パウル・クレー『造形思考』

音や光や運動と造形を結びつけて考えた画家パウル・クレー。彼が遺したメモを編纂したものが本書です。シュタイナーやゲーテの影響がみてとれます。
3
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

大変お世話になった方が退職される。パウルクレーの大ファンなので、クレーの『造形思考』を差し上げようと思う。正直自分も欲しいのだが、惜しいくらいのもののほうが良いだろう!お元気で! http://t.co/ak8pW6ydtB

2013-05-28 17:24:02
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

やはりこの本非常に面白い。パウルクレー造形思考 http://t.co/JlzAmJKaao

2013-05-28 21:21:36
拡大
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

クレーは音楽と絵画を結びつけて考えた。正確にいうと造形と音楽の構造を結びつけて考えた。 http://t.co/KHOGQBh2o4

2013-05-28 21:25:45
拡大
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

クレーは筋肉や骨格をも偏重した。人間の基盤である肉体は、誰にとっても興味のある事柄だ。 http://t.co/NPL07YdEIy

2013-05-28 21:32:13
拡大
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

色彩に関するページ。クレーは、カディンスキーを通して、ゲーテとシュタイナーの色彩論の影響を受けている。クレーの作品が、シュタイナーのノートようなのには、理由がある。 http://t.co/QDybXPtXV5

2013-05-28 21:38:36
拡大
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

これなんてまさに神秘学。影響をまんま受けている。 http://t.co/vixJbSw25f

2013-05-28 21:40:55
拡大
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

クレーは色彩や絵画のなかでの運動というものを、絵画の専門家として、シュタイナーよりも推し進めた。

2013-05-28 21:45:50
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

それの音楽理論版をやりたいなぁ、というのは大学の時代から自分にもあって、シュタイナー独自の音楽の構造の説明があるんですが、それをもう少し現代にフィットした形で紹介したい。けれど、文献の多くがドイツ語しかなくて、読むことすら挫折している。さすがにドイツ語はわからない。

2013-05-28 21:47:52
neralt フィフリストプレスCEO @neralt

この本、プレゼントにあげちゃうのですが、非常に惜しい。当然絶版。四十年前には絶版。例のごとくブログでも紹介している東塔堂で買いました。いつもお世話になっております。http://t.co/CCXBlPvdF4

2013-05-28 21:53:30

コメント

岡一輝 @okaikki 2013年5月29日
『点・線・面』は読んだけど、サッパリ判らんかった……色や形から、どんなイメージが掻き立てられるかは、確かに全人類に共通の部分も多いだろうけど、微細なニュアンスに至れば、各人の文化や経験に拠る部分の方が大きいんじゃないかな、とか。
0
岡一輝 @okaikki 2013年5月29日
まあ、それでも絶対音感のような、究極の存在を求めるのが、ロマンというか宿命というか、そういうものだったのだろう、くらいの記憶しか。実に浅い感想しか抱けず、恥ずかしいかぎり。
0
岡一輝 @okaikki 2013年5月29日
しかし、ようやく最近になって、音楽を聞くように絵を観る、というのもアリなのだ、ということに気づくことができたので、決して無駄ではなかったのだろう。ソレ閃いたときに観てたのは、クレーじゃなくてポロックだったけど。
0