10周年のSPコンテンツ!
51
北田暁大 @a_kitada
いやさ普通にね、事実婚の人たちって配偶者控除とかいろんなもんないと思って諦めた構えでいるわけなんだろうけど生命保険の控除って内縁だとだめらしいよ。二人温泉旅行の5万円は事実婚のひとには与えられないんだって。すごいねすごいよ、婚姻制度の権益。こんなの序の口!そりゃみんな欲しいよね!
北田暁大 @a_kitada
事実婚は企業によってはある程度の配慮があるけど税金はそんな感じで、道徳絡む領域だとそりゃおおごと。同棲婚とかはその数倍大変だろう。ジェンダー研究しているひとのどのくらいが、そういう立場にあるのかしら。そういう知識社会学を知りたいのは下衆なのかな。カルスタ的に正統だと思うけど。
北田暁大 @a_kitada
そりゃ親も世間も法も規範も全部認める生活してて「どの顔してジェンダー研究って言ってんだ」的なことも思うわな。しかし別にそれが倫理的に悪い選択でもないわけで、その選択を各人が幸せであると思えれば、それを幸せと思う程度の「道徳」はわたしも持つ。なら非対称性のことも考えてくれよ、とも。
北田暁大 @a_kitada
ところで日本で「文化研究」や「批判理論」「ジェンダー/セクシュアリティ論」を名乗っている人たちの婚姻形態とか、ライフコースを調べた研究はあるのかな。文化研究にとってうってつけのreflexiveなテーマだよな。寡聞にして知らずなのはわたしが無知なだけだろう。
北田暁大 @a_kitada
ちょっと上野チルドレンとしてここは疑問なんだ。千田さん@chitapontaがどういう法律的形態を選択されているかは知らないけど、このあたりどのように思われるか知りたい。かなーり前からの疑問なんですよ。
北田暁大 @a_kitada
あと千田さん以外にも聞きたい人たちが山ほどいるんだけど、明日以降聞きたい。文化研究の人たちにも。これは全然嫌みではなくて、たぶん制度に収まったほうが幸福度と安定度は高いわけで、それは幸福のためによい。それはそうとして、で、なぜ「非上野」的な道を歩まれたのか、と。
北田暁大 @a_kitada
最終的には江原さんに聞きたい問いでもある。
北田暁大 @a_kitada
あんな、自分がいかなる制度的な理由に基づいても傷つかないで他者を「ですよねー」と突放せるような再帰性とか反省性とかポジショナリティとか有害なだけだから。そういうこといわん漢増田とかのほうがよっぽど気持ちいいから。別にこれ自分を弱者化しているとかいう話とちゃうよ。わかるよな。
SHIMIZU Akiko(清水晶子) @akishmz
RT、まあそうなのですけれどそれでも日常生活上または法的に事実婚と看做されうる関係であるだけで(看做されるからウザいという部分もあるにせよ)やはり大分マシというか楽な部分が大きいとは思いますが一番おおごとなのは道徳が絡む領域ではなくガチ法律が絡む滞在権とか看護権とかだと思います。
北田暁大 @a_kitada
どうもです。わたしは腹が立つ程度で済みますが、法律の二重三重の敷居ではなく入口でガチ法律でどうしようもなくなる領域こそが一番面倒というか腹が立つ。なんでごめんなさい、入口どころか遥かに制度の中に入りきって「入口がー」といえる感性が―未熟なんでしょうが―よくわからないのです。
SHIMIZU Akiko(清水晶子) @akishmz
ええとごめんなさいこのtwは私宛てでしょうか?個人的には滞在権とかは二重三重の敷居とかの話じゃなくて本当に物理的に一緒にいられるかいられないかという入り口のところで立ち往生する話なのですが、私が北田さんの仰ることを分かってないのかもしれないです。 @a_kitada
山口智美 @yamtom
いちおうRTしておいてみる。ご自身はどうなのかしらと思うなど。
山口智美 @yamtom
@a_kitada 文化研究とか批判理論とか、ジェンダーが中心ではないまでも、それに絡んだお仕事もされているかと思ったので、ほかの方に聞かれるのもいいけど、まずご自身もを問われたりはしないのかなあと思って。私が存じ上げないだけで、もうどこかでされているのかもしれないですけど。。
北田暁大 @a_kitada
@yamtom はい、だいぶしてきたつもりですが、わたしの書いたのは別に自分のポジション明かせっていう話ではなく、もっと素朴に一般的に言って傾向性はどうなんでしょうかという話です。別にそれはそれでありの話ですよね。ずいぶん王道なライフコース歩まれている方が多い印象があったもんで。
北田暁大 @a_kitada
@yamtom で、印象論が印象論であればよいな、と思っております。というか祈っています。
山口智美 @yamtom
私はモテないフェミであることと、くじでグリーンカード当たってしまったのでとくに自らの米国滞在のビザについて心配することもなくなったし、もっぱら必要性がないために一人でおるのですが。あえて選んでこういう人生をどうたらと主張する気合いもないし、単に流れでこうなっております。
山口智美 @yamtom
@a_kitada まあ正直、お気持ちはわかる面もありますが、その問いがフェミニストだけに向けられるのにはひっかかりを覚えたりもします。
北田暁大 @a_kitada
@yamtom はい、それは何も違和感ありません。えーと、山口さんは個人が意識的に選択したわけではないものについて、他人が「実は選択性がある」とかいうな、という話をされたいのでしょうか?いまひとつ何を疑問とされているか分かりません。すみません。
山口智美 @yamtom
@a_kitada あ、そのつぶやきは単に自分の状況についてつぶやいたもので、北田さんへの疑問という意味ではありませんです。
北田暁大 @a_kitada
なるほど。たしかに。しかし、自ら「フェミニスト」あるいは「フェミニズムを理解すると自認する男性」がその問いに一定の正統化根拠をどのような形で一般的に持っているかどうかが気になったということです@yamtom その問いがフェミニストだけに向
山口智美 @yamtom
@a_kitada 一般的に語れるものなんでしょうかね。個人的にいろいろな葛藤をもたれつつ、そういう選択されてきた方もいるのではと想像はしますが、、不利益が大きすぎたとか。まあでも疑問としてはわかります。というか私もそういう疑問をぶつけていたこともあったように思いますw
SHIMIZU Akiko(清水晶子) @akishmz
一連のtwで北田さんはフェミニストだけじゃなくてカルスタとか批評理論系の人にも同じ疑問を投げていらっしゃるのかと思っていたのだけれど。
山口智美 @yamtom
まあでも、専業主婦を大切にしろ、女の役割は子育て第一、などの主張をしている保守系の人たちの実際の生活ぶりは実際そうでもなかったりすることもよくあり。そちら方面にはとくにつっこみいれる人はおらず。
残りを読む(82)

コメント

HeppokoEther @HeppokoEther 2012年12月1日
社会学者や女性学者って、現在の婚姻制度や家父長制的慣習に必ず否定的でなきゃなんないの?学者であることと特定思想の信奉者かどうかを意図的に混同するなよ。
七海@ラディカルフェミニストです @nanamiutena 2012年12月1日
現在の一夫一婦制の婚姻制度ってどちらかというと不安定な立場にあった女性を保護するものであってフェミニズムとの親和性が高いものだと思っていたから、婚姻制度に批判的な一部フェミニストというのは新自由主義的に思えて信用ならないというのは感じます。
七海@ラディカルフェミニストです @nanamiutena 2012年12月1日
お互いに拘束し合う関係なら素敵じゃないですか。片方が一方的に拘束する関係なら地獄かもしれませんが。拘束し合う事によって双方にメリットがあり当事者の意思でそれを選んでいるのなら何ら問題はないのでは。
tokyoskunx @tokyoskunx 2012年12月1日
夢とか生きざまとかの売り手はそれを実践し唱え続けることで食べていけますが、買い手はそれでは食べていけません。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年12月1日
全世界的に歴史上同性婚を認めている文化は一部現代社会以外に存在しない。そういうことだww
サムバランチャー @niwaka2008 2012年12月1日
上野さんの立場を考えればこの主張は理解できるけれど、一般化はできないよ。結婚制度のお得感を受ける為に不自由という縛りを受ける選択はありうるよ。
@araia01 2012年12月2日
続きをまとめてくれたら嬉しいな。
なつき @sakanazuki_ntk 2012年12月2日
まとめを更新しました。引き続きご発言なさってる方のツイートに加え、@han_org @mythrim @munekunpapa @smasuda @tubu0430 (敬称略)のつぶやきを追加いたしました。
サキオ @sakiok 2012年12月2日
こういう議論はどんどんやってほしい。現行の結婚制度が問題なのは、結局、一部の人間関係(男女による生殖)がお得な特典を享受ために、他の人間関係が薄められ、踏みつけられているという現状なのだから。あなたのしあわせがわたしたちを引き裂く。
あかいぬ @akainutei 2012年12月4日
経済学者なら最低賃金廃止に賛成だよな?みたいに聞こえた。
芝尾幸一郎 @shibacow 2012年12月4日
まあ、日ごろ言っていることと自分がやっていることが違うじゃないか問題なのだろう。 内田樹の「ためらいの倫理学」の話を思い出した。 勇ましいスローガンに、耳を傾けるのではないくて、教師が言いよどんだり口ごもったり、日ごろの明晰な語りではなくごにょごにょ何か言っているときの話の方が聞く価値がある(だからためらいながら喋る)。
芝尾幸一郎 @shibacow 2012年12月4日
書き物や論文の世界では明晰に書かねばならず、言いよどむ表現とかあまり見られないので、逆に言いよどむ論文集とか見て見たいですね。 日頃は明晰な喋りをする学者が、自分の地位に水を向けられて、言いよどんだり口ごもる瞬間にこそ意味があるのではないか。