環境マネジメントとスピリチュアル・マネジメント

大学で教えられるEM、ホメオパシー、波動、そしてスピリチュアル・マネジメント...。 驚く事が多数ありますが、圧巻なのは『原発で作られた電流には放射能が含まれている可能性があり』です。
トンデモ ニセ科学 スピリチュアル 教育 東洋大学 EM菌 ホメオパシー 波動 環境 水からの伝言
57
KokyuHatuden @breathingpower
東洋大学経営学部 石井薫教授の講義日記。EM、ホメオパシーのみならずニセ科学全般を教えている様ですね...。ニセ科学批判クラスターの皆さん、ご一読願います。 / “講義日記: 2012年5月” http://t.co/WBU5vJcw
トヨボット @toyobot_jp
RT @breathingpower: 東洋大学経営学部 石井薫教授の講義日記。EM、ホメオパシーのみならずニセ科学全般を教えている様ですね...。ニセ科学批判クラスターの皆さん、ご一読願います。 / “講義日記: 2012年5月” http://t.co/jEV07hBD
Akihiro Uratani @pbc02044
@breathingpower 宇宙エネルギー、波動、バッチフラワーレメディ、電磁波の汚染、スカラー電磁波、そしてEMのウルトラコンボですか。電波な人が電磁波の危険性を教えているなんて。ISO14001の自己認証って何を言っているのかな。この方、東洋大学経営学部教授なのか・・・
KokyuHatuden @breathingpower
@pbc02044 長島先生の宿命のライバル登場ですね。大学でニセ科学を教えているという意味で。
nagashima m. @_nagashimam

ぼやきとかぼやきとか宇宙とか物理とかぼやきとかニセ科学とかぼやきとか教育とかぼやきとかぼやきとか サーバーなんとか再開。ただしまだ不安定のため時々再起動させています→ phys.koshigaya.bunkyo.ac.jp/~masa/index-j.…

twilog.org/_nagashimam
Akihiro Uratani @pbc02044
@breathingpower 学生が可哀想です。お金払ってニセ科学を教え込まれるなんて酷すぎる。orz
闇のapj @apj
凄いなこれ……。 RT @breathingpower: 東洋大学経営学部 石井薫教授の講義日記。EM、ホメオパシーのみならずニセ科学全般を教えている様です。 http://t.co/XuBGqa0J
KokyuHatuden @breathingpower
@apj 世の中広いですね。こんな方がいるとは.....。
mintsun157 @mintsun157
これで教授が務まるとはorz RT @apj 凄いなこれ……。 RT @breathingpower: 東洋大学経営学部 石井薫教授の講義日記。EM、ホメオパシーのみならずニセ科学全般を教えている様です。 http://t.co/CBSwQtHv
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@breathingpower これは酷いですね。こんな講義で環境マネジメントとやらんを学んだ気になっちゃう学生が哀れ。東洋大に抗議して良いレベルだと思う。 東洋大の総長は……塩爺か…(^^;)
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@apj @breathingpower 東洋大の石井薫教授,この「環境マネジメント」の内容をこんな本にまとめています。http://t.co/sVXW7xAq 「環境マネジメント」講義の現場報告 (創成社新書) 2005年の出版ですし,内容については判りませんが,ご参考まで。
KokyuHatuden @breathingpower
@saitoh0619 @apj 「内容(「MARC」データベースより) 環境マネジメントだけでなく、新たに意識マネジメントを取り入れて、全体論的なホリスティック・マネジメントという見方を提示。広範な地球環境問題を、たった1日でも理解できるように、講義の要点を平易にまとめる。」
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@apj @breathingpower こんなのもありますね。「環境マネジメント入門」講義の現場報告 (創成社新書) http://t.co/7OnaYTWy
KokyuHatuden @breathingpower
@saitoh0619 @apj タイトルだけでは判りませんが、内容紹介に大きな不安があります。「内容(「MARC」データベースより)地球環境問題に対して、何ができるのか? 大学の講義で取り組まれている、「私が変わることで地球を変える」ための実践レポート。」
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@breathingpower @apj こういうのもありました「環境マネジメントからホリスティック・マネジメントへの展開(2) ―スピリチュアル・マネジメントとホリスティック経営を視野に入れて―」 http://t.co/Kz7LWN8U
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@breathingpower @apj その1もありました。http://t.co/f1CuWjiQ 「環境マネジメントからホリスティック・マネジメントへの展開(1)」
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@breathingpower @apj もうひとつ,「意識マネジメントとスピリチュアル・マネジメント -環境マネジメントからホリスティック・マネジメントへの架橋-」というのもありました。http://t.co/9WsuJwum
KokyuHatuden @breathingpower
@saitoh0619 @apj 分野が違うとはいえ、これ程の方に今まで気がつかなかった方が不思議な位です。1946年生まれで今年67歳ですね。そろそろ退任する年齢でしょうか。妙な言説を広めないでほしいですが...。
片瀬久美子🍀 @kumikokatase
大学の講義で?学生が可哀想…。 RT @breathingpower 東洋大学経営学部 石井薫教授の講義日記。EM、ホメオパシーのみならずニセ科学全般を教えている様です。 http://t.co/MwWmCP5w
yamazaks @yamazaksv2
ニセ科学、と言う講義なら可 RT @kumikokatase: 大学の講義で?学生が可哀想…。 RT @breathingpower 東洋大学経営学部 石井薫教授の講義日記。http://t.co/xuML9IQV
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@breathingpower @apj 石井薫氏は「地球マネジメント学会」とやらを主催されているようですが,この学会,江本勝氏が講演しちゃってますね。http://t.co/q1M5Q3wN これを指摘した方の2007年の記事。http://t.co/w1Ue2W7W
リンク t.co 「米国大学(院)学位商法」の危険性−ホリスティック−JanJanニュース 長岡素彦記者の「ホリスティック教育とESD」を読むと、山田ともみ記者(コメント)ならずとも、疑問が沸く。「学位商法」が、ひとり大学教員採用・就職の問題だけでなく、もっと根が深く、広汎な社会問題であることを再度喚起したい。
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@breathingpower @apj 第三回地球マネジメント学会,「環境汚染に対する結晶映像撮影法の活用の提案」 江本  勝。http://t.co/n3xXBsxO
Hiroyuki Saito @saitoh0619
@breathingpower @apj 地球マネジメント学会,第八回,第九回あたりはちょっとクラクラするレベルです。http://t.co/q1M5Q3wN
残りを読む(78)

コメント

たろー @hanpa64 2013年2月15日
この講義とる学生のほうにも興味あるなぁ。
KokyuHatuden @breathingpower 2013年2月15日
まとめを更新しました。追記しました。
neologcutter @neologcuter 2013年2月15日
そりゃま経営のテクニックとしては、商品に「もっともらしい霊験あらたかなもの(例:マイナスイオン)」を付加価値としてつける方が正解だと思うんだけど・・・
雑草スレイヤー@自宅 @gc_cic 2013年2月15日
経営学とか経済学とか、商売がらみの「学問」は基本疑似科学ですし、経営や経済系の学部に進む学生はどうやっても、疑似科学に引っかかると思いますので、そういう学部の講義で疑似科学を取り上げても取り上げなくても、結局引っかかると思いますけどね。
KokyuHatuden @breathingpower 2013年2月19日
まとめを更新しました。ツイートを追記しました。
Hiroyuki Saito @saitoh0619 2013年2月19日
gc_cic だからこそ,そういった学部では「ニセ科学に如何に引っかからないか?」の授業をすべきですね。引っかかりやすい人を余計引っかかりやすい授業をしてどうするのか,という気がします。
ふみたけ @Fumitake_A 2013年2月19日
海原何とかさんが「この講義を担当したのは誰だぁ!」と憤るレベル。
雑草スレイヤー@自宅 @gc_cic 2013年2月19日
saitoh0619 一般論としても社会全体の利益の面でも正しいと思いますが、ビジネス界においては疑似科学的なものを受け入れる素地を持つ人材のニーズはあると思います。ビジネス雑誌のウェッジで「うつの本質は憎しみ」という記事が出たり、数あるビジネス書や特に営業系の人物の言動がまともな常識では考えられないものであったりするので、(続く)
雑草スレイヤー@自宅 @gc_cic 2013年2月19日
(承前)ビジネスの世界を志す学生に対して常識で考えれば明らかな嘘を、真実であることとして信じ込ませることで、就職実績を上げていこうとする大学の思惑があるのかな、などと陰謀論めいた考えを持ってしまうのです。
KokyuHatuden @breathingpower 2013年2月19日
日本にオカルト支配を根付かせようとする潮流が在るという指摘は、斎藤貴男氏が書いた「カルト資本主義」の主題です。
Hiroyuki Saito @saitoh0619 2013年2月20日
gc_cic そういう「ニーズ」自体,宜しくないですよね。明らかな嘘を真実として教える事自体,教育にあってはならないことだと思います。勿論,今回のように哲学系の研究者の中には科学的に間違った事を「真実」として追求してしまう人が居るようですが,その場合でも科学界がきちんと注視して,明らかに間違った教育がなされてしまう場合はそれを修正する努力をしなくてはならないと思います。今回のケースはそれが行われないままズルズルと既成事実だけが積み重ねられてしまったのが問題でしょう。
Hiroyuki Saito @saitoh0619 2013年2月20日
gc_cic 百歩譲ってそのようなニーズがあるとして,明らかに科学的に間違っているものを「真実」と教える授業の肯定には繋がりません。少なくともこういう授業を卒業に必要な単位として使うべきではないでしょう。
KokyuHatuden @breathingpower 2013年2月20日
まとめを更新しました。ツイートを追記しました。
雑草スレイヤー@自宅 @gc_cic 2013年2月20日
saitoh0619 そうですね。ただ、人文や社会の分野には哲学や思想をベースとするような、科学との相性が悪い分野が結構あるということを考えると、大学でそういった分野の教育を行うべきかどうかを考えなくてはいけないのかもしれません。
Hiroyuki Saito @saitoh0619 2013年2月21日
gc_cic このあたりは難しいところかと思います。もちろん哲学や宗教学も学問の一つとして尊重する必要があるでしょう。しかしながら明らかに科学と矛盾する点については科学を研究・教育する側で「哲学の中には科学と矛盾する部分が存在する」旨,伝えていく必要があるでしょう。
雑草スレイヤー@自宅 @gc_cic 2013年2月21日
saitoh0619 個人的には、経営とか政治経済の分野が危ないと考えています。政治経済の分野は、イデオロギーに固執するあまり現実と乖離した「理論」の横行を容認していますし、経営の分野でも例えばドラッガー学会(http://drucker-ws.org/)がありますが、これは学問というより宗教活動そのものを行っている団体が学会として存在している例もありますし…科学的手法とそれ以外の手法の違いのようなことを教養課程で十分に理解できるようなカリキュラムが必要なのかもしれません。
Hiroyuki Saito @saitoh0619 2013年2月22日
gc_cic 政治家と地方行政のニセ科学への耐性のなさは議会の議事録見るとよくわかりますが、どうにかしないといけないレベルでしょう。ここがおかしいと変な施策が横行してしまいます。経営者は……変なものに填まって評価下げても会社が傾いても自業自得でしょうね。
Hiroyuki Saito @saitoh0619 2013年6月29日
スラッシュドットに「工学部の学生は人文科系の科目を学ぶべき」というエントリーが経っていたので,この件を引用して「文系学部の学生にこそ理科系の学問を」というコメントを付けてみました。http://bit.ly/11OdalK
中乃井みあき/己丑より @nakanoi_miaki 2013年6月29日
オカルト大学ですか…。いくら東洋大学は井上円了氏が設立したとはいえ。むしろ円了氏はオカルトとは一線を画して研究していたのに。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする