10周年のSPコンテンツ!
75
スっチー @kotoetomomioto
【メモ】Cancer risk in 680 000 people exposed to CT scans in childhood or adolescence: ~study of 11 million Australians http://t.co/YcEzVjPpRc
スっチー @kotoetomomioto
【メモ】↓豪州のCTを受診した子供110万人の癌リスク。平均観察期間9.5年。平均ドーズ4.5mSv。白血病と骨髄異形症候群?について約4%/mGyの過剰発症。今回(のサンプルサイズでは)特に固形癌に対しても有意で全癌に対し3.5%/mSv。とのこと。
スっチー @kotoetomomioto
【メモ】白血病については英国のkendallらhttps://t.co/btTtKiDOEMの「赤色骨髄に対し12%/mSv」とドーズや観察期間を考慮すると、あまり違わない感じ。いずれも100万人くらいのサンプルサイズだと「累積数mSv」でも有為差はちゃんと見える、と。
スっチー @kotoetomomioto
【メモ】しかも、今回の調査では固形癌を含めた全癌についても(勿論、英国の自然放射線の研究でも傾向は見えていたけど)「有意」に差があった。かつ、リスクのオーダーから言っても「子供10mSvの過剰被曝」というのは受け入れ難いレベルの様に思われる。
iPatrioticmom @iPatrioticmom
@study2007  解説ありがとうございます。68万人中 9.5年で3150人発症なら、1年あたり331.5人で、10万人あたり48人とかですが、豪州の罹患率って、ずいぶん高いですよね。日本は10人ちょっとくらいのようです http://t.co/Y8pUx4Ar65
スっチー @kotoetomomioto
なるほど。まあ比較としては同じ豪州の子供って事になるんでしょうし被曝リスク水準としても最近の他研究とコンパラの様ですが、確かに100万人規模の同種の調査を日本でも(私が知らないだけかもですが)やって欲しいですよね。@iPatrioticmom
iPatrioticmom @iPatrioticmom
@study2007  あ、すみません 勘違いでした。 19歳までに受けて、9.5年後ですから、29歳までの罹患率で比較しないとだめですね。忘れてください~^^;
iPatrioticmom @iPatrioticmom
@study2007  日本でも、20歳代の子宮+子宮頸がんだけ妙に増えているみたいですね...  http://t.co/rAAQLri3wS このあたりが加わると、それほど変わらなくなるのかもしれません。
スっチー @kotoetomomioto
あ、はい。まあ絶対値はともかく、最後のページのFig3は色々考えさせられます。パトリさんのtweetでこの論文に気付きました。いつもどうもです。@iPatrioticmom
iPatrioticmom @iPatrioticmom
@study2007  1いえ、わたすはmoon先生におしえてもらいましたです^^
スっチー @kotoetomomioto
あ、失礼しました。がん登録1090万人分のうちCT受診68万人、のサンプルサイズでしたorz。@jun_makino
Jun Makino @jun_makino
まあこういう人もいる→ http://t.co/9Z5hwA6XBc LNTが低線量域まで科学で証明される日は未来永劫ありません。
Jun Makino @jun_makino
まあ、科学は何かを証明するものじゃないから、↓は自明に正しいといえなくもない。もちろん、100mSv以上でも証明はされてない。確からしい、というだけ。で、数 mSv でも確からしくなりつつあると。
スっチー @kotoetomomioto
【訂正・追加】あ、すいません、あと平均4.5mSvは1回のスキャン当たりで個人累積だと平均6mSvぐらいの様でした。「68万人×6mSv追加」で統計的には有意に見えてる、、つまり例えば20万人×15mSvぐらいでもあるいは?という感じかもしれません。@jun_makino
Jun Makino @jun_makino
@study2007 あ、でも、スキャン1回だけのグループで十分有意ですね(図2)。10σくらいありますよこれ。
スっチー @kotoetomomioto
ですね。そうするとTable2の回数内訳を見ると「1回だけ。平均4.5mSv。56万人」でも十分有意、、なんでしょうね、やっぱり。@jun_makino
スっチー @kotoetomomioto
あ、でも、測定部位の内訳的に「1回目が脳」の可能性も高そうな感じなので「1回だけグループ」の平均を4.5mSvで考えて良いかどうかはちょっと慎重に見積もった方がいいかもしれません。私が読落してるだけかもなのでもう少し考えてみます。@jun_makino
スっチー @kotoetomomioto
まあ「all cancer」ってやつが「脳スキャンの後の脳腫瘍」を除き、かつ、「脳スキャンの後の他部位」を全身線量に平均化したもので評価したもの、、、なら4.5mSvで良さそうではある。
Jun Makino @jun_makino
http://t.co/B5tdGpIk2B Cancer risk in 680   000 people exposed to computed tomography scans in childhood or adolescence:
Jun Makino @jun_makino
data linkage study of 11 million Australians
Jun Makino @jun_makino
4.5mSv で 16% 上昇。 ± 2 σ が 0.13-0.19 なので 1 σ =0.015 くらい、つまりこの結果は 10 σ くらい。 3 σ になるには 1 桁少ないサンプルでいいことになる。 5 万人くらい。
Jun Makino @jun_makino
LSS では 8 万人で 100mSv くらいが統計誤差の限界だったのに、この調査ではずっと少ない被曝で影響がでているのは、小児甲状腺がんの場合と同じく子供では元々の発症が少なく、同じ被曝量での相対的な発がんの増加が全年齢平均よりずっと大きいからであろう。
Jun Makino @jun_makino
絶対的な発症数は必ずしも大きいわけではない。とはいえ 68 万人に対して 608 人なので、 1000 人に 1 人くらい。 ( 表 3) これは 6mSv に対しての値。
残りを読む(24)

コメント

Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年6月3日
んで、CTうけてなきゃ見逃す病気の罹患から死亡の可能性と癌とその死亡の比較はするんかな?可能性が広くてリスク/ベネフィットが難しそう...
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年6月3日
まあ、それが主題ではないか
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013年6月3日
ちょっとよく判らないのですが、「子供でCTを受診」というのは、事故でなければ、病気の疑いで受診していると思うのですが、もともと「高リスクグループ」というバイアスはないのでしょうか?
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2013年6月4日
>もともと「高リスクグループ」というバイアス その可能性はあると思うのですが、日本のCT検査のアンケート調査(2003)だと頭部CTが約7割だそうです。http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/17718/1/JJRS-65-3-216-223.pdf 理由は書いてありませんが、子供の場合は転んだとか木から落ちたとかが多そうじゃないですか? @Kontan_Bigcat
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2013年6月4日
日経メディカルの「軽症に見える小児の頭部打撲にCT検査は行うべきか?」という記事にも、”頭をぶつけてたんこぶをこしらえた子どもは頻繁に訪れる”とありました。http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/magazine/1104-t2/201201/522994.html なので、重大な脳損傷の見逃しリスクを恐れて検査するケースが多いのかもしれません。でもこの結果では、医師はますます迷うことになりそうですね。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013年6月4日
iPatrioticmom なるほど…。しかし、頭部CTなら、頭部の腫瘍だけが有意に増えるのでは?? もうすこし確かな情報が欲しいところ。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013年6月4日
5/31 六号通り診療所所長のブログ「成人以前のCT検査とそれによる発癌リスクの上昇について」 http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2013-05-31 「CTという低線量の被爆においても、僅かながら発癌リスクが上昇し、それが臨床的に一定の意味を持つレベルに達しているということを示唆」但し、結論が出ているものではない。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2013年6月4日
Fig3にCTスキャン部位別の疾患内訳が出てますよ。頭部でもほかの癌も増えているようですけど。 @Kontan_Bigcat
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2013年6月4日
もちろん1つの論文だけで結論はでないですよね。このコホートも20年30年後には差が拡大しているかもしれませんし。CTの医療被曝はかなり注目されているようで、研究進んでるようですよ。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2013年6月7日
6/7 坪野吉孝「CT検査の被曝でも、がんリスク上昇の可能性」 http://apital.asahi.com/article/tsubono/2013060300009.html 「低線量の放射線被曝の健康影響を、被曝した集団だけを対象にして調べても、分からない」
内田 @uchida_kawasaki 2013年8月4日
オーストラリアの子供の CT スキャンによる癌のリスクの疫学研究に対するいろいろな意見を載せてあるサイトへのリンクを追加しました。
内田 @uchida_kawasaki 2013年8月12日
このまとめの続きをまとめました。→ 1000万人必要というのは、少なくとも二重に間違っている。マキノさん解説 http://togetter.com/li/547452
rima @rima_risamama 2015年6月29日
周回遅れで(・_・; 「100mSv以下では有意でない」は、前世紀の遺物ということですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする