編集可能

「怒り新党」藤子・F・不二雄短編特集の反響~番組協力者・稲垣高広氏のツイートを中心に

テレビ朝日 の人気番組「マツコ&有吉の怒り新党」で、ドラえもんなどで知られる藤子・F・不二雄が大人向けに書いた「異色SF」が紹介されamazonから一時在庫が消えるなど話題を呼びました。 この番組に協力し、テロップでも名前が紹介された稲垣高広(仮面次郎/@kamenjiro)さんのツイートを中心にまとめました。 稲垣さんはブログ「藤子不二雄ファンはここにいる」も運営、 http://d.hatena.ne.jp/koikesan/ 今回の番組と連動し、一から短編集について紹介する記事も書いています http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20130227 続きを読む
マンガ テレビ 有吉 藤子・F・不二雄 怒り新党 藤子不二雄 SF バラエティ マツコ・デラックス
100
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
あさって27日(水)放送のテレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」新・3大○○は、「あの国民的漫画家の“異色な物語”」です。私の意見もいくらか反映されていると思います。観ていただけると個人的にも嬉しいです♪
漫探洞ごんぱしん @gonpashin
@kamenjiro そうでした。「ドラえもん芸人」が4月でした。「のび太ほっとけない芸人」の放送が夏だったのが強烈に印象に残っていまして… ちなみに近畿地方ではテレ朝系深夜番組の放送は1時間ほど遅れますので、きょうの『怒り新党』もしばらくおあずけです。SNSに繋がすにガマン
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
『マツコ&有吉の怒り新党』がもうすぐ始まりま~す! 新3大○○は「あの国民的漫画家の“異色な物語”」です。
ミナヲ @minacobox
@kamenjiro 録画してまーす。Fセンセイかな?
CHOTO @ryusuihutou
二作目は「自分会議」。彼の得意とするタイムパラドクスを使った作品。本質的には、『ドラえもん』の「ドラえもんがいっぱい」と一緒なのだが、その悲劇的な結末に、頭の中がぐちゃーっとしてくる。#tvasahi
両手いっぱいのトビー @toby_luigi
「らしからぬ」じゃないと怒る藤子マニア多数。ふつうの人からすると、らしからぬ、よ
TOJHO @misttimes
SF短編でよく名前が挙がる作品からあえて外してあるのがいいな。 #tvasahi #怒り新党
広瀬 隆之 @kouryudo
テレ朝「怒り新党」、新・3大藤子・F・不二雄らしからぬ異色な物語。すごいスパイスと風刺が効き、社会への怒りと批判が良く伝わる。40年前の作品でも現代へ十分の訴求力がある。40年前に21世紀の社会をリアルに読む力。すごすぎる。 #tvasahi #怒り新党
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
「怒り新党」の新・3大○○、『コロリころげた木の根っ子』と『自分会議』は私が推した関係もあって新3大に選ばれることは分かっていたのですが、もう1作が何になるか気になっていました。『間引き』でしたね。
tsukasa @tsukyasa
Amazonで10冊あった藤子先生のSF短編集があっという間に品切れになったwwww
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
「怒り新党」が終わりました。新・3大○○は「藤子・F・不二雄らしからぬ異色な物語」でしたが、私が選定にかかわった段階では「結末が衝撃的な藤子・F・不二雄作品」ってことでした。「藤子Fらしからぬ」ってことであれば他の作品を選んでました^^
銀河満月 @ginmandorana
F先生はドライさとウェットさを内面に絶妙なバランスで両立させてた稀有な人。だから人間の可能性を信じる話から人間を切り捨てるような話まで柔軟に描くことができたわけで。尚且つ漫画家としての技量も図抜けてた。 #tvasahi #怒り新党
まちこ @machiko0303
@kamenjiro わかります。テレビなのでライト層向けのつくりですからね
筆川太@アマゾンプロダクツ @fudekawa
@kamenjiro 3つに絞るなんて、ちょっと出来ないですねぇ。
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
『自分会議』なんて私からしたら藤子・F先生らしい作品なんですが、でもまあ一般視聴者からしたら、あの結末は「らしからぬ」と感じられるものと思います。もとより、一般の方に「こんな作品もあるんだ!」と驚いてもらうのが主眼だったので、本望です。
めちゃ @micomecha
@kamenjiro 見ました〜(*´∀`*) 本当結末が衝撃Σ(°Д°;) 嫁がっっっΣ(°Д°;) 窓からっっΣ(°Д°;) 名前出てた(*´∀`*)ね!
Yukari @syuuzkuakrii531
@kamenjiro 面白かったです。また読み返そうと思います\(^o^)/ありがとうございました!
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
@machiko0303 マンガ好きや藤子ファンから見たら「自分会議」なんて「じつに藤子F先生らしい」作品なんですが、一般視聴者目線に立てば充分に「らしくない」作品なんですよね。まあ一般の方に「こんな作品もあるんだ!」と驚いてもらえたなら本望です^^
KAGE / 涼 影(すず かげ) @KAGE_dg
@kamenjiro 藤子ファンとしては、どの作品読んでも「らしからぬ」という感想は抱かないですよね。まあパブリックイメージと違うって事なんでしょうが。
oriorighun @oriorighun
@kamenjiro 初めまして。「ジャングル黒べえ」、フィギュア有ったとは…(涙)宮崎駿企画なのに…。
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
@fudekawa 一般視聴者の方に「F先生にはこんなマンガもあるんだ」と伝えられたら、と思って選んでみました。傑作ぞろいなので3つに絞るのは無理に近いのですが、選ぶことで伝わりやすくなるんだと思ってがんばりました^^
TOJHO @misttimes
.@KAGE_dg @kamenjiro ファンとしても初めて読んだ時は「らしからぬ」だと思いますよ。入口のパーセンテージを考えた場合ですが。
銀河満月 @ginmandorana
@kamenjiro ファンからしたらみんな「らしい」作品になってしまいますからねw 改めて「らしからぬ」作品を探すとなると、結構難しそうです。
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
@micomecha 結末が衝撃的な作品ってことだったので、自分でも的確なセレクトだったなと思っています^^ 今回の新3大は、終始シリアスモードでしたね!
稲垣高広(仮面次郎/koikesan) @kamenjiro
@ginmandorana そうなんですよねえ。ファンからしたら、異色短編なんて最も藤子Fらしさが露呈した作品だとも言えるわけで、やはりこういうときは、一般視聴者目線に立って、一般の藤子Fイメージから外れていると思われる作品を選んでいくしかないんですよね^^
残りを読む(118)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2013年2月28日
まとめを更新しました。(「@kamenjiro 」をキーワード検索し、リプライでのやり取りを再現しました)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2013年2月28日
作ったときが28日午前7時で、もっと本格化していくそのあとの感想つぶやきが収録されていないのはそういう理由です。適宜追加してもらえるとありがたいのですが・・・
べれお @GregoryWagiro 2013年2月28日
ドラえもんだって、捨て犬ダンゴとか独裁スイッチ、人間製造機なんかで黒さが見えますからねー。あのA先生と一緒に仕事してたってだけで結構黒いとわかるのでしょうけれど、いかんせんF先生はTVアニメ・映画ドラえもんの印象の方が強いのでしょうね。
こいん @360coin 2013年2月28日
SF作家の森岡浩之も似た傾向があると思う。星界シリーズしか読んだことのない人に「スパイス」を読ませたら・・・・・・
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2013年2月28日
まとめを更新しました。(※午後の関連つぶやきをできるかぎり追加した)
甘茶 @amateur2010 2013年2月28日
藤子・F・不二雄のSF短編を読むと「笑うせぇるすまん」や「魔太郎が来る!」でブラックなイメージのある藤子不二雄Aよりずっとブラックに感じられる。
江州藤原氏/いだてんロスタイム中 @hipponmaster 2013年2月28日
自分が中学生の頃、SF(すこしふしぎ)がOVA化されてたので、アニメから入ってもリアルタイムで観られたのは良かった。F先生の怖さは、ドラえもんにも垣間見ることができるけれど。
広瀬みつこ⋈ @hiroya0626 2013年2月28日
藤子・F・不二雄のSF短編集の中には、「おれ、夕子」の様に切なく美しい物語も幾つか含まれています。ラストで事実を知った友人のガリベンが泣きじゃくる姿に、優しさを感じました。
st-ing @gaumash 2013年2月28日
知らない人から見たら、「ドラえもん」「パーマン」などとのギャップを感じるんでしょうね
Watanabe Y @pearlycorn 2013年2月28日
自分が「藤子・F・不二雄らしからぬ」という視点で選ぶなら「倍速」「劇画オバQ」「みどりの守り神」かな
VMX @v_mx 2013年2月28日
F先生はエッセイ「子ども漫画と私」(現在は「Fの森の歩き方」に収録)で書かれてた創作姿勢にも感服しました。“エンターテインメント”への揺るぎない誇りとこだわり、本当に偉大です
🐸G★SPOT P🐆 @g_spotp 2013年3月1日
知ってる側やマニアには「らしからぬ」に疑問を持ってしまうけど、 「じゃあ自分が初めて読んだ時はどう思ったんだ、らしくないって思ったんじゃないか」 って思うね
闇の聖母ガラテア @galatea_rs3 2013年3月5日
ドラえもんが一番らしからぬ作品とな
JBOYSOFT JunjiSuzuki @jboysoft 2013年3月5日
小学生の時『まんが道』全巻バッグにかついで富山県の高岡参りしてきた身としては「ちぇっ、自分のほうが藤本先生好きだし詳しいよ」って子供っぽいくやしさが生じちゃいますね。(ちなみにそのとき高岡市の市役所の人から教わったのだけど『きまぐれオレンジロード』の作者まつもと泉さんも高岡出身) 「らしからぬ」一冊をあげるなら『トキワ荘青春日記』かな。
RJTBU @RJTBU 2013年5月6日
最近、F作品なのにAっぽいとかその逆とかが気になってる。その辺りを追っかけてるファンの人って居るんだろうか。「実質的な共作解消後もたまにはプロット段階で協力したりしてた」っていう事なのかな?と思ったりするけど。
alan smithy @alansmithy2010 2019年3月25日
A先生は「僕は小さい頃怖がりだったが、藤本くんはそうではなかった」のためか、A先生はSFよりもネチッコイぐらいの人間描写の印象
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする