「タグ編集を許可」「まとめ編集を許可」機能を終了し、新たな「共同編集」機能を追加しました。
2013年8月13日

#JASELE2013ワークショップ「英語教育実践と研究の接点―研究の在り方と手法―」

#JASELE2013 のワークショップ「英語教育実践と研究の接点―研究の在り方と手法―」(@uranoken & @MizumotoAtsushi)の時間帯(2013/08/11 10:30-12:00)とその後の関連のツイートをまとめました。 Ustream 動画もご覧いただけます。 http://t.co/POWvy7zsez 削除・追加をご希望の方は,@MizumotoAtsushi まで,DM でも結構ですのでご連絡下さい。
12
Ken Urano @uranoken

今日は味噌の売り上げが有意に多いだろうな。効果量も特大だな。まさかのキャベツ切れでの営業終了もあるかもしれないな。

2013-08-09 16:04:05
Atsushi Oshio / 小塩真司 @oshio_at

書籍引用blog更新: 効果量の意味: また,当然ながら効果量の大きさが持つ意味は,分野によっても変わってきます。たとえば生死に関わるような領域においては,小さな効果量でも大きな意味を… http://t.co/PrEq9rq7Cw

2013-08-09 19:44:48
関西英語教育学会 @KELES_jp

全国英語教育学会 第39回北海道研究大会が北星学園大学にて本日より開催されております。

2013-08-10 10:01:07
Fumiaki Nishihara(西原史暁) @f_nisihara

「有意性と効果量についてしっかり考えてみよう」というワークショップの資料。 - LET2013 workshop http://t.co/uMCpdH1WTy via @uranoken

2013-08-10 17:43:27
Atsushi Oshio / 小塩真司 @oshio_at

書籍引用blog更新: 標本サイズ: 検定力に関わる3つのパラメータ,すなわち効果量,標本サイズ,有意水準のなかで,研究者が能動的に関与できるものが1つだけあります。それは標本サイズです… http://t.co/YLZUwv9w9R

2013-08-10 19:56:32
Ken Urano @uranoken

自分のワークショップ会場で準備します。 (@ 北星学園大学 w/ 2 others) http://t.co/YynhEFogHJ

2013-08-11 09:43:06
Ken Urano @uranoken

うほほーい、世界のウラノだぴょーん!

2013-08-11 09:49:13
Ken Urano @uranoken

アカウント乗っ取られました

2013-08-11 09:50:47
Ken Urano @uranoken

#JASELE2013 ワークショップ「英語教育実践と研究の接点:研究のあり方と手法」(浦野研・水本篤)はUstream 中継を行います。どうぞご覧ください。 http://t.co/5GoTfk9kpa

2013-08-11 10:03:08
関西英語教育学会 @KELES_jp

全国英語教育学会 第39回北海道研究大会2日目です。 #JASELE2013

2013-08-11 10:06:11
OZAWA @ozapro18

今から参加するワークショップの講師2名。愛し合っています。“@wtrych: 手ぇ回してます。 http://t.co/QNfzJTVPA4

2013-08-11 10:17:22
拡大
Ken Urano @uranoken

ワークショップ中、僕はつぶやけませんので、皆様どうぞ中継、シェアをお願いします。

2013-08-11 10:19:29
山本 長紀 @takenoriymmt

この混み方はすごい。講師の人気のせいか、テーマのせいか。

2013-08-11 10:30:12
山本 長紀 @takenoriymmt

北海道に来ていない人は、いまのRTからUstreamみて〜

2013-08-11 10:31:14
OZAWA @ozapro18

しかしインターネット中継をしながらのワークショップってすごいなあ。http://t.co/0Acz1gyKzk

2013-08-11 10:32:03
SAKAUE Akkuş Tatsuya @sakaue

「録画するとネタ画像が出しづらい」

2013-08-11 10:32:25
otamayuzak @otamayuzak

浦野先生,水本先生のWS。

2013-08-11 10:32:50
山本 長紀 @takenoriymmt

ワークショップ「英語教育実践と研究の接点:研究の在り方と手法」を見に来ています

2013-08-11 10:32:52
Tam @tam07pb915

浦野先生と水本先生のワークショップ!

2013-08-11 10:33:12
山本 長紀 @takenoriymmt

LETのメソドロジー研究部会、CELESのプロジェクトのお話。

2013-08-11 10:34:54
Yukie Koyama @chabimom

@langstat 今からです!ワークショップ「英語教育実践と研究の接点:研究のあり方と手法」(浦野研・水本篤)はUstream 中継を行います。どうぞご覧ください。 http://t.co/UiAI67KhBh

2013-08-11 10:35:36
YKK @y0ssy89

Ustreamで英語教育学会参加。

2013-08-11 10:35:58
OZAWA @ozapro18

研究方法についての大まかな理解、ARELEの掲載論文の分析、そして今後どんな研究が求められるかを考えていく。

2013-08-11 10:36:35
残りを読む(294)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?