編集可能
2013年1月16日

創世記のエデンの園にあった知恵の木の実はどんな果物か?

創世記のエデンの園にあった知恵の木の実はどんな果物か?
5
Hexagon @Trinity_Hexagon

Ruvr: ロシア正教信者、Appleのロゴは悪魔的: ロシア正教の信者の中には、Apple社のコンピューター機器を買い求めた場合、かじりとられたりんごの形のロゴを十字架のエンブレムと換える人がいることがわかった。 http://t.co/NetZhaXJ

2012-10-04 20:42:11
でっていう @dt1u

知恵の樹 知恵の樹(ちえのき)は、旧約聖書の『創世記』(2章9節以降)に登場する木。善悪の知識の木とも呼ばれる。 概要 エデンの園の中央部にあった2本の木のうちの一つ。もう一つは生命の樹。知恵の樹の実を食べると、神々に等しき善悪の知識を得るとされる。知恵の樹の実はいかにも美味しそ

2012-11-12 14:58:58
リンク japanese.ruvr.ru ロシア正教信者、Appleのロゴは悪魔的 ロシア正教の信者の中には、Apple社のコンピューター機器を買い求めた場合、かじりとられたりんごの形のロゴを十字架のエンブレムと換える人がいることがわかった。
@kumakiti2ch

なんか旧約聖書の研究によると智恵の実はリンゴじゃなくてバナナなんじゃないかという説もあり

2013-01-15 14:43:02
原田 実 @gishigaku

パレスチナにリンゴは難しいだろうというのが根拠の一つですね。『古事記』の「ときじくのかぐのこのみ」がバナナという説もあります(通説では橘)@kumakiti2ch 旧約聖書の研究によると智恵の実はリンゴじゃなくてバナナなんじゃないかという説も

2013-01-15 15:15:55
原田 実 @gishigaku

聖書の「生命の木」「善悪を知る木」ニツイテハナツメヤシ説やイチジク説もある、というかs度の方がリンゴよりありそう(中東ではありふれた果樹ということで)

2013-01-15 15:23:17
朱鷺田祐介 @TokitaSuzakuG

@gishigaku 聖書外伝だとブドウ→ワインとつながりますね。(ギルガメッシュの不死薬探索の再話で、トルコをエデンとするとか) アフリカを見る限り、バナナって文明の発展を阻害するんですよね(汗)

2013-01-15 15:30:18
原田 実 @gishigaku

古代ギリシャで再生の密儀を伝えたオリフィック教の御本尊がディオニサスだったりするくらいで葡萄(とワイン)も永遠の命と結びつくんですよね。福音ではキリストの血だと宣言されてしまいましたし@TokitaSuzakuG

2013-01-15 15:40:23
朱鷺田祐介 @TokitaSuzakuG

@gishigaku あと、エジプトやオリエントでブドウの自然発酵によるワインの誕生あたりを神秘化した人もいて、ブドウを生命の木に当てる例がありますねえ。

2013-01-15 15:57:23

参考

石部統久 @mototchen

「セフィロトの樹と言い生命の樹とも呼んでしばしば混同されますが創世記に登場する生命の樹とは実際には別個のものです。ヘブライ語では知恵の樹はエツ・ハダート・トヴ・ヴラ、生命の樹はエツ・ハ・チャイム…といいます」 http://t.co/dTSibuYH

2013-02-08 13:08:32
リンク Yahoo!知恵袋 カバラは「生命の樹」をセフィロトと訳して?ます では「知恵の樹」はカバラでは、どう訳されているのでしょうか? - Y!知恵袋 カバラは「生命の樹」をセフィロトと訳して?ます では「知恵の樹」はカバラでは、どう訳されているのでしょうか?
石部統久 @mototchen

Wikisource:ウィキソース 創世記1 (フランシスコ会訳) 第3章 3.1 誘惑と堕落 http://t.co/tDYBnmPl

2013-02-08 13:38:29
石部統久 @mototchen

禁断の木がリンゴになっていった経緯を記述する論文 「デューラーと禁断の木の実」Durer and the Forbidden Fruits 1984年3月1日 大阪府立大学人文学会 人文学論集1984 2 p25-39 http://t.co/TRIkZO5X

2013-02-08 13:03:26
石部統久 @mototchen

イブが食べる果実は…分類学の父リンネは…バナナと理解…アラビア語コーラン楽園の禁断の実はバナナと考え…ヘブライ語聖書では「エバのイチジク」…古代バナナはイチジクと…アレクサンダー大王はインドでバナナをイチジクと記しスペイン人探検家も同様 http://t.co/746K2GkI

2013-02-08 12:45:47
リンク still reading バナナの世界史 ナショナル・ジオグラフィックなどに記事を書いている人だそうです。バナナが人間によって栽培された結果、新種と疫病とのいたちごっこで進化してきたことが判る。身...

<ビアリックの註解:>
 小麦であった=ゲマラー(サンヘドリン80)にラビ・イェフダの名に於いて、またハギラサの名に於いて言われている、「穀物を味わうようになるまでは、  赤ん坊はお父ちゃん、お母ちゃんと呼ぶことを知らない。」
 真っ直ぐに伸びた=高く伸び上がった
 葡萄であった=ゲマラーでは、ラビ・メイールの名に於いて言われている、その味をなお良く解説している: 貴方にとって、人間にこれほど呪いを齎す物は葡萄酒以外にはない。
 シトロン=仮庵の祭に祝う四つの植物の一つ。「美しい木の実」を伝統的にシトロンとしている。
 無花果であった=ゲマラーに於いて、ラビ・ネヘミヤの名に於いて、味わい深く言っている: 放棄して修繕される事柄
第16節 生命の木と智慧の木 ☆90-91

リンク 聖書に遊ぶ 聖書に遊ぶ 旧約聖書の原典をヘブライ語で読みます。西洋流の哲学や神学から脱して読みます。M.D.カスートの註解書に加えて、「アガダーの書」に沿って、幼児の心で聖書の世界に遊歩(うぶ)します。聖句の註解や解釈を伝説、伝承、説話、比喩、譬え、語呂合わせ、洒落、格言などをもって読んでいきます。
石部統久 @mototchen

金沢百枝 キリスト教美術をたのしむ 2012年04月20日 楽園の2本の木 「生命の木」と「死の木」 http://t.co/BdevhspQ 2012年06月20日 アダムの死と十字架 「聖十字架伝説」 アダム伝説楽園憐れみの木の生命油 http://t.co/B5AFFJKm

2013-02-08 13:21:25
石部統久 @mototchen

バルクの黙示録 バルクは「生命の樹」ナース(蛇)は「善悪を知る樹」…エロヒムは第三天使のバルク派遣…バルク「善悪を知る木(ナース)からは食べてはならない」ナースはエバを誘惑し姦通 アダムを少年扱い http://t.co/A8vDqlvx http://t.co/WhtwhWi4

2013-02-08 13:31:57
リンク 政府紙幣を考えるブログ バルクの黙示録 その7 天使の系譜 ギリシア神話と聖書 - 政府紙幣を考えるブログ - Yahoo!ブログ 前回(“)の続き http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/29261337.html 社会見学のようなものだろうか・・・。バルクは天使に連れられ、 太陽の仕事ぶり を見ているが、やがて夜にな...

コメント

後藤寿庵 @juangotoh 2013年1月16日
そもそも万物の創造主が、重要な力を持つ知恵の樹を、リンゴなりバナナなりぶどうなりといった、特にそんな力のないものと同じ形に作ったと考える方が変だと思ってしまうなあ
2
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2013年1月16日
ドングリの虫こぶは蜜が入ってて甘いとは本で読んだけど(インクの原料にもするとか)・・・虫こぶが知恵の木の実だったら、禁じられたのは虫歯予防の為?(簡単過ぎるか)
0
ゆ@普通のおとめ座超銀河団の労働者階級 @U_fort 2013年1月16日
どうなんだろ、わしは庶民の生活に欠かせないような重要な木が「知恵の木」の候補に上がると考えます。わしらはどうしても、アンドロメダ銀河に浮かぶ惑星に生えている木を想像するのは難しいので。
0
kartis56 @kartis56 2013年1月16日
お話なんだから、身近に存在するものじゃないと誰も理解できない。仮に実在したとしても、身近にあるもので例えて話すから盲人の語る象になる。西洋人に語る雑煮とかどうしてもうまく説明できないでしょ。
0
ClaraKeene @clarakeene 2013年1月17日
ラテン語の「悪」と「リンゴ」が同音異義語(malum)だったのに引きずられてリンゴにされたんじゃなかったっけ。
0