算数・数学などの学習の反復や、公文式について

初めてまとめてます。雑にまとめてます。雑に追加しています。読みにかったらすいません。
23
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
公文式には間違っても行かせるんじゃない。公文式に行っても考え方は身に付かないからな。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
公文式に行ってやる事っていったら、例えば算数だったら1枚10-20問ある計算問題を10枚解かされるだけ。ただの反復。糞つまらなかった。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
算数や数学のひたすらな反復は、考え方が本気で分からなくて、しょうがないから型にあてはめて導き、よくわからないけど答えが出るというものだ。点数は上がる。だがわかってない。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
だから、わかってる子供は飽きるのだ。飽きた子供は計算ドリルをやらない。分かってる子供に計算の反復をやらせても効果がでない。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
大人は「単純に分かってない子供」と「理解できてるが飽きた子供」の判断ができない。どちらも同じ「出来ない子」なのだ。少なくとも僕は「計算の反復」に飽きやすい子で、不真面目で出来ない子と思われたらしい。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
じゃあ、「そもそも理解出来てない子」と「計算に飽きた子」をどうやって見分けるかっていったら、「文章題が理解できるかどうか?」だ。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
僕は文章題が好きだった。なぜなら、計算ドリルでも1枚に4問しか出ないからだ。他のページでは計算問題が20問も出る。文章題のページが出ると、「やった早く終わる」とにかくテンションが上がった。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
家庭教師のアルバイトの経験はあまり参考にならないかもしれないが、少なくとも自分が見た子供は、「文章題ができる子は、飽きた子供」だった。計算は遅い。計算の反復は飽きて嫌がる。だけど、本質は分かってるのだ。こういう子供は新しい事をどんどんやった方が良い。
Hideyuki Tanaka @tanakh
僕公文式行って算数得意になったんだけどな…
特性のないりんご @aomoriringo
僕も公文式行って算数得意になったんだけどな・・・
Hideyuki Tanaka @tanakh
反復練習ほど効果のあるものはないと思うぞ。退屈だとは思うけど。高校範囲ぐらいまで行くと、反復なんだけど、計算がクソ難しくなるので、退屈から苦行になってくる。でも、すらすら出来るようになるまでやらされるので、このスキルは、思考の際に思考の妨げを減らすという意味ではとても重要なはず。
じつかいせきP 【マジでマルチなからあげさん(R+)】 @Real_analysis
公文式でやらされるのは問題のパターンマッチングの訓練だから. 確かに一つの戦法ではあるけどそれで勉強した気になってそのままの戦法で高等教育乗り切ったつもりになってる奴らはみんな滅されればいい
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
家庭教師やってて、「計算は早いが文章題が分かってない子供」を教えるのは正直苦労した。彼らは、足し算や引き算を丸暗記してるのだ。九九のように。
Hideyuki Tanaka @tanakh
@gachizei_tc そうすねえ。僕の場合は、高校受験のために、受験スキルつけるために中学からは塾でしたね。公文式ではあんまり受験勉強にはならなく…。
Hideyuki Tanaka @tanakh
@gachizei_tc 他の所は知りませんが、僕の通ってた教室だと、大半が小学生でしたね。中学生になるとかなりの人がやめていくのでだんだん居づらく。ガチの天才は小学校で全課程終わらせちゃいますし、苦手な人は学校の勉強についてくために塾になるし、中途半端な人はその良く聞くあたりで
Hideyuki Tanaka @tanakh
@dmnlk なかなか無意識というか、反射的に計算出来る感覚は、歳食ってからでは得がたいですねえ。CMの文言ではありますが、やってて良かったとは思います。
Hideyuki Tanaka @tanakh
ただまあ、とても退屈なのは確かだし、退屈なことをしこしこがんばれる子じゃなければ、公文式はあんまり役に立たないと思う。ちゃんと根気よく出来る子ならば、これほどよいものはないと思いますよ。
Hideyuki Tanaka @tanakh
公文式は根気と才能さえあればどんどん先に進めるので、僕は小学生の時に高校二年生ぐらいの数学の計算をやってたのだけど、この辺になると一枚1,2問のクソ難しい問題が書いてあるようになって、しかも解き方の説明もあっさりしてるし、先生も分かってなさそうな雰囲気だもんで、苦行になり
きしだൠ @kis
@nobkz 文章題が理解できるようになるには計算問題がちゃんと解ける必要があって、計算問題をちゃんと解けるようになるには計算問題を解くってトレーニングが必要で、トレーニングというのは基本の反復で、公文式はそのトレーニングをする所、だからむしろ数学できない人は公文式行くべきでは
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz
飽きる子供はどうやって反復されるかっていえば、先の全く新しい問題や難しい問題を解かせるのが一番だ。そういう問題は過去の問題の反復も含んでいるし、あたらしい考え方も含んでいるからだ。
Hideyuki Tanaka @tanakh
ぼくより後に始めた男の子が、あっという間に僕を抜き去って、4半期毎にもらえる進度ランキングでトップ100だとかに入り始めて、ついには、今期の全課程制覇者おめでとう!とかに名前がのってて、とてもつらかった。かれはその後苦悶の高校に進学し、東大に入ったという。
Hideyuki Tanaka @tanakh
初めて格の違いという奴を見せつけられた瞬間であった。だけど僕はプログラミングに出会えたので良かった。
Hideyuki Tanaka @tanakh
国語も古文とか入り出すと、クソむずで、解いてるとクソネミになって、もうあれだった。やっぱ苦行だ。
Hideyuki Tanaka @tanakh
最初の方、点を順番に線で結びましょうとかから始まるんで、やたー、サクサクできておもしろい!とか思ってたら数年後に苦悶式に変わって、どん底に突き落とされる。
Hideyuki Tanaka @tanakh
公文式も小学生的な文章題は小学課程の最後らへんに出てきたけど、その後すぐに方程式出てくるんで、しかもとくに学年の壁とかないので、そういうもんかー、ってスルーすることになる。
残りを読む(53)

コメント

チュン(りぐん)プリキュア駆動 停滞中 @choonggeun 2013年6月25日
個人的には公文式のような塾って、「算数意味分からない子」の成績を上げるにはいいと思う。理解できないなら暗記しかないから。ただ自分がそうだったように計算を感覚で解いている人たちには無駄だろうな。だってわかっていることを暗記で解くのは苦痛でしかないから。
チュン(りぐん)プリキュア駆動 停滞中 @choonggeun 2013年6月25日
少し前話題になった文章問題で掛け算の順番を逆にするだけで✕にされてた写真、あれとか「算数の解き方分からない子」に救済策として解き方を暗記させるのはいいと思うんだよ。だってわからない子に反対にしても同じなんて法則教えても混乱するだけだから。でも、それを分かる人にも共用しているのが問題なんだと思う。そして、そんな感じのことを「わからない人」向けの塾では教えるから、やっぱり「デキる子」はそこで反発を覚えると思う
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月25日
まとめを更新しました。関係の無いツイートがあったので削除しました。
Salah Rieman @cosycube 2013年6月25日
子どもの頃に公文式をやったことがある友人はいい歳ですが、未だに公文式の宣伝見るたびに本気で怒りだします。よほどに悔しいことがあったらしい。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月25日
公文式には小学生で高校数学や高校英語をやっている子がけっこういます。彼らが理解できていないかというとそんなことはなく、ちゃんと理解できていますよ。理解できなければ解けません。パターンに当てはめてとか、流れから予測して解いていると、必ず引っかかって間違うように教材が作られています。ちゃんとそういうところまで綿密に計算されて作られているんですよ。シロウトがぱっと見で「ああ、こんなものね」と思うよりはるかに時間と労力と知識をかけて研究された教材ですよ。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月25日
ぜひ一度、公文式の指導者研修を受けられることをお勧めします。そうすれば、世間でよくありがちな公文式への理解が、単なる無知から来る誤解だということがよくわかると思います。生徒を指導する立場で教材を研究すると、その周到な配慮に驚くと思います。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月25日
公文式は「学ぶとはどういうことか」「学習とはどういうことか」を追求して長年かけて研究して試行錯誤の末にたどり着いた一つの答えです。シロウト考えで覆せるような甘いものではありません。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月25日
http://twitter.com/chomado/status/349361366378872834 ←これはたぶん理解してないのではなくて、理解していても自分の言葉でうまく説明できないだけではないかと。もし仮に理解できてないとしたら、同じところで足踏みして先に進めないだろうし、それを指導者が見抜けてないのだとしたら指導者の資質の問題。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月25日
あと、これも大きな勘違いだけど、泣きながらとかやる気がないとか、そういうのはそもそもやらせるべきでないわけで、外で遊ばせるなりするべきなんだと思うし、それを親が無理やり行かせてるのだとしたら、親の問題であって、公文式に問題があるという話にはならん気がしますが。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月25日
4年のときに2年の内容をやらされた、というのは、2年の内容をそれこそ「理解できていない」のに4年の内容をやっても意味がないからです。まず2年の内容ができるようにならないと、3年、4年の内容はできません。だからこそ公文式では本人の年齢や学年に関係なく、どこでつまづいたか、どこからわからなくなったかを調べたうえで、そこから始めるんですよ。わかっててもわからなくても無理やり年齢相当の内容をやらせる学校教育よりそのほうがはるかに合理的な考え方ではないですか?
ToTo @toto_6w 2013年6月25日
公文式はガンガン進んで先に行ける時は面白いんだけど、一度躓いたらそこで足踏みして先に進めなくなるのが辛い。脱出するヒントも少ない。そこら辺で指導がもっとあれば良かったんだけど、それが無かったのが辛かった。結果そこで公文自体を止めましたw
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月25日
メソッドがどれだけ優れていても、それを利用する側が適切に上手に使わなければ効果がないのは当たり前のことで、学問に王道なしという通りなんです。最近はBGMとして流してるだけで英語がペラペラ、のような、楽して成果が出ることを強調するものが多いですが、そんな夢みたいな話は実際にはありません。地道な積み重ねなくして学習の成果は出ません。メソッドそのものを批判する前に、それが適切に使われていたのかどうかも公正に客観的に評価する必要があります。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月25日
grayengineerさんが言っていることで数点指摘したいのですが、まず1点目として「長年かけて研究」ての所ですが、学習塾なら誰でもどこでもそういうことを言いますね。胡散臭い宣伝文句にしか聞こえないですね。2点目に「理解してるけど自分の言葉で説明できないです」ですが、説明できないと理解していると言えませんよ。説明できてないのにどうやって理解しているかを判断できるか良く分からないですね。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月25日
3点目に「研修を受けて..というところですが」を受ける以前に、公文式を僕は4年間は習っていたので公文式をすべて全く誤解しているとは思いません。その生徒からの意見からすると、僕が行った公文式の教室は全く以て良くなかったですね。4点目に、「2年生の内容ができてないのに、4年生の内容をやっても無意味」というのは、僕が学校で4年の時に受けた算数の授業がすべて無意味になりますね。けれども、学校の成績は良かったですよ。公文式自体、そもそも子供自体の学力を定期的に見るようなシステムになっていないと思いますね。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月25日
5点目に泣きながらやらされたのは、公文式の教室の先生方も関わったことですよ。それを、僕の母親だけ問題にするのは良くないですよね。公文式全体が良くないってことは言えないのですが、少なくとも僕の行った教室自体が良くないのは確かだと思いますよ、。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月26日
ぼくが公文式で問題だと思うのがtoto_6wさんが言ったように、「落ちこぼれたとき先に進めなくなること」なんですよ。僕のように学校の内容は理解しているのに、公文式内で落ちこぼれるとどんどん学校のとの差が開いてしまう。追いつくためにやらないと行けないプリントが10枚、20枚と増えていく。僕の場合はそれが多分途方も無い数になっていたと思いますよ。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月26日
それが開いた結果、4年生で算数で学校ではそこそこの成績を残しているにも関わらず、公文式ではまだ2年生、3年生の内容をまだやってるんですよ。それで嫌になって我慢できなくなって、母に言って5年生の3学期の時別の塾(全教研)に移ったんですよ。そしたら思いのほか塾が楽しくて、気がついたら、偏差値60後半以上もある私立の中学に受かってました。5年生の2学期あたりでは公文式で小学3年の内容をやっとすぎたあたりでした。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月26日
個人的な事情の話はわかるのですが(最初からわかってて言ってるのですが)、それが公文式という方式そのものの問題点であるというところに結びつけるところに無理があって、それが結局個人的な嫌悪感とかトラウマとか、そのへんに根ざしているものでしかないのでは、と思うわけです。実際、あなたのように嫌いになった人もいますが、大好きで楽しく卒業していった人たちもいるわけです。あくまで個人個人のそれぞれの経験の違いの話なのではないですか、と私は思っています。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月26日
学校教育に馴染めずに途中でドロップアウトする子供もいます。学校が大好きで卒業していく子もいます。前者が存在するから、前者が「学校という仕組みがダメなんだ」と言ったらそれだけで説得力を持つでしょうか? 私はそうは思いません。あくまでそれぞれの個人的な環境や状況や経験の違いだと考えるのが合理的で客観的な判断だと思いますよ。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月26日
もちろん、改善すべき点があるのではないか、という提言はできると思いますし、実際改善できる余地はあると思いますよ。でも仕組みそのものがまったくダメだというのは極論ですよね、どう考えても。それが「自分は大嫌いだ」という意味以上のものでない、というのなら別ですが。
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2013年6月26日
指導者個人の資質の問題もあるし、指導者と保護者、本人の間のコミュニケーション不足や意思の疎通の失敗というような要因もあるし、あるいは本人がそもそも乗り気でないという場合もあるし、いろんな要素があるわけですよ。問題を指摘するのであれば、そういう要素をきちんと検証して分析したうえでどこがどう問題だったのか、と考える必要があって、最初から公文式全体の否定ありきでは本来見えるはずのものも見えなくなるのでは、と思いますよ。
ʇɥƃıluooɯ ǝıʇɐs 𖥶 @tsatie 2013年6月26日
公文は何かを捨てたシステム。全否定も全肯定もしないし、まあ単発ならみるべき点も無いとは云わないがその程度なら他のシステムと大差ない。問題なのは、勝手に捨てておいて、金を取っておきながら、そこで不幸になる子供を次々生み出しておいて、来させた親が悪いと開き直る姿勢だな
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月26日
ぼくが言いたいのは結局のところ公文式は 「意味が分からないまま計算をできるようにさせる」「子供の調査をせず無意味な反復を繰り返し、子供の時間を無駄にしている」という場所でしかないというのを僕は問題にしているのです。 いままでの発言は個人的な事情であることは良くわかります。あと、僕が公文式を嫌悪していることも否定しません。個人的なあの反復システムを体験した上で、システムを言っているだけなので、公文式全体の問題と見るのは強引かもしれません。ですが、僕の体験はそのシステムとは無関係とは思えません。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月26日
学校教育と違うのは、公文式というのは学校よりかはマニュアルが進んでいて、均一化が計られていると思うのです。僕の行った教室と全国の状況とそこまで変わらないんじゃないかと思うのです。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月26日
「指導者と保護者、本人の間のコミュニケーション不足や意思の疎通の失敗」とありますが、そもそも公文式は先生とコミュニケーションを取らせてもらうシステムでしたか?プリントをやらされて返るだけの場所にどこに子供とのコミュニケーションがあるのでしょうか?
WicKid @wickid101 2013年6月26日
あー nobkz氏が言いたいのって 苦行の様な事をしてまで、計算力を鍛える必要性も無いし。同じ時間を使うなら、もっと効率の良い方法があるんじゃないか? ってことかな。 その手段が分からないけど、言っている事は理解できる。
WicKid @wickid101 2013年6月26日
個人的には、「理解するのは後でも良い派」だから、別に理解しない事は問題にならないかなぁ… 実際、高校辺りまでの数学(下手すると大学受験も)は、解法をどれだけ憶えるかの方が重要だから、実用上はそれでも困らない。
Ka-Ka @ka_ka_xyz 2013年6月26日
親が公文の指導者(いわゆる先生)だったけど、自分自身はあの反復プリントの山が死ぬほど嫌で小学校の頃にやらされてたけど最終的にマジ泣きして拒否した俺が通りますよと。
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年6月26日
まさしく人によるかな、ただ計算能力が必要なパターンの人にとっては実力をつけてからが勉強がすすむというのはあるかもしれないし、その筋での計算能力強化としては方法論としてアリなのかな?とはおもった。自分はどっちとも言えないので微妙ですが
Ka-Ka @ka_ka_xyz 2013年6月26日
算数的な計算力をつけるトレーニングとしては、アレはアレで良いと思うんだよね。それで自信つけて、後々算数から数学に切り替わった時に上手くやっていける場合も有るだろうし。
hase_zzz....zz... @hase_zzz 2013年6月27日
公文で学校より数年先まで進んで数学が得意になったクチだけど、あの反復は、ただの基礎トレではない。基本のルールを教えて反復させ、そこから次の法則を演繹するためのプロセスにもなっている。例えば掛け算の繰り返しから累乗の計算法則を導いて、0乗が1になるという事を「発見」出来たりもする。(詳細は覚えてないけど)負の数同士の積が正になるというのも暗記ではなく自然に身につく様になっていたと思う。 あれが『無意味な反復で時間のムダ』というのは、やり方が合わない人だったんだなというだけの事だと思う。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月27日
まぁ人によるのは当然ですけど、過去のトラウマとかで過剰に反応しすぎました。反省してます。ただ、あのやり方を押し付けるのはぜひ止めてもらいたいですね。公文式ってみょーにブランド化しちゃってるところがあるから、教育ママさんたちは意識して行かせるみたいな雰囲気があるんで。僕みたいな子は「0乗が1になる」みたいなものを問題を解く以前に解決しちゃって、「当然」だと思ってしまうのもいるんで。まぁ人によるってこと、だけなんですよ。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月27日
まぁ、あとは、公文式は子供を評価するやり方が良くないと思うのでそれだけは改善してほしいと思うだけですね。それと、異常に遅れていていて、過剰に増えたプリントを免除してほしいぐらいですね。反復は時に害になるので。筋トレも過剰だと邪魔なものになるので。
はなだ☆のぶかず@lisp &ボドゲ勢ボドゲプレイヤー) @nobkz 2013年6月27日
すいません、もう一点付け加させてもらうと、0乗が1」などのというさまざまな計算に出くわして、を蓄積することによって計算自体を理解することもあるでしょうが、僕はそれだけで学習することは良くないと思います。あくまでも定義の学習をしてからこそだと思うので。あくまでも、公文式は概念学習には向いてなくて、計算訓練としては良い場だと思いますね。
A級3班国民 @kankichi573 2013年6月27日
記号操作と割り切りゃ多項式や初等関数の微分は消防でもできるように鍛えることは可能だろうな。本人のためになるのかどうかは知らんが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする