10周年のSPコンテンツ!
0
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
それはそうと、ずいぶん遅れたけれどきらめきプロジェクトを視聴したので感想を……。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
名無し的な意見となってしまうが、この作品を面白いと思っている方はセンスがある。少なくとも名無しとは気が合いそうである(笑)
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
……・なーに自分でセンスあるとか言っているのか僕は。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
正直あのスーパーロボットなのかどうか……と外見で悩んでしまう主役ロボ・ジュネりんの存在と何かもうロボットアニメではないタイトルだが、それを良い意味で裏切ってくれたかなって。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
結論としてはストーリー4、キャラ5、メカ4、作画4と85点。ギリギリとはいえAランク。少なくとも佳作といえる作品ではないかと思います。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
確かにまず全方位型アニメとの肩書は伊達ではなかった。いわゆる萌え要素を担う三姉妹+リンクルと燃え要素を担う大矢達下請けのサラリーマンチームのバランスが絶妙としか言いようがない。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
両サイドのキャラが立っていたし、ともにシリアスとギャグをこなす事が出来る器用さがあった。そしていわば敵側かもしれないサラリーマンサイドが島田除いて全員熱く燃える良きサラリーマンだって設定も効果的だったと思う。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
正直、どちらを応援すればよいか困った事もあった。でもそれもまた両サイドへ感情を移入する事が出来たからなのかなと。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと大矢にサラリーマンとしての悲喜両面が描かれており、特に悲哀の要素で結構胸に突き刺さるものがあった。ひょっとしたら名無しが来年社会人として働くからだろうか……。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
嫌な上司に必死に土下座して、家から帰ってきても娘も妻も無愛想。仕事へ出発する際も見送ってくれないと……いてててててと言わざるを得ない所。(悪い意味ではない)
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
こういう環境において本田、松下、中野の同僚3人衆の存在が凄く頼もしく光る。大矢のひたむきな姿勢に全力で答える場面が日常での飲み会や缶コーヒーをグイッと飲む描写を始め、ギャグやシリアスな場面でも良く描かれていたなぁって。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そんな大矢がカナと絡む訳だが、確か公式でも美少女とオヤジのカップリングってプッシュしていた気がする訳で、どちらにしろ斬新かつ意欲的な試みだったと思う。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
どういう経緯か知らないがどうやら三姉妹の親がそれぞれ違うようであり、カナの父が日本人ということから、(第3話でのプレートの件も含めて)日本人の大矢との絡みをしやすく出来たのかなって。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
どこかの(ヨーロッパ辺り?)小国の3姉妹の物語でありながら、日本のサラリーマンの物語が組み合わさっている点もまた異質。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そしてロボットを作るのが好きとの共通点で、家族のつながりに悩む大矢と殻に閉じこもっているカナが互いに触れあってそれぞれ問題を解決する糸口を見つけ出す流れも良かったなって。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ぶっちゃけネネや薔薇騎士団、リンクル、そしてサラリーマン3人組などが織りなすコメディ描写もベタだけど見ていて面白い。そんなコメディチックな世界観だから巨大お人形ロボットが存在しても許される上、時折ハートフル、熱血な要素が際立って見えるのかもしれないね。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと、メカについて。ザ・パーフェクトもビッグマイティがカッコいいと感じる事はともかく……ジュネりんまでカッコいい(凛凛しい?)と感じさせてしまうパワーがある。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
可愛いと呼ぶ方がベターなジュネりんだが、最終回の戦闘シーンを見ると本当にかっこいいのである。カナ自身が搭乗して操縦するジュネりんの肉弾戦は外見のギャップもあってより印象に残りやすいものに。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
個人的には美少女ロボットでありながら本当に何でも変形するリンクルとかもよかった。何処となくフレンダーやポリマーの変形を彷彿させるものもあったかも。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
ザ・パーフェクトを抱え込んでビッグマイティが飛びあがる所からはちょっと今一歩。内容よりも時間が足りなかったって印象だからまだ救いだけれどね。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
キャラも立っていて、ストーリーはライトコメディだが時にシリアス・ハートフルのさじ加減も良い。メカ描写も意外と頑張っている訳であり、惜しむところといえば最終回の締めがやや力不足だったところかもしれない。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
あと伏線(ジュネス王国の紋章を何故大矢が持っているのか)とかもわからなかったのがちょいと気になる。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
名無しはそこまで気にしなかったが、ヒロインのパンチラはあって当たり前のようなものである(笑)そこはOVAだからまぁ仕方ないねと許容の心を持とう。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
第1話……個人的にはまず、冒頭の似非外人チームの言動に思わず吹き出してしまった。そしてこの時点では敵側っぽいサラリーマン集団だが、わざわざ悪のコスプレをしていたり、人殺ししてしまったらまずいとうろたえたりする所はいかにも小市民らしくてクスッと来る。
名無し・A・一郎(再) @nanashiborger
そして、ファンシーな格納庫とBGMとともにジュネりん出陣……。
残りを読む(22)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?