猪瀬氏が求めた維持管理費の縮減と笹子トンネルの打音検査の中止は無関係か

新報道2001(フジテレビ2012年12月9日7:30~)における宇都宮けんじ候補と猪瀬直樹候補のやりとりについて ・道路関係四公団民営化推進委員会は2002年から2003年にかけて52回開催。メンバーは今井敬、中村英夫、大宅映子、猪瀬直樹、川本裕子http://www.kantei.go.jp/jp/singi/road/index.html ・道路関係四公団民営化推進委員会第34回委員会(平成14 年11 月30 日)猪瀬委員提出資料 続きを読む
政治
23
稲葉剛 @inabatsuyoshi
宇都宮けんじさん「笹子トンネル事故の背景には打音検査の省略があった。猪瀬氏らが進めた道路公団民営化で、管理コストが三割カットされた影響もある。」
高橋洋一(嘉悦大) @YoichiTakahashi
報道2001 宇都宮さんの民営化以降、検査していていないという。猪瀬さん、検査していないのは2000年から、民営化は2005年から、事実に基づかない発言はデマになると反論。事故が起こると民営化に結びつける人が必ずでてくる。関係ないことが多いけどね
CAVU @cavu311
#新報道2001 宇都宮さん「道路公団が民営化する際、猪瀬さんは維持管理費の3割カットを提言し、結果的に取り入れられた。」 (確かに、H14のこの資料にも「維持管理に要する費用の合計額から概ね 3 割以上の縮減を目指す」と書いてある http://t.co/icqzkkmc )
CAVU @cavu311
#新報道2001 宇都宮「民営化以降打音検査をやってない」猪瀬「民営化は2005年。最後の打音検査は2000年。事実に基づいて発言しないとデマになる」と反論。宇都宮発言に嘘はないが、打音検査の実施間隔がわからないと微妙。それをあたかもデマのように印象付けようとする猪瀬話法はさすが
道草クー太郎 @KutaroMichikusa
@geophysics ご参考。「笹子と同じ構造ながら高さが半分以下の恵那山トンネル(長野、岐阜県)と都夫良野トンネル(神奈川県)では、5年に1回の点検で打音検査をしていたとしている」 http://t.co/k76GtzhM
上西充子 @mu0283
笹子トンネル事故 打音検査せず 県警捜査「予見可能性」が焦点http://t.co/4w18YzhU 「問題視されているのは、中日本高速が平成12年を最後に、ボルトや周辺をハンマーでたたいて異常を確認する「打音検査」を実施していなかったことだ」
上西充子 @mu0283
笹子トンネル事故 打音検査せず 県警捜査「予見可能性」が焦点http://t.co/4w18YzhU 「こうした事情(平成12年を最後に、打音検査が行われなかったこと)の背景に、17年の民営化で生まれた「利益追求」の姿勢が影響した可能性があるとみる専門家もいる。」

↓ コメント欄に記したとおり、録画を確認したところ、猪瀬氏の発言は次の通り。「違う。打音検査は2000年にやめてるから。民営化は2005年ですから。事実関係を、正確に言わないといけません。」

上西充子 @mu0283
笹子トンネルで打音検査が行われなくなったのは2000年、民営化は2005年だと猪瀬氏反論。しかし、最後の打音検査が2000年、詳細検査が5年ごとだとすると、次の詳細検査は2005年。猪瀬氏は数字は正確に言わないとデマになると宇都宮氏をたしなめたが、反論になっていない。(続)
上西充子 @mu0283
(続き)猪瀬氏が推進委員会の中で「維持管理に要する費用の合計額から概ね 3 割以上の縮減を目指す」と求めたのは2002年。 そのころから既に、維持管理費のコストカット圧力は強かったはず。http://t.co/uPYDXjSF
上西充子 @mu0283
【同社(中日本高速)は「点検は目視が基本」と釈明。ただ、同様の構造を持つ別のトンネルでは打音を行っていたほか、マニュアルを共有する東日本、西日本両高速とも「5年ごとの詳細点検では必ず打音をやる」という。】笹子トンネル事故 打音検査せずhttp://t.co/4w18YzhU

コメント

村上敬 @gajahmakan 2012年12月9日
民営化前の最後の詳細検査が2005年9月(打音検査せず)。民営化は2005年10月。笹子トンネルで打音検査が行われなくなったのは民営化されたから、と考えるのはおかしいですね。維持管理費用を減らすべきではないという主張とそこは分けて考えたほうがいいと思います。
上西充子 @mu0283 2012年12月9日
タイトルを変更しました。(旧)「猪瀬氏が推進した道路民営化と笹子トンネルの打音検査の中止は無関係か」 →(新)「猪瀬氏が求めた維持管理費の縮減と笹子トンネルの打音検査の中止は無関係か」。また、やや文脈をはずれたツイートを削除しました。
Shun Fukuzawa @yukichi 2012年12月9日
一ヶ月前なら民営化は決定事項なはずで、その影響が9月に出てもおかしくないんでは。ただ、民営化と検査中止がどこまで結びつくかはわかりませんし、判断もしていませんが。
雑草スレイヤー @gc_cic 2012年12月9日
常識的に考えて、民営化と同時に打音検査が中止されましたので、当然関係があるのでしょう。
モトケン @motoken_tw 2012年12月9日
打音検査をしていれば異常が発見された蓋然性が高いことが立証できれば起訴されるべき事案と思う。法廷で検査をしなくなった理由が明らかになることを期待したい。
Shun Fukuzawa @yukichi 2012年12月10日
「常識的に考えて(略)当然関係があるのでしょう。」という人は、 http://togetter.com/li/417795 を一度読んだ方がいいと思う。繰り返すけど、僕はこの件に付いては否定も肯定もしていません。
三月レイ@令和もミクや艦娘達と旅をする @mitsukirei 2012年12月10日
あれだけの崩壊が、ボルト1本で起こったとは思えないので、検査云々より、破壊に至った状況を早急に調査して欲しいな。
三月レイ@令和もミクや艦娘達と旅をする @mitsukirei 2012年12月10日
検査していても事故に至った可能性が出てくるかも知れないし。警察検察は自然災害だろうとなんだろうと、死人が出たら誰かを悪者にしないといけない体質だからなあ。
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
録画を確認しました。該当箇所を文字起こし。(?)の部分は正確に聞き取れず。
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
宇都宮「笹子トンネルの事故ですけど、あれは民営化以前は打音検査をやってたんですね。ところが、猪瀬さんが推進委員会をやりましたけど、民営化(の)あとは打音検査はやられてなかったんですね。だから、そこで発見できなかった。」
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
宇都宮「猪瀬さんは推進委員会の中で、維持管理費を3割ぐらいカットするべきだという意見を述べられて、最終的にはそれがとりあげられているんですね。だから、すべて・・」
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
猪瀬「事実が(?)違う、打音検査は2000年にやめてるから。民営化は2005年ですから。事実関係を、正確に言わないといけません。」
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
アナウンサー「民営化する前から、検査されていなかったと?」/猪瀬「ええ」/宇都宮「民営化する前は打音検査やられていて、だから民営化・・」
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
猪瀬「いや、違う。民営化は2005年ですから。あのね、事実にもとづいてしゃべらないと、それはあの、デマを流したことになるから、お気をつけください。」/宇都宮「でも少なくともそれ以降、やられてないんですよ。民営化以降は。」
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
このやりとりを聞く限りでは、2000年には打音検査をやめているのに、宇都宮氏がいいがかりをつけているかのように視聴者には伝わります。ですが、事実関係としては、ニュースによれば、2000年は最後の打音検査が行われた年です。
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
それ以降、打音検査をやらないという意思決定がいつ行われたかは把握していません。もし、それ以降は打音検査をやらないという意思決定が2000年に行われていたのなら、「打音検査は2000年にやめている」という猪瀬氏の見解が正しいのでしょう。
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
けれど、それ以降は打音検査をやらないという意思決定が2000年よりもあとに行われているのであれば、「打音検査は2000年にやめているから」という猪瀬氏の発言は、誤解を招く言い方だと考えます。
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
もちろん、打音検査をしていても、事故は別の要因によって起こったのかもしれません。その後のニュースでは、アンカーボルトの腐食ではなく、コンクリートの劣化の問題ではないかという指摘がされています。http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/10/15894/
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
しかし、「安全と安心」を謳っている猪瀬氏が、みずからがかつて主張した維持管理費の3割カットという提言について指摘をされたことに対し、このような返答をした、ということは、ここに記録しておきたいと考えました。
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
なお、民営化直前の2005年9月には打音検査なしの詳細検査が行われたというコメントがあります(事実関係は未確認)。そうであれば、「民営化以前は打音検査をやってた」という宇都宮氏の指摘も、正確ではないことになります。
上西充子 @mu0283 2012年12月10日
しかし、猪瀬氏は番組の中で、民営化前の2005年9月の検査で既に打音検査をやめていたと指摘したのではなく、「打音検査は2000年にやめているから」と指摘しています。
村上敬 @gajahmakan 2012年12月11日
ソースは日経の記事です。http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0703E_X01C12A2000000/ 2005年詳細点検で打音検査なし→翌月民営化→2012年詳細点検で一部打音検査復活という時系列を考えても、民営化との因果関係は怪しいと思っています。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
情報ありがとうございます。2005年9月に詳細点検(天井板より上部は目視点検すら実施せず)→2012年9月(天井板に上がって作業員が届く範囲でボルト類を打音検査したものの、それ以外は目視で点検)ということですね。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
この2000年の画像詳細を見ると、「天井版に関する点検基準」に「道路構造物点検要領(案)(2003年8月、2005年9月 日本道路公団)」とありますが、2003年と2005年に点検基準が変更された、ということでしょうかね。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
こちらの記事には「03年作成の要領は「近接目視および打音により行う」と打音の義務を明示している」とあります(毎日新聞2012年12月09日「トンネル崩落:打音検査せず…笹子だけなぜ?」http://bit.ly/UuqYLN)。ということは、打音検査をしないという意思決定を2000年に行ったわけではなさそうですね。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
同じ毎日新聞より、点検要領にある「詳細点検」の定義の変遷:03年(日本道路公団)「近接目視および打音により行う点検」→ 05年(日本道路公団)「近接目視・打音等により詳細な診断を行う点検」→ 06年(東日本・中日本・西日本高速道路共通)「近接目視・打音等により詳細な診断を行う点検」→12年(中日本高速道路)「近接目視・打音のほか、構造物の設計・施工条件や使用・環境条件などを考慮し、必要に応じて非破壊検査機器などを活用することにより、構造物の状態を適切かつ効率的に把握するもの」
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
つまりは、「詳細点検」で打音が必須だったのは03年の定義まで。05年の定義からは「近接目視・打音等」ということで打音が必須ではなくなった、ということではないかと思います。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
↑ 4つ上のコメント、「この2000年の画像詳細を見ると」とあるのは、正しくは「この2005年の画像詳細を見ると」です。失礼しました。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
「打音」の方法は?中日本高速の説明、二転三転(読売新聞12月6日) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000775-yom-soci 【2000年に実施した打音検査で、天井板を支えるつり棒を固定する金具部分に不具合を見つけ、補修していたことがわかった。・・同社は「健全性が回復したと判断した。点検は目視が基本で、目視で異常を発見すれば打音も必要という認識だった」と説明している。】
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
しかしその後上記の日経12/8の記事で明らかになったところによれば、2005年9月の点検では目視さえしていなかった。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
コンクリ-トが生んだ「作りっぱなし」の罪 法政大学デザイン工学部都市環境デザイン工学科教授、溝渕利明氏に聞く(日経ビジネスオンライン2012.12.11) http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20121210/240811/
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
「ボルトがしっかりコンクリートに固定されているかどうかは、叩いて音を聞いて調べます。緩んでいれば打音が変わるわけです。笹子トンネルの場合、暗闇の中で高い脚立を立てて1本ずつ叩くことになるわけで、作業そのものが相当大変です。かといって目視だと、普通の家の1階から2階の天井を見るくらいの距離があります。 」(上記の日経ビジネスオンライン記事より)
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
「(メンテナンスには)かなりの費用がかかるし、工事のために高速道路や鉄道を止める必要もあります。 無論、これはやらねばならないことなんです。だけど「点検のために」という理由では、社会的な不便や値上げを受け入れてもらえない時代がずっと続いていた。」(同記事より)
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
【笹子トンネル崩落は猪瀬直樹が招いた悲劇 道路公団民営化で「コスト3割減」を主張】(12月12日、本日の駅売り紙面)
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
(同記事より)日航機墜落事故の被害者代理人だった海渡雄一弁護士「人の生命に関わる公共性の高い事業の維持管理では削っても大丈夫なもの、削減したら深刻な事故を引き起こしかねないものの2通りがあります。・・猪瀬氏は何を根拠に『3割縮減』を提案したのでしょうか。」(続)
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
(続き:同記事より、海渡氏コメント)「打音検査が省略されるに至った経緯と、民営化との関連性を遡って検証しなければいけません」
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
2012年12月5日笹子トンネル事故と道路公団民営化化 海渡 雄一 http://www.labornetjp.org/news/2012/1205kaito (なお、笹子トンネルの打音検査は「一度もした記録がない」など、その後に明らかになった事実関係とは反する記述を含んでいます)
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
(訂正)【笹子トンネル崩落は猪瀬直樹が招いた悲劇 道路公団民営化で「コスト3割減」を主張】(12月11日、本日の駅売り紙面)。先ほど12月12日と書きましたが、正しくは12月11日です。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
(再度訂正)【笹子トンネル崩落は猪瀬直樹が招いた悲劇 道路公団民営化で「コスト3割減」を主張】(12月11日、日刊ゲンダイ、本日の駅売り紙面)。肝心な紙名を書き忘れていました。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
なお、「昨年の東日本大震災でトンネル内にひずみができ、ボルトなどの金具に負担がかかるようになっていたのではないでしょうか。」(山村武彦:防災システム研究所長)といった見解もありますhttp://www.j-cast.com/tv/2012/12/03156382.html?p=all。打音検査をやっていたとしても事故が防げたかどうかはわかりません。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
あとは、次第に明らかになってきた事実関係と討論当日の二人の候補のやりとりをご覧になって、各自ご判断ください。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
まとめを更新しました。メモを追加。
Shun Fukuzawa @yukichi 2012年12月11日
猪瀬が「打音検査は2000年にやめてるから」って言っているのが引っかかるけど、既存の法人が「打音検査はしている」と回答しているなら、それって、担当者の手抜きだったんじゃないの? 違うのかな。
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
笹子トンネル崩落、改修を先延ばし/費用懸念し安全対策軽視/関係者証言 (しんぶん赤旗12月6日)http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-12-06/2012120601_02_1.html 「同トンネルと同じ構造だった小(こ)仏(ぼとけ)トンネル(東京都八王子市、神奈川県相模原市)では、中日本高速道路の前身、旧道路公団が2001年と03年に天井板を撤去していたことが5日、本紙の調べでわかりました。」
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
「中日本高速は本紙に「小仏以外にも他のトンネル数カ所で改修を行った。笹子については、検討していたが『やる』という結論にはなっておらず、内部での検討にとどまっていた」と認めました。」(同上)
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
(「日々担々」資料ブログ)笹子トンネル崩落は猪瀬直樹が招いた悲劇 http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-7619.html
上西充子 @mu0283 2012年12月11日
笹子トンネルの打音検査をめぐる宇都宮候補と猪瀬候補のやり取り(11分ごろから)http://www.youtube.com/watch?v=z3izgRWZ1Uk&list=PLB85BFE07595E6BB7&index=3
上西充子 @mu0283 2012年12月13日
記事を見る限り、点検時期は2000年→2005年→2012年。5年間隔だったのが直近は7年後?産経新聞の記事には「東日本、西日本両高速とも「5年ごとの詳細点検では」・・」と、5年ごとに詳細点検をしているようですが。
上西充子 @mu0283 2012年12月14日
笹子トンネル下り、不具合670カ所 ボルト緩みなど:日本経済新聞 12/14 http://s.nikkei.com/UDaIbB 「国土交通省は13日、事故が起きていない下りのトンネル(全長約4.7キロ)を緊急点検した結果、天井板のつり金具を固定するボルトの緩みや欠落などの不具合が670カ所で見つかったと発表した。同じ構造のトンネル14本でも不具合が見つかったが、最大でも42カ所で、笹子の下りが突出していた。」
上西充子 @mu0283 2012年12月14日
「中日本高速道路会社が9月に実施した点検では、上下線とも「異常がなかった」とされていた。」「笹子の下りは上りの事故後、通行止めとなっており、年内の仮復旧を目指して、天井板の撤去工事が進んでいる。国交省は「ただちに崩落するとは思わないが、事故原因が解明されておらず、安全な状態とは言い切れない」と指摘。」(同上)
上西充子 @mu0283 2012年12月14日
「天井部 地下水の跡 笹子上り 腐食原因か」(12/14日経朝刊/電子版なし):「県警は地下水がボルトや接着剤の腐食、劣化を招き、崩落につながった疑いがあるとみて詳しく調べている。」
上西充子 @mu0283 2012年12月14日
【猪瀬氏は「(笹子トンネルの)打音検査は00年(を最後)にやめている。民営化は05年だ」と、提言と事故の関係を強く否定。】(毎日新聞12月13日都知事選:老朽・首都高どうする トンネル事故受け論争も http://mainichi.jp/select/news/20121213k0000e010170000c.html
上西充子 @mu0283 2012年12月16日
トンネル崩落、ボルト腐食を見逃しか 事故後目視で発見(紙面は12/15朝刊) http://s.nikkei.com/TZYvPy 「事故後に下り線を緊急点検した際、天井板のつり金具を固定する「アンカーボルト」の腐食を目視で見つけていたことが14日、中日本高速への取材で分かった。」「中日本高速は、9月の詳細点検で上下線ともに作業員が天井板に上がって目視検査したが「さびなど損傷はなかった」としており、点検時に腐食を見逃した疑いが強まった。」
上西充子 @mu0283 2012年12月16日
[つり金具の高さが5.3メートルと高く、ゆるみなどが判明しやすい打音点検を行うには特別な足場を用意するなど「手間がかかる」(中日本高速)のが主な理由だ。](打音検査を実施しなかったことについて)。「老いる高速、進まぬ補修 ボルト不具合は各地のトンネルで」日経朝刊2012/12/12 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG11034_R11C12A2CR8000/
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする