菅直人氏の元政策秘書 松田光世氏(Bチーム)の証言『3号炉は核爆発だった』

まとめました。松田 元総理秘書の証言通りなら、日本は広島、長崎、福島の3都市圏で、核爆発を体験した国ということになります。ただし、松田氏の発言の信頼性に関して疑問の声もあり(コメント欄)。一方、ガンダーセン博士は即発臨界を推測されています(動画)。即発臨界爆発であれば、1号機の水素爆発とは区別する必要があるようですね。即発臨界爆発を広義の核爆発に含めるかどうかについては、賛否両論があるようです。別続きを読むまとめました。松田 元総理秘書の証言通りなら、日本は広島、長崎、福島の3都市圏で、核爆発を体験した国ということになります。ただし、松田氏の発言の信頼性に関して疑問の声もあり(コメント欄)。一方、ガンダーセン博士は即発臨界を推測されています(動画)。即発臨界爆発であれば、1号機の水素爆発とは区別する必要があるようですね。即発臨界爆発を広義の核爆発に含めるかどうかについては、賛否両論があるようです。別まとめ 『3号炉を核爆発で(マテ』 http://togetter.com/li/130841 私が興味があるのは、核爆発かどうかという定義上の問題ではなく、日本の報道ではいずれも『水素爆発』とされていた3号機が異なるタイプのものであれば名目上も区別した方が良いということです。個人的には『即発臨界爆発』でも、『即発臨界型核爆発』でも構いませんが、爆発の状態から、1号機も3号機も水素爆発のみとするのは無理があり、3号機は使用済み核燃料を持つプルサーマル特有の爆発をした模様です。 つまり、1号機(水素爆発)<3号機(水素爆発+即発臨界爆発 or 即発臨界型核爆発)<原子爆弾(核爆発 or 原子爆弾型核爆発) という風に整理できます。 (参考:放射能散布の時系列図http://gunma.zamurai.jp/pub/2012/route0302.pdf早川由紀夫先生作成)
核爆発 3号炉
Todaidon 25578view 110コメント
42
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする