榊一郎先生による創作論:余滴「なんか書きたいけど、それだけ」という生徒への指導を巡って

おなじみラノベ作家榊一郎先生による物書き講座番外編。 今回の話題は榊先生が専門学校で見ている受講生の一人。 「何か書きたい」とは思っているんだけど、「じゃあ何が書きたいのか」は頭の中に存在せず、具体的に文章を書くプロセスを指導してみると、自発的に頭を動かして「自分の頭の中にあるもの」を具現化しようとしない。本人が言う言葉は「なんか違う」。 現代は創作を志す者の中に、こういう人が相当数以上の割合で存在するし、形を変えて、ありとあらゆる職場で見受けられると思います。 そういう人に前向きな意志を持たせる事は重要な問題だと思いますが、じゃあ実際にどういう指導をすればいいか。その場で交わされた皆さんの意見を見てみたいと思います。 続きを読む
91
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

しかし馬鹿にするわけでもおとしめるわけでもないが、「書きたい話がある訳でもなく、これというテーマがある訳でもないのだけど、何か書きたい、どうすればいいか」という質問って、どう答えるのが正解なんだろうか。技術論で三題噺とか換骨奪胎とか教える訳ですが、なんか違うらしいんだよな。

2012-08-30 00:09:12
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

こうすれば「書きやすいよ」という話は出来るんだけど、それ以上の事はなあ。試しに私が三題噺やら何やらで誘導してみたけど、いまいちピンとこなかったようだし、こうなると、その人の好みや趣味になるから、どうしようもないっぽいんだよなあ。

2012-08-30 00:11:13
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@tanoakira_open 教えている方としてはちょっと途方に暮れるんですけどねw

2012-08-30 00:11:47
小春史斗 @fumito_koharu

@ichiro_sakaki 自身の心を突き動かす『題材』との出会いを求めているのではないでしょうか? 僕も似た経験があります。

2012-08-30 00:10:17
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@fumito_koharu そうなのかもしれんのですが、その出会いを「どうすれば出会えるか?」と聞かれてる様なもんで。それはもう個人によるのでなんとも、としか答えられないのが、どうにも歯痒い気もしたり。

2012-08-30 00:12:35
AnneShirley @NIGHT_Rulers

@ichiro_sakaki 「お前の日常を面白い小説におこしてみろ!」とか……?

2012-08-30 00:11:17
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@NIGHT_Rulers 多分,そういうのはモチベがあがらんと想います。そういう子達は。

2012-08-30 00:13:01
野良猫丸 @wildcat_x

@ichiro_sakaki 書くことによって周りから得られる(かもしれない)自己肯定とかが欲しい。だから作り方を教えてくれ、みたいな主張かもしれません。それは、他の趣味とかでも「上手くなりたい」より「褒められたい」が動機のひとに見られるかと。

2012-08-30 00:11:50
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@wildcat_x まあその可能性はあるのですが。うーん。それを本人が自覚してないのかしらん。

2012-08-30 00:13:50
越智華 彰人 @OtikaAkito

@ichiro_sakaki 一番好きな萌え属性をアピールするための作品書いてみればって言うのはどうでしょう? こだわって良いもの書けそうな気がしないでも無いですが。

2012-08-30 00:13:09
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@OtikaAkito それは前に言ったことあるんですが、「そういうのを書きたい訳じゃないんだ」と言われてしまい。

2012-08-30 00:15:08
近藤功司 @kondoukoushi

@ichiro_sakaki 書きたくもないテーマの本を100冊ぐらい書かせるといいんじゃないでしょうか。>しかし馬鹿にするわけでもおとしめるわけでもないが、「書きたい話がある訳でもなく、

2012-08-30 00:13:14
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@kondoukoushi そもそも「書くモチベがあがらない、どうしたらいい」って意味でもあるみたいなんですけどね。なので、多分、そういうのはやれといってもしない。

2012-08-30 00:15:40
小春史斗 @fumito_koharu

@ichiro_sakaki こればっかりは自身の問題ですものね……。本を読め。インプットしろ。信頼できる友人に相談を――しか言えないですし。それでも解決策基助言を求めてしまうのが人間なのでしょうね……。

2012-08-30 00:14:01
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@fumito_koharu まあ、袋小路に入って「どうしたらいいんだ!?」って気持ちはわからんでもないので、さて、どうやったら意味のある指導になるのだろう、と。

2012-08-30 00:16:21
れーじ @le_ji

@ichiro_sakaki 何か書きたい、というモチベーションはあるわけで、書きたい話がない、というより、生徒さんの中で書きたいものが明確化されてない、という感じなんでしょうか。根性論言えばいろんなもん読んだり見たりして自分の好みを見える化しろとかそういう話になる印象があります

2012-08-30 00:14:52
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@le_ji 私も基本、創作に関しては根性論の人だったのですが、結局、それは「少し書いてるけどどうにも止まりがち」とかそういう人にしか使えなくて。最初の一歩を踏み出すのに妙に時間喰う人は、根性とは別の所で何か掛け違いをしている雰囲気があります。

2012-08-30 00:17:50
無一文クラウソラス@浅草石フリマ欠席 @takosuke2200

@ichiro_sakaki 素人考えですが、日記とかどうなんですかね。もしくは一日一冊本読み倒して、その魅力を毎日ブログで紹介するとか。何かしら書く、と言うのであれば習慣に落とし込めるこういう文章は悪くないと思うのですが。

2012-08-30 00:15:48
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@takosuke2200 ああ、なるほど。そういう指導はありなのか。ただ、私が月イチの授業なので、多分、彼が実行しなくてもこっちは確認しきれないんだよなあ。まあそこまで気にする必要は無いのでしょうが。

2012-08-30 00:18:51
遊川恒星 @kouseiy

@ichiro_sakaki どうなんでしょ。そういう人は「ギアスみたいの書きたい!」「エヴァみたいの書きたい!」「まどマギみたいの書きたい!」「超電磁砲みたいの書きたい!」という一応具体的な理想くらいはあると思うんですよね。そういう意味で言えば、換骨奪胎の技術を身につけるのが

2012-08-30 00:18:41
遊川恒星 @kouseiy

@ichiro_sakaki 正解とは思うんですよね。ただ、それでも違うって人は「努力もなしにスラスラそういう物語が出てくる自分になりたい」っていう願望の持ちなんじゃないのかなー。と思うのです。

2012-08-30 00:20:08
榊一郎@「おお魔王、死んでしまうとは何事か」 @ichiro_sakaki

@kouseiy まあ、基本的に自分の理想に一番近いもの、というのに出会えてないので「●●みたいなの」という言い方が出来ない可能性はありますね。そうなると結局「数読めや」になっちゃうんですが。

2012-08-30 00:21:38
はんぺん @Hanpen_nepnaH

@ichiro_sakaki 作品の中身ではなく外見、たとえば、プロットきいただけで傑作とわかるようなものを書きたいのではないでしょうか。

2012-08-30 00:23:11
残りを読む(128)

コメント

中宮崇@童貞の寅さん @nakamiya893 2012年8月31日
「これというテーマがある訳でもないのだけど、何か書きたい」って人で、相当量の読書している人も、読書に代わる人生経験をしている人も見たことないんでまずそれをやれ、話はそれからだと。書けないなら読め、行動しろ。さすれば書きたいものなんて自然に湧いてくる。湧いてこないなら単にその人は、書くに値するものを持っていないだけのはなし。コンピュータ、ソフトなければただの箱。
2
中宮崇@童貞の寅さん @nakamiya893 2012年8月31日
あと絵画とかだとよく「模写」からはじめるわけだけど、文章ってどうなんだろうね。訓練として有効なような気もするけど。僕はやったことないけど室井佑月がそれで文章練習したって言ってたね。片っ端から写経みたいに名作筆写し続けたと。
0
ワス @wsplus 2012年8月31日
まず描きたいシーンを思いついて、そこに到るためにどんな情報が必要かを考えて、それを集めていくと道が開けますという経験則。
0
ゆ@普通のおとめ座超銀河団の労働者階級 @U_fort 2012年8月31日
「書かない」も回答の一つじゃないのかのう。プロじゃないんだし。もっと言うと「書かないで別のことをやって意欲がわっと来るのを待つ」・・・モノ書き目指す人は、結局何かを書きたがる人種だと思うから
0
小川淳次郎 @sazanka_mimiga 2012年8月31日
これ俺だわ。なにかを書きたい欲だけが溜まってたの。どうしたっていうと、書いたんだけど。プロットもない、テーマもない、なにもない頭に浮かんだおっさんや学生や子どもがどうなるかを書いた。なかなか楽しかったし、いい経験になったよ。
0
ululun @ululun 2012年8月31日
デートしてるとき「お昼何にする?」って聞いたら「え~何でもいいよ」って言うから「じゃあパスタは?」って言ったら「パスタって気分じゃない」って言われたようなものですね(違
0
ululun @ululun 2012年8月31日
ジャンルとネタになりそうな素材を提供して締切設定して、締切迄に書かない人は永遠に書かないでしょう。
0
ululun @ululun 2012年8月31日
「石」の話はお膳立てのし過ぎというよりは「何を釣ろうか悩んでいたら、目の前で魚を釣った挙句に料理の下ごしらえまでされたでござる」って感じではありますねw
0
ululun @ululun 2012年8月31日
「こんなんじゃない」は多分理想が高いんでしょう。エベレストくらい高い
0
ululun @ululun 2012年8月31日
でも、登れる能力としては高尾山とかそのくらい。高尾山でも怪しいかもしれない
0
ululun @ululun 2012年8月31日
高尾山登れるくらいの能力しかないのは承知しているのにエベレストの山頂から見る景色しか見たくないとかそんな感じなんじゃね
0
ululun @ululun 2012年8月31日
学校行くくらいにはヘタクソだという自覚があるわけだから書きまくればいいやん。
0
ululun @ululun 2012年8月31日
書きたい物が無いなら書かないでも良いと思う。無理に作家になる必要はない。
2
ululun @ululun 2012年8月31日
作家なんてのは、物語を書かないと死ぬ!とか言うような類の人がなればいいんです
2
ululun @ululun 2012年8月31日
物語を書かないと死ぬ!というようなタイプでなくても課題を締切までに出せるタイプの人は作家になれる可能性があります
2
ululun @ululun 2012年8月31日
なので出された課題はおいしく頂きましょう。それすら出来ない人は筆を折って、別の仕事を探すのが良いと思うよ。
1
repon @repon 2012年8月31日
写経が一番。しびれた作品を、写経、演奏、模写、複製しまくる。手を、喉を、体を動かす。しびれの中に自分を放り込む。自分が鑑賞者として最高になる。で、面白い作品が多くて、自分が特にオリジナルを作らなくても楽しければ、すでにあるものを楽しみ尽くせばいいんじゃね?
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年9月1日
たぶん創作とも違う点で悩みがあるんではなかろうかという気もする。
0
真 大地 @d_daiti 2016年7月16日
個人的な実体験を踏まえるとまず、「書きたい」ってその欲求は本当に「書きたい」なのかっていう所が怪しい 単に今置かれてる環境から逃げる事が第一だから別に書く事自体はどうでも良いとか 作品のキャラになったりシチュエーションに身を置きたいのが本当だから 書く=それらの否定に繋がるので無意識に書きたくないと思っちゃったりとかなんじゃないかという
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2016年11月21日
「失敗するのが怖い」と「想像力が貧困」との合併症の気がする。石をテーマにと言われ、作業内容として連想ゲームをさせてもそこから次々と連想が繋がっていかない。石棺、ピラミッド、溶岩、……「ほれそこから先繋げてみな?」「?」榊センセは慣れてらっしゃるから出来るだけで、普通は石なんぞで物語作れるわけない。ハードル高すぎ。センセ方にしたら、なんで出来ないの?となるけど。
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2016年11月21日
普通のレベルってのは、学校の感想文コンテストの感想文でうんうん悩むレベルなわけで、その生徒さんはそのレベルである可能性も考えるべきではないでしょうか。まず一文を自力で創造できないというレベルの人が存在する。お手本があれば、それをなぞる作業であれば出来るけど、という人。
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2016年11月21日
小説をとても特殊な文章と捉えていて、メールや日記のようには書いちゃダメと思ってる可能性大。学校で物語を書けとか担任に無茶振りされて困ってる同級生がほとんどだった思い出。
0
だりい @dariidariidarii 2017年6月23日
これね、精神疾患(主にうつ病とか)抱えてる人や、思春期の真っただ中で将来に対する不安に煩悶してる青年のの自己表現・自己承認欲求のお話だと思うんだ。なんでかというと、そういう人たちのサルベージに関わった時にほぼ同じことを聞かれたこと複数あるから。創作論がどうとか小説家になりたいとか本質的に関係ないんだよね。彼らは「何かを生み出すこと」で今の不安な状態を変えられると思い込んでるだけ。榊先生は表現者として自己を確立してるからそういう視点が持てないし、分からないんだろうけど。
1