#vabotter 高さや体格で劣る日本だからこそ、実はセットは速さよりも打ち易さを優先すべきなんじゃないだろうか。

taite2さんの独り言。 マイナステンポのレフト平行を、全日本が取り組んでいる方法よりもはるかに合理的に行ってきた私も、taite2さん同様『速い攻撃』はオプションにしかなりえないと考えています。
バレーボール
23
太鉄(パブリック) @taite2
チェコ戦見てるんだが。コート内の様子と実況席の言葉でなんかもうお腹一杯。この後に及んで「サイドのセット速く」 orz
太鉄(パブリック) @taite2
[ばれにゅ] 日本はチェコに競り勝つ 米、勝って決勝Rへ/バレー女子ワールドGP2013仙台大会最終日 - http://t.co/ObgU7l44Ar
太鉄(パブリック) @taite2
[ばれにゅ] 揺るがぬ柱へと成長する木村沙織の変化 主将として若手を先導するも根は自然体/スポーツナビコラム - http://t.co/BQGDzhjYp3
太鉄(パブリック) @taite2
眞鍋監督は木村、江畑らに「宮下の多少のトスミスはカバーしろ」と言っているらしい。でも、やろうとしている「速いバレー」は他国では主流の「ファーストテンポ」のその先であるように見える。そこにはもう、上がってきたセットをアタッカーがどうにかする余地などないのでは? #vabotter
太鉄(パブリック) @taite2
普通にバレーボールやれば決勝ラウンドでもそこそこ勝負できる面子だと思うんだけどね。
太鉄(パブリック) @taite2
なんでブロックも揃って、ハイセットの精度も上がるのに、わざわざ「速いバレー」をするのか。どうして日本は「速いバレーをしないと勝てない」と思い込んでいるのか。しかも間違った「速いバレー」を。
太鉄(パブリック) @taite2
日本の言ってる「速いバレー=マイナステンポ」に近いことは、他国も実はやっている。けど、日本のそれと違うのは、日本は横方向の速さ「のみ」でMBを振り切りブロックの脇を抜こうというコンセプトなのに対し、他国はブロックが完成する前にブロックの上から叩き込もうとしているところ。
太鉄(パブリック) @taite2
というと「他国は高いから」って言われるんだろうけど、ネット上の通過点は実はそんなに変わらなし(コートの広さは決まってるんだから)、セットを「速く」することによってやっぱり「セットの精度」が落ちているのは日本と同じ。なので、うまく合わなくてブロックくらうこともしばしば。
太鉄(パブリック) @taite2
でも他国が日本と大きく異なるのは、セットが合わなくてもアタッカーはそれに合わせようとして飛びこむタイミングを変えたり助走を短くしたりはしない。常に同じタイミングで、同じところに同じスピードで飛びこんで行く
太鉄(パブリック) @taite2
それは、セッターを信じているというよりも、「そうしなければこの攻撃に意味が無い」ことを分かっているからだと思う。そうすることが、自分の持ち味を発揮できる一番の方法だと分かっているから。「速いバレー」の本当の意味を知っているから。
太鉄(パブリック) @taite2
対する日本は、各アタッカーの技術が高く、そもそも「セットが乱れてもアタッカーが何とかする」という文化が根強くある。これは悪いことでは無く、日本の良いところだと思っている。でもだからこそ、「速いバレー」をしようとして、セットと合わなかった時に、アタッカーが何とかしようとしてしまう。
太鉄(パブリック) @taite2
サードテンポやセカンドテンポ、ファーストテンポと異なり「速いバレー=マイナステンポ」にはアタッカーが何とかする余地なんてほぼ残されていないのに、頑なにアタッカーが「私が何とかしなくちゃ」と思ってしまう。しかも監督が「セッター若いんだからミスしてもお前らでカバーしてやれ」って言う。
太鉄(パブリック) @taite2
結果、セットが思うところに上がってこなかった場合に対応しようと、助走は短くなり、思い切り跳べず、中途半端な攻撃ばかりになる。「何とかしろ」と言われているので、ミスを恐れて打ち切れない。フェイントが多くなる。
太鉄(パブリック) @taite2
だって今までもそうしてきたから。セッターのミスを、アタッカーがカバーしてきたから。お互いのミスを助け合うのは当然。だってそうでしょ?バレーボールは6人でやるスポーツだからね。助け合わないと。ミスをミスにしない努力が重要。って言うんだろう。
太鉄(パブリック) @taite2
でも違う。今やろうとしているバレーは違う。今までやってきたバレーとは違う。いついかなる時でもCパスからのハイセットでも「世界一速いバレー=マイナステンポ」を実現しようとしているのである。これまでの常識なんて通用しない。これまでの常識を一切捨てて、取り組む必要があるんじゃないか
太鉄(パブリック) @taite2
個人的にはマイナステンポは「有り」だと思っている。でもそれはあくまでも、攻撃のオプションの一つとして。それがそこにあると思わせることで、ブロッカーを一枚そこに引っ張ることができるから。でも、あくまでもそれはオプションで、それをメインに据えることは無い。
太鉄(パブリック) @taite2
だって、日本人は器用なんだから。多少セットが乱れたって、なんとかする能力は他国の選手と比してずば抜けて高いと思う。もちろんそこには、「何とかする余地の残されているセットであれば」の条件が付けばだけど。
太鉄(パブリック) @taite2
高さや体格で劣る日本だからこそ、実はセットは速さよりも打ち易さを優先すべきなんじゃないだろうか。という話でした。

コメント

強行突破 @kaz10000 2013年8月19日
「日本人は器用」というのも、「日本人は高さや体格で劣る」というのと同じように思い込みだと考えています。
太鉄(パブリック) @taite2 2013年8月19日
うん、「日本人は器用」っていうのは違いましたね。身体が小さいから敏捷性に優れる、よってプレーの精度が身体の大きい他国の選手に比して高い、ということでした、言いたいことは。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする