poplaciaさんによる「熊森協会の「見過ごす事のできない主張」」連続tweetまとめ

アサイ(poplacia)さんによる日本熊森協会に関する連続tweetまとめ。アサイさんの前にtweetされてる方が探せなかったので、編集権を開放しておきます。(編集権クローズしました 2012/08/01) お願い:「お気に入り」にしたことをtweetするときは、@を外してください。(2013/05/11)
環境 熊森 ヒグマ
144
nyaraku @nyaraku
日本熊森協会がようやくヒグマ保護を開始なのかな?これからは北海道でもドンプレすることになるのかもね。ツキノワグマよりも危険なヒグマをどう対処するつもりなんだろうな。 http://t.co/acISYQIb
リンク くまもりNews - Just another WordPress site くまもりNews Just another WordPress site
アサイ @poplacia
熊森協会「ヒグマはほぼベジタリアン」「北海道でサケが上がってくる川は2本しか残されていない」空いた口が塞がらない。こういう認識でヒグマと人間が共存する策を出せるとは到底思えない。 / “札幌市長に、人とヒグマが共存するための提言を提出…” http://t.co/jZCFgLxb
リンク くまもりNews - Just another WordPress site 7月6日 札幌市長に、人とヒグマが共存するための提言を提出後、札幌市役所で記者会見 札幌市でのヒグマ駆除は、例年、0頭~1頭程度でしたが、昨年度は7頭という、大量駆除となりました。(北海道全体では、714頭の大量駆除が行われました。生息推定数2000頭~3000頭) また、今年4月20に、札幌市南区で山菜を食んでいただけの、何の危険性もな ...
アサイ @poplacia
TLの皆さんこんばんは。今日は大変気分を乱すことがあったので、しばし連続投稿します。各自ご対処ください。
アサイ @poplacia
クマ保護を中心にした環境団体、日本熊森協会は、その思想・手法に偏りがあり、問題が大きいと僕は思っています。協会が札幌市に提言を提出したとの公式ブログ記事 http://t.co/oEQFEUtg を元に、いくつか問題を指摘します。
アサイ @poplacia
(僕の前にも関連でつぶやいている方がいるので、そのあたり含めてどなたかまとめていただけると嬉しい)
アサイ @poplacia
さて、熊森協会のクマ保護について、僕は一昨年秋の「ドングリはこび」活動批判を中心に行ってきました。関連記事はこちら『「クマがかわいそうだから殺さないで」と感じる皆さんへ』 http://t.co/ddb4aCYn などをご参照ください。
リンク はてなダイアリー 「クマがかわいそうだから殺さないで」と感じる皆さんへ - 紺色のひと クマ出没増加のニュースが広まっています。各地で捕殺されたツキノワグマは2010年のみで2,000頭を上回り、..
アサイ @poplacia
当協会の主な活動対象はクマ(ツキノワグマ)でしたが、最近ヒグマについての発言が目立つようになりました。しかし、活動の中心となっている会長さんほか公式ブログ等の記事は、ヒグマについて理解しているものとは言いがたいと感じています。分析→ http://t.co/LdHyMdhd
リンク はてなダイアリー 熊森協会「ヒグマを殺せばいいという道民は野蛮」道民は怒っていい - 紺色のひと 札幌の街中でヒグマ出没が相次ぐ、というニュースが流れています。本件に対して「日本熊森協会」がコメン..
アサイ @poplacia
ところで僕は「多くの会員を抱える保護・愛護団体」としての熊森協会に期待はしているけれど、その運営のあり方や偏った思想には問題が多いと思っています。動物が大事だからって、ウソ八百を並び立てて都合のいい「保護されるべき動物像」を作り上げていいはずがない。
アサイ @poplacia
ただし、熊森協会のような「安易に殺処分すべきでない」という主張はあっていい、と僕は思っていることを断っておきます。ただ、それ(殺処分しない)が現実的に取りうる案かどうか、というのは別途検証されるべきでしょう。
アサイ @poplacia
北海道で熊森協会が活動するにあたっては、ヒグマ研究家の顧問氏のご指導の下で行われているようです。この方はヒグマ関連の書籍をいくつも出しておられて、経験に基づく深い薀蓄をお持ちの方なのですが、協会はこの方の言葉や本の内容を自分たちに都合のいいように引用します。
アサイ @poplacia
顧問氏ご本人の主張と熊森協会の適当とも言える引用の食い違いについては、以前札幌で講演会があった際にブログで指摘したので、こちら http://t.co/8MK4M215 をご参照ください。
リンク はてなダイアリー 熊森協会、初の北海道講演を傍聴してきた - 紺色のひと 10月30日、日本熊森協会では初めてとなる北海道講演が開かれました。僕は以前から「熊森協会の理念には大き..
アサイ @poplacia
本題。僕が見過ごせないと思ったのは、熊森協会の以下の主張です。 「ヒグマの食生はふつう98%が植物で、残り2%がアリやザリガニなどです。ほぼ、ベジタリアンといえます」 「人間がダムを多く作ったため、今や、北海道でサケが上がってくる川は2本しか残されていません」 どちらも誤りです。
アサイ @poplacia
ウソその1「ヒグマがほぼベジタリアン」について。顧問氏の書籍を引用します→「食生は完全な雑食性である」「本道のヒグマが食べている天然の食物の種類は草類が約60種類、木の実が約40種類、動物が約30種類」(『野生動物痕跡学図鑑』p352より)ほら、既に顧問氏とも食い違ってるでしょ。
アサイ @poplacia
(まさか、草類60種+木の実40種=100種、動物は上で挙げたアリとザリガニとサケの3種類、103種類のうち動物は3種類で2.9%だから、切り捨てて植物98%!……とかいう計算じゃないよね、さすがに違うよね。)
アサイ @poplacia
ヒグマは雑食性ではありますが、季節や地域によって食べているものが大きく変化します。植物質が多い時期・地域もあるし、昆虫類や小動物を積極的に食べる時期もある(ただし大型哺乳類を狩ったりはしない)雑食性、ということです。
アサイ @poplacia
なお、北大図書刊行会『知床の動物』には、「ヒグマはいわゆる機会的な雑食動物であり、それぞれの生息環境において効率的に入手可能で栄養価の高い食物に依存している」「植物質への依存度は高いが、動物質が利用可能であれば、集中的にそれを利用する」とあります。
アサイ @poplacia
ちなみに同書、ヒグマの食べ物として有名なサケ類については、「地域によってはサケ科魚類は積極的に捕食され、季節的に重要な食物」とする一方、調査では秋季の捕食は地域が限定的だったとしています。
アサイ @poplacia
いずれにせよ、「ヒグマはベジタリアン」というのは、食生の一部を取り上げて意図的に擬人化し、イメージを歪める表現だと言えます。
アサイ @poplacia
ウソその2「北海道でサケが上がってくる川は2本しか残されていない」について。指摘の前に、ひとことだけ言わせてください。 北海道ナメてんのか。
残りを読む(28)

コメント

✨少年ブレンダ✨ @hibari_to_sora 2012年7月31日
これタイムリーですね。「おおかみこどもの雨と雪」とセットで読むとすごくいいと思います。
✨少年ブレンダ✨ @hibari_to_sora 2012年7月31日
「おおかみこども」では「田舎暮し」や「オオカミ=野生」「自然」といったものが描かれます。非常に感動的な作品ですが、一方で自然や田舎といったものへの思い込みや期待、幻想を前提にする作品である、とも言えます。
Sanmaru @Takaoq0225 2012年7月31日
本州ではトンデモなことが広まって活動しにくくなったから,新たな飯の種として北海道(ヒグマ)を選択したのか
蝦夷丹生 @Angelica_ursin 2012年7月31日
poplaciaさんは食物資源の種数をもとに「ヒグマの食生は98%が植物」を否定していますが、食性の指標となるのは「食べた量」なので、この指摘はナンセンスじゃないかと思います。
蝦夷丹生 @Angelica_ursin 2012年7月31日
ただ摂食量を調べた研究(Sato et al. 2005)でも、農作物を含めた植物質の割合はどの地域でもせいぜい75%くらいなので、結局熊森協会の記事は誤りですね。
アサイ @poplacia 2012年7月31日
「食性は食べた量の指標なので、種数からの指摘はナンセンス」について。仰る通りです、ご指摘と論文紹介ありがとうございます。種数を持ち出したのは、協会が根拠にしている顧問氏の主張とさえ食い違いがある点を紹介したかったからです。
アサイ @poplacia 2012年7月31日
さらに言えば、僕が問題視しているのは98%という数字の正確さというよりも、雑食性として認識されているヒグマに対し、「動物性のものを排除し菜食を行う人」に使われるベジタリアンという言葉で形容していることです。
アサイ @poplacia 2012年7月31日
当該協会がこうした言葉を用いて印象操作を行い、ツキノワグマやヒグマを過度に、あるいは事実を歪めて「怖くないよ、優しいよ、悪いのは人間だよ」と主張するのは常套手段と言って良く、そのイメージが獣害対策の支障となることを僕は危惧しています。
salmo(ポリコレめんどくさい @invasivespeacie 2012年7月31日
ああ、こんなところにも直にやりあう気はないくせに組みやすい相手の重箱の隅をつつく本質の見えない研究者様がお出ましになるとは。
c_C(『魔導師の猫』の養父) @complex_cat 2012年7月31日
日本の哺乳類はテンなども海外の近縁の種と比較すると植物質依存傾向はあったりするけど、単純に植物質依存なんて話はできない。勿論、湿重量比や体積比による評価も適応度直結なら環境中の利用性バイアスなども考慮した採餌投資量あたりカロリー評価とか、その手の話をしてドヤ顔してもしょうがない。都合よく解釈した植物食トンデモ説が問題なので。
c_C(『魔導師の猫』の養父) @complex_cat 2012年7月31日
農作物まで引っ張り出して雑食動物の食性に物申すなら、選択指数(Chesson'αあたりとか)概念なしで語るのもまた危険。Foraging behaviorの分野、舐めると危ないっすよ。アサイさんの論点は勿論そういう話を引っ張り出す必要がない。
地下猫 @tikani_nemuru_M 2012年7月31日
ベジタリアンじゃなければ殺してええんか? とか、いろいろヒデエよなあ。ニンゲン様の価値観を押し付けられて評価されるクマさん、カワイソす。
じぃじぃ @jiijii_jiijii 2012年7月31日
invasivespeacie 直にやりあえないなら書くなってことなの?最近の喧嘩、気になってます。
岡田由里(外道) @01okada 2012年8月1日
ちょうど先日、くまもり絡みで発言したところでした。そうですか、くまもりさんはついにヒグマにまで”保護”を訴えだしたですか。日本オオカミ協会(http://japan-wolf.org/)にも通じる狂気を感じますですよ。熊を見くびるのもいい加減にしてほしいっす。
岡田由里(外道) @01okada 2012年8月1日
くまもりさんがどんな主張をしようと自由ですが、地元紙をよく読んでからでも遅くないのでは?http://www5.hokkaido-np.co.jp/motto/20051015/ 北海道ではヒグマの事故がこんなにあるし、町中への出没例も多々ある。「人間を恐れない『新世代クマ』の増加」も懸念されてる。そうした現状を調べもせずに、「駆除をやめろ」とは住民無視も甚だしい。
岡田由里(外道) @01okada 2012年8月1日
「①ヒグマの駆除をやめること。②住宅地と林の境に柵を設置すること。③ヒグマに対する正しい知識を啓蒙することの3つを、申し入れ」たくまもりさん。①については先に述べたとおり。②については、「北海道の広さを知らないのか?」と小一時間ほど・・・・(苦笑)。第一、国道や農作業道まで全て閉鎖しないと、ちゃっちぃ柵程度でヒグマは防御できまへん!③は、そのままあなた方へ熨斗をつけてお返ししたいセリフです。
岡田由里(外道) @01okada 2012年8月1日
「当協会としては、「何頭いたっていいではないか。絶妙のバランスの上に成り立っている野生に、人は手を入れるべきではない。他生物の生命も尊重されるべきだ」という考えを示しました。」自然は絶妙なバランスの上に”安定した数が生息”しているわけではありません。気候、餌の増減などの事情の下、大幅な増減を繰り返して種が存続していくのです。そうしたものに対して、確かにやたらと手を入れるべきではありません。あなたがたのやっているドングリ撒きは、その「手を入れる」最たるものですね。
星五83体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2012年8月4日
ヒグマに対する正しい知識だが、正直おもっくそバイアス掛かってんだろおいとだけ言っておく。
アサイ @poplacia 2013年5月11日
「川で魚を捕れるクマというのは北海道でもほんの一握りの幸せなクマ」「ヒグマはベジタリアン」というのは、札幌市南区でのヒグマの会の方の発言なんだな。 http://www.city.sapporo.jp/minami/shinko/moiwa/kiji/120619.html
アサイ @poplacia 2013年5月11日
発言者はヒグマの会副会長の山本牧氏。急に出没が増えた南沢地区でのフォーラム内、地域の方に向けた発言だ。わかりやすいとは言え、 やっぱり「幸せ」とか「ベジタリアン」という言葉はしっくり来ないなあ。
アサイ @poplacia 2013年5月11日
フォーラム記録読んでもらうとわかりますが、熊森協会さんの「ヒグマはほぼベジタリアン」というのは、山本氏の発言の一部を恣意的に切り取ったものですね。
道良寧子℠ @doramao 2013年5月11日
砂防堰堤ならまだわからないでもないが。
文フリ大阪E-55[暮亭] 壱岐津礼@お茶菓子!!魁 @ochagashidouzo 2013年5月11日
「ベジタリアン」なら人間に危害を加えないかというと、鹿や猪も相当に怖いよ。遭遇の仕方によっては大怪我する(もちろん人間が)し、下手したら死に至る恐れだってある。草食獣ナメたらあかんよ。
文フリ大阪E-55[暮亭] 壱岐津礼@お茶菓子!!魁 @ochagashidouzo 2013年5月11日
アフリカで最も人を殺している野生動物はカバとも言われてるんすよ。「草食獣は安全」みたいな誤誘導もいただけないなぁ。
文フリ大阪E-55[暮亭] 壱岐津礼@お茶菓子!!魁 @ochagashidouzo 2013年5月11日
誤読を防ぐ為。熊が雑食であることを否定してるわけではないですよ。熊森さんの「ベジタリアン」て言葉の使い方では「草食は安全」なように思われかねない、という懸念を表したものです。
灰色と名乗る事実上の形式不明武装多脚砲台 @haiiro8116 2013年5月11日
熊に食う気が無くても、熊にじゃれ付かれて逃げそこなったら死にますしね。例えば猫はあの体格だからじゃれつかれても可愛いけど、虎と同じ大きさだったら普通にブッ殺されるわけで。
長門信濃 @NagatoShinano 2013年5月11日
熊がそんなにかわいくて優しくて人に危害を加えないベジタリアンwなら、熊森の人達とヒグマ、ツキノワグマをひとつの檻に入れておいてあげたらいいね。
見ず知らずの貴様 @namanikuo 2013年5月11日
生態系も知らない奴が自然保護だの言ってんじゃねーよ、結局「カワイイネ」っていうエゴを通すために情報を捏造しているだけだろ。まず勉強しろ、話はそれからだ。
アサイ @poplacia 2013年5月12日
「ヒグマはベジタリアン」を例に、恣意的な抜き出しなどについて検証してみました。 日本熊森協会のヒグマ認識がひどい-紺色のひと http://d.hatena.ne.jp/Asay/20130511/1368288466
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする