0
リンク aichitriennale.jp あいちトリエンナーレ2013
taroigarashi @taroigarashi
140字でわかるあいちトリエンナーレの概要1。会場は二種類。美術館(2つ)とまちなか展開(名古屋と岡崎)。愛知県美術館は、311以降というテーマ性が強い作品が多い。名古屋市美は、建築家と美術家による空間再解釈がメイン。一方、まちなか展開の作品は、それぞれの場所や歴史との関係が深い
taroigarashi @taroigarashi
140字でわかるあいちトリエンナーレの概要2。まちなかについて。納屋橋はダイナミックなインスタレーション(名和さんの泡、建物に介入するR.ウィルソン)と、世界各地の社会の揺らぎを反映した映像作品が多い。長者町と岡崎市は、昭和の雰囲気が色濃く残るビルの空間体験も楽しめる作品群です。
taroigarashi @taroigarashi
140字でわかるあいちトリエンナーレの概要3。美術の展示以外に、パフォーミングアーツ、オペラ、映像プログラム、パブリックプログラム、オープンアーキテクチャーなどの時期限定のイベントが多種多様。下記のページにて、各リンクに飛ぶ一覧表あり。http://t.co/DGJPt8ZLBZ
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレのまわり方1。映像・体験系をどう鑑賞するかで所用時間は大きく変わります。チラ見でよいなら、一番開館が早い名古屋市美の9時30分スタートの超弾丸ツアーで、岡崎も含め、一日は不可能ではない。映像をある程度鑑賞するなら岡崎込みで、一日半。ちゃんと見るなら二日は必要。
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレのまわり方2。名古屋ー岡崎は特急で30分。夏の暑いうちは昼に美術館、夕方に長者町が疲れない。会場ごとに開館時間、休みがばらばらなので、下記サイトで要チェック。長者町会場は休みナシなので、来ても何も見れない日はないが。http://t.co/yvD7mXF936
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレのまわり方3。建築系のおすすめ。愛知芸文は、全体を使う宮本佳明ほか、石上純也やBIG。名古屋市美は、空間読み替えの青木淳ほか、藤森照信の茶室。長者町は、地下街リノベの打開連合設計事務所ほか、ケーシーやシュカルト。岡崎は、シビコのスタジオヴェロシティほか、LPS
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレのまわり方4。建築系のおすすめ、続き。中央広小路ビルは、藤村龍至の道州制庁舎の計画室。ほかにステファン・クチュリエ、エプスタインは建築写真的な作品。フロリアン・スロタワは空間の使い方を変え、美術館を全力疾走する映像。ソ・ミンジョンは建築爆破インスタレーション。
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレの注意事項1。JRで岡崎駅に行くと、岡崎の会場エリアから遠く、ちょっと面倒です。必ず名鉄を使い、「東岡崎駅」で降りてください。ただし、東岡崎駅行の普通電車に乗るとおそろしく遅く、1時間くらいかかります。30分で行ける特急などを使うとよいです(別料金はなし)。
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレの注意事項2。空間内部が狭かったり、作品が繊細なために、藤森照信さんの浮かぶ茶室、平田五郎さんの蝋による構築物、石上純也さんのリトルガーデンは、入場制限があります。整理券などで時間指定の入場で対応するので、見たい人は各展示場で最初に整理券をゲットしてください。
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレの注意事項3。7月刊行のガイドでは当時、位置が未決定などの理由で、場所の記載がない作品があります。岡崎のレッドペンシルスタジオや名古屋市美の北側サンクンガーデンの青木野枝など。会場で尋ねるか、会場で配布されるポケットマップは情報を更新しているので入手するとよい
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレHPの見方1。トップページのニュース欄から週刊イベントスケジュールをダウンロードすると(日付にカーソルをあわせ)、この一週間のイベント一覧の最新情報が得られます。作家や会場の情報は、上のアーティストやアクセスから。 http://t.co/2u4g0Pfpyf
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレHPの見方2。たぶん、多くの人が知りたい、どの作家がどの会場で展示されているの?という情報は、ココ。サムネイル的に一覧できます。観音開きで配布しているチラシと同じもの。HPのアイコンでは、アーティストからアクセス。http://t.co/Om6YCovxRB
taroigarashi @taroigarashi
あいちトリエンナーレHPの見方3。まちなかや会場ごとの作品の位置は、まずアクセスの施設紹介へ。http://t.co/yvD7mXF936 各施設にエリア拡大図とあるのをクリックすると、マップが出てきます。ただし、県美、市美、納屋橋などの建物は、移動後さらに詳細マップをクリック。
taroigarashi @taroigarashi
@has20090827 建築系ベースだと、名古屋市美の青木淳×杉戸洋の空間リノベはマスト。隣に藤森茶室。納屋橋会場の名和さん。打開連合による伏見駅の地下と地上出入口リノベ。愛知県美では、宮本佳明さんの原発、彦坂さんの復活の塔などで限界。移動はタクシー。半日だと映像系はあきらめる
taroigarashi @taroigarashi
@has20090827 あと中央広小路ビルの二階で藤村龍至さんが道州制新庁舎プロジェクトの計画室を展開。愛知県美は、他にステファン・クチュリエ、ミッチエプスタインの建築写真的作品、ソ・ミンジョンが建築爆破のインスタレーション、BIGの映像作品などもありますが、通り過ぎる感じかと
リンク twitter.com Aichi Triennale (Aichi_Triennale)さんはTwitterを使っています Aichi Triennale (@Aichi_Triennale)さんのAichi Prefectureでの最新ツイート。あいちトリエンナーレ公式ツイッターです / Official twitter account for Aichi Triennale. ハッシュタグは、 #AichiTriennale #AT2013 Facebookページは、 http://www.facebook.com/AICHITRIENNALE

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする