2012年10月19日

121019 第8回 需給検証委員会

まとめました。 アーカイブはこちら→ http://iwj.co.jp/wj/open/archives/36369 議事次第・配布資料(国家戦略室)→ http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive08_08.html
0
岩上安身 @iwakamiyasumi

【IWJ・UST】10月19日15:00~Ch4にて「第8回 需給検証委員会」を中継します。 Ch4→ ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/aU6Of2kC )

2012-10-19 04:23:45
とじ  @toji_

「第8回 需給検証委員会」耳のみ参加中 ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/vFNohsFx)

2012-10-19 15:04:37
IWJ インディペンデント・ウェブ・ジャーナル @iwakami_staff

【IWJ・UST】 ただ今、Ch4では「第8回 需給検証委員会」を中継中です。 Ch4 → ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/QozqAhwi)

2012-10-19 15:13:49
らいあ @Sucha_Para

火力の計画外停止。古い発電所の経年劣化-原因のひとつとしては考えられるが、必ずしもそれが原因というわけではない。 ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/QwIya9Oi)

2012-10-19 15:38:56
らいあ @Sucha_Para

今夏の電力需給見通しの検証の総括について ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/QwIya9Oi)

2012-10-19 16:01:01
渡辺みさ @misa071202

今夏の電力需給見通しの検証の総括、を今。 【IWJ・UST】 ただ今、Ch4では「第8回 需給検証委員会」を中継中です。 Ch4 → ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/6JtTtXLo)

2012-10-19 16:04:29
渡辺みさ @misa071202

少々音が小さいとの事ですが、これで精一杯なのですみません。イヤホンなどでお聞きください。 【IWJ・UST】 ただ今、Ch4では「第8回 需給検証委員会」を中継中。 Ch4 → ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/6JtTtXLo)

2012-10-19 16:09:25
らいあ @Sucha_Para

大島先生の声だけおおきく聴こえます。 ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/QwIya9Oi)

2012-10-19 16:13:41
すみ @vptdmre

平成24年10月19日(金) 15:00~18:00 合同庁舎4号館4F共用第2特別会議室 議題 1.第7回委員会の指摘事項 2.今夏の電力需給見通しの検証の総括について 3.今冬の電力需給見通しについて #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:19:52
すみ @vptdmre

今後の電力需給見通しに対する示唆1 #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:20:15
すみ @vptdmre

○火力発電 火力発電所の計画外停止については、ある程度は避けられないものの、巡回点検の 強化などにより、減少させることができる。#iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:21:00
すみ @vptdmre

○水力発電 全国ベースでみると平準化され、ほぼ想定レベルとなったものの、地域による差が大 きくなることがある。 #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:21:44
らいあ @Sucha_Para

供給面。なぜ太陽光がこれだけ増えたのか?FITの影響もあるのか?→設備容量が増えた? ( #iwakamiyasumi4 live at http://t.co/QwIya9Oi)

2012-10-19 16:21:49
すみ @vptdmre

○太陽光発電 日射量に恵まれたこと、また、今夏7月から再生可能エネルギー固定価格買取制度の 導入により、発電量の向上、設備の拡大が行われた #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:22:14
すみ @vptdmre

○広域融通 電力会社間の融通について、従来よりも円滑に融通を行う仕組みも導入され、予定よ りも多くの融通等を実施した事例もあり、有効な供給力確保手段となりうる。#iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:23:02
すみ @vptdmre

○節電影響 ①数値目標付きの節電要請等の要因もあるものの、全国的な節電意識の向上により、 想定以上の節電が行われたものと考えられる。#iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:26:21
すみ @vptdmre

②節電の内容は、大口、小口、家庭のいず れも、照明(間引き、こまめな消灯、LED等への切替等)や空調(高めの設定温度、不在 エリアの空調停止、扇風機の利用等)である。これらの節電は、身体的・金銭的に大きな 負荷をかけるものではなく、#iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:27:55
すみ @vptdmre

③意識の問題であることから、これを継続しようという意識があ れば、引き続き需要抑制が行われるものと考えられる。従って、こうした節電意識の継続 を今後の節電見通しに反映する。 #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:28:45
すみ @vptdmre

冷房の設定温度に関わり、節電が定着するかしないか、またその表現をめぐって #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:30:26
すみ @vptdmre

○気温影響 今夏は全国的な猛暑となった。平年並みではなく、猛暑や厳冬など、気温については、 リスクサイドで評価する必要がある。 #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:31:23
すみ @vptdmre

○デマンドレスポンス等の新たな対策 需要家に対し、ピーク時に需要抑制を依頼することで、需要をコントロールするデマン ドレスポンスについていくつかのその効果は明らかになり、また、抑制する時間の単位な ど検討課題も明らかになった。 #iwakamiyasumi4

2012-10-19 16:31:47
残りを読む(37)

コメント

すみ @vptdmre 2012年10月24日
「需給調整契約について」 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120502/shiryo1-3.pdf 「計画調整契約」 夏期ピークとなる平日の昼間等における電気の使用を、計画的に削減する契約
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
(別添6) 今夏関西電力の計画調整契約は、以下の要因に加え需要家の「計画停電を回避したい」という意向も加わり、7月以降大幅に増加(3,609件・約193万kW(昨夏:1,709件・約100万kW)) http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121019/shiryo1-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
P22 『人の意識』がデマンドレスポンス成功におけるポイント  株式会社環境経営戦略総研 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-3-3.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
関西電力 2012年 夏季 電力需要状態 最大需要日 8月3日(金)15〜16日 気温、36.4°C 最大需要 2682万kW ピーク供給力 2992万kW 予備率 11.6% 約347万kWの予備率
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
関西電力 2012年 夏季 <電力需要状態> <最大需要日> 8月3日(金)15〜16日 <気温>36.4°C <最大需要> 2682万kW <ピーク供給力>2992万kW <予備率>11.6%  約347万kWの予備率
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
<大飯発電所> <3号機> 定格熱出力一定運転 118万kW <4号機> 定格熱出力一定運転 118万kW
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
P16 計画時点では、長時間のフル稼働を前提としていましたが、揚水以外の電源によって、需要にほぼ相当する供給力を確保できていたため、揚水はその本来の位置づけである、電源トラブル等 の不測の事態への対応用の供給力として運用することができました。 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-2-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
P16 今夏(8月)の見通しから、最大電力が約300万kW減少し、大飯3・4号機の再稼動もあり 揚水を除く供給力が約350万kW増加しました。 その結果、揚水の供給力は想定値に対して123万kW増加し、346万kWを見込めました。 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-2-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
<関電の説明>によると P17 揚水発電 8月3日の揚水発電 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-2-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
1時間あたりの電力の供給力が高い方がピーク時に電源として対応力がある(たぶん)
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
P17 <大飯3.4号機が運転している場合> 1時間あたり 346万kWの供給力 <3290万kWを供給する場合> 約10時間供給可能 346×10>3290 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-2-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
17 <大飯3、4号機が運転していない場合> 1時間あたり 300万kWの供給力 約11時間供給 300×11>3290 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-2-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
余剰電供給力で水をくみ上げておいて、需給が逼迫した時に揚水発電で発電して、電気供給に使う。
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
P17 試算方法は、8月3日実績から、大飯3・4号機(▲237万kW)を減少させ、停止火力(+38万kW) を追加し、揚水の運転必要時間が長くなることによる減少(▲47万kW)を反映しました。 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-2-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
P17 供給力は2,746万kW、予備率2.4%となり、大変厳しい需給状況であったと考えております。 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-2-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
関西電力管内における今夏の電力需給実績等の検証について(概要) http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121012/shiryo3-3-1.pdf 大飯原子力発電所3・4号機の再起動がなかった場合の試算について (別添3) http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121019/shiryo1-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
P13 「揚水発電の供給力について」 揚水発電については、夜間の余剰電力、汲み上げ能力、貯蔵能力、放水時間の長さ等によって供給力が変化。 なお、冬季は夏季に比べ、ピーク需要が朝から夜にかけて長くなだらかに下がるため、昼間の放水時間は夏季に比べ長 くなるため、設備容量並みの発電はできない。 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121019/shiryo3-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
<関西電力> P23 今冬の需給調整契約予定 0万kW予定 http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121019/shiryo3-1.pdf
0
すみ @vptdmre 2012年10月24日
<関西電力> P29 「予備率」 12月 6.2% 1月 5.2% 2月 4.1% 3月 5.0% http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20121019/shiryo3-1.pdf
0