7
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 「京楽ピクチャーズ 知られざるパチンコ映像制作の世界」に参加中。開始、ボーンデジタル富田さんの挨拶。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 京楽ピクチャーズ会社紹介。京楽グルーブの映像制作会社で、一年前に独立。今後アニメ制作なども予定。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 パチンコ映像とは?。実際の版権タイトルの映像上映。版権映像とデフォルメ3Dキャラが入り混じる展開。ぱちんこ=映像を楽しむ。それ意外にも筐体ギミックなども同時にたのしむもの。最近は版権が多く、ばちん個化で人気が再燃することも
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 ばちんことは。玉が入るごとのちゅうせん。三つの絵柄が合うかどうか。二つ合って、三つ目(T_T)待つ状態がリーチ。ここに厚みを持たせてる。ふつうのリーチの他、SPリーチ、SPSPリーチと演出に段階を持たせ、期待感を。
_凸_凹 @cgtoo
京楽カンファレンス、ぱちんこについて。 実例ウルトラマンタロウ #CGWjp
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1普通のリーチの画面から、SPリーチ。派手な演出動画開始。それで外れたか?…となったところでさらに派手なSPSP演出が。タロウ版権の場合、さらに信頼度の高いリーチで信頼感の有るエースが助けにくるなど、内容も深く
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 音と映像と数字図柄をリンクさせ、図柄が三つ揃うかのゲーム性を守りつつ、映像を、BGMのテンションを急上昇させる
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 タロウだと普通リーチでZAT出動、SPでタロウ、SPSPでもう一段盛り上がり、さらに他のウルトラマン登場など。仕事人ではSPSPで版権の実写映像が始めて入るなど様々
_凸_凹 @cgtoo
#CGWjp AKBのホール同時公演、電源をいれるタイミングまでホールさんに徹底してそうで。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 以上、ぱちんこ映像の概要。続いて実際に制作のイロイロ。まずAKB48。スタッフ大谷、藤井氏。ティザー上映。今ホールがライブ会場に!。こちらデフォルメ3Dキャラによるライブ映像チラリと実写映像の多数のもの。
_凸_凹 @cgtoo
#CGWjp 訂正。していたそうで
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 ばちんこ台は通信が出来ない(!)。そのためタイマーを仕込んでいる。タロウとAKBは業界最大の64GBの容量、作るだけでも2-3年かけている。最初に始めた頃から印象変わっている。CG減らして実写を増やしていくなど。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 ぱちんこ映像制作と一般的なそれとの違いは?。尺が決まった中で演出を作っていくこと。ゲームなどと違い映像のみで演出するためにコンテなど切って行く必要がある。尺の話では、保留状態で、それが変わって見えるような演出はNG、ぱちんこダマご隠れるのもNG。
_凸_凹 @cgtoo
#CGWjp 同型等の演出は全て同じ尺
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 AKBの例、六種類の演出かま同時再生。一~二分以上の長い演出だが、ピタリ同尺で終わる。こういった条件が特徴。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 ぱちんこAKB48なこだわりポイントは?。様々なところでAKBのライブ感を出す。全員の出るカットをちゃんと調整する。オタゲー的なところなど、ファンのライブの楽しみをちゃんと組み込んだ。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 今回のチャレンジ。CGでライブを作る。最初、楽曲だけの状態からムービーコンテ制作。ボリモデルと絵が混じったもの。この段階で演出どころを決める。16人いたの、踊りの種類を4つ位に絞って共用する事で統一感を出す。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 図柄対応版動画。図柄入れ込んだバージョン。ここでいろいろ調整(チェック柄はやはりうるさいなど)。そして最終盤完成。わかりやすさを最優先。カットを減らす、エフェクトのカットを足すなど。打ち手最優先で。
_凸_凹 @cgtoo
#CGWjp #CGWjp ムービーコンテの時点でかなり作り込んでいる印象。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 追加でばちんこ映像の特徴をもう一点。映画などに比べ、みる回数が多い。人によっては100回200回見る人もいるので、それを考える必要がある。頼んだアニメ会社側でもそれを意識して書いているなど。京楽側でも実機でたくさん見る。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 続いてウルトラマンタロウ。こちらも三年以上かけている。サブ液晶とメイン液晶が有る。サブでは怪獣がゴルフなど、以前作ったものなど含め、細かいところを作り込んでいる。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 ティザー上映。リアル調3Dの凄いスピーディーなカットがたくさん。とにかく一カット内のテンポが早くて気持ち良い映像。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 新機種用に開発環境込みで作った。3Dシーン多数。円谷プロとも協力して作成。製作者菅野さんからこだわりポイント。着ぐるみ感を無くすような映像に。ウルトラ一家を出したり、他シリーズ怪獣も遠征。大ボス怪獣は円谷プロと作ったオリジナル、
_凸_凹 @cgtoo
#CGWjp 力の入っている映像ほど当たりなのでなかなかみてもらえないジレンマ。
Iwade Takashi @rockout77
#CGWjp E1 オリジナルボスは怪獣の怨念の集合体で、ウルトラマンのパーツや技などを使う。後で見せていただける。
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?