2012年12月26日

連帯保証人問題についての個人的見解2

どうして、やたら連帯保証人を要求するのか? 今回は私の入院に際し、病院側から連帯保証人を 要求されたので、それについて個人的な感想と 見解を述べさせて頂きました。 続きを読む
4
北村博昭 @Promised_Land12

【連帯保証人問題1】昨夜、1月4日より入院する事を呟きましたがその際に提出する書類に http://t.co/gOAx3HcJ なのが入っていました。

2012-12-26 09:17:52
拡大
北村博昭 @Promised_Land12

【連帯保証人問題2】これは、入院の際に世帯、生計が別である連帯保証人を立てろと言う要求が含まれておりますね。では、貴方が家族、親類、友人、知人の何れかに「連帯保証人になってくれ」と頼まれたら貴方は二つ返事で引き受けますか?私は「ごめん無理」と断りますよ。

2012-12-26 09:23:03
北村博昭 @Promised_Land12

【連帯保証人問題3】入院治療が必要と言う事は、それだけ病状が重く、放置していると命を落とす可能性があるから医者は入院させる訳ですよね?勿論、患者の中には治療費を踏み倒す馬鹿がいるのは事実ですがその時は民事、刑事訴訟で解決出来ると思いますがね。

2012-12-26 09:27:11
北村博昭 @Promised_Land12

【連帯保証人問題4】病院だって儲けがないと経営がやっていけない訳だし、設備の維持費や人件費等を捻出しないといけないのは理解出来る。しかし、人によっては「連帯保証人が立てられない」人だっている訳なんだからもう少し考えて欲しい。

2012-12-26 09:31:34
北村博昭 @Promised_Land12

【連帯保証人問題5】病院も安易に「保証人を立てて取りっぱぐれの無い様に」と考えるのではなく、もう少し患者側の事も考えて、保証人を呼ぶのではなく、万が一支払いが滞った場合は訴訟を起こしたり、刑事事件で警察に刑事告訴するなりした方が良いと思う。

2012-12-26 09:40:34
北村博昭 @Promised_Land12

【連帯保証人問題6】因みに私は、先ほど病院に電話を掛けて「どうしても必要か?」「居ない場合は入院しない方が良いのか?」と質問して事情を話したら「取り敢えず保証人の欄は空けておいて緊急連絡先だけ記入して入院当日に持って来て下さい」と返事を貰いました。(終)

2012-12-26 09:44:34

コメント

とげとげ @togetoge10 2012年12月26日
連帯保証人が立てられないときに、「二年分の家賃を前払いするから何とかしてくれ」って言ってみたことがあります。もちろん、却下されちゃったんですが。
2
北村博昭 @Promised_Land12 2012年12月26日
togetoge10 連帯保証人って「本当に必要な場合」のみに限定されるべきだと思いますよ。入院、就職、進学、入居とかに必要とは思えません。
1
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2012年12月26日
入院については、少々事情がありまして。 患者側(主債務者)が例えば意識混濁や集中治療など外出許可が降りない場合など支払いが困難な場合には、自由に動ける連帯保証人に先ず支払ってもらい、その保証人が患者に対して債権を持ってもらったほうがスムーズなのです。 もちろんそれも事情があっての事ですから慣例的に求めるなんて事があってはいけませんし、金融機関への代理人申請ができるならそうすべきでしょう。 とはいえそれも最近は「貯蓄ゼロ時代」では不安ですが。
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年12月26日
何度かの入院・手術を経験しましたが、連帯保証人を要求された記憶がないです。多くの病院がそうなのかな?
0
北村博昭 @Promised_Land12 2012年12月26日
Chiether 仰りたい事は良くわかります。しかし、宛が無い人の場合はどう解決するのでしょうか?病院に言われましたが「誰か一人ぐらい居るでしょう」と簡単に持って行かれますが、実際問題居ない人が居るのは事実ですし、頼むにしても気が引けて頼めない人も居ます。現実問題は難しいです。中には保証金、幾らかを支払って入院させる病院もありますが、これも高い所では5万円以上要求される場合もあります(勿論、退院後、支払い過ぎた金銭は返金して貰えますが)。
0
北村博昭 @Promised_Land12 2012年12月26日
kazooooya 最近は特に大きな病院で要求される所が目立って来ています。
0
北村博昭 @Promised_Land12 2012年12月26日
保証人をお願いする側に立って書きましたが、実際はお願いするより受ける側の方がリスクが大きいのですよね。信用していたから名前を貸したはいいが、本人に支払い能力が無い場合、自分が肩代わりしなくてはいけません。万が一本人が自己破産した場合、連帯保証人の悲劇は言葉に出来ない位酷い物になりかねません。簡単に「代わりに支払った分患者側から取り立てましょう」と言っても取れない場合は、結局泣き寝入りですよ。
0
ナスカ(Nazka-U) @Chiether 2012年12月27日
Promised_Land12 「本人に支払い能力が無い場合」は、そもそも無い袖は振れないので病院なり(独自の無料低額診療制度含む)、連帯保証人なり、国民(社会保障制度)なり誰かが泣き寝入りする必要がありますね。 ですから申請書に保証人欄が『お決まり』になっている事(=連帯保証人による泣き寝入りの強制)は、大変問題だと私も思います。
0
北村博昭 @Promised_Land12 2012年12月27日
Chiether その通りだと思います。因みに低所得者の場合、高額な医療費につきましては、国か地方より援助が出ますし、生活保護世帯の場合、医療費は国から出ます。連帯保証人より前にこの様な制度の説明と案内するのが先だと思いますが。
0