10周年のSPコンテンツ!
1
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
さて、ダンガイオーの視聴完了。わずか3話だからあっという間に終わってしまうのは仕方がないね。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
評価についてだが……ストーリー3、キャラ3、メカ3、作画5 ブツ切りの終わりに関しては、大人の事情による打ち切りもやむを得ない所があると考慮して、65点。Cランクといったところか。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そこから思った事をまとめると、作画やBGMの良さは評価したいが、表面をなぞったような内容との印象があり、先ほど似ている空気といったゴーダンナーと比べるとこれ!と言える長所を見つける事が出来なかった感じ。尺が短かったこともあるかもしれないが……。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ストーリーについては、その表面をなぞっているようなものとの印象があり、キャラクターについてもやはり十分活かしきれなかったキャラも少なくはなかった。やはり尺)ryだろうか。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
四天王についても正直いてもいなくても良いような印象であり、フラッシュ&バーストについては正直ロールともう少し絡んでくれると思いきやあっさり破れてしまい少々拍子抜けしてしまったかな……って。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
一方でターサン博士とギル・バーグはなかなか良いキャラしていたとは思う訳で。そこは青野さん、千葉さんの演技が見事マッチしていたかなって。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あとメカについてだが、確かに良く動かしているなと褒めたいが、バトルの展開の仕方に関してはそこまで趣向を凝らしているようなものでもなかったような……。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
まぁ作画を見るアニメだと考えた方がいいのかも……しれないね。それと宙明先生のBGMとか。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第1話……実質TVアニメ2話分のボリュームがあるエピソードだが、第1話という印象がそこまでなかったような。第1話にしてパイのエピソードでもあるとの構成からなのかもしれない。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あとダンガイオーの登場が終盤だが、個人的には25分ぐらいの時間にまとめるなり、ミアのエピソード、パイのエピソードと分けて、(25分としての)第1話の終盤でダンガイオーを登場させてほしかったかも。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第2話……冒頭10分近く第1話のおさらい。妙にマシンロボを彷彿させるナレーションが特徴的なことはさておき、このおさらいの点については1年ほど時期が開いていたのか、あるいは第2話を出す予定が最初はなかったのか故の配慮だったのだろうか。
飛翔掘削 @digging7
@nanashiborger 当時はOVAが物凄く高価でしたから、あのおさらいは単に前巻を買っていなかった人に向けてのサービスであると思います。作画的に良いとこどりですもん、あのおさらい。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
シャザーラとランバのエピソードについては、シャザーラのキャラは結構好きだが、ランバから負けられない理由の描写に関してはもう少々掘り下げたものを見たかった。リリス王家の紋章の流れも都合が良いとも感じた。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第3話……絵柄やBGMにおいて前2作と印象が異なる。2代目OP・EDは正直初代OP・EDを聞いてきた者からすると拍子抜けしちゃう。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ロールのレジスタンス時代のエピソードとギルとのリターンマッチと1話で描かれるイベントが乖離してしまった所もある。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
しかし思えば4人のパイロットチームに対し、3話しか用意されていないのである。その点ランバは1話まるごとエピソードを割けた分幸せなのかもしれない。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あとダンガイオーチームがワープビームで何処かへ飛び立つ描写は、何故がガンドール砲でムゲ帝国へ突入するダンクーガの姿を思い出してしまった。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
だが、それはともかくバンカーはまだ壊滅すらしていないし、せいぜい四天王の一人が死亡した事しか損失がないのである。さて、ダンガイオー不在の第2部ではどうなっていたのだろうか……。
Banjoe ヘール・ヤッターレ! @Banjoe1971
@nanashiborger 『弾劾凰』は1巻がけっこう売れたらしいんですよ。で、2までは順調に行ったんですが、88年に『機動警察パトレイバー』の廉価OVAのラインが始まることになって、『弾劾凰』のような高額な価格のラインは行き場がなくなったみたい。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
正直ちょっと辛口で書いてしまったが、これに関してはやはり尺が短く本来の内容を描き切れなかった点も大きい。もしその後も続いていたならば何らか化けていた可能性はあったのだが……。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
しかし、少なくとも参加されたアニメーターの方々は頑張っていたのだとは実感できた。少なくともロボットアニメーションとしての面白さは十分残す事が出来たのではないかと結論を書いてダンガイオーについての感想を〆る事にする。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そんな訳で101番目に視聴完了したロボットアニメとしてダンガイオーの名前を刻む。カウントするようになってからは単発OVAを視聴したのは初めてなりよ……。

コメント

波のまにまに☆ @namima2 2012年10月28日
うけうりですが、「ダンガイオー」って「巨大ロボットの巨大感」がかなりすごいんですよ。うねうねの影も気になりますが、3話の町中での戦闘シーンでの下からのあおりとかものすごくかっこよくって、それでいて圧倒的に巨大です。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする