2013年5月18日

大野更紗さんが語る生活保護法改正案の問題点

3
Saori Watanabe @wsary

何が問題なのか①「改正案には、①違法な「水際作戦」を合法化する、②保護申請に対する一層の萎縮的効果を及ぼす、との二点において、看過しがたい重大な問題がある…」

2013-05-17 23:43:32
Saori Watanabe @wsary

何が問題なのか③「しかし、現行生活保護法24条1項が、保護の申請を書面による要式行為とせず、かつ、保護の要否判定に必要な書類の添付を申請の要件としていないことと比べて、また、口頭による保護申請も認められるとする確立した裁判例に照らして…」

2013-05-17 23:46:47
Saori Watanabe @wsary

何が問題なのか④「保護申請権の行使に制限を加えるものであることは明らかである。」…明らかな急性期の救急搬送時の処置に「患者が証明書を用意できた後で処置します」と言う医療機関は(実際には残念ながらあるが)ない。生保の口頭申請保護は、救急搬送みたいなもの。

2013-05-17 23:51:19
Saori Watanabe @wsary

何が問題なのか⑤家がなく住民票がない申請や、倒れてから医療機関に救急搬送されての申請を(実際にはこれらもNPOが同行するケースですら水際作戦がなされてきたが)論理的に支えてきた急を要する口頭申請の許容がなくなることが、いかに危機的か、行政の窓口で立ち尽くした人はみなわかるはず。

2013-05-18 00:06:06
Saori Watanabe @wsary

何が問題なのか⑤資産照会や扶養親族照会等のミーンズテストは、申請を受理して保護してからでもやれる。今、保護が必要な人を保護しなければならない時に、生きてきて生活保護を申請するような時に、その人が死ぬかもしれない時に、「すべからく、書類を揃えてから来い」と改正案は言っている。

2013-05-18 00:13:55
Saori Watanabe @wsary

本国から「亡命」してきた難民に、入管が言うことと非常に酷似している。「自らの難民性を、自らで証明しろ」と。難民になったエクソダスが、どうやって本国から証明書や書類を取ってこいというのか。そもそも、これも保護してから確認できること。

2013-05-18 00:22:35
Saori Watanabe @wsary

わたしも「こんな人、保護に値しない」と思うことがある。あるいは逆に「こういう努力している人は、保護に値する」と思うことがある。そういう夜には、こんなたいしたことない人生経験や、さしてひろくもない価値観で、他人の生死の価値を選別できるという錯覚に簡単に囚われるのかと、心底怖くなる。

2013-05-18 01:36:11

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?