199
リンク Forbes Like We've Been Saying -- Radiation Is Not A Big Deal - Forbes Radiation doses less than about 10 rem (0.1 Sv) are no big deal, so says a new report from the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR). The implications for Fukushima are critical.

ダニエル・カール @DanielKahl
フォーブズ誌:LNTはやっぱ、非科学的。<0.1Sv/年間はまったく健康に影響なしと、UNSCEARが発表。LNT主張はかえって、余計に心配させて健康異常を増やす。英語の記事だが、関心のある外国人の友達にどうぞ。http://t.co/v56Am0hX
ダニエル・カール @DanielKahl
Is LNT tyranny finally finished? Forbes article: <0.1Sv/yr is harmless. LNT causes more problems than solved. http://t.co/v56Am0hX

Tacchan @aonechi
hayanoさんは浅はかだ。ダニエル・カール氏のツイートをリツイートしてるけど、0.1Sv/yrは無害という話。元記事を良く良くみると、記事の筆者の主張は曲解と意図的とも思える誤解で、悪意に満ちた内容だ。UNSCEARは新しいデータを提示せず従来の主張を繰り返しているだけだよ。
Tacchan @aonechi
Forbesの記事は、記事の筆者が書いた"A very big report came out last month with very little fanfare."ではなくて、"An ordinary small report"が主語でしたと訂正すべきだろう。
Tacchan @aonechi
経済紙Forbesに出た”トンデモ”記事が話題にしているUNSCEARのリポートは以下のものではないかと思う(http://t.co/tAHfhcfr)。第67回国連総会への報告で、投票なしで認められたようだけど、これのどこにForbesにあるような話があるのか?ないよねえ。
Tacchan @aonechi
先のUNSCEARの報告のURLは直接リンクできないもよう。http://t.co/HuPK8lAqから、A/67/46 をクリックすると行ける。また、関連してwhite paper(白書)がhttp://t.co/wf5FTi7Xに出ている。hayanoさんもこれを見るべきだ。

Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
この記者(?)には『論理』というものが感じられない → Like We've Been Saying -- Radiation Is Not A Big Deal http://t.co/c9ogZ4jD
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
いや、『論理』が感じられない以前に、とんでもないデッチ上げ記事としか見えない。 ダニエル氏のこのツイートも同様 → https://t.co/EHNomYR6  UNSCEAR がいつどこでこんな発表をした? @miakiza20100906
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
少なくとも、UNSCEAR が2012年に公表したこのレポートには、そんなおかしな記述は無い https://t.co/BYGtXrAT @miakiza20100906
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
そもそも、累積 100 mSv以下でも『リスク有り』であることを示唆する疫学調査が複数ある中で、何より『科学』を最優先する UNSCEAR がこんな発表をするはずがない https://t.co/EHNomYR6  日本人を馬鹿にしてるのか? @miakiza20100906
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
@miakiza20100906 このForbes記事がベースにしてる記事が出た時に私も変だと思って探したけど、該当するUNSCEARの報告は皆無でした。http://t.co/9SSNoKPE このサイトは世界原子力協会の一部。記事の内容も推進派のデマとしか思えない内容。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
@YuriHiranuma UNSCEAR がどういう機関かを知っていれば一瞬で見抜ける劣悪なデマなんですけどね。藁にもすがりたい人がいる中で、こんなデマを流すのは本当にたちが悪い。

Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
解説論文(無料): 被ばくによる小児白血病リスク http://t.co/fNvjtWsL  2013年、Wakeford。 近年のCTや自然γ線などの癌リスクについての疫学調査は、被爆者調査から得られたモデルが低線量・低線量率域でもおおよそそのまま成り立つことを示している。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
こういう疫学調査 https://t.co/7pkv76Nh が続々と出てくる現状で、UNSCEAR が「<0.1Sv/年間はまったく健康に影響なし」 http://t.co/2514wJN1 などというアナウンスをすることは絶対に有りえないわけです。

Haruhiko Okumura @h_okumura
こういうことなのかな→UNSCEARの最新の白書(http://t.co/s6La9qaL の一番上)が出る直前に書かれた解説 http://t.co/3IYQMoVZ を極言した記事 http://t.co/r4CIek9M さすがにまずい

大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
UNSCEARの出版物。最新のもの ( http://t.co/ZKXU3pQX ) を読む限り、フォーブス記事にあるような内容はない。
大石雅寿(個人としての発言) @mo0210
(フォーブス記事は、http://t.co/OiAnfapT にある囲み内容を引用しているけれど。)
残りを読む(93)

コメント

wolfgandhi @wolfgandhi 2013年1月13日
0.1Sv/年までOKって某塾講師の講演資料にも載ってるし、斗ヶ沢記者(毎日新聞)もそう主張してた。お二人の知合いである早野先生がその点を指摘せずなぜ黙ってるのか不思議だったけど、これで納得。
ぺろちゃん @perorin029 2013年1月14日
元記事が間違っているという事実は置いといて「LNTは科学的というより政治的なもの」だとみればカールさんの言ってることは間違いとは言えない。「0.1Sv/年(100mSv/年)以下は閾値なし」という「リスク・マネジメントのための仮説」をあたかもリスク評価を考える際の当然の前提のように語るほうが間違っているのではないか。リスク評価とリスク・マネジメント、別の問題なのにゴッチャにして無用なストレスを増やしているように見える。
ぺろちゃん @perorin029 2013年1月14日
放射線リスクを過度に評価してしまえば、ストレスなどのリスクは増大する。これは事実として存在する。「100mSv以下での影響、またはLNTを肯定する疫学的調査がある」と言っても、現在の線量でどれだけ意味があるか、他のリスクと比較して考えるのが妥当。なぜ「リスクがある」だけを強調してるのかわからない
スカルライド @skull_ride 2013年1月14日
ICRPがpub99で細胞レベルの発癌メカニズムまで考慮してLNTが最も思慮深いモデルと言っている以上、LNTに対して「あくまで防護目的」とか「政治的」という表現を使うのは不適切でしょう。 http://togetter.com/li/419520
スカルライド @skull_ride 2013年1月14日
まことしやかに流布している「LNTはあくまで防護目的」は、いったい誰が何を根拠に言い出したんだろう?よう分からんw
CAVU @cavu311 2013年1月14日
.skull_ride 菊池誠大先生のTwより→「 LNTは防護のための仮説だからね。」「 LNTは放射線防護のための仮説ですから。」「LNTを支持するデータもありますが、LNTは科学的に正しいかどうかよりも、防護のための作業仮説と考えるほうがよいと思います。」
CAVU @cavu311 2013年1月14日
↑ソースは、”菊池誠 /「防護のため」の検索結果” http://bit.ly/WVuxtz 辺りから (´・_・`)
s_matashiro @glasscatfish 2013年1月14日
LNT はほとんどが放射線防護の文脈で使用されているかと思います。"No"というのは証明が難しいか、不可能。ただ、防護には使うのは否定する理由も乏しい。有名な例がUNSCEAR 2008 Report でここにも訳文つきで引用されています http://www.nsr.go.jp/archive/nsc/info/bassi_0908.pdf
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年1月14日
細胞レベルでの発癌機構だってあくまで全て仮説ですよ。単に細胞レベル、分子生物学的レベルの研究結果から導かれる仮説体系と、疫学的な研究結果から導かれる仮説体系に大きな矛盾がない、という事だけで、それ自体はLNT仮説の正しさを証明するものではないでしょう。妥当性のレベルを高めるものではありますけど。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年1月14日
で、0.1Sv/y以下での被曝でも発がんが増えるという研究結果と、自然放射線のレベルが高い所でがん発生率が上昇していないという研究結果、多くの人は片方を間違っているかの様に主張しますけど、それもおかしな話なんですよね。現状で可能な限り正確に事実を把握しようとしても、そのくらいの振れ幅が発生する、という前提の下でどうやってより妥当性の高いリスク評価を行うことができるか、ということが大切なわけで。
うさ学 @ottwo 2013年1月15日
ダニエルカール氏はどう見てもForbes記事を根拠にUNSCEARがLNTを否定したと思っている様子なのでともあれ訂正の必要はあるでしょう。その後mo0210先生のリプをRTしたりしてるけどあんまり分かってなさそう。
s_matashiro @glasscatfish 2013年1月15日
LSSのグラフを見て思うのは、低線量での効果の寄与がどの程度あるのかよくわからないところ。高い線量から線を引くと原点を通った、というのは分かりますが、低線量での比較で差が出てないときには高線量の結果から推測している以上の意味はないかと思います。
一応インテリ @saeba_ryo_ 2013年1月15日
低線量域での影響評価が安全、危険サイドとも詰めきれない事を拡大解釈して安全と言い切るのは問題でしょう。ありのままを伝えたうえで社会的、思想的な意見を区別して発するのが一番わかりやすい。
s_matashiro @glasscatfish 2013年1月15日
自然放射線による内部被曝/外部被曝が発癌因子と認めるなら、安全ということはあり得ないでしょう。追加でどの程度のリスク上昇があるか、それにいくらコストをかけるかが焦点。これらを考慮して決まっていた基準を引き下げるから更に混乱したというのがフォーブス記事の趣旨の一つ。世間の人は思想に青天井でお金を払いたくはないと思う。
スカルライド @skull_ride 2013年1月15日
glasscatfishさんに提示して頂いたpdfは昨年からネット上で黄門様の印籠のように使われている資料なので知ってはいました。逆にこれ以外ではLNTを防護的と明言したり、集団線量を用いてはならないという奇怪な指摘をした資料は見たことがないのですが、何か他にご存知でしょうか?
スカルライド @skull_ride 2013年1月15日
奇怪と表現したのは、集団線量に関して矛盾した事をICRPが言っているからです。ICRPは名目リスク係数つまり1万人・Sv当りの癌罹患人数という集団線量をもとに組織荷重係数や実効線量を算出しています。集団線量を用いてはならないというのなら、実効線量の体系も使用してはならないという事になってしまいます。
スカルライド @skull_ride 2013年1月15日
ICRPはpub99でLNTの妥当性を強く支持しながら、pub103でLNTや集団線量をリスク評価に用いてはいけないと言ってみたり、ちぐはぐな感じが否めません。まあ担当者も違うでしょうし、その時々の政治情勢や原子力産業からの圧力などで表現が変わることは十分あり得るのではないかと推察します。
s_matashiro @glasscatfish 2013年1月15日
ちぐはぐな感じを受けるのは、高線量では有効な評価法が低線量では使えなかったりするからではないでしょうか。放射線以外の要因が大きく効いてくるので、LNTが成立するとしても不可避な現象ではないかと思います。
クリエネ(河村市長はテロ予告を許さないと表明しろ) @morecleanenergy 2013年1月15日
「集団線量をリスク評価に用いてはいけない」というのはmogmemoとかいう人も主張していましたhttp://togetter.com/li/237937が、押川正毅氏の「それは政治的妥協による欺瞞ですよね」という一言がすべてを表しているかと。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年1月15日
え?「LNTや集団線量をリスク評価に用いてはいけない」のは単にLNTの統計モデルをモデル構築に用いたデータ以外に外挿したときにその再現性が担保されないからだと思われ。統計モデルの外挿問題は生物統計の業界では有名な問題。例えば、以下のリンクの総説などを参照してくださいね。http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1897/08-029.1/pdf
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年1月15日
で、「LNTは正しい」と主張される皆様は、そうだとすると100mSv/y以下の被曝で発生するがんの総数が、それ以上の線量のときよりも少ない、ということは認められる、ということですよね? で、それがなぜなかなか「有意」に検出されないか、ということについてもお解かりですよね?
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年1月15日
まず、LSS研究みたいに10万人規模で50年くらい追跡調査をして、漸く0.2Sv以下の被曝を受けた集団が非被曝群に対して有意ながん死の増加を認めるくらいの増加しかない、ということはこのまとめにも記載されていますね→ http://togetter.com/li/439256 (このまとめでの牧野さんのロジック上のエラーは言及しませんが)
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年1月15日
そして、LSS14報にはこれくらいの規模でやっても被曝群の集団を0.18Svまでにすると有意でない、ということは対照のがん死の分布の誤差範囲(これは分布のパラメータで数学的に決まってしまうので我々にはいかんともしがたい)にそれくらいの増加では吸収されてしまう程度、ということです。で、これは瞬時被曝のデータだという事も御存知ですね?
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年1月15日
私はForbesの記事がかなり科学的センスを欠いたものであると思いますが、ここでなされている低線量であれば「健康に影響なし」というエラーと同じタイプのエラーを逆方向で皆さんもなさらぬよう重々御注意下さいね。
s_matashiro @glasscatfish 2013年1月15日
UNCEAR2012をご覧になった方は、「遺伝的変異の伝達に関しては、0.5mGyのしきい値があるという合意が形成されつつある」という記述が何度か出てきたのにお気付きでしょうか?フォーブス方はこのあたりを拡大解釈したのかもしれません。いずれにせよ、最終的なものにしきい値が盛り込まれるとしたらこの辺りかも。
s_matashiro @glasscatfish 2013年1月15日
glasscatfish 0.5Gyの打ち間違いです。失礼しました。
s_matashiro @glasscatfish 2013年1月16日
まじめにコメントして後悔している。
CAVU @cavu311 2013年1月16日
で、DanielKahlさんはなんかこの件関係でその後何か言ってるのかと思ったら、チェルノブイリでは50数人しか死んでいないと言っていたと。 http://twitter.com/DanielKahl/status/290499316257280000
CAVU @cavu311 2013年1月16日
というか「亡くなった」とも言っておらず、チェルノブイリの「被害」が50数人と言ってるところが、なかなかすごいですね。
スカルライド @skull_ride 2013年1月17日
確かに実効線量も集団線量も同じ「不確実性を含む帰納的推論」ですから、どちらか一方を認めて他方を否定するというのは完全な二枚舌になります。そうならないように注意したいところですね。
RING @schwartzkatze 2013年1月17日
「従来の主張を繰り返しているだけだ」とあるが、科学的な根拠に基づいたものだから、それは当然。そもそもホルミシスと同等のレベルの話だから、ここで危機を煽りたいなら、放射線で健康になるというのも認める必要があると思う。
kate_ono @kate_ono9 2013年1月18日
こちらにあったんだ。しまった。。。私もまとめてしまいました。・・・
Mari Takenouchi竹野内真理 @mariscontact 2013年1月21日
@DanielKahl ダニエルさん、Forbes記事のUNSCEARの元論文をお持ちですか?持ってたら教えていただけるとうれしいです。
Mari Takenouchi竹野内真理 @mariscontact 2013年1月21日
ごめん、まだわからない。元論文は、http://t.co/HuPK8lAqから、A/67/46 でも、white paper(白書)http://t.co/wf5FTi7Xでもないのでは?まったく内容が合わない。これでは?http://iopscience.iop.org/0952-4746/32/1/N113/article どなたかお持ちですか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする