58
ryugo hayano @hayano
【1.5mSv→2.1mSv】日本の自然放射線からの年間被ばく量(内部被ばくを含む)は,従来1.5mSv/年とされてきたが,実はポロニウム210が過小評価されていたため,2.1mSv/年が妥当.政府(畑村)事故調 389-390ページ http://t.co/haUwWRB3
ryugo hayano @hayano
↓ ポロニウム210の被ばく評価の論文 http://t.co/QeYtRMrK (オープンアクセス)日本人のポロニウム210摂取が多いのは海産物由来らしい.
ryugo hayano @hayano
「実はみんな年間0.6mSv余計に内部被ばくしていました」と突然言われたわけで…
ryugo hayano @hayano
新版 生活環境放射線(国民線量の算定)「国民線量は5.97mSv/年、そのうち、自然放射線による実効線量は、2.09mSv/年となった」 http://t.co/rleDJyb0 (これはオンラインでは読めないのか)
ryugo hayano @hayano
以前の評価.A-Eを足して1.5mSv/年.http://t.co/rFbAtor8 (あれ,昔は国民線量3.75だったのか.今度は5.97と.随分増えてるな.)
kikumaco(5/9para-dice) @kikumaco
RT @katot1970: 世界平均より1mSvぐらい低いとは、今後言わない様にしなくては RT @hayano: 【1.5mSv→2.1mSv】日本の自然放射線からの年間被ばく量(内部被ばくを含む)は,従来1.5mSv/年とされてきたが,実はポロニウム210が過小評価されていたため,2.1mSv
Masaki Oshikawa (押川 正毅) @MasakiOshikawa
↓自然放射線からの被曝量が実は多かった、とすると、閾値説を採るとすれば人工放射線源からの被曝が無害となるマージンが減ることになりますね。まあ、閾値があるとしても値がわからないので何ですが。LNTを採れば人工放射線源からのリスク評価に影響はありません。
Masaki Oshikawa (押川 正毅) @MasakiOshikawa
RT @hayano: 【1.5mSv→2.1mSv】日本の自然放射線からの年間被ばく量(内部被ばくを含む)は,従来1.5mSv/年とされてきたが,実はポロニウム210が過小評価されていたため,2.1mSv/年が妥当.政府(畑村)事故調 389-390ページ http://t.co/haUwWRB3
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
私のツイログ http://t.co/lNFURJxE に内訳をば RT @hayano 新版生活環境放射線「国民線量は5.97mSv/年、そのうち自然放射線による実効線量は2.09mSv/年」 http://t.co/Hk0MsYg7
ryugo hayano @hayano
遠い目… @fukuwhitecat: 私のツイログ http://t.co/kZVZ2ZMx に内訳をば RT @hayano 新版生活環境放射線「国民線量は5.97mSv/年、そのうち自然放射線による実効線量は2.09mSv/年」 http://t.co/rleDJyb0
cf. 2012/02/29
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
原子力安全研究協会から発行される「生活環境放射線(国民線量の算定)」の新版について。http://t.co/77hiB63W 平成23年12月発行予定も、やや遅れている。(続きます)
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
(続き)現在、日本人が自然から受ける平均被ばく量は約1.5mSvとされているが、その後再考あり。文科省の「放射線教育の副読本」でも、新たな検討結果があることが注記されている。 http://t.co/IJ9F2o7w (続きます)
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
(続き)と思って日本分析センターのファイルのリンクを貼ろうと思ったら公開なのかはっきりしないorz…ので、しばらくこちらでお楽しみください:屋内ラドンとその影響 http://t.co/OmizNoNn 日本における地表γ線の線量率分布 http://t.co/A7kWtLu8
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
発見しました。2005年の日本分析センターの検討が掲載されているのは、http://t.co/RODpWTWx の第47回のPDFなのですが、17.9MBと大きいので注意です。発表Ⅲ-6(p.99~103)です。今回の原安協まとめとほぼ同じ水準です。
ryugo hayano @hayano
感謝.1.5mSv/y→2.2mSv/yね.事故前の日本の実効線量. @fukuwhitecat: 発見しました。2005年の日本分析センターの検討が掲載されているのは、http://t.co/pO4QpreF の第47回のPDF。発表Ⅲ-6(p.99~103)です。
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
ハイ、原安協発表の内訳もこれから再掲します “@hayano: 感謝.1.5mSv/y→2.2mSv/yね.事故前の日本の実効線量. @私: 2005年の日本分析センターの検討 http://t.co/RODpWTWx の第47回のPDF。発表Ⅲ-6(p.99~103)です。”
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
原安協発行の新版生活環境放射線(一応H23年12月発行の扱い) http://t.co/77hiB63W から年間実効線量の内訳と線量を記載します。外部被ばく:宇宙線0.3mSv/y、大地放射線0.33mSv/y(続きます) @hayano
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
(続き)内部被ばく(吸入摂取):ラドン(屋内・屋外)0.37mSv/y、トロン(屋内・屋外)0.09mSv/y、喫煙(鉛210、ポロニウム210など)0.01mSv/y、その他(ウランなど)0.006mSv/y(続きます) @hayano
うろおぼえはつどうへん @fukubrowndog
(続き)内部被ばく(経口摂取):主に鉛210、ポロニウム210 0.80、トリチウム0.0000082、炭素14 0.0025、カリウム40 0.18。合計で2.09mSv/yというのが原安協のまとめ「新版生活環境放射線(国民線量の算定)」とのことです @hayano
cf.
kikumaco(5/9para-dice) @kikumaco
自然放射線による年間の被曝量ですよ。日本はそのくらい。世界平均はさらに1mSv多いくらい。地面から出る放射線や宇宙からくる放射線や普通の食品に含まれる放射性物質による被曝です “@ozawajun: @jhatajinan 「年間1.5mSv」ってなに? 何百人殺して決めたの?”
kikumaco(5/9para-dice) @kikumaco
自然被曝の世界平均は日本平均より年間0.9mSvほど高いわけで、年間の過剰被曝1mSvというのはちょうどその程度の被曝量です
kikumaco(5/9para-dice) @kikumaco
日本で過剰被曝が年間1mSvというのは、それでおおむね自然被曝の世界平均と同程度になるということを頭にいれておいて悪くないと思う
残りを読む(2)

コメント

てるくん @Teruchanka1 2012年8月11日
世界平均が2.4mSv/yとなってますが、これも変更になるのでしょうか?ご存知の方、教えてください。
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年8月11日
海産物由来だとすると食生活の違いなので日本だけ多い、って話になるのかな。アブストラクトをざっくり読んだだけですがUNSCEARのレポートに日本におけるポロニウム210の実際のデータが載ってないので食事を調べたら他の国より多めだったよ、ということらしい。7割が魚から、13%が野菜・キノコ・海草から、なので食ってる量の比率を考えると魚にたくさん含まれてるということに。
neologcutter @neologcut_er 2012年8月26日
自然被曝の欧州各国比較と日本平均・世界平均 - Togetter http://togetter.com/li/361794 フィンランドで平均7.5mSv/年
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする