PSE法問題に学ぶ #違法ダウンロード 罰則化法案への対処法。

84oca氏( @84oca )が語る違法ダウンロード罰則化法案への対処法、そのまとめです。 なお同氏は請願署名についても触れていましたので、僭越ながら私も経験者としていくつか追記させていただきました。
法律 違法ダウンロード 表現規制 ネット規制 著作権 国会 知的財産 知財 請願 著作権法
9
津田大介 @tsuda
まあインターネットの声が確実に「票」に影響すると議員が認識しない限り、今回みたいにネットが軽く見られる状況は続くよね。ロビー側もちょろいちょろいと思って高笑いしてるよ。
84oca@15年前を回顧中 @84oca
まだ気付いている人が少なそうなので言っておくと、裁判をやる以外にも役所が法律の執行を面倒臭く感じるように仕向ける方法はいくつか有る。
84oca@15年前を回顧中 @84oca
悪法を制定させない・廃止させるのが最善であると言うのは当然だが、同じように役所が「執行('A`)マンドクセ」と匙を投げて法律が死文化する方向へ誘導するテクニックを考えて実践することも重要。
84oca@15年前を回顧中 @84oca
そんなんじゃなくて「これはおかしいだろう」と言うケースを事前に列挙して国会質問でぶつける。それが続くと「こんな法律執行してられるか!」と言う空気が役所で支配的になる。 RT @kanisiba 逮捕者出るたびにクレーム送るとか?
アサクリオデッセイ大好きおじさん @kanisiba
@84oca なるほど、川内議員や森ゆうこ議員などの議員さんの協力が不可欠になってきますね
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
『規制派が議論を嫌がる』理由の一つ。 RT @84oca そんなんじゃなくて「これはおかしいだろう」と言うケースを事前に列挙して国会質問でぶつける。それが続くと「こんな法律執行してられるか!」と言う空気が役所で支配的になる。 RT @kanisiba 逮捕者出るたびにクレーム送る
84oca@15年前を回顧中 @84oca
@kanisiba 野党議員(※公明は除く)でも構わないですよ。質問主意書でやる場合はむしろ野党議員に協力していただかないと。
84oca@15年前を回顧中 @84oca
電気用品安全法の施行前に経産省が大炎上して次から次へ弥縫策を打ち出し、審議会のまともな答申を経て改正を勝ち取った際の事例は重要なモデルケースだったと今でも思っています。 RT @24_589 『規制派が議論を嫌がる』理由の一つ。 RT 84oca ... RT@kanisiba
24-589 表現の自由戦士@公共の敵 @24_589
@84oca @kanisiba ただ、あれの場合は『世界の』と冠される坂本龍一氏が矢面に立った事が大きいですよね。出版・アニメ・ゲームだと(ベテランはともかく)その時代の“第一人者”は中々表に出てこないのが歯がゆい所です。
84oca@15年前を回顧中 @84oca
「悪法が成立したらジェノサイド決定、後は斬首されるだけ」みたいな後ろ向きの考えは今すぐ棄てろ。本当に悪法が自身の生存を脅かすと思うなら殺される覚悟で廃止運動をやれ。安易に執行させないように制約を突き付けて極限までハードルを上げさせろ。
請願署名と言う手段も有効です。
84oca@15年前を回顧中 @84oca
どうも今の知財クラスタに足りていないのは「請願署名を集める」と言うローテクの部分な気がして来た。これに関しては、表現規制問題に関わってる人たちの方がずっと頑張ってる。と、8年前に59050筆の請願署名を協力して集めた者の一人が言ってみる。
甲賀志 @hiroujin
まとめにあたって追記。なお、同じく9~10年前の表現規制問題の請願署名に、微力ながら関わった立場から請願署名のメリットデメリットを分析しますと以下の点が思いつきます。
甲賀志 @hiroujin
・メリット (1)署名活動を通して、世間の一般人に問題点をアピールできる。(2)署名活動を通して、オフライン活動をしてくれる運動要員の募集と、確保が出来る。
甲賀志 @hiroujin
(3)署名活動を通して、募金集めなどの資金調達ができる。(4)署名活動を通して、政治家との人脈を構築する事が出来る(一般に周知しやすい問題を署名のネタにすると、地域住民との人脈も構築できます)。
甲賀志 @hiroujin
・デメリット (1)中心となったメンバーに過大な負担がかかる(署名の集計、議員との折衝。国会への提出など)。(2)費用がかかる(署名用紙や、問題を周知するためのビラ印刷費、交通費など)。
甲賀志 @hiroujin
(3)署名を集めるための送り先(事務所など)が必要。送り先となった住所は必ず公開しなければならない。(4)準備期間が必要(概ね3ヶ月ほど)。
甲賀志 @hiroujin
請願署名は国会と世間の両方に対しての、問題の周知活動のひとつと捕らえた方が良いでしょう。また署名数が多ければ多いほど、署名が世論を反映していると思われますので、その意味において数を集めるのは重要な要素です。
甲賀志 @hiroujin
ちなみに私が関わった署名はこれです。 『児童保護に名を借りた創作物の規制反対に関する請願署名』 http://t.co/FvGXvMof 些少ながら地元で署名を集めて郵送させていただきました。

コメント

甲賀志 @hiroujin 2012年6月27日
メリットにひとつ追加。署名請願は「問題に対する反対・賛成者の存在を視覚化する」という効用があります。この問題を解決する一つの解になるわけですね。 → 『ぼくらの七日間戦争』http://japan.cnet.com/blog/kurosaka/2012/06/21/entry_30022323/ 「「なぜ(違法DL刑罰化)反対陣営が無力だったのか?」ということが、やはり気になる。というわけで、いくつか理由を考えてみる。 1)反対者が誰だかよく分からない」
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする