ネグレクトについての1つのケース

anzenchan さんの証言より
41
安全ちゃん @anzenchan
私の従兄弟ファミリーはネグレクトで子供を殺した。逮捕された従兄弟の妻は中3で妊娠して16歳の誕生日、30代にしてチンピラだった従兄弟と結婚した。彼女は虐待家庭に育っていて、従兄弟は「俺が守らないと」みたいなことを言い、チンピラを止めて塗装工になった。でもすぐ飽きてチンピラに戻った
安全ちゃん @anzenchan
従兄弟の父親はアル中のDVで無職だった。母親がメリヤス工場で働いて、あとは祖母の援助で生活してた。そういう生活の中で、従兄弟母は最初のうちは手助けをしていたが、従兄弟がチンピラに戻った時点で呆れてなにもしなくなった。従兄弟はほとんど家に帰らなくなり、数年後ネグレクトで子供が死んだ
安全ちゃん @anzenchan
従兄弟妻だけ逮捕された。親戚一同が怒って絶縁したので、その後どうなったのかは知らない。彼女にとって自分が虐待から抜け出す方法が結婚だった。生活の仕方を親に全く教えてもらっていなかった。親戚はそういう事情を知ってたけど、赤ちゃんを殺したという状況で彼女に同情する人なんていなかった
安全ちゃん @anzenchan
なんていうか、生活能力が身に付くかって家庭環境によるところも大きくて、恵まれない環境で育った人が不幸な家庭を再生産してしまうという部分があって、でもどんな環境で育とうが、愛されてると思って結婚して愛せると思って子供を産むんだし、それを「子供を産んだバカが悪い」で片付けようとしても
安全ちゃん @anzenchan
バカがいなくなるわけでも子供がいなくなるわけでもなく、同じような不幸な現象が再生産されていくだけで、そんなこと分かりきってるのに母親を責め続けるのって結局「私は俺は何もしたくないし何もしなかった。でもそれの何が悪い!」っていう自己弁護でしかないですよね…。
安全ちゃん @anzenchan
もちろん、しっかりした家庭に育たなければ生活力は絶対に身に付かないって言ってるわけじゃなくて、自分で成長したり周囲に教わったりできた人もたくさんいると思うけど、一方で学習の機会が得られないまま大人にならざるを得ない人もいるのではないかという話です…
安全ちゃん @anzenchan
事件当時私は中学生だったんだけど、私は普通に扶養家族で無責任な存在として扱われている事にあぐらをかいて、同じ中学生で妊娠した妻ちゃんが判断力のある大人であるかのように扱われ続けているのを気にも留めなかったことを後になって気づいた。先輩くらいの年の差しかなかったのにバカすぎる…
安全ちゃん @anzenchan
そして今はもう20代の大人で子供がいてもおかしくない年齢で、自分のことを「家庭環境が原因で生活力がない」とも思わないけど、子供を産んで何かトラブルが続いたら生活が破綻する可能性は高い…と思う……。
安全ちゃん @anzenchan
↓の話は、最近起きたネグレクトの事件で親の因果を子に報いるような意見を見て、亡くなった子が生きていても、家庭の保護機能が弱い家で育てられてる事実は変わんないし、子供は親を選べないのにそれを社会でケアしない風潮の結果が従兄弟家で起きたことだったんだなと思ってウッカリ自分語りした…

コメント

こぎつね @KogituneJPN 2015年4月19日
母親が全面的に悪いことににしないと自分たちも責任があることになるじゃないですか。後ろめたいところがあるとなおさらそういうことにしないといけなくなる
こぎつね @KogituneJPN 2015年4月19日
私も同じぐらいの歳に生活の仕方を教わらないまま家を放り出されて暮らせていけなくなったけど、今でも本人からお前が一人でちゃんと暮らさないから迷惑だったって責められるよ。世間体が悪いことしてるとなおさら相手が悪かった事にしないと自分を正当化できない
こぎつね @KogituneJPN 2015年4月19日
社会が成熟してきたから、福祉の保護を受けやすくなってきたから利用すべきなんだよね。でもそういう助けの求めかかたも教わらないと身につかない(特に障害のある人)。
こぎつね @KogituneJPN 2015年4月19日
福祉に懐疑的な人の意見を聞いてると助けを受けるには同情に値する被害者でないといけないみたいなところがあるよね。非の打ち所のないような純粋な被害者である人はまれで、なんらかの形で加害者でもあることが多いと思う。
こぎつね @KogituneJPN 2015年4月19日
本人に落ち度がある以上、助けるに値しない。本人にも原因が有る。いや本人が悪い。ああなったのは自己責任だ、自業自得だ。自分たちは何も悪くなかった。そうやって処理されていくものなんです
こぎつね @KogituneJPN 2015年4月19日
親族間の相互扶助をあてにすると負担の押し付け合いになってうまくいかないので、社会全体で分担する福祉制度で補わないと不幸の再生産は止められないでしょうね。私も子供出来てたらまともに育てられなかったろうし
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする