【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
58
ログインして広告を非表示にする
Hideyuki Hirakawa @hirakawah 2013-01-26 05:05:22
見逃してたんだけど、去年10月末にこんな記事が日経に載っていた。(先日、ある授業で使った教室にコピーが残ってて知った。)「せめぎ合う理学と工学 原発が問う活断層の定義」 http://t.co/OiXXsDUB
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 11:23:08
参考:せめぎ合う理学と工学 原発が問う活断層の定義 (日経)http://t.co/ijZ8XnXS
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 11:23:51
↓なんかピント外れてる気がする。これでは理学者は単なるアホの集まりみたいだ。こんな単純な対立図式の時代はとっくに終わってると思う。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 11:29:38
理学者の仕事は現象の規模と発生確率を調べて定量的リスク評価。これは理学者にしかできない。それを受けて行政はリスク・ベネフィット比較し、落とし所をいくつか提示する。その中から国民が選ぶ。選んだ結果をもとに工学者が設計する。これが理想ではないだろうか。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 11:34:46
あと、現象の規模に応じて、都市や施設に何が起きるかを調べるのは工学者の役割だ。その中身もリスクとして提示しなければ。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 11:42:15
で、たぶん理学と工学の意見の相違が起きがちなのは、このリスクの細部に関する評価だろう。自然現象の規模と発生確率は理学で評価できるが、それが都市や施設にもたらす結果の規模と発生確率は、じつは理学も工学もうまく評価できないでいると思う。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 11:53:01
↓ 工学者の出番は、行政に手渡す前のリスク評価のときにもある。原発のような場合は、理学と工学でリスク評価する。それがいままでどのようになされてきたのか、まったくなされてこなかったのか、わたしは何も知らない。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 11:53:28
話をつきつめると、40万年に1度動く活断層の真上に原発を建てていいかどうかという問題だ。まずそのリスクをきちんと結果まで定量的に見積もる。放射性物質は炉内の全量放出という最悪を仮定。それによるデメリットと原発による40万年分のベネフィットをきちんと比較して国民が決める。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 11:54:47
どんな地震来たって、津波来たって、絶対壊れない原発つくれると工学者がもしいうなら、リスク管理(原発作るかどうかの判断)はそれに応じたものになろう。それでもし壊れたら、工学者全員に腹切ってもらう。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 11:56:28
そのさいには高レベル放射性廃棄物による未来世代への負の遺産のことも勘案する。さらにはリスク・ベネフィット分析結果だけに固執せず、どういう社会を目指したいかという倫理や哲学も勘案して決める。
クリエネ(東京五輪招致疑惑追及しろ) @morecleanenergy 2013-01-26 11:59:39
@usa_hakase 質問です。「原発による40万年分のベネフィット」と仰りましたが、実際にはウラン燃料の枯渇、あるいは原子炉の寿命を考えると、40万年ではなくもっと短い期間になると考えてよろしいでしょうか。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 12:05:22
↓ 40万年に1度の破滅を危惧したら、九州には住めるところないね。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-26 12:16:07
そういう細かいこと言い出すとウランは別の惑星からもってくるとか、どうせ人類は40万年後には地球にいないからとかまで議論がはなはだしく発散するので、まあ数字は色々と自由に替えて考えてみてください。@morecleanenergy
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 12:23:16
九州と北海道で過去に発生したカルデラ破局噴火の表  http://t.co/Aq8hfltW 半径50キロから100キロくらいまでが火砕流が残した厚い火山灰の下に埋まる。噴火は1日くらいの時間で決着つく。
パグさん♪ @fvjmac 2013-01-26 12:26:47
日経社説◆原発安全の理念が見えない http://t.co/E3Ns2ws5 「新基準づくりは規制委にとって最優先の仕事だ。しかし規制委の議論の進め方は、目指すべき安全目標など肝心な点を置き去りにしている。」 
添田孝史 @sayawudon 2013-01-26 15:17:15
1月25日開催 日本エネルギー会議シンポ「活断層とは何か?その原発プラントへの影響は?」。岡本孝司・東大教授「今の規制委員会の議論は、非科学的。どちらかというと幻想にとりつかれている。なぜリスクの議論を避けて通るのか」。岡本教授こそ「リスクは数値で表せる」という幻想に執着。
添田孝史 @sayawudon 2013-01-26 15:21:15
続)確率論的リスク評価(PRA)で、プラントの安全性を総合的に評価すべきだ、というのが岡本教授の主張。確率論もうまく使えば安全性向上に役立つ。しかしこれまで電力業界は「対策を取らない言い訳」にしか使ってこなかった。電力業界の実施したPRAは、科学的な装いをしているが中身はクズ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 15:22:30
.@AerospaceCadet さんのコメント「40万年前以降に動いた物を活断層とするって定義とかね。もうアホかとね。40万年前なんてホモ・サピエンス出現の15万年前、東北は..」にいいね!しました。 http://t.co/Yu2118Rd
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 15:22:36
.@AerospaceCadet さんのコメント「そんな時期に動いた断層の近くに原発が建てられないならそもそも日本列島に人が住んじゃいかんだろ馬鹿馬鹿しい。原子力規制委員会での..」にいいね!しました。 http://t.co/viO0KYvw
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 15:24:18
↓↓ 活火山の国際的な定義は1万年なんだよね。活断層を13万年だとか40万年だとか議論してると聞くと、ずいぶん経済的余裕があるんだなあと、正直思う。
添田孝史 @sayawudon 2013-01-26 15:25:21
続)例えば、福島第一の津波ハザードを決めるのにどうやったかというと、ある領域で津波地震が起きるかどうかを電力会社の社員に投票させて決めていた。その結果をきれいなグラフにして、なんとなく科学的な装いにし「福島第一の設計想定を超える津波は数千年に1回」と説明していた。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-01-26 15:26:17
日本は、活火山の定義をずっと歴史時代に噴火したことがあるとしてた。それだと、北海道に歴史が300年しかないことで不都合があった。2000年にしたのは1980年代。そのあと国際的には1万年だと私たちが気象庁に言い続けて、2000年ころようやくそうなった。
残りを読む(91)

コメント

m1nkanj1nn0 @m1nkanj1nn0 2013-01-27 10:51:51
「原子炉から毒がぜんぶ大気中にばらまかれて北半球(あるい全球)が人間居住不能になるリスクを背負っている。」チェルノブイリでは実際にそれ起きましたけど、居住不能になったのは結局一部の周辺地域だけでしたよ。
うさはかせ Prof.Lièvre @usa_hakase 2013-01-27 11:19:00
まとめを更新しました。ジャーナリストの添田さんたちが別の視点で議論しているので、それも含めました。もし不都合があれば対処しますのでお知らせ下さい。
林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-27 11:24:37
参考になりますね。私も追加書き込みしたいところですが,間もなく昭和基地と結んでの「南極授業」なので,またの機会に!
林 衛 @SciCom_hayashi 2013-01-27 11:24:45
参考になりますね。私も追加書き込みしたいところですが,間もなく昭和基地と結んでの「南極授業」なので,またの機会に!
sakai @SkiMario 2013-01-28 00:38:27
あぁ、この方はエアリプされてたのか。なんでこう話をそらしていくのかなぁ。
蕪野(白土龍) @kaburanoshun 2013-01-28 11:12:08
まとめ、おつかれさまです。参考になります。50万年論争ですか。それと「変動地形で40万年までは見られる」の合わせ技で40万年?いや、この手の想像は危ないな。どこか間違っていそう。
蕪野(白土龍) @kaburanoshun 2013-01-28 11:24:43
今の東北大学理学部って、地物=物理系、地質・地理=地学系なんていう別れ方はしていないのかな。…と、遠田氏の話を読んで思った。
蕪野(白土龍) @kaburanoshun 2013-01-28 11:25:52
別れ方じゃない、分かれ方ですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする