メソドロジー研究部会@広島大学

2013年2月23日に広島大学で行われたメソドロジー研究部会の内外でつぶやかれた内容をまとめました。  1. 13:00-13:30   「ベイズ統計への接近:基礎1」   住 政二郎(流通科学大学)  2. 13:40-14:10   「文法性判断課題における時間制限の設定方法について:   認知プロセスに焦点を当てた基礎的検討」   草薙 邦広(名古屋大学大学院・博士課程続きを読む2013年2月23日に広島大学で行われたメソドロジー研究部会の内外でつぶやかれた内容をまとめました。  1. 13:00-13:30   「ベイズ統計への接近:基礎1」   住 政二郎(流通科学大学)  2. 13:40-14:10   「文法性判断課題における時間制限の設定方法について:   認知プロセスに焦点を当てた基礎的検討」   草薙 邦広(名古屋大学大学院・博士課程)  3. 14:20-14:40   「R Commander に挑む!―Mac で R を手軽に使うための試み―」   今尾 康裕(大阪大学)  4. 14:50-15:20   「形態・統語規則について第二言語学習者が持つ暗示的知識の測定法:   これまでに使われてきた手法の構成概念妥当性を考える」   浦野 研(北海学園大学)  5. 15:40-16:10   「なんで一般化線形混合効果モデルを使うの?:反応時間分析を例に」   森田 光宏(広島大学)  6. 16:20-16:50   「事象関連電位(ERP)データについて」   菅井 康祐(近畿大学)  7. 17:00-17:30   「その文法指導の中身が気になる:教育文法の質の実証的研究に向けた予備的考察」   亘理 陽一(静岡大学)
暗示的知識 明示的知識 ホットケーキ ERP ベイズ統計 一般線形混合モデル 文法 macr 文法性判断課題
i_narrator 2044view 1コメント
5
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする