東電の汚染水対策がどう変遷してきたか:ハッピーさんの見解

東電の汚染水処理対策がこの2年間でどう変わってきたのか、現場で見てきたハッピーさんの個人的な見解が連投されました。東電の汚染水対策をずっとチェックしてきた私にとっては、非常にうなずけるものです。特にALPS(多核種除去設備)の稼働時期とタンクの増設をめぐる話は、なるほどと思わせるものがあります。 東電の汚染水関係の情報は下記のブログでどうぞ。 http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/ 続きを読む
227
ハッピー @Happy11311

コンチヮ(^O^)今週コツコツと書いてた、つぶやきを一気に連投するね。汚染水の問題を中心に書いたんだけど、かなりの長文になってしまったでし。

2013-08-04 11:15:57
ハッピー @Happy11311

初:今日は東電の考えてた崩れてしまった汚染水処理のシナリオについて、オイラの勝手な見解でつぶやくでし。汚染水処理の問題は冷却を始めた事故当初から懸念されてた。だけど一気に一般世間に不安が広がったのは、近隣各国や各関係方面に伝える前に汚染水を放出してしまった件からなんだよね。

2013-08-04 11:18:44

2011年4月4日、東京電力は集中廃棄物処理施設にたまっていた水と5号機および6号機のサブドレンピットに保管されている低レベルの地下水を海に放出しました。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11040403-j.html

ハッピー @Happy11311

続1:あの時も今回の件と同じように現場と本店、東電広報、政府のコミュニケーションが悪くて、あんな結果になってしまったんだ。現場は今にも汚染水溢れてしまいそうで緊迫してて、すぐに海に流したかったけど結構待たされたんだ。

2013-08-04 11:18:56

詳細は政府事故調中間報告書第V章(p327以降)に詳しく記載があります。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/icanps/111226Honbun5Shou.pdf

しかしながら、事前の通告がなかったとして全漁連などから抗議されました。

ハッピー @Happy11311

続2:ようやく本店から放出許可出て現場は海に放出したんだけど、結果的には放出タイミングのフライングで各方面から物凄い非難をあびてしまった。オイラは、この時から現在まで海洋放出や流出の話は東電内でも安易に口に出す事が出来なくなっちゃって、タブー視されちゃった感じがするんだ。

2013-08-04 11:19:20

確かにその後東電は「汚染水の海への安易な放出は行わない。海洋への放出は、関係省庁の了解なくしては行わない」ということを必ず付け加えています。

ハッピー @Happy11311

続3:いま現在も、トラブル対策に時間がかかり稼働の遅れてる多核種除去装置(アルプス)の計画や基本設計は2011年の夏から秋にかけて出来上がってた。アルプスを作るきっかけになったのも、地下水が建屋内に流入してるのがわかって、どんどん増えて行く汚染水の対策だったんだ。

2013-08-04 11:20:11
ハッピー @Happy11311

続4:地下水が建屋に流入して汚染水が増えてるってわかったのは、応急対策の循環冷却ラインが突貫工事でやっと出来上がって回し始めて、一週間か二週間位経ってからだったかなぁ…。タービン地下に溜まった汚染水を汲み上げて移送するんだけどタービン地下の水位ちっともが下がらなかった。

2013-08-04 11:20:51
ハッピー @Happy11311

続5:本来ならば注入量より多く汲み上げれば水位が下がるはずなんだけど、むしろ上がってきてたんだ。「なんか変だぞって」って事で検討した結果が地下水流入だった。東電は建屋は壊れてないと思い込んでたから、地下水が建屋に流入してるって見解に達するまで時間がかかったんだよね。

2013-08-04 11:21:23

この事実は知りませんでした。

2011年9月の東京新聞はこの事を伝えています。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2011092002100008.html

ハッピー @Happy11311

続6:そこで、このままだと汚染水はどんどん増えてしまうって事でアルプスの計画が持ち上がったんだ。アルプスが出来上がり、稼働するまで(当初予定は2011年9月目標)の間は、毎日400t増える汚染水を貯めるタンクを造って対応する事にしたんだ。

2013-08-04 11:22:55

後でハッピーさんから修正がありました。

ハッピー @Happy11311

すみません、訂正がちょっとあります(>_<)連投の「続6」のつぶやきで、アルプス当初予定は「2011年9月目標」とありますが「2012年9月目標」の間違いです。投稿前のチェック見落としました、ごめんなさい(∋_∈)

2013-08-04 17:28:58
ハッピー @Happy11311

続7:遮水壁の話もちょうど、この時期だったかなぁ…。遮水壁は、馬渕議員が陸側も提案したんだけど、東電は陸側遮水壁を造るには他の工事との干渉も大きいしコストもかかる、また埋設物の調査にも時間がかかるという理由から東電は陸側は却下して作業干渉がない海側だけを選択したんだ。

2013-08-04 11:23:54
ハッピー @Happy11311

続8:東電は、アルプスが稼働して高濃度の汚染水を処理するようになったら、陸側の遮水壁は無駄なコストになってしまうと考えてたんだと思う。まさかアルプス稼働がこんなに遅れると思ってなかったはずなんだ。この時期から陸側遮水壁を造ってれば、もう少し違った現状だったかもしれない。

2013-08-04 11:27:25
ハッピー @Happy11311

続9:オイラが考える東電シナリオが崩れた最大の要因はアルプスだと思うんだ。当時の東電は、アルプス稼働日を基準にして常に汚染水タンクの計画と工事発注をしてた。アルプスが稼働すると汚染水タンクは沢山造っても余って無駄になるからね。

2013-08-04 11:28:22
ハッピー @Happy11311

続10:だからアルプス稼働が遅れる度に、次の稼働予定日までの分まで汚染水タンクの増設発注が出て、現場は急いでタンクと配管を布設してたんだ。あと東電はアルプスが稼働した処理水はトリチウムが除去出来ないのは計画段階からわかってた。

2013-08-04 11:28:56
ハッピー @Happy11311

続11:でも、世間が騒ぐほど東電にとってトリチウムはさほど大きな問題と思ってなくて、希釈して告知濃度未満にすれば海に流す計画だった。通常の原発でも普通に流してるからね。もし東電がトリチウム放出を気にしてたら、アルプス稼働後の処理水タンクが最初からもっとあったはずだしね。

2013-08-04 11:29:55
ハッピー @Happy11311

続12:最初のアルプス処理水の貯留はタンクじゃなくて、あの漏れた地下貯水槽だからね。1日1200t処理するはのに、地下貯水槽は処理水を一時的に貯めるだけの計画だったから数も少ないし、スペックも山の汚染瓦礫保管用の仕様にちょっと手を加えて造ったんだ。

2013-08-04 11:31:53
ハッピー @Happy11311

続13:タンクじゃなく地下貯水槽にする事によって電線の下のデッドスペースだった敷地も有効に使えるし、コストも安かったんだと思う。2012年9月のアルプス稼働に向けて、現場は突貫工事で頑張り、なんとか形は出来上がったんだけど、ここからシナリオがどんどん崩れていくんだ。

2013-08-04 11:33:11
ハッピー @Happy11311

続14:アルプス稼働準備は間に合ったんだけど、タイミングが悪かった。ちょうどその時期、保安院から規制委員会に変わるタイミングだった。それまで東電は保安院と認可手続きを進めてたんだけど、規制委員会に替わる事になり、これまでの手続きは白紙に戻され…、

2013-08-04 11:33:41
ハッピー @Happy11311

続15:継続ではなく、新たに最初から規制委員会に認可手続きを行わなければならなくなったんだ。ようやく始まった規制委員会の審査もスンナリとはいかず色んなコメントが付き、キャスク改造や建屋建設を余儀なくやる事になってしまい、アルプス稼働は更に半年以上遅れる結果となってしまった。

2013-08-04 11:35:07

このあたりの話はもし興味があれば下記をお読みください。

放射能汚染水情報アップデート ALPSの稼働をめぐる部分最適の是非(1)
http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-661.html

放射能汚染水情報アップデート ALPSの稼働をめぐる部分最適の是非(2)
http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-662.html

ハッピー @Happy11311

続16:この半年以上のアルプス稼働の遅れは、東電にとっては大打撃だった。シナリオが根本から崩れてしまったからね。そこで東電は、日々増えて行く汚染水の対策を新たに打たなければならなくなり、シナリオを書き換えたんだ。最初の書き換えは濃縮汚染水のタンク増設。

2013-08-04 11:37:12
残りを読む(50)

コメント

tsokdba @tsokdba 2013年8月4日
ハッピーさんの怒涛の連投をまとめました。
0
tsokdba @tsokdba 2013年8月4日
まとめを更新しました。ハッピーさんご自身の修正を追加しました(2011年9月→2012年9月)。
0
アルファ化ツイッタラー @watakino 2013年8月4日
東電には個人的に同情する部分もあるが、あれほどの未曽有の事故に対応するにあたってさえ、主にコスト面で「合理的」で「最適」な(言い替えればリスクに対するバッファが無い)方法のみを選ぶという普段通りの意思決定しかしてこなかった、できなかったというのは、本店側に何としても事故終息させる!という気迫のようなものが足りなかったと見られても仕方がない。
1
アルファ化ツイッタラー @watakino 2013年8月4日
懸命の対応を続けながらも、結果的に後手後手に回らざるをえなかった現場の皆様のもどかしさ、心中は察するに余りある。本当に頭が下がる思いだ。日本中で本当に沢山の人が貴方達のことを応援している。今後もなんとか心を挫けさせず、作業を続けていただきますよう。
9
Kenji Suzuki @KvKenji_S 2013年8月5日
経緯や用語がわかり助かりました。連投、おまとめ、それぞれありがとうございます。 将来、他の原発を廃炉にするときにも、地下水の遮断は必要な技術になるのだろうと思います。原発敷地の地下水の流れを隔離しておいてから廃炉処理を進めることになるかと。 しかし、人類は、今まで、地下水の流れを制御できたことがあるのでしょうか。トンネル工事でも漏水で多数の方々が亡くなりました。結局、シールド工法になったわけです。
1
Kenji Suzuki @KvKenji_S 2013年8月5日
 地下水を任意にあやつることが難しければ、一定範囲を隔離するしかないように思います。しかし、既存のトンネルであっても、意図的に若干は漏水をさせているのではないでしょうか。原発敷地外から原発敷地内への若干の漏水を見込んで、隔離できれば、原発敷地内の現在の放射性物質に由来する高濃度汚染水が外部に漏れることはないだろうと考えられませんか。
1
Kenji Suzuki @KvKenji_S 2013年8月5日
現に飛散したセシウムが、地下水や河川を通じて海に流れていくことは、福島県のみならず、現状、他の都県でも、だれも止められないので、福一周辺の地表から地下水に浸透する分については、止められないという扱いになってしまっているのが、残念な現状なのかと思います。
0
Kenji Suzuki @KvKenji_S 2013年8月5日
東電原発事故のあった現場から、新たに高濃度の汚染水が「発生」しないように、するには、どうしたらよいのか。政治の責任の一つとしては、放射性廃棄物の保管場所を原発事故地の周辺に確保することで、アルプスからの廃棄物の蓄積場所を確保することでしょうか。政治が、技術的な選択肢を増加させてくれると良いのですが。
0
関野武志 @midorikurage 2013年8月5日
規制委員会の弊害がここにも出ていますね。活断層のようにそもそも事実認定ができるのか?という不急の課題を優先し、安全基準の確定という至急の課題を遅らせる等、優先順位の認識がまるでできない組織ですので、こうした最重要事項が理解できなかったのでしょうね。
7
tsokdba @tsokdba 2013年8月6日
まとめを更新しました。ハッピーさんのツイート以外にサブドレンに関する木野さんのツイートも追加しました。
0
社会派 @syakaiha8 2013年8月8日
要は東電は金がない上に緊急時にも関わらず監査も厳しくて、大胆な対策をできなかったわけか。こんな未曾有の事態なら金も時間も惜しんでる場合じゃないのに。この点は放置しまくった民主党政権もひどいが、政権交代してもなかなか思い切った動きをとらない安倍政権も頼りない
5
寺田33 @tera3333 2013年8月8日
福島原発については東電にまかせず国が主導で東電は手足というスタンスで行うべきではないですかね? 東電にながれるお金?ということで世間の目も厳しくなるわけで。 あと終息宣言も撤回して最優先課題としてほしい。
0
beck6666 @beck66661 2013年8月9日
tera3333 国が主導というけれども、結局は考えるのは東電。もしくはその下請け。それを審査するのは規制委員会という人たち。その人達のOKが出ないと先に進まない。 原子力村と批判排除された人たちも参加しにくいであろう。
0
beck6666 @beck66661 2013年8月9日
最優先課題としても、誰が協力するのだろうか。失敗すれば袋叩きに合う。 東電も、発表したがらないのはその様な現状があると思う。 今回の悲劇は非難が東電だけでなく研究者技術屋までに行った所。
0
beck6666 @beck66661 2013年8月9日
木野龍逸さんも言っているように、全部だろう、かも知れないばかり。批判にしても後ら である。で責任は~だと言っている。誰が責任者に立候補するのだろうか。 是非木野龍逸さんには責任者に立候補して貰いたい。
0
寺田33 @tera3333 2013年8月9日
世の中には絶対はないけれど絶対でなければならないことがあります。そのギャップを埋めるものがあるとすれば人の意思とか決意といったものだと思います。絶対致命的な事故が起こってはいけない原子力施設の建設や継続的運用を指向する人にはそれだけに意思と決意があると信じてます。 原発推進でなかろうと国土の危機的な状況で協力できるのに協力しない人ばかりではないと思います。
0