Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

2012/04/16 淳二おじさまのつぶやき怪談

まとめました。
1
稲川淳二 @Junji_Inagawa

こんばんは、稲川淳二です。

2012-04-16 22:00:37
稲川淳二 @Junji_Inagawa

お待たせしましたねぇ、それでは、そろそろ始めましょうか。稲川淳二の「つぶやき怪談」。

2012-04-16 22:01:39
稲川淳二 @Junji_Inagawa

怖・楽しい時間を、共有しましょう。

2012-04-16 22:02:03
稲川淳二 @Junji_Inagawa

何が起こっても、責任はとれませんけど。

2012-04-16 22:02:18
稲川淳二 @Junji_Inagawa

中部地方にある食品卸売会社の若手社員で、後藤君と太田君というふたりが、前日、得意先の専務さんが会社へ顔を出して、その折、上司達と一杯飲んで、クルマを置いていってしまったんで、あちらの会社まで届けに行かされた。   #kaidan29

2012-04-16 22:05:32
稲川淳二 @Junji_Inagawa

その帰り、ふたりの乗った軽ワゴン車が山間の道に差しかかると、運転していた後藤君が、    #kaidan29

2012-04-16 22:06:00
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「知ってるか。この近くにいわくつきの廃屋の別荘があるんだ。この時間だと、会社に戻った頃にはもう皆帰っちゃってるだろうし、どうだ、ちょっと寄っていってみないか?」と誘ったんで、  #kaidan29

2012-04-16 22:06:30
稲川淳二 @Junji_Inagawa

太田君が、「何?そこ心霊スポット?」と聞き返すと、後藤君が、  #kaidan29

2012-04-16 22:06:49
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「あァ、そうなんだ。それが、えらくおっかねえとこだって噂でさァ。別荘というのは表向きで、本当は、おかしくなった病院長のひとり息子を世間から隔離する為に、監禁した家だって話だよ」と言う。  #kaidan29

2012-04-16 22:07:12
稲川淳二 @Junji_Inagawa

太田君も、その手の話は嫌いな方じゃないんで、「何かそんな話、前に誰かから聞いた事あるなァ。面白そうだし行ってみようか」と話がまとまった。  #kaidan29

2012-04-16 22:07:32
稲川淳二 @Junji_Inagawa

そこは、市街地を見下ろす、山裾の道路を行くと、途中、枝分れしたゆるい登り坂の道があって、そこを入って行くと、白地に色褪せた文字で『北川家私有地』と書かれた、古い立て札が倒れていた。    #kaidan29

2012-04-16 22:08:16
稲川淳二 @Junji_Inagawa

どうやら、ここから先は私有地らしい。なおも10メートルほど進むと、錆びついた大きな鉄の門扉に突き当った。軽ワゴン車が入れるのはここ迄で、あとは、降りて門のわきから敷地に入った。  #kaidan29

2012-04-16 22:08:47
稲川淳二 @Junji_Inagawa

鬱蒼と茂る夏草を掻き分けて進むと、やがてその先に、病院長の別荘という廃屋が見えてきた。  #kaidan29

2012-04-16 22:09:07
稲川淳二 @Junji_Inagawa

埃をかぶった窓ガラスに暮れかけた夏の陽射しが鈍く反射している。聞こえるのは蝉の声だけで、他には全く音が無い。もう永い年月、寄りつく者もないままに、すっかり忘れ去られてしまっているようだ。  #kaidan29

2012-04-16 22:09:38
稲川淳二 @Junji_Inagawa

ふたりが、入口を探して建物に沿って、扉や窓を確かめながら歩いてゆくと、裏口のドアが開いたんで、「入れるぞ」と後藤君が声をかけると、  #kaidan29

2012-04-16 22:10:14
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「ああ、行ってみよう」と、太田君から先に入っていった。  #kaidan29

2012-04-16 22:10:49
稲川淳二 @Junji_Inagawa

建物の中は既に薄暗くて、かすかな異臭が鼻を突いた。  #kaidan29

2012-04-16 22:11:04
稲川淳二 @Junji_Inagawa

と、太田君の足が急に速くなって、トントントントンと、階段を駆けるように上がって行くんで、「どうした?」と声をかけながら、後を追って2階に上がってゆく。  #kaidan29

2012-04-16 22:11:26
稲川淳二 @Junji_Inagawa

そこは、窓に鉄格子がはまっていて、部屋の中央で、太田君が背中を向けて呆然と立ち尽くしていた。  #kaidan29

2012-04-16 22:11:43
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「そうか、此所だよ。ほら壁も床も天井も、燃えた跡があるだろ。この部屋に、おかしくなったひとり息子が幽閉されていたんだ。そして、自分で放火して、焼け死んだっていう話だよ」と後藤君が言うと、  #kaidan29

2012-04-16 22:12:13
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「いや、それは違うよ。それはでっち上げられた話で、事実はこうさ。病院長のひとり息子は確かに神経症だった。ノイローゼの事だよ。それも、たまにヒステリーを起す程度で、人格までは崩壊しちゃいない。それが院長夫婦の突然の事故死で、すっかりうつになってしまったんだ」  #kaidan29

2012-04-16 22:12:56
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「愛する両親を一度に失ったのだから無理もないさ。資産家の病院長夫婦の死によって、残された財産と神経症のひとり息子。これに目をつけた強欲な親類達が、財産目当てに結託して、悪事の陰謀をめぐらしたという訳だ」  #kaidan29

2012-04-16 22:13:28
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「まず叔父、叔母達が息子の後見人となって、彼と関わりをもつ病院の関係者や、親しい人達を彼のまわりから排除しておいて、鬱病の薬という名目で、薬物を投与し続けたんだ。ひとり息子は前にも増して、精神のバランスを失っていった」  #kaidan29

2012-04-16 22:14:00
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「すると親類達は、彼を『ひとり息子はおかしくなった!北川病院の跡継ぎがおかしくなった』と世間に吹聴して回って、しまいには隔離するという口実で、別荘の2階に監禁してしまったんだよ」  #kaidan29

2012-04-16 22:14:25
稲川淳二 @Junji_Inagawa

「そして、自分達が財産の管理をするようになると、折をみて、息子が薬で意識もなく、眠り込んでいる時に部屋に火を放った」  #kaidan29

2012-04-16 22:14:45
残りを読む(20)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?