Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2013年6月8日

渡邊芳之先生ynabe39の「そもそも「人様の役に立ちたい」「役に立つ職業につきたい」というのが根本的に気持ち悪い。「人より上に立ちたい」という欲求の別の表現にすぎないし。」

医療や福祉の仕事を目指す若者の「動機」が「他者から期待され感謝されることを通じてアイデンティティを確立したい」であることはかまわないが,その期待は医学教育や福祉教育を通じて必ず打ち砕かれるし,そうでなければいけない。 お金をもらって他人にサービスするということは「サービスができて当たり前」と思われることだし,ちゃんとサービスできなければ批判され軽蔑されるということである。 「期待されたい感謝されたい」で医療や福祉の仕事を目指すことと(自分に期待したり感謝したりしない)患者や利用者を軽蔑したり虐待したりすることとはすごく距離の近いことである。 続きを読む
166
渡邊芳之 @ynabe39

千の風になって。

渡邊 芳之(わたなべ よしゆき、1962年4月22日 - )は日本の心理学者。帯広畜産大学人間科学研究部門(人文社会・体育学分野)教授。博士(心理学・東京国際大学)。 佐藤達哉、尾見康博との共同研究を中心に心理学論、心理学史、人格心理学や血液型性格分類の批判的検討などの分野に論文・著作を持つ。趣味はレコード蒐集。
http://ja.wikipedia.org/wiki/渡邊芳之

渡邊 芳之 -帯広畜産大学-
http://www.obihiro.ac.jp/ichiran/watanabe_yoshiyuki.html

 

渡邊芳之 @ynabe39

「子どもがなりたがる仕事」の多くはそういうもので,子どもは「その仕事の社会的な意義や必要性」とは別のところでその仕事に魅力を感じていることが少なくない。

2012-01-09 04:06:24
渡邊芳之 @ynabe39

ただ「子どもの勘違い」を「否定せずに育んでいく」ことをしないと人材を確保できない業界,人材の質を維持できない業界というのは間違いなくある。医療や福祉に関して「子どもに事実のリアルな理解を促す」なんてことをしたらどうなるか。

2012-01-09 04:27:16
渡邊芳之 @ynabe39

社会的には不可欠な仕事だし比較的高度な知識や技術が必要なのだがその激務に見合った待遇や社会的地位を提供できない業務」に「子どもの勘違い」や「感謝されたい症候群」を利用して人材供給していく,というのはある意味「合理的」なのだと思う。

2012-01-09 04:31:19
渡邊芳之 @ynabe39

前は医療系大学に勤め,いまは獣医学科のある大学に勤め,看護学校の非常勤を20年もやっていると,広い意味での「医療系」の人材供給のあり方には多少シニックな視点を持たざるを得ない。

2012-01-09 04:35:14
渡邊芳之 @ynabe39

そんなことしなくても人材が確保できるならわざわざ金を使おうとは思わないでしょうね。 RT @Sangetsuki: 制度として例えば税金で報酬を補填するみたいな事が必要なのかなとも思うのですがどうでしょう。

2012-01-09 04:36:58
渡邊芳之 @ynabe39

「人に感謝される仕事をしたい」というのは青年期の「アイデンティティ混乱」のひとつの症状だと思う。「動物の命を救いたい」などもそのヴァリエーション。

2012-01-09 05:11:53
渡邊芳之 @ynabe39

「感謝されたい」より「役に立ちたい」になると思います。感謝はされてもされなくてもよい。 RT @kaipon: 割と一般的な願望だと思っていたのですが歳を重ねると変わってくるものなのでしょうか?

2012-01-09 05:15:56
渡邊芳之 @ynabe39

そういう「よい先生」がいるのはいいですね。教員のほうも「感謝されてよかったね!」になっちゃう場合も多いのでは? @kazuo_akuzo

2012-01-09 05:31:06
渡邊芳之 @ynabe39

「自分が生きる理由」を感じにくい時代ですからね。RT @fp_Katie: …日常レベルでボランティアをしてますが、福祉関係の職業の方でもボランティアでも、感謝されることが第一義の中高年は沢山います。対人で自意識過剰なのは年齢に関係なく時代の流れなのかなという気がします。

2012-01-09 05:51:33
渡邊芳之 @ynabe39

動物の場合そもそも「それで助けてることになるのか」がわからないです。RT @takamatti: 「動物の命を救いたい」と「人の命を救いたい」「人の役に立ちたい」にどういう違いがあるのだろう。動物助けたって感謝するどころか、「助けられた」ことを理解してるかもあやしい。

2012-01-09 06:01:13
渡邊芳之 @ynabe39

動物医療の「受益者」は動物でなく飼主などの人間ですからね。 RT @kchtymn: 恐れられこそすれましてや感謝など。動物の治療で一番大事なのは逃げようとする動物を押さえつけることですし。猫や野性動物なんかだとそのストレスで死ぬことさえあるとか。

2012-01-09 06:08:25
渡邊芳之 @ynabe39

飼主はお金を払ってくれるけど「野生動物が怪我していたから連れてきた」人はお金を払いたがらない(というか,自分が金を払う必要があるとは思いにくい)。実際には「受益者」は動物でなくその人なのに。

2012-01-09 06:10:53
渡邊芳之 @ynabe39

うちみたいに産業動物を主に扱っていると3年生か4年生までにはみんなそれが分かるようになります。それで苦しむ学生は多いし挫折する子もいる。 RT @kchtymn: それを知らずに「動物のお医者さん」を目指す人は多いと思います。まさに先の「勘違い」の典型かと。

2012-01-09 06:13:47
渡邊芳之 @ynabe39

それで「意図的」に臨床に進まない人はけっこういると思います。 RT @kchtymn: 憶測に過ぎませんがそういう挫折をする学生は首都圏の私立には多くいそうです。国立の場合は研究者を目指してる人も比較的多いでしょうし。

2012-01-09 06:20:18
渡邊芳之 @ynabe39

動物実験に反対する人には「人間でできないことは動物でもやるな」タイプの人と「人間の利益のためにやるなら動物でなく人間で実験しろ」タイプの人がいる。ずいぶんと主観的には後者のほうが好きである。

2012-01-09 06:42:47
渡邊芳之 @ynabe39

まあたいていのことについて良識的な人より徹底的な人の方が好きである。

2012-01-09 06:46:07
渡邊芳之 @ynabe39

@at_koy 人間の命より動物の命優先の人は「徹底的」でしょうね。そういう人ってじっさいにはそんなに珍しくありません。

2012-01-09 06:50:42
渡邊芳之 @ynabe39

@sheltercity 都会の獣医学科では愛護団体の侵入対策は深刻な問題になっているようです。帯広ではいままでのところまだないんじゃないかな。

2012-01-09 06:51:51

 
----------------------------------
 

渡邊芳之 @ynabe39

名医とは自分の病気を治した医者,ヤブとは自分の病気を治せなかった医者のことである。

2012-01-28 06:58:48
渡邊芳之 @ynabe39

自分の名医も他人からみればヤブ。あるいはその反対。

2012-01-28 06:59:10
渡邊芳之 @ynabe39

じっさい歯医者は頭より手先。前の大学の教え子でも学業成績は悪くても手先が器用な奴のほうがよい歯医者になった。

2012-01-28 07:06:50
渡邊芳之 @ynabe39

そのせいで上手な歯医者ほど頭は悪いと思い込むという偏見ができたw。

2012-01-28 07:08:21
残りを読む(130)

コメント

BUNTEN @bunten 2013年6月9日
なるほど。目に見える対価を直接支払えるならば感謝を強要されなくて済む立場になれるのか。見かけ上の対等は現状の生活保護制度では困難、現物支給では無理難題になるだろう、と。m(_◎_;)m
3
magius@MLPS @magius776 2013年6月9日
職業への憧れは言い換えれば夢で、夢と現実は違って当然じゃないのか?
1
孤独な散歩者@愛のわんこ党 @wizardrylife- 2013年6月9日
「感謝」「役立つ」を個人的な(心理的な)問題にすぎないと考えれば、わいなべ先生の言うことは概ね正しいね。でも、それって個人主義をこじらせているだけじゃないかと思うんだけど。
5
げそぱん @gespannt_ 2013年6月9日
最初から感謝や感動を売ることで儲けようというのは確かに気持ち悪い。感謝も感動も仕事をやり遂げた後に相手からされるものであって、こちらからそれを期待するものではない。
8
orihime @star_orihime 2013年6月9日
@ynabe39 だいぶ前の話題だが、武術研究家の甲野善紀氏の大学時代ですな。 > http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E9%87%8E%E5%96%84%E7%B4%80
0
みこみこ @mikoto_1009 2013年6月9日
多くの事象を一つの事象であるかのように語るから、違和感しか沸かない。
8
みこみこ @mikoto_1009 2013年6月9日
「役に立つ仕事」というのは、「役に立つ自分」って事かもしれない。自分に自信のない人間は、自分の存在理由を他者に求める。用事を頼まれると喜んでやるタイプは、それで自分を繋ぎ止める。
5
みこみこ @mikoto_1009 2013年6月9日
「役に立つ仕事」は「加害者に減らす(被害者を減らす)自分」事かもしれない。身の回りで不幸な事件・事故があると、自身がその加害者や関係者であれば余計に、その意識は強まる。
0
みこみこ @mikoto_1009 2013年6月9日
こうしたさまざまな事象を、「心理学」の肩書きで「上下関係」だけで語っちゃうわけさ。違うといえば「ふろいとがー」、んで多分本当に違う人には、「ぼくがたいしょうとしてるのわー」ってなるんでしょ。
8
ululun @ululun 2013年6月9日
誰でも誰かの「人の役に立っている」と思うんだよなー。その意識に強弱はあるだろうけれど。 寧ろ人の役に立たなくて良いと思いながら生きれる人のほうが強いんじゃね
5
ululun @ululun 2013年6月9日
私なんぞ才能の欠片もないし、穀潰しのような人間だと思うけれど、それでも仕事の依頼がある。ありがたいと同時に「仕事」を振ってくる人にとって私は「役立つ」人間なのだろうとも思う
0
ululun @ululun 2013年6月9日
この先生は、誰かの役に立とうとなんか思ってないんだろうけれど、そう思いながら生き続けられる人のほうが少ないんじゃないかなー。稀有だと思う
3
ululun @ululun 2013年6月9日
「役に立てていない・邪魔な存在だ」という自覚があったとしても生きていていいんだけどね(上から目線とかDisられそうだなー
1
ululun @ululun 2013年6月9日
「仕事」というのは、その内容如何に拘わらず「社会貢献」するけれど、生きているだけでも社会に何らかの貢献はもたらすと思うよ
0
ululun @ululun 2013年6月9日
でも「職業として選ぶ」ときに「社会貢献」を視座に入れるのと「サッカーで活躍したい」とかと変わらないんじゃないかなー。
0
ululun @ululun 2013年6月9日
オリンピックで金メダル取ろうとするのも、総理大臣目指すのも、表現で著名になるのも人の役に立とうとするのも「人より上に立とうとする」意味では同列で気持ち悪いってことだよね。別にどうでもいいじゃんそんなの
0
ululun @ululun 2013年6月9日
私は漫画描いてメシ食ってるけれど、そんなの幸運でしかない。才能があったわけでもなんでもない。でも、仕事が来る事は嬉しいよ。だって必要とされてるんだもん。
0
ululun @ululun 2013年6月9日
人から感謝されていないかもしれない、と思うのはしんどいことなんじゃないかな。違うのかな。便所掃除だって誰かに必要とされているからお金貰えるのではないの?
0
ululun @ululun 2013年6月9日
って書くとボランティア否定になるのかな。ややこしいな
0
ululun @ululun 2013年6月9日
”「人に感謝される仕事をしたい」というのは青年期の「アイデンティティ混乱」のひとつの症状”って書いてるけど、だって仕事の事を考えるのって50代じゃないでしょ、10代とか20代なわけでしょ、当然じゃないですか
3
ululun @ululun 2013年6月9日
50代になっていろいろ人生歩んでから仕事の事を考えるのと10代で仕事の事を考えるのは別じゃないのかなー
0
ululun @ululun 2013年6月9日
「人の役」に立たない仕事は存在しえない、と思う。でも仕事の事を考えるときに「人の役」に立つというような「人の上に立ちたい」という欲望を剥き出しにすることが何故悪いのか理解できない
3
セブンガー @sanmenkaiju 2013年6月10日
スーパーのパートのおばちゃんは、歩いていける所で安くてそれなりの品質の食品を売ってくれる「人の役に立つ職業」の人だ  人の役に立たない職業ってなんだよw
0
エックス @ekkus2632 2013年6月10日
でも社会の実態としては、継続的に食べてたら身体を壊すくらいの糖分や香辛料を添加した食品を製造販売するとか嘘に近い情報で付加価値をでっち上げて成立してる商売とか、そんな仕事ばっかだけどね。
4
エックス @ekkus2632 2013年6月10日
多かれ少なかれ大抵の商売は客の幸せなんか考慮してない。「こうすれば客が飛びつく」のメカニズムをひたすら追求してるが実態でえてして客は損失を(自覚するしないは別として)こうむってる。
4
エックス @ekkus2632 2013年6月10日
ほとんどの社会人はそういうことをやって、やっとのことで家族の食い扶持を稼いでいる。家族(含自分)を守るために、反社会行為を毎日必死にやっているのが現代人の実態じゃないか。
3
エックス @ekkus2632 2013年6月10日
人の役に立つ立たないのハナシは大人でまだ良心のカケラを残したまま生きてる人達にほろ苦い自分史を思い出せるものだね。結局、家族を養ってるからOKみたいなとこに落ち着くけど。
2
エックス @ekkus2632 2013年6月10日
「人の役に立つ」とかどんだけおまえスーパーな人間なんだよ、みたいな。でもたまにそういう人がいるんで、そういう資質を持って生まれた人には頑張って欲しいし、援護射撃くらいはする。
2
游鯤 @yusparkersp 2013年6月10日
他人様の役に立ちたくない。他人様は俺の役に立て。いっそ清々しいほどの自己中だが、気持ち悪くは無いw
1
ざの人 @zairo21 2013年6月12日
「施し幻想」をいかにぶち壊すかが医療福祉教育のキモ という発言にしても長年医療関係に携わった人だから言える、実に深い言葉、「人のためだと思うとかえって辛い」とかね、これだけ苦労してるのに苦しい思いしなきゃいけない ではなく、「自分の為にやるんだという強烈な意志」を持たないと心が折れるからそこに気がついて ってメッセージなんだね。
9
ざの人 @zairo21 2013年6月12日
このまとめは「医療関係の単なる一個人のワガママ」と思う人も多いようで、そうじゃなく、自分のためと思って、踏ん張って、1人でも多く物にして頑張れってエールなんだよ。
9
ざの人 @zairo21 2013年6月12日
「患者さんが求めるのはあなたの動機より技術であり知識だと思います。」って 「雲の階段」ってドラマで、ニセ医者の主人公が 島の住人に医者って実際の肩書きよりも大事にされて慕われる描写をみると? たとえフィクションであっても 「なおしてくれる医者が良い医者だ」っておもう。
9
ざの人 @zairo21 2013年6月12日
実際にニセ医者であることは、ケシカラン事です(苦笑、フィクションの話なんだけど、「雲の階段」は医療問題を考えるドラマとしては、とてもよいドラマなので、例に上げました。
1
ざの人 @zairo21 2013年6月12日
「患者さんが求めるのはあなたの動機より技術であり知識だと思います。」って言葉に 思い出したシーンが有ったのですよ。肩書きなんかより、地位より、大事なのは実際に治療をし、命を救うことだと。「雲の階段」ってドラマで、ニセ医者の主人公が 島の住人に医者って実際の肩書きでなく、きちんと治療しているからとても大事にされて慕われる描写です。 一方医者の肩書きはあるが処置できない医者が対比で描かれていた。
1
ざの人 @zairo21 2013年6月12日
真面目な話、これはこれで 題材にして今までにない医療ドラマを作って欲しい。「人のため」も重要だが「自分のためと指導する強烈な指導医者」がいて、看護学校を卒業しようと奮闘するナースのお話など。
3
ポポイ @popoi 2013年6月14日
#医龍 」て漫画で、主人公(紛争地でNGOに所属して活躍したスーパードクター)が、「医者は、《面白い》ってエゴイスティックな気持ちが無いと続かない」て意味の事を言ってました。同じ様な事かもですね。
0
M.Aono @aomonoya 2013年6月15日
てか「認められたい」駆動でちゃんとアウトプットが出れば無問題ですよね。ということは渡邊せんせい、このまとめの表題にされちゃったツイしたのが今回の地雷踏みですか。相対的に自身の地位を上げたいという願望が見え隠れ・・・
0
空弁者 @scavenger0519 2013年6月15日
zairo21さんぐらいなんだね。まともに読んでいるのは。(^_^;) 解説に書いて有ることが理解できてれば…。もしくは批判的な人は「人の役に立ちたい」願望の人なのかな?(^_^;) これだな。http://twitter.com/ynabe39/status/185522580462120961
2
かえでこ @KaedekoSakura 2013年6月17日
「2012-03-30」辺りの投稿を、大きな文脈に隠して放言して、突っ込んだ相手を「文脈を読めないアホ」と扱き下ろすやり方、無敵ですよねw
1
橇山宗太郎(嘘つきのクレタ人) @Ifniyat 2013年6月20日
「人の役に立ちたい」って、疎外感の裏返しでしょう。(自分を否定しない)人々の中に居れば、得に誰の役に立ってなくても気にならないんだと思う。「個人の欲求を大義で誤魔化すなよ」という主張は、そういう事例に遭遇ことはよくあるので同意できる。
1
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年4月18日
長いから途中までしか読んでないけど、「役に立ちたい」でやってると「無力な自分」にブチ当たったときに崩壊するから、さっさとそんな幻想は無くした方が楽ではあるよね。自覚の無い自称善人様と自覚のあるエゴイスト偽善者なら後者の方がずっと信用できる。
3
ヘルヴォルト @hervort 2016年4月27日
ほんとうに役に立つならどういう動機かなんてどうでもいいだろ
0