたことがあります。ジャンルは違えど「音声をマイクで取り込んでアンプを介して出力した時に聞きやすい音にする」というのは生音とは違う苦労があるのですね
0
廣瀬武雄[tko hirose] @takhir 2016年1月23日
祝書籍化!ということで、説明文をちょっと更新しました。
0