Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#171 LUPIN the Third -峰不二子という女-(完)

LUPIN the Third -峰不二子という女-の最終話感想です。 峰不二子という女は峰不二子であるってことか。 色々、含むところもありますがこれにて完結です。 残念なところもあり興味深いところもあり。
2
テリー・ライス @terry_rice88

LUPIN the Third -峰不二子という女- Ep.13「不二子という女(後篇)」というわけで最終回で後編。最後の最後まで女のお話でルパン三世ってことだったわけかな。やっぱりモンキー・パンチの変装してた岡田磨里であったかなあと言う第一印象。そしてソフト・ランディングだった

2012-06-29 00:23:59
テリー・ライス @terry_rice88

えーと、ものっすごく要約すると、不二子はアルメイダ伯爵の永遠の少女を作り出すための実験の被害者で、さらにその被検体だったアイシャという少女の実験でのひどい経験の記憶を埋め込まれて動かされていた、と。だから元々の記憶とアイシャの記憶が混濁してた、と。動かされていてもいたわけか。

2012-06-29 00:28:12
テリー・ライス @terry_rice88

だからまあ、このシリーズの不二子に感じていた少女っぽさって言うのはアイシャの記憶で、本来の不二子のものじゃなかったよと。ホントの不二子って言うのは、いつものルパンシリーズの峰不二子だよってことか。うーむ・・・、話の飛躍の仕方がちょっと説得力に欠けるというか突然出てきて、実は…感。

2012-06-29 00:31:05
テリー・ライス @terry_rice88

最後の最後で、ココまでの話を忘れてくださいって言われたような畳み方だった気もしなくは無い。ほんとに一番最後にシリーズ構成の人の悪癖が一番悪い形で出てしまったかなあと言う感じが凄くする。突拍子のなさというか、そういうの。もっと段取りを踏めなかったのか、って言う感じではある。

2012-06-29 00:35:34
テリー・ライス @terry_rice88

えーと、不二子が自己解決するんじゃなくて、実は首謀者の記憶が植え付けられてたからです、って言うのはどうなんだろうなあ。いや、元のルパンの不二子に引き戻すって点ではスマートな手法なのかもしれないがw 反対に話の解決についてはとっちらかっちゃったなあ、と言う印象が凄くしてしまうな。

2012-06-29 00:46:36
テリー・ライス @terry_rice88

なんだか首謀者であるアイシャを話をねじ込んでしまったが故に不二子の絶対性への説明があやふやになってる気がする。カリオストロ伯爵的な男性の女性像みたいのを描いているんだろうけどなあ・・・。要するに、そんなに思うがままに出来るほど、女は甘くないぞと言うのが多分全体にかかってる。

2012-06-29 00:49:02
テリー・ライス @terry_rice88

ここだけは実際、確かな筋であり、「男性の思い通りにならないのが女性である」というのは一貫して描かれてたとは思う。ルパンはそれをわかって不二子を縛ろうとせずに、突き放した感があるし、それはラストシーンのやり取りからしても感じられる。手が届きそうで届かないいい女ってのが不二子であると

2012-06-29 00:51:31
テリー・ライス @terry_rice88

であるから、ミネルヴァの梟もアイシャも不二子も思い通りにならない女性としては等価の存在であるとは言えるし、シリーズ全体でもそれは不二子を通して描かれているわけであるのかな。一筋縄じゃいかないけれど、つまりはそういう帰結なんだろうと思う。女は男の言いなりにはならないと。

2012-06-29 00:54:24
テリー・ライス @terry_rice88

だからルパンの距離感ってのは、女性が望む男との距離感なんだろうなあと言う気がする。付かず離れずだけど、自らの好きにさせてくれるし、何より縛られず自由であるって感じかなあ。逆にアルメイダ伯爵は自分の型に女を嵌め過ぎているという点で、それは女性にとっては拷問であると言えるかな。

2012-06-29 00:57:45
テリー・ライス @terry_rice88

かといって、次元は鈍感すぎるし、五ェ門はDTを通り越して、ピュアでシャイすぎるからちょっと敬遠したい感じなのかもしれんw 銭形とは・・・ビジネスライクと言うか援交相手?実際おっさんだしw アルメイダ伯爵もカリオストロ伯爵も理想が高すぎるために女を枠に嵌めようとしたってことなんだな

2012-06-29 01:00:43
テリー・ライス @terry_rice88

といっても9話か何かに出てきたゲバルのような距離感の近い情熱肌もうっとうしいキライに入るんだろうな。そういう点では今回のシリーズ一番の収穫であるニヒルなクリカンルパンの距離感がかなり理想的なんだろうと考えられます。女として自由が認められると言う点で。

2012-06-29 01:03:35
テリー・ライス @terry_rice88

こんなこと言ってしまうのもアレですが、少なくとも女性の方が社会的に未だに色々な縛りが多く顕在している、というのもあるだろうしそこから自由に羽ばたく不二子と言う、美女に憧れを抱くものなんだろうなあという印象が強く感じられますかね。何でも出来るし、何でも買えるし、実行できると言う点で

2012-06-29 01:07:20
テリー・ライス @terry_rice88

それゆえになあ、展開の詰め込みと複線回収とエピソードのとっ散らかりが残念すぎるレベルと言うか・・・。オスカーについては10話の展開で一応完結を見ているので、アレでよしとするしかないでしょうね。察するに少女と間違えられてさらわれ、アイシャの記憶を植えつけられたために歪んだ感じかな。

2012-06-29 01:10:23
テリー・ライス @terry_rice88

男なのにアイシャの記憶に操られた為に女性を限りなく嫌悪して、愛情の方向が母性じゃなく父性に向かってしまったと言う倒錯感情も一応の説明は付くけど、どうなんだろうなあ。最後の最後で自分で自分に始末をつけたのはそういう二律背反の感情からなんだろうな。

2012-06-29 01:13:20
テリー・ライス @terry_rice88

結構、大胆な試みとして企画された本シリーズだけど、実際に不二子の話だったし、ルパン三世でもあったとは言えるでしょうね。ただ最終回でルパン三世であろうとしたが為に、このシリーズならではの要素をかなり安売りして消化し、ルパン三世として軟着陸させてしまったのは惜しくもあるか。

2012-06-29 01:16:37
テリー・ライス @terry_rice88

まあ、「ルパン三世」に戻らなきゃいけないって所もあったので仕方ないとはいえ残念ではあるなあ。デザイン等は全編を通していい出来だったので、このデザインスタッフで「ルパン三世」もやってくれると凄く楽しそうな気はするかな。入れ替わった声優さんも健闘はしてた、かな。

2012-06-29 01:19:27
テリー・ライス @terry_rice88

でも、まさかクリカンルパンがここで覚醒するとなんて、最初誰が思ってただろうか。ここまでニヒルな演技が嵌るとは思ってなかったのでかなり予想外ではあったなあ。沢城不二子については難しい役をがんばってたとしか言いようがない・・・。

2012-06-29 01:21:41
テリー・ライス @terry_rice88

全体的に悪くは無かったけど、もうちょっとじっくり攻めて欲しかったし、出来る事ならもう1クール多く見たかった感じだなあ。色々やりたい事が先行しすぎてて、整理がおっ付かずに矢継ぎ早に展開してた印象が強くあった。

2012-06-29 01:24:02
テリー・ライス @terry_rice88

けど、20数年ぶりのTVシリーズをやりきったスタッフの皆さんには敬意を表したいです。コレが縁でルパンの次回作も手がけてくれると嬉しいし、見てみたいです。なんにせよお疲れ様でした。

2012-06-29 01:26:10
テリー・ライス @terry_rice88

というわけでLUPIN the Third -峰不二子という女-の感想は以上を持ちまして、全編の終了となります。ココまで自分の感想を見ていただいた方には感謝を。どうもありがとうございます。ではご縁があれば、また次の作品でお会いしましょう。それでは。

2012-06-29 01:27:57

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?