早野龍五 (@hayano) 先生によるJ-PARC ハドロン実験施設トラブルの解説(ジュネーブより)

5月25日、茨城県東海村のJ-PARCの原子核素粒子実験施設で、放射性物質が施設の外に漏れ、研究者4人が被曝したというニュースを受けて、早野先生が遠くジュネーブから解説して下さいました。 日本国内のニュースでは、(いまのところ)何が起こっているのかよくわかりませんが、早野先生のツイートで事故発生の状況がわかります。
エネルギー 原子力機構 放射能漏れ 被曝
31
放射能漏れの一報を受けて
実は先生は日本ではなく・・・
ryugo hayano @hayano
(asahi)【原子力機構で放射性物質漏れ 研究者ら4人が被曝】http://t.co/8mxoN62u6T (J-PARCでムニャムニャ.大強度陽子パルスを当てるべきでない場所に当ててしまって…)
ryugo hayano @hayano
(普段は加速された陽子をチョロチョロと長い時間かけて取り出して,金属標的にぶつけるところに,間違って大強度パルス陽子をぶつけてしまったので…と,聞いた.僕はジュネーブにいるので,あくまで伝聞)
ryugo hayano @hayano
↓J-PARCのHP「遅い取り出しの運転について」は,今回の事故についてのリリース文が載るんだと思うが,昨日来,「現在作成中」のままだな(25日1:40am時点)→http://t.co/HT7877z3Fj
ryugo hayano @hayano
J-PARC陽子加速器には「遅い取り出し:チョロチョロ」と,「速い取り出し:イッキ」の二つのモードがある.イッキは神岡に打ち込むニュートリノ生成用で大パワー.チョロチョロは中間子発生用で少パワー.今回は少パワー用の金標的に誤って大パワー陽子ビームを当て,放射化した金が蒸発
ryugo hayano @hayano
ハドロンホールに速い取り出しビームが出て…と聞きました. @SI_kyotoNH: ハドロンホールでしょうか?
ryugo hayano @hayano
(僕に質問されても,現場から時差7時間の所にいるので,本当の原因は分からんのです)
ryugo hayano @hayano
(J-PARCで金標的を蒸発させた陽子ビームは,5ms(ミリ秒)巾の短パルス.瞬間ビームパワーは300kWだそうだ)
ryugo hayano @hayano
@mochikeigo 陽子ビームのトンネルは汚染物質が遠くに飛ばないように,負圧になっているはずです.
ryugo hayano @hayano
① J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 1. 発生日時:平成25年5月23日(木)11時55分ごろ 2. 発生場所:日本原子力研究開発機構 大強度陽子加速器施設 J-PARC 3. 施設名:J-PARC ハドロン実験施設
ryugo hayano @hayano
② J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 4. 状況: 原子力機構が高エネルギー加速器研究機構と共同で運営している大強度陽子加速器施設J-PARCのハドロン施設で、標的である金に陽子ビームを照射し、素粒子を発生させる実験をしていた。
ryugo hayano @hayano
③ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 4.状況続き:ビーム取り出し装置が誤動作したことにより、短時間に想定以上のビームが標的に照射された。 その結果、突発的に標的である金が高温となり、その一部が蒸発した可能性がある。
ryugo hayano @hayano
④ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 4.状況続き:その直後、ビーム照射によって生成された放射性物質が、ビームライン装置から施設内に漏えいしたため管理区域内の汚染が生じ、作業していた研究者が被ばくした。
ryugo hayano @hayano
⑤ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 4.状況続き:なお、当日管理区域に入域し、かつ、装置付近に立ち入った人数は55名である。
ryugo hayano @hayano
⑥ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 【施設の状況】 現在施設は停止しており、事象の進展はない。 【汚染の状況】 建屋内の汚染程度は、約30Bq/cm2。なお、現在は、建屋内を閉鎖し、立ち入り禁止としている。
ryugo hayano @hayano
⑦ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 【被ばくの状況】 作業者4名の被ばく線量を評価したところ、最大で約2mSvであった。
ryugo hayano @hayano
⑧ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 5.影響: 建屋周辺に設置している管理区域協会のエリアモニタは若干の上昇が確認されたが、原子力科学研究所周辺に設置されているモニタリングポストについては、通常の変動範囲内であった、
ryugo hayano @hayano
⑨ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 5.影響続き:また、核燃料サイクル工学研究所のモニタリングポスト(2箇所)及びモニタリングステーション(1箇所)においては、通常時の平均値(70~130nGy/h)に対して約10nGy/hの一時的な上昇が確認された。
ryugo hayano @hayano
⑩ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 5.影響続き:環境への放出量は調査中。
ryugo hayano @hayano
⑪ J-PARC ハドロン実験施設におけるトラブルについて 6. 本事象の取り扱い:5月24日22時15分、放射線同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則第39条第1項第4号(管理区域外での漏えい)に基づき、法令報告に該当するものと判断した。
ryugo hayano @hayano
J-PARC ハドロン実験室におけるトラブルについて:以上
ryugo hayano @hayano
J-PARCのハドロン実験施設,神岡へのニュートリノビームなどの位置関係 → http://t.co/RgjqcQZVEW
ryugo hayano @hayano
発生 23日11:55 http://t.co/gk55Be3cFa ,法令報告該当判断 24日22:15 http://t.co/sbxjYiGGWr ,プレスリリース25日2am.これは明らかにマズイよね.
ryugo hayano @hayano
(J-PARCのHPは,まだ「現在作業中」だし http://t.co/HT7877z3Fj
残りを読む(29)

コメント

Hiems @ku_hiems 2013年5月25日
瑣末なことですが、タイトルを「早野龍五 (@hayano) 先生によるJ-PARC ハドロン実験施設におけるトラブル『について』」ではなく『の解説』にした方が解りやすいのでは? 「早野教授によりトラブルが引き起こされた!?」と誤解してしまったので…