10周年のSPコンテンツ!
62
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@monyako の記事に言及。ほんとにひさしぶりのまともな記事。「異世界なんだから現実のヨーロッパと違ってあたりまえ」という意見もあるけれど、だったらその異世界なりのロジックがあるべきかと。
もにゃこ @monyako
ARIAなんかはずるいよね。ヴェネチア風味だけどヴェネチアではない、ってはっきり言っちゃってるから、ケチのつけようがない。そのくせ風景はきっちりヴェネチア風味で妙にリアル。しかし実際行ってみると、もっとずっと汚くて、違法滞在者が偽ブランド品を売ってる(笑)
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@monyako べつに異世界なりの風景でも良いんだけれど、その場合は単にヨーロッパ風というより手間がかかりますよね。「いや、異世界なんだから」ということを逃げに使ったら果てしなく退行していくばかりなんじゃないかと。
かな○かな @kana0355
@monyako どこまで嘘をつくかって大事ですよね。まあ、ARIAはでっかいネズミーランドみたいなものと考えれば(笑)。
もにゃこ @monyako
@kaien そうですねえ。他にリアリティを担保する努力をするくらいなら、写真丸写しでも町並みをそれっぽくした方がリアルに見えるのは、ARIAが見事に証明してると思います。
かな○かな @kana0355
@monyako その点、けいおん!! は左京区と右京区が出てたけど(笑)、よく消化してたと思います。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@kana0355 @monyako たとえば『らき☆すた』や『けいおん!』に対しては「現実はこんなものじゃねえよ」的な反作用二次創作(とぼくは呼んでいる)がたくさんあるんだけれど、『ARIA』に対してはあまり見かけない気がする。やっぱり現代日本の話じゃないからでしょうか。
もにゃこ @monyako
@kaien ARIAに関して何か言及しようとする度に、これはヴェネチアではない、つまり「これは現実ではありません」ってエクスキューズが立ち塞がるのだと思います。
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@monyako ああ、あらかじめ「これは嘘ですよ。こんな世界ありませんよ。わかってやっていますよ」という宣言がなされているということか。なるほど。
かな○かな @kana0355
@kaien @monyako そうですね。誰もブレードランナーにこんなの現実と違うって怒らないのと同じものかと。
もにゃこ @monyako
ARIAの胡散臭さに関しては、こんな言及も貰いました。 ARIA雑感 http://bit.ly/a9CRCZ
もにゃこ @monyako
「都市もまた、精神か偶然の産物であると信じられております。しかしそのどちらも、城壁を支えて行くには十分でございません」 http://bit.ly/cxwVII
lastline@O[B]ake @lastline
@monyako @kana0355 @kaien なんか虚構の話が出てたので、手前味噌を紹介しとく / 作品にリアリティを持たせるために上手に嘘とつき合う http://d.hatena.ne.jp/lastline/20080108/1199779886
あふひねこ(あおいと読む) @AOI_CAT
ARIAすごく好きなんだけど何が好きかっていわれるとわからん。灯里のまわりの世界が好きなんだと思う。 *at work
あふひねこ(あおいと読む) @AOI_CAT
ARIAは、世界に傍観者として関わっていられる心地よさがあるように思える。 *at work
あふひねこ(あおいと読む) @AOI_CAT
@mirupon 灯里の見方ってけっこう素っ頓狂で好きな考え方でもあるけど、自分の見え方は灯里を入り口にしてあの世界を垣間見てる感じ。 *at work
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
久々更新! 「ニュートンの運動の第三法則を漫画に適用してみた。」http://d.hatena.ne.jp/kaien/20100827/p3 10 秒以下前に webから
大ェ… @dike05
良き嘘は真実より長く生きる
もにゃこ @monyako
ARIA談義のついでに、ヴェネチアの祇園祭、il redentoreの写真集。bacino di san marcoの船上から街を眺める機会はあまりないのではなかろうか。 http://bit.ly/aIM8Iw
かな○かな @kana0355
本当は @kaien さんが指摘されてる「無知に起因するミス」って,多くは制作前の段階で大学の専門家に一言聞けばすぐに分かることなんだけど,お互いの距離がまだまだ遠いから難しいんだろうな….
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@kana0355 そのへんはSFの設定考証なんかでもよくあることですね。作家は専門家ではないわけで、そういうひとがひとりで全部こなして作品を作るってことは年々むずかしくなっているのかなーとか思ったり。
もにゃこ @monyako
@kaien @kana0355 twitterの発達で、その距離もみるみる近づいて大げんかですね、わかります
自称リア充の海燕さん(3日目 西け35b) @kaien
@monyako Twitterというかネットの存在は大きいでしょうね。どっかから専門的なツッコミが入る(まさに今回Cさんがそうしたように)。それがポジティヴな方向に行けばいいんだけれど、往々にしてネガティヴになることが多いんじゃないかなーと思う。だからCさんの記事を褒めたわけ。
かな○かな @kana0355
@kaien そうですね.もちろん,リアルな作品=いい作品ではないので,すべてそうする必要はないと思いますが,作品を深めるには少し手間をかけた方がいいのかもしれません.あと,そういう知り合いがたくさんいる方は有利になるでしょうね.
残りを読む(15)

コメント

雲井明 @akira_kumoi 2010年8月27日
キャラクタや作中人格のマジョリティのデフォルメは許せるけど、世界観や景観のデフォルメは許せないということなのだろうか。
名無し @noeu_k 2010年8月27日
ケチつける俺カコイイ!
まちゃるんと @UnfoundNimo 2010年8月28日
確かにツッコミどころ多い風景の作品は多いけど、じゃあそんなロジックやらリアリティやらを皆求めてるんだろうか。作る側としては正直大学の先生に聞くのは非常に手間だし労力、何より最も貴重な時間を消費するのに、見る側は気にも止めない。アニメは参考資料あるけど当然作品優先。史実ものは作品の説得力という意味で必要だけど、フィクションには全く無用に思う
もにゃこ @monyako 2010年8月28日
論点が散漫で読みにくかったので、色々削除。 ARIAのリアリティと嘘くさい街
雲井明 @akira_kumoi 2010年8月28日
作品内で描かれる必要性がないものを、あえて「削る」という行為も、一種の「描写」と考えることはできないのだろうか。
現役マジカルガール @_sakumikura 2010年8月28日
キャラの性格がおかしい二次創作と同じで、敬意と熱意の感じられない作品は客層を狭めるだけですね。コストを考えてやってるなら良いんですけど。
あんとにお @coffeebath 2010年8月28日
こういう議論に私はあまり価値観を見いだせません。作品は背景や世界観も含めた作品であり、全てご都合主義で出来ていると言っても過言ではありません。大きな嘘で小さな嘘を覆い被せられれば問題無いでしょう。たまに度を超えるご都合主義作品もありますが、作品が面白ければそれすら視聴者はスルーします。ヤマトとレールガンを見ればそれが昔から今に至るまでの視聴者の嗜好だと言えるでしょう。
もにゃこ @monyako 2010年8月28日
仰る通りで。ただ、無理のない範囲であれば、背景を意識することは作品の味わいをより増してくれるのではないでしょうか。実際、日本国内で考えても、巨大な車線幅の道路に2階建ての町並みが続くという光景は、あまり華やかなエリアであるとは考えにくいのです。
kartis56 @kartis56 2010年8月28日
ヤマトはそういう話でも時代でもないし、レールガンは見える範囲でのリアリティはある程度保っていたような。世界観を見せたい話で、その世界がきちんと描けてないのは、作り手はいろいろ安いねって話でしょう。    スレイヤーズくらいドタバタファンタジーにしてしまうなら、ドタバタの方が大事なわけで、誰もいない山の中に人が一人で住んでようが何があろうがどうでもいいけど。
kartis56 @kartis56 2010年8月28日
逆にけいおんは、何が面白いのかサッパリでした。
ToTo @toto_6w 2010年8月28日
ARIA(AQUA)は火星をテラフォーミングしたって段階で大嘘付いてるんだから、多少の嘘は気にならないね。これは設定の勝ちだよ。
雲井明 @akira_kumoi 2010年8月28日
概ね正しいと思うんだけど、「自然さ」の物差しが視聴者であることはやはり気になるかも。個人的にそこは「作品のコンセプトに対する自然さ」が優先されるべきな気がするというか……うまく言葉にできんな。 > というわけで、「本題に没入してもらうという目的に限って、背景はなるべく自然である方がよい」という結論でどうでしょう。
ToTo @toto_6w 2010年8月28日
最近見たアニメの背景で感動出来たのは「宇宙ショーへようこそ」本編ももちろん良いんだけど、草薙の描く背景は流石に美しかった。特に冒頭部分はそれだけでいいくらいに美しい。まぁ映画とTVを比べたら可哀想って来もするけどw
EOL/ヤドクガエル @EOL_st 2010年8月29日
ひとつの嘘のために99の本当のことを書かないとだめだって、作家のさとうさとるさんが言ってましたが、つまりはそういうこと? 視聴者、読者に違和感を覚えさせないための作り込みが足りないと、カタルシスも覚えないから重要なのではないかと。
もにゃこ @monyako 2010年8月29日
そうですね。結局は制作に当たっての広い意味でのコストの兼ね合いになるとは思いますが、実際にそれが嘘か誠かは別として、楽に効果的にリアリティを出せる手段が選ばれるべきでしょう。その選択の一つとして、たとえば背景がしっかり作られているというのは多かれ少なかれ「異文化風味」のリアリティに寄与するでしょうが、それ自体が作品のクオリティを左右するかどうかについては、作品ごとの性格による、ということになります。その点、ARIAの背景の緻密さは、あの作品のリアリティに大いに寄与していたと僕は思います。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする