茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第685回「偶有性忌避症候群は、日本に蔓延する風土病である」

脳科学者・茂木健一郎さんの8月14日の連続ツイート。 本日は、日本に蔓延するある「風土病」について。
コラム 偶有性 偶有性忌避症候群 茂木健一郎 偏差値 ぐに
18
茂木健一郎 @kenichiromogi
しゅりんくっ、ぷれいりーどっぐくん、おはよう!
茂木健一郎 @kenichiromogi
連続ツイート第685回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、日本に蔓延するある「風土病」について。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(1)「偶有性忌避症候群」は、日本に蔓延する風土病である。そのように、『挑戦する脳』に書いた。これは重要な論点であると思うので、本を読んでいない人のためにも、少し敷衍したい。人生で何が起こるかわからないという「偶有性」を避ける。そのために、日本人の発展が止まっている。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(2)例えば、大学入試。ペーパーテストで1点でも高い人を入れるのが「公正」だと思っている。その結果、「偏差値」という数字が蔓延し、大学の学部や学科が、「偏差値」で順番づけられると思い込んでいる。実際には、そんなに簡単には比較できない。できないという偶有性に耐えられない。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(3)「偏差値の高い」大学に行ったからといって、優秀とは限らない。逆もまた真。つまりはジャングルの中で出会った瞬間の実力勝負。サッカーの能力を見ようと思ったら、走らせ、蹴らせ、紅白戦をやってみるしかない。学力も同じこと。自分で見極めるしかないのに、お墨付きを得ようとする。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(4)TOEICの大流行もそうで、要するに英語の実力なんて使ってナンボという感覚がない。言語感覚なんて千差万別なのに、「スコア」というお墨付きを得ようとする。そして、それ以上考えない。偏差値や点数で人の能力を値踏みするという日本の風土病は、つまり思考停止に都合がいい。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(5)お役所の形式主義、書類主義もそうである。かたちさえ整っていれば良しとして、実質を見ない。予算執行で、1円まで書類があることに固執するくせに、実質的に効率の良いお金の使い方がされているかには無頓着。つまりは思考停止である。ラクだが、本当の意味で生きてはいない。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(6)選挙においてネットを使うことを禁止する理屈も奇妙だ。何が起こるかわからない、怪文書が飛び交うかもしれないなどと言う。もうとっくに飛び交っている。今時ポスターや選挙公報という、コントロールの効く限られた情報で選挙を語れると思うナンセンス。砂山に頭を突っ込むダチョウ。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(7)偶有性忌避症候群が最悪のかたちで表れているのが、インターネット。日本企業はなぜyoutubeのようなサービスを作れなかったか? それに伴う偶有性に耐えられないのだ。著作権侵害があったら? 引用はパロディーは? 知るか! 予想できないからこその新ビジネスなのに。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(8)経験や知識、スキルという「安全基地」を蓄積し、何が起こるかわからない偶有性の海に飛び込むのが本来のエリート。日本の「エリート」は偏差値入試をかいくぐり、入省時の点数で将来の次官候補が決まるというのだから、対極ナンセンス。事なかれをエリートとは言わない。脳が働いていない。
茂木健一郎 @kenichiromogi
ぐに(9)日本人は偶有性が嫌いだという。それは、生きることを拒否するのと同じだ。生きることには、偶有性が避けられない。そして、グローバル化やインターネット文明の本質は、偶有性である。日本人よ、生き始めよ。偶有性の海に、飛び込め。いやだと言っても、ドアの、すぐ外まで来てるよ。
茂木健一郎 @kenichiromogi
以上、連続ツイート第685回「偶有性忌避症候群は、日本に蔓延する風土病である」でした。

コメント

志季 @xxxxxshikixxxxx 2012年8月14日
@kenichiromogi 遇優性忌避症候群とか名前をつけて流行らせようとするのはどうかと思います。学歴社会もほかの国でもあることだしそれを日本の固有のことだと説明するのはおかしいかと。どうせ返信ないでしょうがそんな症候群あったとしてもたとえがおかしい
ngn @negane_ 2012年8月14日
話に一貫性が無くてよくわからない
solty_melon @solty_melon 2012年8月14日
経験者のサッカーの能力をなら実際にサッカーをさせればある程度分かるだろうが、素人にサッカーの適性があるかどうかを見分けるのなら、足の速さとか、持久力とかそういうのを見るほかないでしょ。足が速ければ、遅い人よりも活躍できる可能性は高い。それが大学では学力の偏差値になってると思うんですよね。基本的に茂木さんの話は好きだけど、これ系の内容には納得いかない
genki-ichiro @goikentaro 2012年8月14日
というか、偶有性に潜むリスクを回避するのは、万人の望むところだろう。日本の問題というのは、偶有性を病的に回避しようという症状ではなくて、偶有性に潜むリスクを受け入れても、もし成功すれば、それの何倍何十倍もの大きな利益が享受できる、という環境にないところだろう。
genki-ichiro @goikentaro 2012年8月14日
それほどのリスクを冒しても想定できる利益はたかが知れてるんなら、何もしないか、あるいは、手続きと形式に従順に行動してさえいた方が、得だということだろう。
genki-ichiro @goikentaro 2012年8月14日
日本がこういう環境なのに、偶有性の海に飛び込め、とか掛け声ばかりかけたところで、誰ひとり飛び込むヤツはいないだろう。魚が一匹もいないと分かり切っている海にリスクを冒して飛びこむ馬鹿なペンギンなどいないと言うことだ茂木先生よお。
Tz @Tzweet 2012年8月14日
事実と違うから、どうでも良い。
横溝陽一 @JoeYokomizo 2012年8月15日
@kenichiromogi 挑戦する脳も読んだが、こちらの肉声の方が迫力があり心に響く!
boone @itobun 2012年8月19日
いやいや、それでは生きていない、と思うのは茂木さんだからで、「偶有性」のない生き方を心底望んでいて、あなたのように退屈したり不満に思ったりはしないのですよ。日本人は。よかれあしかれ意識的にせよ無意識的にせよ彼らに選択権があるので、煽ったって変わりません。一度滅びかけてこれではいかんという目に遭うまでやらせてあげたらいい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする