獣の仕業 まめ芝。参加作品番外公演「助ける」感想まとめ

獣の仕業 まめ芝。参加作品番外公演「助ける」感想をまとめました。
舞台芸術 助ける 演劇 まめ芝 獣の仕業 芝居
0
上田恒平 @hungryspirit_uk
10分遅刻でまめ芝拝見。げんちゃんは花があっていい役者!授業でやったことあるチェーホフで当時が懐かしくなった。そして獣の仕業初見。なるほど、俳優の体と言葉、音響照明演出が解離せず全てが一つで脈動する生き物のよう。これは凄い。
みか @mk217_
「まめ芝。」その伍行ってきました。
みか @mk217_
個人的に1番目の獣の仕業「助ける」がとても好みで惹き付けられました。手塚さんがとても美しかったです。
伊織夏生*ドグラ・マグラ朗読完走!* @iori_natsuo
まめ芝観劇!念願の獣の仕業さん!美しくて醜くてだからこそ美しい、そんな感じ。観られてよかった!初日打ちまで混ぜて頂き感無量でした。ありがとうございました。
松本隆志@6月29日~AMP脚本・演出 @D_amp_
今回、まめ芝。に出て悔しく思ってるのはただ一つ。獣の仕業を観られないままって事だ…! 他会場も回って全部観るつもりが、うさぎ亭と自宅の往復しかしてない。他団体の戦い方が気になって仕方ないぜ。他会場の方でうさぎ亭に来られる方はバンバン観に来ておくれやす。
水川 美波 @mimo_imo
そうそう、昨日は獣の仕業さんの『助ける』を観劇しました。少しでも目を離したら置いてかれそうになる緊張感、時に言葉と乖離した身体。30分の中にけもけもしさが凝縮されていました!江古田One'sスタジオで本日まで。 9月の本公演「群衆〜」には私も出演します☆がんばるぞー(`・ω・´)
左 観哉子 @hidarimiako
まめ芝感想②さて、待っていた獣の仕業です。いつもどおり安定のオンドロロ。しかし今回それが際立つ!ここからは私の心理的攻防のツイートです。私の愛が伝わりますように。まず、音楽が、ゴシック調。そして小林が亡者。そして小林が亡者の芝居を研究しつくした結果、やや3Dゾンビのような体に⇛
左 観哉子 @hidarimiako
まめ芝感想③小林、関節をグネグネ動かしながら、時々あやしい機械音のような声を出す。上体を不自然にひねりながら、苦しむ手塚を追い回しポエムを口走る。「こ、これはまずい」私のツボに入ってしまう。そしてときは来た・・・!⇛
左 観哉子 @hidarimiako
まめ芝感想④小林、重低音のきいた獣のような唸り声をあげながら手塚をさらに追い詰める。そしてついに、手塚の足にとりつき、手塚の足をムシャムシャかじった!もうだめだ ここで心のなかで声がした 「バイオ・ハッザアード」・・・⇛
左 観哉子 @hidarimiako
まめ芝感想⑤だめ 笑っちゃダメ 今すごく真剣なところ 自分に喝を入れるがだめだ 我慢しようとすればするほどツボに入る。私は必死でつらい過去や痛い過去を思い出し時を耐えたのであった。さて次から真面目な感想⇛
左 観哉子 @hidarimiako
まめ芝感想⑥獣の仕業は、安易に走らずちゃんと自分たちの芝居をやっていた。手塚は女優で舞台に立つ姿も風格があり堂々。小林くんの技術と個性も言うまでもなく。二人でこうやって(立夏も)舞台作っていることが、奇跡のように思えて、だけど必然だなと思った。すごく芝居を愛している3人。
左 観哉子 @hidarimiako
まめ芝感想⑦これからももっと良い物作って楽しませてね。個人的には、なぜ小林がどんどん飛び道具化しているのか語り合いたいのであった。このままでは女性ファンがつくか心配である。役者なんて苦いことやって、おまけにモテないなんてそれなんてカルマ。といらぬおせっかい
左 観哉子 @hidarimiako
まめ芝感想⑧よく考えたら、別に配役的にはイケメンっぽく演じることもできそうな役だよなあ。なぜかこばやんが演じると飛び道具感が出るのね。まあ、木は自分が伸びたい方向に伸びるといいますから、その方向でがんばってください!いやー今日は腹筋鍛えられてよかった。
岩澤繭@ウテン結構 @mayuffy
東京!獣の仕業行けなかった…m(。≧Д≦。)m
かたこり。 @katakori_
1枠目。獣の仕業さん。小林さんがやっぱりカッコいい。これは個人的な感想なので的外れだったりかもですが、獣の仕業さんのおはなしって、話が進むにつれてどんどん世界が広がって行くような、謎解きのような、そんな感じを毎度受けているのですが→
かたこり。 @katakori_
→今回も30分の短い時間の中でもその要素が盛り込まれていたような気がしました。とても楽しかったです。
かたこり。 @katakori_
あと、3つ劇を観て思ったのは、場面移動?というのか?の考え方。劇における「空間」「舞台」って、ほんと重要だなぁって。なんだか、考えさせられました。
横田純/Jun Yokota @toraumaboxer
獣の仕業はホント人を不安にさせるのがうまいなあ。ぼくは怖いんですよ、飲み込まれそうなあの雰囲気が。まさにケモノとしか思えない、奥の方から湧き上がるえげつないパワーを感じる。
横田純/Jun Yokota @toraumaboxer
あと獣の仕業を観てると頭の中が異常に回転するので大量にアイデアが出ます。作・演出の立夏が散りばめた数々のことばや、役者の動きや、照明音響の調和が琴線に触れて頭の中でなんか起こってるんだと思う
小川 和彦 @kazuoga5409
「まめ芝。その伍」で上演された獣の仕業初の短編「助ける」は、独特の様式美を伴なって展開される精神世界。できればもう1回観て理解を深めたかったが…。詳しい感想はhttp://t.co/qe9579WAsA
金魚 @tatsunoototo
3.「まめ芝。」獣の仕業【助ける】。受けたのは、あい。深い深い海の藍と、かなしいの哀と、古くはかなしいに使われた、愛。今回はじめて純粋な立夏さんのことのはの世界に触れましたが(オセロは原作があったので)、凄まじい熱を帯びた力強さと突き刺さる冷たい鋭さのあるそれは正に、獣でした。
小林龍二[獣の仕業] @SWZ_K
まめ芝その五、獣の仕業参加日程終わりました。お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。また、スタッフに関わる皆様、ありがとうございました。
「#演劇」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする