10周年のSPコンテンツ!
248
ロンドンティールーム @londontearoom_

大阪梅田・堂島の英国紅茶専門店ロンドンティールームの広報Twitterです。【公式サイト】https://t.co/NcwanMkCGY

http://t.co/b3RIGV6NNF
ロンドンティールーム @londontearoom_
みなさんの中にアイスティーを実践されているのを嬉しく思いつつ、あと数か月で秋なので、今日は「ものっそい基本的な」紅茶の淹れ方にしたいと思います。熱いやつです。
ロンドンティールーム @londontearoom_
今日はふっつうのポットで淹れる紅茶です。基本中の基本。これができるかできないかで、モテるかモテないかが決まると言っても過言ではありません。
ロンドンティールーム @londontearoom_
まず、必要なもの。ティーポット(急須でもよい)、茶葉、牛乳。今日はミルクティーで説明するので、牛乳です。あとお湯とやかんとティースプーン。砂糖も忘れずに。 http://t.co/y2rZQwNWqm
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
とりあえずお湯を沸かして、適当なところでティーポットに注ぎ、ティーポットを温めます。面倒な方は省いてもOKですが、「より美味しく」ということなら温めるのが無難です。儀式みたいなものです。 http://t.co/tHYImaTpjL
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
ティーポットからティーカップに注いでティーカップも温めます。これもほぼ儀式です。寒ーい冬は温めたほうがいいですが、現代では室内暖かいですし、そこまで神経質になることもないです。が、儀式なので。注いだらすぐお湯は捨ててOKです。 http://t.co/MwVL0jvoq8
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
茶葉をティーポットに入れます。今回は2人分なのでティースプーン3杯(3.5g×3)の茶葉(イングリッシュブレンド)を入れてます。1人分なら2杯、2人分なら3杯くらいです。 http://t.co/b802u9OLnq
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
お湯を沸騰させます。これくらいぼこぼこ気泡が出てくるくらいが目安です。 http://t.co/lOomCJQCnZ
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
そしてここが紅茶を淹れる際に一番大切な所です。ここで美味しくなるか、失敗(味が出ないか)が決まります。紅茶の味は茶葉の良しあしよりも、ここで決まります。沸騰したてを素早くです。理想は写真のように、火は止めす「沸騰中をすばやく」。 http://t.co/20wd2tYAcJ
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
ヤカンは火口から離さない、ティーポットはやかんの注ぎ口まで持っていくのが大事です。ヤカンを素早く傾けてティーポットにお湯を注ぎます。100度のお湯を、1度たりとも温度下げてはいけません。火を消してる暇なんてありません。
ロンドンティールーム @londontearoom_
お湯を注いだ後、こんなふうに泡が出てたら空気を含んだいいお湯だということです。紅茶に合うのは蛇口全開でドバ――!!!!とヤカンに入れた新鮮な水です。空気をたくさん含ませます。ミネラルウォーターは絶対だめです。 http://t.co/gf4SkHbrGi
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
1分半~2分くらいで茶漉しを取ります。このあたりは好みで調整してください。 http://t.co/QQ7amIP6ZY
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
そしてミルクティーに使う牛乳は、できれば乳脂肪分4.0以上の牛乳がいいです。コクが違います。またできれば成分表示の欄を見て、「乳製品」のものよりは、「成分調整牛乳」のほうがいいです。生乳100%がベスト。 http://t.co/J53xFVkpks
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
そしてティーカップには先にミルクを注ぎます。基本はティーカップの高さの1/3です。ミルク・イン・ファーストと言います。 http://t.co/eY9dndWmeM
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
上から紅茶を注ぎます。だいたいミルクティー用の紅茶はほぼ真っ黒です。 http://t.co/Q1Yv927Vxn
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
めっちゃわかりにくいですが、このくらいの色が基本です。写真だとわかりにくいのですが、実際に目で見た時の色をもう忘れたので、まぁこれでいいことにします。もうちょっと濃くていいかな・・・ http://t.co/UKNF9YHyou
拡大
ロンドンティールーム @londontearoom_
ご質問あったのですが、ミルクは「常温もしくは冷えたもの」がいいです。温めてしまうと、傷んでしまったり、牛乳臭さが出てしまったりします。英国だとだいたいキンキンに冷えてます。
ロンドンティールーム @londontearoom_
あとは砂糖を少し入れたほうがミルクティーはコクが増すのでお勧めです。私はかなり入れます。これで完成です!! http://t.co/BmzN5UNcvb
拡大
照留セレン✈︎ 10/9~10/14In a Dream展 @selen_ter
@londontearoom_ 何かの本で「茶こしはジャンピングの邪魔になるから外すこと」って書いてあって、めんどくさいなーと思いつつそのとおりにしてましたが、あんまり気にしなくていいですか?
ロンドンティールーム @londontearoom_
@selen_ter 気にしなくていいです。ジャンピングは「沸騰したてのお湯を注いだ時に起こる現象」で、気にすることないです。さらにいうと、ジャンピングそもそもしない茶葉のほうが多いです。

ロンドンティールーム @londontearoom_
じゃあ短めに・・・ミルクティーに合うミルクについてです。ふつうに飲むのに美味しいとか美味しくないとかではなく、「英国風ミルクティー」に合う牛乳を選ぶときのコツをば・・・
ロンドンティールーム @londontearoom_
まず前提として、「英国風ミルクティー」に合う茶葉ですが、「ミルクティー専用ブレンド茶葉」が基本です。イングリッシュブレックファーストやイングリッシュブレンドみたいな名前がついてます。コクがあり、渋みが無く、水色も真っ黒。味はアッサムに似てますが、価格が半分くらいだったりします。
ロンドンティールーム @londontearoom_
で、牛乳に戻りますが、まず日本と英国では牛乳が違います。クセとか、コクとか。英国の牛乳は基本的にめちゃ美味しいです。でも日本では手に入らないので、できるだけ近い牛乳を選ぶことになります。そして選ぶときに優先順位の高いものから紹介してきます。
残りを読む(7)

コメント

関屋 @Seki_yuki 2013年5月31日
儀式、味には直接関係ないとは思うけど、それでもやったほうがアツアツなので私は必ずやります……あっため自体はポットのお湯でもいいし。今日寒いから紅茶いれようー
Dr. Roy Ich-Meyer @ichimiyar 2013年6月1日
温度で紅茶成分の抽出率が変わるし、ミルクをたっぷり入れても冷めないよう、湯温や保温には注意するけど、ジャンピングって迷信じゃないかな?要は抽出成分の撹拌な訳で、対流でも十分にされるし、最後にさじで一混ぜするだけでも同効果かと。
楽茶@rakti @rakti_puncak 2013年6月1日
こういうのって、化学的な裏付けとかが結構曖昧なので、細かい淹れ方をすぐ忘れます。カップを温めるのは儀式って覚えた方がスッキリしてて覚え方としては楽そうだ。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2013年6月1日
「抽出温度を下げない」と言う意味では、カップはともかくティーポットの加温は儀式じゃなくて実際的な効果がありそうだけどな。断熱構造なら更に良いのかな?
鯛@ふくしま @tay07212 2013年6月2日
化学的な淹れ方:英国王立化学協会『一杯の完璧な紅茶の入れ方』 http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/3324/etc/tea_rsc.html
かばなり @kabanari 2013年6月3日
日本茶でも、先にコップ(適当)にお湯を入れて温めておく、ってママンが言ってた。ポット(適当)に入れるお湯は沸騰してから少し冷ます、というのは異なってるけど。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする