ハッピーさん(happy11311)による原発汚染水に関する東電の対策経緯をまとめた一連のツイート

さすがハッピーさん(@happy11311)。現在非常事態となっているフクイチ汚染水問題に関する経緯の解説がどんな報道よりも細かく専門的なので、必読だと思います。一連のツイートをまとめました。
環境 東京電力 東電 汚染水 原発 原発事故 福島第一原発 ハッピー フクイチ
318
ハッピー @Happy11311
コンチヮ(^O^)今週コツコツと書いてた、つぶやきを一気に連投するね。汚染水の問題を中心に書いたんだけど、かなりの長文になってしまったでし。
ハッピー @Happy11311
初:今日は東電の考えてた崩れてしまった汚染水処理のシナリオについて、オイラの勝手な見解でつぶやくでし。汚染水処理の問題は冷却を始めた事故当初から懸念されてた。だけど一気に一般世間に不安が広がったのは、近隣各国や各関係方面に伝える前に汚染水を放出してしまった件からなんだよね。
ハッピー @Happy11311
続1:あの時も今回の件と同じように現場と本店、東電広報、政府のコミュニケーションが悪くて、あんな結果になってしまったんだ。現場は今にも汚染水溢れてしまいそうで緊迫してて、すぐに海に流したかったけど結構待たされたんだ。
ハッピー @Happy11311
続2:ようやく本店から放出許可出て現場は海に放出したんだけど、結果的には放出タイミングのフライングで各方面から物凄い非難をあびてしまった。オイラは、この時から現在まで海洋放出や流出の話は東電内でも安易に口に出す事が出来なくなっちゃって、タブー視されちゃった感じがするんだ。
ハッピー @Happy11311
続3:いま現在も、トラブル対策に時間がかかり稼働の遅れてる多核種除去装置(アルプス)の計画や基本設計は2011年の夏から秋にかけて出来上がってた。アルプスを作るきっかけになったのも、地下水が建屋内に流入してるのがわかって、どんどん増えて行く汚染水の対策だったんだ。
ハッピー @Happy11311
続4:地下水が建屋に流入して汚染水が増えてるってわかったのは、応急対策の循環冷却ラインが突貫工事でやっと出来上がって回し始めて、一週間か二週間位経ってからだったかなぁ…。タービン地下に溜まった汚染水を汲み上げて移送するんだけどタービン地下の水位ちっともが下がらなかった。
ハッピー @Happy11311
続5:本来ならば注入量より多く汲み上げれば水位が下がるはずなんだけど、むしろ上がってきてたんだ。「なんか変だぞって」って事で検討した結果が地下水流入だった。東電は建屋は壊れてないと思い込んでたから、地下水が建屋に流入してるって見解に達するまで時間がかかったんだよね。
ハッピー @Happy11311
続6:そこで、このままだと汚染水はどんどん増えてしまうって事でアルプスの計画が持ち上がったんだ。アルプスが出来上がり、稼働するまで(当初予定は2011年9月目標)の間は、毎日400t増える汚染水を貯めるタンクを造って対応する事にしたんだ。
ハッピー @Happy11311
続7:遮水壁の話もちょうど、この時期だったかなぁ…。遮水壁は、馬渕議員が陸側も提案したんだけど、東電は陸側遮水壁を造るには他の工事との干渉も大きいしコストもかかる、また埋設物の調査にも時間がかかるという理由から東電は陸側は却下して作業干渉がない海側だけを選択したんだ。
ハッピー @Happy11311
続8:東電は、アルプスが稼働して高濃度の汚染水を処理するようになったら、陸側の遮水壁は無駄なコストになってしまうと考えてたんだと思う。まさかアルプス稼働がこんなに遅れると思ってなかったはずなんだ。この時期から陸側遮水壁を造ってれば、もう少し違った現状だったかもしれない。
ハッピー @Happy11311
続9:オイラが考える東電シナリオが崩れた最大の要因はアルプスだと思うんだ。当時の東電は、アルプス稼働日を基準にして常に汚染水タンクの計画と工事発注をしてた。アルプスが稼働すると汚染水タンクは沢山造っても余って無駄になるからね。
ハッピー @Happy11311
続10:だからアルプス稼働が遅れる度に、次の稼働予定日までの分まで汚染水タンクの増設発注が出て、現場は急いでタンクと配管を布設してたんだ。あと東電はアルプスが稼働した処理水はトリチウムが除去出来ないのは計画段階からわかってた。
ハッピー @Happy11311
続11:でも、世間が騒ぐほど東電にとってトリチウムはさほど大きな問題と思ってなくて、希釈して告知濃度未満にすれば海に流す計画だった。通常の原発でも普通に流してるからね。もし東電がトリチウム放出を気にしてたら、アルプス稼働後の処理水タンクが最初からもっとあったはずだしね。
ハッピー @Happy11311
続12:最初のアルプス処理水の貯留はタンクじゃなくて、あの漏れた地下貯水槽だからね。1日1200t処理するはのに、地下貯水槽は処理水を一時的に貯めるだけの計画だったから数も少ないし、スペックも山の汚染瓦礫保管用の仕様にちょっと手を加えて造ったんだ。
ハッピー @Happy11311
続13:タンクじゃなく地下貯水槽にする事によって電線の下のデッドスペースだった敷地も有効に使えるし、コストも安かったんだと思う。2012年9月のアルプス稼働に向けて、現場は突貫工事で頑張り、なんとか形は出来上がったんだけど、ここからシナリオがどんどん崩れていくんだ。
ハッピー @Happy11311
続14:アルプス稼働準備は間に合ったんだけど、タイミングが悪かった。ちょうどその時期、保安院から規制委員会に変わるタイミングだった。それまで東電は保安院と認可手続きを進めてたんだけど、規制委員会に替わる事になり、これまでの手続きは白紙に戻され…、
ハッピー @Happy11311
続15:継続ではなく、新たに最初から規制委員会に認可手続きを行わなければならなくなったんだ。ようやく始まった規制委員会の審査もスンナリとはいかず色んなコメントが付き、キャスク改造や建屋建設を余儀なくやる事になってしまい、アルプス稼働は更に半年以上遅れる結果となってしまった。
ハッピー @Happy11311
続16:この半年以上のアルプス稼働の遅れは、東電にとっては大打撃だった。シナリオが根本から崩れてしまったからね。そこで東電は、日々増えて行く汚染水の対策を新たに打たなければならなくなり、シナリオを書き換えたんだ。最初の書き換えは濃縮汚染水のタンク増設。
ハッピー @Happy11311
続17:ところが、そのシナリオはすぐに崩れてしまう。タンク増設だけで対応出来ると思ってたんだけど、数ヶ月後のシュミレーションでタンク増設エリアの地盤改良や増設工事が予想以上に時間がかかり、このままだと対応出来ないという結果が出てきた。
ハッピー @Happy11311
続18:またまたシナリオを替えるんだけど、その対策で浮かび上がったのが地下水バイパス。タンクが間に合わないなら増える汚染水の原因である地下水を汚染水になる前に汲み上げ少しでも減らす考えだね。これも現場は突貫工事でやらなくちゃならなくなり、地下水バイパス工事が休みなく始まったんだ。
ハッピー @Happy11311
続19:この時期の東電は、とにかく一刻も早く地下水バイパスをやる為に色々な事を考えてたと思う。漁業関係者や自治体はじめ、水面下での根回しは必死にやってたはずだし、現場も元々汚染水貯留用で増設したタンクの内の9基を地下水バイパス用に切り替えた。その為にタンクの改造もやったしね。
ハッピー @Happy11311
続20:現場は必死に頑張って、なんとか工期内に完了し地下水バイパスのサンプリング試験も始まった。ところが、悪夢というか、行き当たりばったりは許さないぞというお告げか、再びシナリオは崩れてしまう。この時は流石に、オイラもだけど突貫工事で頑張った作業員はガッカリしたと思う。
ハッピー @Happy11311
続21:福島漁連トップにも地下水バイパスの必要性を納得してもらい、致し方ないと言うことで、なんとか地下水バイパスの話は事前承諾を得、サンプリング結果を持って漁業関係者に説明してる最中に地下貯水槽の漏えいが起きてしまった。汲み上げる地下水の上流での汚染水漏えい。
ハッピー @Happy11311
続22:元々、地下貯水槽はトリチウムだけが残存するアルプス処理水を入れる予定だった。しかしタンク増設が思うように進まず、地下水バイパス貯留に汚染水タンクを9基持っていかれ、否応なく地下貯水槽に汚染水を貯めるほかなかったんだ。
ハッピー @Happy11311
続23:このトラブルにより、稼働直前まで現場工事も関連部署との調整も進んだ地下水バイパスの話は白紙に戻され、未だに目処が立たない。これまで、行き当たりばったりではありながら、なんとか打つ手はあったけど、この時点で現場は遂にお手上げ状態となってしまった。
残りを読む(21)

コメント

Hyo Yoshikawa @HyoYoshikawa 2013年8月4日
まとめを更新しました。
Hyo Yoshikawa @HyoYoshikawa 2013年8月4日
RT @HyoYoshikawa: 悪意とか怠慢とかいうことは別に、東京電力という企業がフクイチ収拾に関して限界点に来ていると考えた方がいいと思う。一刻も早くフクイチ対策の主導権を国家に移しそれこそ叡智を尽くした対策が開始されることを。もう時間がない。このままだと3週間で高濃度汚染水が地表に溢れるという。非常事態。
Hyo Yoshikawa @HyoYoshikawa 2013年8月4日
原子力規制委員会が何だか遠くで人ごとのように見守っているチェックマンにしか見えないんだよね。現状僕には。機関としての最高権力でしょう。管理機関としてはそうだが国家に実行部隊がいない。実行は東電ですよ。我らは官で民を管理しますよでは今回の事態はどうにもならなくなっている気がする。
Hyo Yoshikawa @HyoYoshikawa 2013年8月4日
残念なのはハッピーさんのように我らにわかる言葉で現場に近いところから何がどうなっているのか事態を解説してくれる人さえ本当に少ないこと。能力、気概、人柄、勇気。様々なことが必要なのだろうが、官僚言葉も政治家言葉も、そして東電言葉もさっぱり日本語として意味がわからない。
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2013年8月4日
「自民党総裁は国主導で責任を持って全力で収束作業に取り組むって言ってたけど、具体的になにもしてないし…。」←政権発足時にも「閣僚全員が復興相だという意識を共有し、あらゆる政策を総動員する」って言ってたのに、この現状ではお話にならないですよね。東電では人的にも金銭的もリソースが厳しいんだろうから、国がもっと本腰入れて介入して欲しいです。
njamota @njamota 2013年8月4日
2012年6月18日の東電の資料 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_120618_01-j.pdf を見ると、当時の予定では地下水バイパスは2012年9月中旬には稼働開始の予定だったようです。ですから、ALPSの稼働が遅れた結果として地下水バイパスを始めたわけではないと思います。
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年8月4日
経営陣に対する給与や賞与の削減を求めるだけなら分からない話では無いが、東電憎しで電気料金の値上げ反対や、不払い運動などが技術者離れや既存インフラの安定化に対して足を引っ張る方向にしか働かない事を認識しなければ、今後の対策に対してネガティブなものになって行くって事はもっと共有されても良いのでは?
onkapi @onkapi 2013年8月4日
発電所の山側に地下水遮蔽壁を作るというのは良い方法のように感じます。(海側でやっている遮蔽壁の工事で汚染水位上昇のニュース https://twitter.com/onkapi/status/362730790687215617
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年8月4日
そういえば、東電の退職者の増加って歯止めがかかったんでしょうかね。技術職の退職増加が一時懸念事項として挙がってましたが。
リーフレイン @leaf_parsley 2013年8月5日
賠償金と事故対応で国家予算レベルの費用がかかると予想されてるなら、1私企業にそれを負担させるのは、私企業がそれだけの利益を出せるというのが前提になり、かなり無理があります。福一の収束安定作業は優先順位第一位なので、国が全面的に責任をもってやってほしいデス、、
リーフレイン @leaf_parsley 2013年8月5日
今後数十年続く作業には、未来の大人たちにも携わってもらわないといけないのです。現場の健康、安全管理、作業への補償を私企業の企業論理に絡め取られないように、万全の態勢を作っていくのは、現在の大人の義務ではないでしょうか。
みゆき@シャイニングマンデー欲しいずら @honoka0818 2013年8月5日
内情ペラペラ話すのって大丈夫なの?下手したらコンプライアン違反だろ
no nukes @ROKKASHO 2013年8月5日
やはり東電は国有化したほうがいい。どういう事態なのか、おそらく把握し切れていない。
ひまわり @powerpc970 2013年8月5日
国有化したら上手く行くと考えるのは何故?役人なんて非効率の代名詞じゃん。自己顕示欲丸出しで東電を攻撃して、優秀な技術者を辞めさせ、値上げも再稼働も反対し、安全対策の原資を奪ったのは誰だろうね。
匿名希・望 @Ntokunaki 2013年8月5日
powerpc970 少なくとも国費投入はやりやすくなるでしょう。
ふくねこすけ @PapicoPapy2000 2013年8月5日
powerpc970 それ役人というより政治家じゃ?
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2013年8月5日
「国が介入」と書きましたが、国有化という意味ではないです。国有化や発送電分離は愚策だと思ってますし。powerpc970さんの言われる、値上げや再稼働に対して国が配慮してたりとか、他の金銭面での援助という意味です。これから東電には賠償金を払い続けても貰わないといけないので、死んでもらっては困りますから。
みゆき@シャイニングマンデー欲しいずら @honoka0818 2013年8月5日
ROKKASHO かつての国鉄の残念ぶりを思い出してくださいね。
Hyo Yoshikawa @HyoYoshikawa 2013年8月5日
重複と欠如がありましたので更新しました。
北岡修二:S.KITAOKA @regedry33 2013年8月6日
もうここまで来たら東電が憎いだとか好きだとか、反原発だ反反原発だのって話じゃないだろう。1Fを収束させてくれるというなら、悪魔とだって手を組もう。しかし期待や願望ならいくらでも並べられるが、具体的に誰が、如何に、収束させるのか?となると言葉が出ない。学ぶべき過去の事例もない。仁科芳雄や木村健二郎、三宅泰雄や猿橋勝子の昔に帰り、その足跡に学ぶところから始めるしかないのかも?
四つ葉 @yondakoto 2013年8月6日
ハッピーさんの訂正ツイ↓ https://twitter.com/Happy11311/status/363939607051649024 すみません、訂正がちょっとあります(>_<)連投の「続6」のつぶやきで、アルプス当初予定は「2011年9月目標」とありますが「2012年9月目標」の間違いです。投稿前のチェック見落としました、ごめんなさい(∋_∈)
Hyo Yoshikawa @HyoYoshikawa 2013年8月6日
. @happy11311さんから訂正が一部入りましたので、それを加えてまとめを更新しました。
富 ユタカ @lkj777 2013年8月6日
東電って自分たちが考えていることが絶対実現するって信じているんだなあ。
富 ユタカ @lkj777 2013年8月6日
内情ペラペラ話すのって大丈夫なの?下手したらコンプライアン違反だろ<こんな国益を考えない揚げ足取りなバカがいるから、東電も自分たちが信じていることを修正できないんだなあ。
富 ユタカ @lkj777 2013年8月6日
国有化したら上手く行くと考えるのは何故?役人なんて非効率の代名詞じゃん。<というか収束作業自体非効率の塊りで、まさに市場の外部性そのものなんだけど?結局誰も理解していないんだから誰かなんて追及しても無理。いまさら追求してもさらに無理。
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年8月7日
個人的な主観のみで発言すれば、東電の上層部がどのようになろうと、名義としての東電がどうなろうと、実は大して気にしていない。しかし現場の技術者や作業者などのスキルや経験などは一朝一夕で身につける事は不可能で、頭数を揃えればいいというものではない。現在の東電に問題が無いとは言わないが、簡単に東電解体を口にしても現場の問題解決には繋がらないって事はそんなに理解しづらい事だろうか? また国策であった原発事業に対して国の責任・対応が不十分に見えるのだが?
arabiannightbreed @a_nightbreed 2013年8月8日
改善の必要はありますが、全般に漏出の規模が小さくなってきているしから、悪い事ばかりではないかと。 http://twitter.com/mockmoon2000/status/365323125535158273 崩壊とか事故は終息していないとか、センセーショナルな言葉ばかり目立ちますが
arabiannightbreed @a_nightbreed 2013年8月8日
六ヶ所再処理工場からの年間放出量がトリチウムで、気体1900兆Bq、液体で18000兆Bq(2003年)と比較してどうか http://www.takagifund.org/grantee/r2007/04-31.pdf
山本(やんも)です @yammo1971 2013年8月13日
honoka0818 企業の側のコンプライアンス違反を内部告発してるのでは?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする