121128_倉方塾01<実体と認識>,島田陽氏

塾長でありコーディネーターの倉方俊輔氏による五回連続レクチャー。今回のテーマはにこいち関西建築。前期の九州特集とはまた一味違い、見えてるようで見えてなかった関西の、もしくは建築のいいところがたくさん発見できる、素敵なレクチャーです。 記念すべき代一回はタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所の島田陽さん。
建築
3
倉方俊輔 @kurakata
倉方塾の後期は1週間後に始まりますよー。初回は島田陽さんと、がっつりトークです。半年やってきて、ご来場の方々にいい雰囲気を作っていただいているのも心待ちの理由。/倉方塾―にこいち関西建築― 11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽 http://t.co/XCQc6Bwk
ままやま まさま @ueyasaya
明日の倉方塾行けっかな~。だれか実況とかしに行かんのかなー<(;゚з゚)>~♪
choi kongbo/崔恭輔 @choi_kongbo
明日a+u買お、そんで倉方塾でモチベーション上げて、金沢帰ってコンペの模型と修士!週末には中山さんと藤村さんのレクチャーもありで充実した1週間。学生生活も残り3ヶ月、学ぶこと学んで、残すもの残す!
うっでぃ @168Luna
うう………課題さえなければ倉方塾行ったのに(´;ω;`)
みろり @manah831
倉方塾いけないかも…
j.peg @yurica1019
今日の実況はこれです*ハッシュタグ→#kurakatajuku11/倉方さん( @kurakata),島田さん(@youshimada )>倉方塾―にこいち関西建築― 11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽@design de http://t.co/be1ylSuK
島田陽/YO SHIMADA @youshimada
RT @yurica1019: 今日の実況はこれです*ハッシュタグ→#kurakatajuku11/倉方さん( @kurakata),島田さん(@youshimada )>倉方塾―にこいち関西建築― 11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽@design de http://t.co/be1ylSuK
みろり @manah831
RT @yurica1019: 今日の実況はこれです*ハッシュタグ→#kurakatajuku11/倉方さん( @kurakata),島田さん(@youshimada )>倉方塾―にこいち関西建築― 11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽@design de http://t.co/be1ylSuK
はるろ|山をおりる△ @kohe13
RT @yurica1019: 今日の実況→ #kurakatajuku11 /倉方さん( @kurakata ),島田さん( @youshimada )>倉方塾―にこいち関西建築―11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽 http://t.co/jGBKxCDz
倉方俊輔 @kurakata
RT @yurica1019: 今日の実況はこれです*ハッシュタグ→#kurakatajuku11/倉方さん( @kurakata),島田さん(@youshimada )>倉方塾―にこいち関西建築― 11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽@design de http://t.co/be1ylSuK
mizo @mizo_goodnight
RT @yurica1019: 今日の実況はこれです*ハッシュタグ→#kurakatajuku11/倉方さん( @kurakata),島田さん(@youshimada )>倉方塾―にこいち関西建築― 11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽@design de http://t.co/be1ylSuK
mizo @mizo_goodnight
いまから倉方塾、島田陽さん(`・ω・´)!!
ゆのうえじゅん @YUNOJUN1391
倉方塾‼ 今回は島田陽さん(^O^)/
j.peg @yurica1019
倉方氏:今日は倉方塾後期第一回です。倉方塾はもともと去年の九月頃KANSAI6と同時に開かれたものです。私は塾の生徒総代という感じで毎回建築家の方をお呼びして行います。前期は割りと建築という領域に止まらない分野の北九州特集でしたが後期は関西特集です。#kurakatajuku11
j.peg @yurica1019
倉方氏:島田さんは新建築には三作品も紹介されている注目の建築家です。 島田氏:レクチャーの一番最初はこの説明から始めるのですが、これは僕の名刺です。ここにはレシートの形をかりた名刺で、日々発見があるような、という建築にも通じる自分のコンセプトを含む。#kurakatajuku11
j.peg @yurica1019
島田氏:ヒエダイラの住宅>あるアーティストに依頼された。このアーティストはある物質に対し樹脂で複製した作品を制作していた。複製というアイデアが面白いなと思った僕は家型を複製することにした。#kurakatajuku11
j.peg @yurica1019
島田氏:ここは住宅地だったので、アトリエらしいアトリエを構えると周囲の人に不信がられる可能性もあるので家型を採用。アトリエの家型と住宅の家型の二つが建っている。 どちらが複製?#kurakatajuku11
j.peg @yurica1019
島田氏:アトリエは簡単に改装できるようになっていて、内部空間はトップライトを自在に作れるようになっている。住宅の棟は途中で二階が欲しいと言われたのでこの小さな家に二階空間を作るには、と考えた時に屋根と平行して空間の区切りを構成することにした。#kurakatajuku11
j.peg @yurica1019
島田氏:僕は京都芸大にいたのですが一回生の時にダンボールでシェルターを作った。そこで空間が人の認識に作用することに気づく。二回生では文化祭のゲートを作る。階段を登り、卵型のある層に入りそのまま高揚した気持ちで祝祭空間に入るという構成。#kurakatajuku11
ynbr/kakeruasano @ynbr
RT @yurica1019: 今日の実況はこれです*ハッシュタグ→#kurakatajuku11/倉方さん( @kurakata),島田さん(@youshimada )>倉方塾―にこいち関西建築― 11/28(水)19〜21時「実体と認識」島田陽@design de http://t.co/be1ylSuK
j.peg @yurica1019
島田氏:最新作HOUSE IN YAMASAKI>日照時間が少ないので明るい家にして欲しいと言われた。角地に高く建てると、空への抜けがなくなってしまうのである一定ボリュームの上に家型を乗せ敷地全体が庭のように使えるような構成。#kurakatajuku11
j.peg @yurica1019
島田氏:田園都市で住宅から田んぼへの切替わり地点だったので、農業小屋のような素材のフレシキルボードを用いる。 それにより中で電気をつけた時にはうっすら建築がそこに浮かび上がってくる感じ。#kurakatajuku11
j.peg @yurica1019
島田氏:2012 HOUSE IN ITAMI>内部は建築家の作る作り付け家具への違和感の様なものを発展させたのがこれ。 階段を登るにもソファの上に足を掛けて登っていく。#kurakatajuku11
残りを読む(32)

コメント

j.peg @yurica1019 2012年11月29日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする