Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2012年11月7日

ライスのアニメ感想:#190 serial experiments lain (5)

serial experiments lainの5話感想です。 玲音は知らず知らずのうちに何者かとの対話を繰り返す。 一方で姉の美香は独り現実とワイアードの境目を彷徨うのだった。 物語を解する要素がどんどん散りばめられていっている印象を持ったエピソードでした。
2
テリー・ライス @terry_rice88

serial experiments lain:Layer:5「Distortion」姉の美香のエピソードをメインに、神の実存とドッペルゲンガーについて。あと預言論か。どんどん玲音のNAVIが増殖してて、部屋を埋めていくのが面白くもあり、異様でもある。やっぱり世紀末っぽい。

2012-11-06 21:44:48
テリー・ライス @terry_rice88

放送から15年近く経った現在から、この作品を見ると、ネットワークの世界がこの時点では広大で神秘的でもあったんだなと感じる。今より日常化してない、或いは擦れてない頃の時代の話。アングラ感というか、二枚舌の世界というか。作品世界だと普及してるが捉え方が違うような、そんな感覚が流布する

2012-11-06 21:51:20
テリー・ライス @terry_rice88

ワイアードが現実の上位世界だと捉える概念とか、肉体と精神の関係とか、それこそ神の概念だったりとかの問いかけが玲音(と視聴者)に投げられているけど、あくまでネットを優位に見た場合のお話なのかなあという気もなんとなくする。そういう点では時代を感じる所ではあるかもしれない。

2012-11-06 21:57:46
テリー・ライス @terry_rice88

けど、語られていることが古い、という訳ではなくて、この宗教的かつ神秘的なテーマを当時、最新鋭だったネットワークの世界と結びつけるという点で斬新だったし、現在の日常化したネットでも耐えうるテーマではあるんじゃないだろうか。集団意識的な領域で。ネットワークの世界に神は存在しうるのか。

2012-11-06 22:01:28
テリー・ライス @terry_rice88

今回の随所に挟み込まれる、玲音と何者かの対話はワイヤードにおける「神との対話」なのかもしれないし、そうでもないかもしれない。肉体は器であり、本質は精神にあるという命題をワイアードに乗せて拡散させるというある種、礼賛に満ちた内容でもあり、ミステリアスにも聞こえてくる。

2012-11-06 22:11:56
テリー・ライス @terry_rice88

玲音の「対話」は色々と示唆に富んでいて、今後の展開にも影響がありそうな言葉ばかりだと思うが、姉の美香が今回それらの対話と同時進行で巻き込まれていくわけか。肉体と精神の問題に、以前から仄めかされていたもう一人の自分が現れる、「歪み」の問題が今回の主題だったかなと。そこへ預言が関わる

2012-11-06 22:16:51
テリー・ライス @terry_rice88

作中でも「預言が先に存在し、行動が起きる」という、預言ありきの概念が提示されていたが、この「預言」の中身は明かされずに進行する。むしろ美香が「預言」に巻き込まれることで、自身の認識する現実感が失われていくのが非常に恐怖感をあおるものだった。最後の玄関先のシーンが最も顕著だった。

2012-11-06 22:21:01
テリー・ライス @terry_rice88

最初から偽者だったのか、偽者が本物に変わり、すり替えられてしまったのか。ワイアードと現実の境目が曖昧になればなるほど、肉体と精神の関係も曖昧になっていくっぽいな。今回の美香の場合などは、自我が消滅してしまうような描写だったなあと。いつの間にかワイアードに精神が迷い込んでいた?

2012-11-06 22:27:30
テリー・ライス @terry_rice88

今回もワイアードが現実を侵食しているのか、それとも目に見えている現実が実はワイアードで現実はどこかに存在しているのか、幻惑的な描写が多かったように思う。それこそ白昼夢的な、どこかアンバランスで今にも崩れ去りそうな不安定なイメージが作品全体を支配している。静かに狂気的な世界観。

2012-11-06 22:32:22
テリー・ライス @terry_rice88

作品で描写されている世界が借り物の世界観でそれを玲音が支配しているものだと考えると、神は玲音そのものであるようにも感じるが、この「神」の存在も定義が難しいか。玲音の「対話」では別に存在しているようにも見えるし、どれほどの影響力を持つのかも見えない。禅問答のような存在だなあと思う。

2012-11-06 22:41:58
テリー・ライス @terry_rice88

今回の玲音の対話を見る限りだと、「肉体から精神を解き放つ世界」としてワイアードは上位の世界として存在し、そこでは「神の概念」も変わりうるよという内容。で、姉の美香はいつの間にか肉体と精神を分けられてしまい、ネットの迷宮を彷徨い、自宅に着いたら、肉体を奪われており、精神を消失した。

2012-11-06 22:46:38
テリー・ライス @terry_rice88

それが「預言」であったかどうかは分からないが、そういった「侵食」が度々、現実を追い詰めていっているという事なのか?ワイアードが現実を支配していく構図。支配していく、というよりか気付かずに変わって言っているのかもな。なんとも判断は付きにくいけど、話はより深く続いていく。

2012-11-06 23:48:47
テリー・ライス @terry_rice88

そんなところが今回の感想でしょうか。今回も中々言葉にしづらい面もありましたね。面白いんだけど、感想する時に難しい作品で、視聴者泣かせかもなあ、と妙に納得してしまうのが怖いです。

2012-11-06 23:53:55
テリー・ライス @terry_rice88

今回は全体的に玲音の外堀が埋まっていく話にも感じたかなあ。姉や家族への距離感がわかる感じのお話でもあったようにも思えます。これを受けてどうなっていくのかを見ていきたいです。それではまた次回です。ありがとうございました。

2012-11-06 23:57:34

前回

まとめ ライスのアニメ感想:#188 serial experiments lain (4) serial experiments lainの4話感想です。 NAVIとプシュケーを手に入れた事で、覚醒し始める玲音。 激変してゆく彼女に家族やクラスメートは不安を感じる。 だがそれとは裏腹に大きな力も得ていく。 8218 pv 1

次回

まとめ ライスのアニメ感想:#191 serial experiments lain (6) serial experiments lainの6話感想です。 ワイヤードの世界にどっぷり浸かる玲音。 そんな中、子供たちが空に玲音とよく似た神の姿を顕現させる。 そんな事件の背景にはホジスン博士とKIDSというシステムが関係していた。 物語が胎動してゆく。 7964 pv 7

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?