Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2012年12月1日

●「低線量被ばくは大丈夫って、本当?」吉田均医師の随筆から

●「低線量被ばくは大丈夫って、本当?」吉田均医師:2012年9月14日   http://isinokai.blogspot.jp/p/blog-page_04.html (原発の危険から子どもを守る北陸医師の会:HP) 上の随筆から引用させていただきました。個人的なメモです。 続きを読む
15

  ●「原発の危険から子どもを守る北陸医師の会」HP 
  吉田均(小児科医)さんの随筆から、引用 


so sora @sosorasora3

●「低線量被ばくは大丈夫って、本当?」吉田均医師 2012年9月14日  http://t.co/9q754zo3  (原発の危険から子どもを守る北陸医師の会:HP) #吉田均氏_

2012-12-01 21:51:21
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :「低線量被ばくでがんなどが増加するという明確な証拠は得られていない」。医学会のサイトに書かれている。安心してよいのだろうか?

2012-12-01 21:52:17
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :ネーチャーの論文(Petridou1996)、ギリシャではチェルノブイリ事故で胎内被ばくした子は、被ばくしなかった子に比べ白血病の頻度が2.6倍。ギリシャはチェルノブイリから1,200km、事故後1年間のセシウム137の被ばく線量は、平均2mSvだった、と。

2012-12-01 21:54:28
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :6/28「低線量被ばくに関する国際会議(チェルノブイリ-フクシマ~ドイツの経験から学ぶ)」に、「原発の危険から子どもを守る北陸医師の会」の大浜和憲さんと参加した。

2012-12-01 21:56:10
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :会議では、私たちが翻訳した「チェルノブイリの恐ろしい健康被害」の著者・インゲ・シュミッツ・フォイヤハーケさん(ブレーメン大学実験物理学教授)、セバスチャン・プフルークバイルさん(物理学者、ドイツ放射線防護協会会長)からの報告があった。

2012-12-01 21:57:31
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ : 資料 ●『チェルノブイリの健康被害-原子炉大事故から25年の記録』 北陸医師の会、翻訳  http://t.co/zoJQ37iQ  

2012-12-01 21:58:38
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :インゲさんの話では、オックスフォード大学の小児がん調査で、妊婦のX線写真の枚数に比例して白血病のリスクが増えたとのこと(Stewart1956)。

2012-12-01 21:59:45
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ : 広島の原爆被害者の調査では100mSv以下でもがんが増え(Preston2007)、また自然放射線ラドンでも肺がんが増加したとのデータも示された(Darby2005)。1つの細胞からがんが発症するので、どんなに少量の放射能でも影響はゼロとは言えないとのこと。

2012-12-01 22:00:33
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :セバスチャンさんは、ドイツKiKK調査(Kaatsch2008)について。前から原発周辺で白血病が多いのではないかと懸念されており、マインツ小児がん登記所で1992年と1998年の2度にわたり全国調査が行われた。しかし、いずれもそのような証拠はないという結論に。

2012-12-01 22:01:51
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :が、話はこれで終わらなかった。ケルブライン氏がデータを見直すと、原発周辺5km以内では、5歳未満の子どもで白血病が増えていたのである。調査に当たった研究者たちは、この結果を認めざるをえなかった。原発を推進している政府も困り果て、3回目の調査を行うことになった。

2012-12-01 22:03:01
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :立場の異なる12名の専門家が任命され、その一人がセバスチャンさんだった。そして、公平かつ厳密な調査方法が立案された。結果は明白であった。5㎞以内では白血病の相対危険度が2.19、10kmでは1.33と高く、いずれも統計的に有意だったのだ。

2012-12-01 22:04:19
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :ところが信じがたいことに、論文の結論は「放射線が原因であると断定できない」というものであった。当時の環境大臣もそれに同調し、その理由の一つとして、原発の立地計画地でも白血病が増えていることをあげた。

2012-12-01 22:05:12
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :しかし、そのバイエルン州レーリング地域は、汚染度の特に高いグンドレミンゲン原発の風下に、位置していた。彼の指摘は否定されたが、それでも権威者たちの考えは今も変わっていない。

2012-12-01 22:05:55
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :スイス、英国、フランスでの調査を総合しても、同様の結果が得られており、偶然で片づけるには無理があるようだ。 以上を聞いた私の結論はこうだ:「ネーチャー」に軍配!

2012-12-01 22:06:24
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :では、なぜ正常運転で白血病が発生するのだろうか?燃料交換時に定期的に放出される放射性物質で障害が起きるのだろうか?答えはまだ見つかっていない。

2012-12-01 22:07:00
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ : 帰宅後読んだ論文(Fairlie2009)では、胎児の骨髄細胞は放射線感受性が相当に高いため、放射性物質が微量であっても障害を受けるのであろうと、推測している。

2012-12-01 22:07:34
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ : この会議のもう一つの収穫は、セバスチャンさん、インゲさんの人柄に触れられたことだ。お二人は子どもを大切にされる思慮深い哲学者であった。

2012-12-01 22:08:04
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :会議で朗読された「親愛なる子どもたちへ」でも、そのことがうかがわれた。このメッセージは京都に先立って開催された「市民科学者国際会議」(猪苗代)で発表された。エッセンスだけでもお伝えしたい。

2012-12-01 22:14:51
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ : 『親愛なる子どもたちへ』 :  私たちは行動を起こそうとしている市民であり、科学者でもあります。 私たちは、ここの自然の美しさに心を奪われています。大きな湖が見え、窓からは濃い緑の山々が見えます。

2012-12-01 22:16:56
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ : 『親愛なる子どもたちへ』 : 私たちがここに集まっている本当の理由は、君たちです。 私たちは、君たちや君たちの子どもたちが健やかに成長することを願っています。

2012-12-01 22:17:30
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ : 『親愛なる子どもたちへ』 : 私たちの力は小さいかもしれない。けれども、私たちはこれからもできる限り真実を探すと、君たちに約束します。 私たちは諦めないと約束します。  http://t.co/k3f5eM3M

2012-12-01 22:19:01
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :資料  ●CSRP:市民科学者国際会議 2012.06.23 福島  http://t.co/k3f5eM3M

2012-12-01 22:13:58
so sora @sosorasora3

#吉田均氏_ :資料 ● 「福島の子どもたちに」 CSRP:参加者からの手紙 http://t.co/g1yFXS9J

2012-12-01 22:13:05

まとめ 「福島の子どもたちに」 CSRP:参加者からの手紙 「187人の参加者より:福島の子どもたちへの手紙」  Sebastian Pflugbeil氏    ●CSRP:市民科学者国際会議 2012.06.23 福島  http://csrp.blog.fc2.com/blog-entry-3.html    追記:コメント欄を閉鎖しました。  録画が残らない中継とのことでしたので、記録としてまとめた個人メモです。 4651 pv 75 1 user 26

コメント

夢乃 @iamdreamers 2012年12月1日
低線量被曝より、被曝を心配することによるストレスや栄養失調のほうが、今は心配と思う。もともと、2mSv/年くらいは被曝していたわけだし。10mSv/年くらいの場所でも平気で生活している人もいるわけだし。
4
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2012年12月2日
ドイツの白血病の調査は、実際に原発が立たなかった建設予定地の5km範囲でも小児白血病の僅かな増加があったという調査結果が出てますので、原発関係ないって話だと思いますが。
2
hanswurst @klammer_affe 2012年12月2日
まずギリシャに関するPetridou1996について。http://goo.gl/KxJ20 http://goo.gl/FHkXX 前者がギリシャで後者がオーストリアですが明らかに後者の汚染が高いのがわかります。しかしオーストリアでは小児白血病を含め、甲状腺癌、出生死亡率、周産期死亡率その他についてチェルノブイリの影響は見られない、と結論付けられています。http://goo.gl/iEzf9
5
hanswurst @klammer_affe 2012年12月2日
これだけをとってもPetridou1996がunscearの報告書などで限定的な評価しか受けていないことが説明できると思いますhttp://goo.gl/tQAJq。またKiKK調査に関してもその後、英国やスイスでこれに反する調査結果が報告されています http://goo.gl/08uTW http://goo.gl/l7OXF
3
hanswurst @klammer_affe 2012年12月2日
異論があるのは理解できますが、フルークバイル氏やIPPNWの面々がそれに一切言及しようとしない点に関しては大いに疑問がありますし、そもそもフルークバイル氏、ケルプライン氏らが盛んに主張していたチェルノブイリ事故後9ヶ月目のドイツにおけるダウン症、出生死亡率の増加は、福島事故後の状況が反証になっているはずです。
4
hanswurst @klammer_affe 2012年12月2日
更に日本で熱心に運動されるのは結構ですが、彼らの主張する放射線防護政策や食品基準値などは本国ドイツでも一切取り上げられていない。緑の党と連立を組んだシュレーダーの中道左派政権においてすら取り上げられなかったのだから何をか言わんやでしょう。
4
バイクくん@超お嬢様のパグ @Micheletto_D 2013年1月13日
ドイツの原発からの距離と小児白血病に関しては書き落としてる事がありますよね。肝心の放射線量はどうでしたっけ?フェアな書き方をしましょうよ。
2
バイクくん@超お嬢様のパグ @Micheletto_D 2013年1月13日
放射線量のデータを見れば「放射線が原因であると断定できない」は「哲学」というバイアスを持たない科学者なら普通の判断です。
1